« 2010年4月19日 | トップページ | 2010年4月21日 »

2010年4月20日

2010年4月20日 (火)

各地でミツバチ盗難が相次ぐ ミツバチ不足でイチゴ農家に大きな被害(20日)

2010年、気温低下や長雨などが影響し、ミツバチの生育に異常が起きている中、各地でミツバチの盗難が相次いでいる。イチゴ栽培にミツバチが不可欠なイチゴ農家には、大きな被害が出ている。
静岡・伊豆の国市は、ブランドイチゴ「紅ほっぺ」の一大産地となっている。
イチゴ農家の杉山和由さんは「これからは何か考えないと、また盗難に遭いますからね。イチゴを作って40年になりますけど、初めてです。怒りを覚えます」と話した。
4月1日、6軒のイチゴ農家から巣箱10箱分、およそ6万匹のミツバチが盗まれた。
同じイチゴの名産地である栃木・那須烏山市でも、4月7日までに6件のミツバチ盗難被害が出ている。
さらに、この1年間に全国16府県で総額1,000万円を超える被害が確認されている。
相次ぐミツバチの盗難。
千葉・南房総市の「丸養蜂場」には、おびただしい数のミツバチの死骸(しがい)があった。
丸養蜂場の丸 淳さんは「本来なら、全面にミツバチがびっしりついている状態。おなかすいて飢えて凍えて、死んだ」と話した。
2009年、ミツバチの謎の激減が列島を襲った。
加えて2010年は、気温低下や長雨などが影響し、ミツバチの生育に異常が起きているという。
千葉・南房総市の養蜂場では、ミツバチの巣箱に通常9枚入る板が今はまだ1枚と、非常に少ない状態だという。
この養蜂場には、なかなかミツバチを仕入れられない農家からの問い合わせが殺到しているという。
ミツバチ不足が、早くも農産物に影響を及ぼしている。
ミツバチの盗難に遭ったイチゴ農家は「ミツバチは大事です。なければ、いいのはできません」と話した。
花粉を運ぶミツバチは、イチゴの栽培には不可欠。
ミツバチの活動が悪いと、いびつな形のイチゴができ、商品としての価値はほとんどないという。
ミツバチの盗難に遭ったイチゴ農家は「くわしい人が(ハチの)多いものだけ持っていって、増やすために使っているのかなと」と話した。
相次ぐ被害に、静岡では、ついに警察が夜間パトロールを実施した。
警察は「チェーンとかで固定してくれれば、盗難防止になりますので」と話した。
周囲の農家でも、巣箱に鎖や南京(なんきん)錠を取りつけるなど、防犯対策を行うところも出ている。
こうしたミツバチ受難が、家庭の食卓にも影響を及ぼす可能性がある。
丸養蜂場の丸さんは「今、野菜の値段が上がってますよね。夏野菜で受粉が必要な野菜がどうなるかなと非常に心配です」と話した。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

APEC:警察庁がサイバーテロ対策指示(20日)

警察庁は20日、都道府県警の通信施設担当者ら約150人を集め、全国情報通信部長等会議を東京都内で開催した。安藤隆春長官は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に向けた警備対策として「サイバーテロの脅威は予断を許さない。官民一体となった共同訓練で万全を期してほしい」と訓示した。

 APECは11月に横浜市で開かれる首脳会議に向け、6月から閣僚会議が各地で開かれる。国内での開催は95年の大阪以来15年ぶり。安藤長官は「(08年の)北海道洞爺湖サミットの警備以上に厳しい状況下で遂行することになる。不測の事態に備えた代替通信手段の確保など対策を実施してほしい」と指示した。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100421k0000m040042000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

真犯人逃し、足利事件遺族に栃木県警幹部ら謝罪(20日)

栃木県警の幹部らが、足利事件で殺害された女児(当時4歳)の母親に会い、真犯人を捕まえられなかったことについて謝罪していたことを同県警の高久均刑事部長が20日、定例記者会見で明らかにした。

 県警によると、県警幹部と警察庁幹部の4人は今月8日、宇都宮市内の警察関連施設で母親と会った。4人が「真犯人を検挙することなく、公訴時効が経過してしまったことを申し訳なく思います」と謝罪すると、母親は「警察が懸命に捜査をした上で間違ったという結果なので仕方ありません」と話したという。

 その後、足利事件の捜査を巡る問題点の検証結果について報告し、再発防止に向けての取り組みを約1時間かけて説明した。母親は「再発防止策通りに頑張って下さい」と話したという。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

3つのウソの電話

【治安解説】
212

東京で牛乳パック踏んじゃった詐欺が流行ったかと思うと、今度は大阪で、暴力団関係者を装い、トラックがはねた泥で礼服が汚れたと脅しの電話で現金をだまし取る新手の振り込め詐欺が流行っており、大阪府警は、無職の65歳の男を詐欺容疑で逮捕した。

 昨年10月以降、同様の手口による振り込め詐欺が全国で少なくとも約70件(被害総額約450万円)相次いでおり、関連を調べているという。

 一方東京では、「メールで警視庁」から重要な内容のメールが届いた。「振り込め詐欺3つのウソ電話」に注意を呼びかけたもの、

1.警察・銀行協会・裁判所職員を名乗って「あなたの口座が使われました。キャッシュカードを預かります。」→100%ウソです! 2.市・区役所、厚生労働省を名乗って「医療費が戻りますよ。ATMに行って下さい。」→100%ウソです! 3.息子や孫のふりをして「携帯電話の番号が変わった。」→99%ウソです!

都内では、毎日のように「3つのウソ電話」が掛かってきており、その結果、多くの高齢者が被害に遭っております。

 これらの「ウソ電話」が掛かってきた時は、冷静に対応するとともに、すぐに110番しましょう!また、この内容をご家族に伝え、全員で被害を防止しましょう! 
 特に、実家等にお年寄りの両親やおばあさん、おじいちゃんを残している方は、常にコミュニケーションをとるようにしてください。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島降り込め詐欺」
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html 
 ドラマスペシャル『警視庁取調官落としの金七事件簿』021

◆番組放送期間2010年5月放送http://www.tv-asahi.co.jp/kinshichi/
警視庁捜査一課に語り継がれる“落としの名人”小山金七刑事――
その生涯を柳葉敏郎主演でドラマ化!捜査にかける執念、職人芸ともいえる取り調べで
数々の難事件を解決に導いた人情刑事を幅広い役をこなす柳葉敏郎が熱演!!“伝説の刑事”の熱き魂に迫る!

【柳葉敏郎コメント】小山金七さんは強い正義感と刑事魂、そして“罪を犯して苦しんでいる人間を楽にさせてあげよう”という思いやりをもって取調べをするという人間味を持った“人情刑事”です。そんな金七さんがどういうバックボーンの中で、どんな道をたどり、どんな空気を作っていらしたのか…。そこを少しでも多く感じたくて、撮影前も撮影中も原作を幾度となく読み返しております。こんなに気合の入った準備をした作品は、これが初めてです。
 撮影に入ってからは、被疑者の気持ちを少しでも優しく包んであげられるようなお芝居、金七さんの家族に対する愛情をちゃんと表現することを心掛けています。特に、金七さんの家族に対する考え方は僕にとって理想的ですし、僕自身の人生の勉強にもするつもりで、日々撮影に励んでおります。
 小山金七さんという人物を通して、本来あるべき刑事の姿、これぞ人間であり日本人だという人間像を伝えたいと思います。僕が新人だったころから現場で一緒に闘ってきた和泉監督の胸を14年ぶりに借り、人間味あふれる小山金七像を作り上げていますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。

お知らせ 出版物は書店で。産経新聞出版 定価952円+税

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンに3000万円要求の脅迫状 カメラに不審人物(20日)

ローソンの社長あてに現金3000万円などを要求する封書が送りつけられていたことが分かりました。都内のローソン4店舗では商品からカッターの刃が見つかっていて、警視庁は、関連があるとみて調べています。

 警視庁によると、現金を要求する封書は、先月下旬から今月中旬にかけて、東京・品川区のローソン本社に3通送りつけられました。封書は社長あてで、脅迫の言葉とともに現金3000万円や1000万円を要求する文言が書かれていました。ローソンでは先月12日から13日にかけて、中央区や新宿区などの4店舗で、パンや菓子にカッターナイフの刃が刺さっているのが見つかっています。このうち、複数の店の防犯カメラに50代以上とみられる不審な男が映っていました。警視庁は、脅迫状と一連のカッターの事件に関連があるとみて調べています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「毒物混入する」、ローソン本社に脅迫文(20日)

コンビニエンスストア大手「ローソン」本社(東京都品川区)に現金3000万円を要求する脅迫文が届き、警視庁が恐喝容疑で捜査していることがわかった。

 ローソンでは先月、都内の4店舗で商品にカッターナイフの刃が刺さっているのが見つかっており、同庁で関連を調べている。

 同庁幹部によると、脅迫文は3月23日から4月中旬にかけ、ローソン本社の社長あてに計3通届いた。最初の脅迫文は「商品に毒物を混入する」などとして現金3000万円を要求し、都内の受け渡し場所と日時を指定。捜査員が張り込んだが、犯人は現れなかった。4月に入っても脅迫文は2度届き、14日消印の封書では要求額を1000万円にしていた。

 脅迫文は大部分がカタカナの手書きで、いずれも都内から

投函

(

とうかん

)

されていた。筆跡から同一人物が書いた可能性が高いという。

 ローソンでは、新宿、港、中央区の4店舗で3月12~13日、売り場のパンなどにカッターの刃が刺さっているのが見つかっている。複数の店舗の防犯カメラに不審な中年男の姿が映っており、同庁で捜査しているが、脅迫文では、この事件については触れられていない。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

郵便局で強盗 直後に男を逮捕 警視庁(20日)

20日午前、東京・新宿区の郵便局に、カッターナイフを持った男が押し入り、現金およそ200万円を奪って逃げましたが、100メートルほど離れた路上でたまたま通りかかった警察署の職員に取り押さえられ、強盗の疑いで逮捕されました。
20日午前11時すぎ、東京・新宿区にある「牛込若松町郵便局」に男が押し入り、客の女性を羽交い締めにしてカッターナイフを突きつけたうえ「金を出せ」と職員を脅しました。
職員が現金およそ200万円を差し出すと、男は金を奪って走って逃げましたが、100メートルほど離れた路上で偶然通りかかった牛込警察署の36歳の男性職員が騒ぎを聞いて男を追いかけ、まもなく強盗の疑いで逮捕しました。警視庁によりますと逮捕されたのは、自称、新宿区大久保の無職、石井孝和容疑者(29)で、調べに対し容疑を認めているということです。
警視庁で詳しい状況を調べています。

News_pic1_3 http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1003956321.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都教委が犯罪防止DVD配布(20日)

小中学生の万引きなどの犯罪が増えていることから、東京都教育委員会は、授業の中で犯罪について考えてもらおうと、ドラマ仕立てのDVDを制作し、都内の小中学校に配布しました。
警視庁によりますと、都内の小中学生の万引きなどの犯罪は増加傾向にあり、万引きで検挙された子どもの数は、去年は平成16年に比べて2.4倍の2400件余りに増え、犯罪の低年齢化が進んでいます。
このため、東京都教育委員会は、子どもたちに授業の中で犯罪について考えてもらおうと、ドラマ仕立てのDVDを制作し、都内のすべての小中学校に配布しました。DVDのタイトルは「STOP!それは犯罪だと気付いていますか?」で、万引きや自転車盗などの犯罪をしてしまった小中学生や家族の心情を描いています。
授業では、DVDを見た後、子どもたち同士で議論をさせて、なぜ、犯罪がいけないのか考えてもらうことにしています。
東京都教育委員会の酒井泰さんは、「このDVDで子どもたちに被害者の心情などについて考えてもらい、犯罪はいけないという強い意識を持ってもらいたい」と話しています。

News_pic1_2 http://www.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1003950011.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新宿の郵便局で強盗、現行犯で男逮捕(20日)

警視庁などによりますと、午前11時すぎ、東京・新宿区の「牛込若松町郵便局」にカッターナイフを持った男が押し入りました。

 男は「金を出せ」と脅しましたが、すぐに身柄を確保され、強盗容疑の現行犯で逮捕されました。けが人はいませんでした。(20日11:50)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4408629.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

5か月長女を壁に投げつけ…無職母親を逮捕(20日)

生後5か月の長女を壁に投げつけ、左腕の骨を折るけがをさせたとして、愛知県警半田署は、福井県敦賀市東洋町、無職堀居緑子容疑者(22)を傷害容疑で緊急逮捕したと、20日、発表した。

 発表によると、堀居容疑者は、今年2月上旬頃から今月16日頃まで、自宅で、壁にぶつけるなど長女を虐待し、左腕の骨折など約3週間のけがを負わせた疑い。調べに対し「育児の疲れで、イライラしていた。解消のため、壁にぶつけたり、たたいたりした」と虐待していたことを認めているという。

 長女は、左腕のほか、右腕、右足の計3か所に骨折があったほか、顔面や胸部に打撲痕があった。また、左足の裏に、鋭利なもので刺された傷もあったという。

 堀居容疑者は、敦賀市内の自宅で夫(27)と3人暮らし。今月18日から長女と愛知県常滑市内の実家に帰省していたが、母親(54)が長女の体にアザがあるのに気付き、近くの病院に連れて行き、不審に感じた病院からの通報で虐待が判明した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署内のトイレで男性自殺未遂 栃木(20日)

20日午前6時半ごろ、栃木県足利市千歳町の県警足利署の1階男性用トイレの個室で、同市内の無職男性(64)が首をつっているのを署員が発見した。男性は意識不明の重体。

 同署によると、19日午後8時ごろ、泥酔した男性が同署を訪れたが、意味不明な言動をしていたため、保護。20日午前6時10分ごろ、酔いがさめたため、帰宅させた。

関連記事

記事本文の続き 約5分後、男性が「トイレを貸してくれ」と戻ってきたという。しばらくたってもトイレから出てこないため、不審に思った署員が確認に行ったところ、男性がドアのフックにひもをかけて首をつっていたという。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人名義の偽造カードで買い回り  ナイジェリア人3人逮捕(20日)

偽造クレジットカードを使って買い物をしたとして、警視庁組織犯罪対策特捜隊などは、不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺の疑いで、ナイジェリア国籍、埼玉県所沢市東所沢、自称自動車部品輸出入会社役員、ウオケジ・チャールズ・チュクス容疑者(41)らナイジェリア人の男3人を逮捕した。同隊によると、ウオケジ容疑者ら2人は容疑を否認、残る1人は「他人のカードを使った」とおおむね容疑を認めているという。

 同隊の調べによると、ウオケジ容疑者らは昨年7月1日、福島県白河市ディスカウントショップで、韓国に住む韓国人女性の磁気データが入った偽造クレジットカードを使い、腕時計や指輪など7点(計約55万円相当)をだまし取った疑いが持たれている。

 3人は複数の外国人名義のカードを使って昨年5月から昨年夏にかけ、ゲーム機など約110万円を購入していたとみられる。同隊は3人が商品を換金し、現金を得ていたとみて捜査するとともに、磁気データの入手先を調べている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100420/crm1004201147006-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【明石歩道橋事故】元副署長を全国初の強制起訴 歴史的瞬間(20日)

 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、榊和(かず)晄(あき)元明石署副署長(63)への起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は20日、業務上過失致死傷罪で榊元副署長を在宅のまま強制起訴した。検察審査会の議決に強制力を与えた昨年5月の改正検審法施行以降、強制起訴は全国初。起訴権限は事実上、検察官が独占してきたが、市民の司法参加を受けた歴史的な起訴となった。

 榊被告はこれまでの事情聴取で否認を続けているとみられ、指定弁護士は今後引き続き担当する公判で、業過致死傷罪の構成要件となる事故の予見可能性を立証。さらに公訴時効(5年)の経過については、部下だった元地域官(60)=上告中=との共犯が成立するため、刑事訴訟法の規定で時効が停止する、と主張していく。

 強制起訴したのは、神戸地裁から選任された安原浩(66)▽中川勘太(37)▽長谷部信一(31)-の3弁護士。地検から引き継いだ捜査記録の精査に加え、今月15日に榊被告を事情聴取するなど補充捜査を進めていた。

 神戸地検は「当日の警備を元地域官に委ねており、現場の危険性も認識していなかった」として榊被告を4度にわたり不起訴としたが、指定弁護士は「副署長として、自らまたは部下に指示して混雑状況を監視する義務があった」と指摘。

 過失の範囲についても、これまで地検が起訴した被告の場合とは異なり、事故当日の警備の不備だけでなく、警備計画の策定段階にもさかのぼる神戸第2検察審査会の議決内容を踏襲した。

 起訴状によると、榊被告は平成13年7月に明石市で開催された花火大会の際、見物客らの転倒事故発生が予想されたにもかかわらず、適切な措置をとらずに11人を死亡、183人に重軽傷を負わせたとされる。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100420/trl1004201117002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランド品販売で暮らしていた46歳女を逮捕(20日)

偽のグッチの商品を販売したとして、46歳の無職の女が逮捕されました。女は、偽ブランド商品の販売で生計を立てていました。

 横浜市の無職・小笠原有子容疑者は去年10月、偽のグッチのネックレスを販売するなどした商標法違反の疑いが持たれています。警察によると、小笠原容疑者は体調が悪いため働くことができず、3年ほど前から偽のブランド商品の販売を始めたということです。売り上げは、合わせて750万円に上るとみられます。警察の調べに対し、小笠原容疑者は「生活費を稼ぐためだった。豊かな生活をしたかった」と容疑を認めています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news4.html?now=20100420021729

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

携帯ながら運転の男、警官転倒させ逃走(20日)

19日午後、東京・世田谷区の尾山台駅前交番の前で、携帯電話を使用しながら車を運転していた男を、交番勤務の男性巡査(24)が発見しました。

 巡査がドアノブとサイドミラーに手をかけ停止を求めたところ、車は急発進し逃走。巡査は転倒し、顔や手に軽いけがをしました。

 車はシルバーのワンボックスカーだったということで、警視庁は公務執行妨害の疑いで逃げた車の行方を追っています。(19日20:15)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4408073.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「自分の子ども殺した」出頭の女性の車に8歳男児遺体(20日)

福島県警郡山署によると、19日午後9時25分ごろ、同署に「自分の子どもを殺した」と同県会津若松市に住む女性(34)が出頭した。同署の発表によると、女性が乗ってきた乗用車の後部座席で男児(8)が倒れているのが見つかった。男児はすでに死亡していた。同署は女性が男児を殺害した疑いがあるとみて、女性から事情を聴いている。

 同署によると、男児はワンボックスタイプの乗用車の助手席の後ろの2列目で、少し倒したシートに横たえられていた。男児は子供服を着ていたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

よど号6人、帰国へ軟化 「拉致の逮捕状撤回求めない」(20日)朝日新聞独自

1970年に日航機「よど号」をハイジャックし、現在北朝鮮で暮らす実行犯の元赤軍派4人とその妻2人のいわゆる「よど号グループ」全員が、これまで帰国の条件としていた「欧州での日本人拉致事件に絡む一部のメンバーらへの逮捕状の撤回」を求めない方針に転換したことが、宗教関係者らによる訪朝団の話などでわかった。メンバーらが希望する早期帰国に向けて大幅に姿勢を軟化させた形で、日本政府との協議を求めているという。

 帰国を準備しているのは、ハイジャック実行犯9人のうち小西隆裕(65)、若林盛亮(もりあき)(63)、赤木志郎(62)、魚本(旧姓・安部)公博(62)の4容疑者=いずれも国外移送略取容疑などで逮捕状=と、実行犯の妻の森順子(よりこ)(56)、若林佐喜子(55)=いずれも旅券法違反容疑などで逮捕状=の2容疑者の計6人。警視庁は、魚本、森、若林佐喜子の3容疑者が欧州での日本人拉致事件に関与したとして02年から07年にかけて国際手配している。

 残る実行犯5人のうち3人は死亡、1人は日本国内で逮捕されて実刑判決を受け、1人の所在は確認されていない。

 関係者によると、6人は平壌市内に住んでおり、今月13~17日に訪朝した「日朝文化交流団」の代表者らと15日、同市内のホテルで面談した。

 メンバーらと長年交流を続けてきた団長の池口恵観(えかん)・最福寺(鹿児島市)法主が「早期帰国」を説得。メンバーらはこれに応じ、「帰国に向けた第一の闘争課題」としてきた拉致事件の逮捕状撤回にこだわらずに帰国し、裁判となった場合は法廷で「潔白」を証明する方針を確認した。一方で、帰国前に日本政府の関係者に意見を述べる場を設けてほしいと希望した。帰国方法など、政府との協議は池口氏に一任したという。

 

続きを読む "よど号6人、帰国へ軟化 「拉致の逮捕状撤回求めない」(20日)朝日新聞独自"

| コメント (0) | トラックバック (0)

向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(20日)

神奈川県横須賀市の男ら2人が、大阪市西成区のあいりん地区に住む医療費のかからない生活保護受給者数十人に病気を装って医療機関から向精神薬を入手させ、安く買い取ってインターネットで転売していた疑いのあることが、捜査関係者への取材でわかった。

 神奈川県警は近く、麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的譲渡、所持)などの容疑で2人を立件する。生活保護制度を悪用した大がかりな薬物の違法ネット販売の実態が明るみに出るのは初めて。2人は、横須賀市の無職大沢広一被告(41)(覚せい剤取締法違反などで起訴)と、大阪市港区の無職栗山一郎容疑者(53)(同法違反容疑などで逮捕)。県警は、3年間で少なくとも200人に転売し、約2000万円稼いでいたとみている。

 捜査関係者によると、大沢被告は2009年11~12月、不眠治療などの向精神薬約1000錠をインターネットで知り合った5人に約12万円で販売するなどした疑い。県警は週内にも横浜地検に追送検する方針。栗山容疑者は、大沢被告に向精神薬などを譲り渡した疑いが持たれている。

 栗山容疑者は暴力団関係者数人を介し、あいりん地区の生活保護受給者数十人と接触。数人のグループに分けて受診日を決め、「眠れない」「落ち着けない」と偽ったり、うつ病を装ったりして、医療機関から向精神薬を入手させていた。

 栗山容疑者は受給者から10錠200円ほどで向精神薬を買い取り、大沢被告に郵送。大沢被告はネットで800~2500円で転売していた。 生活保護受給者は福祉事務所発行の医療券を使うと、医療費は無料。大阪市によると、西成区の受給者は2万7000人で、08年度は生活保護費約540億円のうち半分近くは医療費で占められた。大沢被告は「ネットで向精神薬を買ったことがあり、もうかると思った」、栗山容疑者は「受給者を使えば簡単に薬が手に入った」と供述しているという。

 ◆向精神薬=脳の中枢神経に作用する薬物。主に不眠治療や精神安定に使われ、医師の処方せんがあれば薬局で購入できる。依存性がある上、善悪の判断能力が低下する恐れもあるため、麻薬及び向精神薬取締法で80種類を指定し、譲渡や販売目的の所持を禁じている。

(2010年4月20日03時09分  読売新聞)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知5人殺傷:県の機関や警察の助言でネット停止(20日)

愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、岩瀬高之容疑者(30)=殺人容疑などで送検=のインターネットでの買い物について県の機関や警察に相談していた家族が、ネットやクレジットカードを停止するよう助言されたとみられることが一家の関係者の話で分かった。結果的にネットの使用回線を家族が止めたことが事件の引き金となっており、専門家は「警察などは引きこもりの専門の相談機関を家族に紹介すべきだった」と話している。

 殺害された一美さん(58)の次男(24)の会社関係者によると、次男は「警察や県の機関からクレジットやネットを止めた方がいいと助言された」と話しているという。

 これに対し、県警豊川署幹部は家族から今月13日に「(高之容疑者が)父親の身分証で勝手にクレジットカードを作り、買い物をしている」と相談され、カードの取引停止を助言したことを認めたうえで、ネットの停止については「助言したことはない。引きこもりとは分からず対応に問題はなかった」と話した。

 一方、会社関係者によると、家族は3月ごろから「東三河県民生活プラザ」(同県豊橋市)にも相談。同プラザは取材に「個別のケースについては答えられない」と話した。一美さんは事件の約2週間前と16日の2回、ネットの使用回線を止め、17日未明に事件が起きた。

 引きこもりの相談を受けることが多い「カウンセリングオフィスとぽす」(名古屋市)の西野敏夫臨床心理士はネットの停止について「勝手に止めるのはかなり危険な行為」と話す。引きこもりの人には人格障害などを抱えているケースもあり、精神的ストレスでパニックに陥る危険性があるという。

 同プラザの業務は消費相談中心。各自治体とも臨床心理士らが対応にあたる相談機関は別にあり、豊川保健所には「買い物依存」などの相談に応じるグループもある。次男の会社関係者や親族によると、一家は専門機関を紹介されず、対処法が分からないまま20日には弁護士に相談する予定だったという。【沢田勇、山口知、高木香奈】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100420k0000m040118000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ローソン:3000万円要求の脅迫文書が届く…警視庁捜査(20日)毎日新聞独自

コンビニエンスストア大手の「ローソン」本社(東京都品川区大崎1)に3月から4月にかけて現金3000万円などを要求する封書が3通届き、警視庁が恐喝容疑で捜査していることが分かった。港区や新宿区、中央区のローソン4店舗では3月中旬、商品のパンや菓子にカッターナイフの刃が刺される事件が相次いで発生しており、警視庁は恐喝事件との関連についても捜査している。

 ◇商品にカッター刃…関連も捜査

 捜査関係者によると、ローソン本社に最初に届いた封書の消印は3月23日付で、現金3000万円を要求する内容だった。消印が4月1日と同14日の封書も送り付けられた。2通目に金銭に関する記述はなかったが、3通目では1000万円を要求。脅迫めいた文言もあったという。3通とも同社社長あてでカタカナと漢字を交ぜた手書きだった。

 ローソンを巡っては、3月12日午後~13日未明にかけて、中央、新宿、港区の計4店舗のパンや菓子にカッターナイフの替え刃が刺さっているのが見つかった。警視庁が威力業務妨害事件とみて防犯ビデオを分析したところ、複数の店舗で陳列棚の周辺をうろつく不審な男が映っていた。50代とみられ、警視庁は関連があるとみて特定を急いでいる。ローソン本社広報は「事実関係は現在調査中」としている。【内橋寿明、山本太一、神澤龍二】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100420k0000m040110000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

インサイダー容疑:あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(20日)

あおぞら銀行(東京都千代田区)の40代の男性行員によるインサイダー取引疑惑で、東京地検特捜部は近く、行員を金融商品取引法違反容疑で立件する方針を固めた。行員は企業への融資審査を担当しており、融資情報を利用して公表前に株取引を繰り返し数百万円の利益を得た疑いがもたれている。

 融資先企業が予定していた株式の公開買い付け(TOB)情報を基に、行員がTOBで買収される企業の株を公表前に取引したとして、証券取引等監視委が昨年6月、同行本店などを強制調査していた。

 行員は容疑を否認していたが、その後の調べで別の複数の銘柄でインサイダー取引をした疑いが浮上したことなどから立件に踏み切るとみられる。

 あおぞら銀は、98年に経営破綻(はたん)し一時国有化された旧日本債券信用銀行が母体で00年に発足した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100420k0000m040111000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(20)

「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警

 

Msn_s1

暴力団組員を装って「車に泥をはねられ、礼服が汚れた」とうそをつき、新たに借りる礼服のレンタル代と称して現金を振り込ませたとして、大阪府警捜査2課などは19日、詐欺容疑で住所不定、無職の黒木昌男容疑者(65)を逮捕したと発表した。

 府警によると、同種の振り込め詐欺は昨年10月以降、全国で発生。被害は70件(計約450万円)を超えるとみられ、府警は関連を調べるとともに、他にも共犯がいるとみて捜査している。

 逮捕容疑は2月1日、兵庫県尼崎市の土木工事会社にタクシー運転手を装って「おたくのトラックが泥をはね、お客の服が汚れた」と電話をかけ、客が暴力団関係者であることをにおわせたうえで、客の携帯電話に連絡を入れるよう要求。電話に出た組員役が「汚れた礼服をクリーニングに出す時間がない。レンタル代を払ってほしい」とうそをつき、現金約7万円を銀行口座に振り込ませ、詐取したとしている。

 府警によると、黒木容疑者は「何も言いたくありません」と供述を拒んでいるという。

 タクシー運転手と暴力団関係者が登場する振り込め詐欺の手口は昨年秋ごろから急増し、大阪府内だけでも、すでに40件(未遂を含む)を超える通報・相談が府警に寄せられている。

 府警によると、狙われているのは、営業車に社名や電話番号を明記している会社。「車に書かれた社名から調べた」と運転手役が電話をかけてきて、営業車が(1)牛乳パックを踏みつけた(2)ジュースの缶を踏んだ(3)泥をはねた-ため「乗客の服が汚れた」と告げ、「ヤクザの親分さんらしい」「若い衆の怒りがおさまらないようだ」と、恐怖心をあおっていた。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100419/crm1004192254015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月19日 | トップページ | 2010年4月21日 »