« 栃木・那須烏山市のイチゴハウスで養蜂(ようほう)箱盗難 県内で同様の事件が相次ぐ(9日) | トップページ | 虐待相談のデータ共有 大阪府警、初動に活用(9日) »

2010年4月 9日 (金)

手薄な警備狙い発砲か 工藤会捜索へ、関連捜査(9日)

福岡市の西部ガス関連ビルと専務の母親宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、関連ビルには防犯カメラが設置されていなかったことが8日、関係者への取材で分かった。県警は、犯人が警備の手薄な場所を狙った疑いがあるとみて調べている。

 西部ガスには、北九州市に建設予定の液化天然ガス(LNG)基地をめぐり、特定ゼネコンに工事を発注しないよう要求する脅迫状が2月上旬に届いた。県警は連続発砲を暴力団関係者の犯行とみており、北九州市が地盤の指定暴力団工藤会本部などを近く捜索、関連を調べる方針。

 西部ガスは脅迫状が届いて以降、県警に巡回強化を要請。本社と北九州支社で防犯カメラを増設するなど警備を強化していたが、LNG基地工事を担当する部署が入っていない関連ビルには防犯カメラは設置しておらず、特別な対策は取っていなかったという。

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010040801001042.html

 

« 栃木・那須烏山市のイチゴハウスで養蜂(ようほう)箱盗難 県内で同様の事件が相次ぐ(9日) | トップページ | 虐待相談のデータ共有 大阪府警、初動に活用(9日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手薄な警備狙い発砲か 工藤会捜索へ、関連捜査(9日):

« 栃木・那須烏山市のイチゴハウスで養蜂(ようほう)箱盗難 県内で同様の事件が相次ぐ(9日) | トップページ | 虐待相談のデータ共有 大阪府警、初動に活用(9日) »