« 2010年4月18日 | トップページ | 2010年4月20日 »

2010年4月19日

2010年4月19日 (月)

宮城県警の捜査報償費、最高裁が非開示支持(19日)

仙台市民オンブズマンが、宮城県警が1999年度に支出した「捜査報償費」に関する文書の開示を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)は、請求を棄却した2審・仙台高裁判決を支持し、原告の上告を退ける決定をした。

 決定は16日付。原告敗訴が確定した。

 同県警の捜査報償費を巡っては、当時の浅野史郎知事が別の訴訟で方針を決めるために必要だとして報償費の実態を説明するよう求めたが、県警が拒否。このため同知事が2005年、捜査報償費の予算執行を停止する事態になった。

 1審・仙台地裁判決は、こうした経緯から捜査報償費の支出のほとんどが架空と認定。捜査員や協力者の氏名を含め、ほぼすべての文書について県警の非開示処分を取り消した。

 これに対し、2審は捜査報償費の一部は不正使用が疑われるとしたが、「協力者に関する情報や捜査員の氏名を開示すると捜査に支障が出る恐れがある」として原告が逆転敗訴していた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換(19日)

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、警察庁は19日、中国公安部の王桂強・物証鑑定センター副主任(局長級)ら9人が来日し、21、22日の両日に警察庁で日中当局による情報交換会議を開くことを明らかにした。情報交換会議はこれまで4回開かれているが、容疑者が中国で拘束されてからは初めて。

 日本側は、金高雅仁・警察庁刑事局長ら10人ほどが出席する。中国側は、製造元の天洋食品の元従業員、呂月庭容疑者(35)の容疑固めに向けて日本国内での被害状況について情報提供を求めるとみられる。日本側は、国内で発生した中毒事件と呂容疑者を結ぶ証拠の確認などを求める模様だ。

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/today/news/20100420k0000m040035000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)

再犯防止の特効薬だ

【治安解説】
212

宮城県警が、GPS=全地球測位システムで、性犯罪などを繰り返していた男の居場所を調べられるようにしていたことが明らかになった。

 17日19時47分にTBSの電子版が報じたもので、性犯罪などで3度の逮捕歴がある宮城県多賀城市の30歳の男は、刑務所から出所した2006年1月、宮城県警の勧めのもと、GPS端末を持たされていた。警察は、男の居場所をいつでも調べることができる状態だったという。

 平成21年に全国で発生した強姦事件は1402件で検挙率は83㌫。問題は、こうした性犯罪は再犯率が高く、平成20年の強姦事件検挙人員951人のうち、初犯416人に対して再犯者は535人だった。

 米国などは、性犯罪から特に子供を守るため「メーガン法」という法律が制定されている。子供に対する性犯罪者に対して出所後に氏名、住所、指紋、職場、使用している自動車ナンバーまで公表している。

 さらに米国や欧州の一部ではGPSを使った「性犯罪者」への追跡や、犯罪者のデータを一括して管理できるシステムを構築している国もある。宮城県警を模範に、日本でも犯罪弱者を守ろうではないか。

  首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島降り込め詐欺」
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html 
 ドラマスペシャル『警視庁取調官落としの金七事件簿』
番組放送期間2010年5月放送http://www.tv-asahi.co.jp/kinshichi/
021

警視庁捜査一課に語り継がれる“落としの名人”小山金七刑事――
その生涯を柳葉敏郎主演でドラマ化!捜査にかける執念、職人芸ともいえる取り調べで
数々の難事件を解決に導いた人情刑事を幅広い役をこなす柳葉敏郎が熱演!!“伝説の刑事”の熱き魂に迫る!

■フィクションでは不可能! 迫真に満ちた描写の数々■ 小山刑事とコンビを組んでいた捜査一課OBの協力を得て、一般に公開されることのない取調室内の様子が事細かに再現されている『落としの金七事件簿』(小野義雄・著)。この優れたノンフィクションをベースに、フィクションの刑事ドラマでは表現できない迫真に満ちた場面を構築していく。なかでも、金七と容疑者たちとの極限状態での心理戦は大きな見どころだ。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【事件】
ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:05:20頃、バイクに乗った男による。やせ型、黒色っぽい服、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2010-04-20 10:39:48
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10042010390001
【不審者】声かけ/武蔵野市 八幡町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:18:10頃、60歳代の男による。170cm位、やせ型、短髪白髪、口ひげ、緑色っぽいジャンパー、色不明ジーパン、帽子、緑色っぽい自転車利用。
○投稿日時2010-04-19 19:46:38

【不審者】痴漢/杉並区 和泉1丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:23:20頃、男に体を触られた。犯人は、若い感じ、170cm位、短髪、グレー色っぽいスウェット上下、徒歩。
○投稿日時2010-04-19 09:18:59
【事件】ひったくり/足立区 綾瀬2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:20:10頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。黒っぽいジャンパー、黒っぽいヘルメット。
○投稿日時2010-04-17 21:45:24
【事件】ひったくり/三鷹市 三輪町付近
○発生日時:少し前
○詳細:19:40頃、バイクに乗った男2人組みによる。1人は、黒っぽいジャンバー、白っぽいヘルメット。もう1人は、色不明ヘルメット。
○投稿日時2010-04-16 21:12:33
【不審者】公然わいせつ/板橋区 小豆沢4丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:
○詳細:19:30頃、自転車に乗った男による。30歳代、160cm位、やせ型、長髪、黒っぽいスカート着用。
○投稿日時2010-04-16 09:44:54
【事件】ひったくり/台東区 浅草3丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:01:20頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2010-04-16 09:41:42
【事件】ひったくり/江東区 亀戸5丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:19:40頃、徒歩の男による。170cm位。
○投稿日時2010-04-15 23:14:24
【不審者】声かけ/三鷹市 新川6丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:生徒
○詳細:13:30頃、白色っぽいトレーナー、黒色っぽいジーパン、スニーカー、徒歩の男による。
○投稿日時2010-04-15 16:08:15
【不審者】痴漢/練馬区 小竹町1丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:03:20頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、中肉、紺色っぽいトレーナー、黒色っぽいジーパン、徒歩。
○投稿日時2010-04-15 09:15:52
注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

「切れない刃物」と判明、所持男性を釈放(19日)

 警視庁・荒川警察署が正当な理由なく刃物を所持していたとして、50代の男性を誤って逮捕していたことが分かりました。

 警視庁によりますと今月8日、荒川区のJR西日暮里駅前の路上で50代の清掃員の男性を荒川警察署の警察官が職務質問したところ、刃渡りが10.8センチの刃物のようなものを持っていたため、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

 男性は「バタフライナイフで、護身用に持っていた」と話していたということですが、翌日に担当の捜査員が紙で試し切りしてみたところ切れなかったため、警視庁はすぐに男性を釈放しました。今後、軽犯罪法違反の疑いで書類送検する方針だということです。

 警視庁荒川署は「今後、指導を徹底して再発防止に努めたい」とコメントしています。(19日11:42)

Logo1

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4407610.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・練馬区の弁当販売店に刃物のようなものを持った男押し入る 現金約60万円奪い逃走(19日)

東京・練馬区の弁当販売店に19日朝、刃物のようなものを持った男が押し入り、現金およそ60万円と防犯カメラのテープを奪って逃走した。
午前7時前、練馬区高松の「ほっともっと光が丘店」に男が押し入り、女性店員に刃物のようなものを突きつけて、「金を出せ」と脅し、現金およそ60万円を奪って逃走した。
店員に、けがはなかった。
当時、店は開店準備中で、男は防犯カメラのテープを持って逃走したという。
調べによると、男は30歳ぐらいで、黒っぽい帽子に白いマスクをつけていたということで、警視庁は、強盗事件として調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175772.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

78歳女性、自宅で殺される 強盗殺人で捜査 山口(19日)

 18日午後9時ごろ、山口県山陽小野田市港町の無職大石義美さん(81)方で、大石さんの妻サカヨさん(78)が風呂場で頭から血を流して倒れているのを、訪ねてきた義妹らが見つけた。サカヨさんはすでに死亡しており、財布入りのバッグがなくなっていたことから、県警は強盗殺人事件として、山陽小野田署に120人態勢の捜査本部を設置して調べている。

 捜査本部によると、義美さんは3月から市内の病院に入院中で、当時、サカヨさんは一人暮らしだった。18日午後5時ごろ、同県宇部市に住む義妹が大石さん宅に電話をかけたが応答がないため、不審に思って訪れ、サカヨさんが倒れているのを発見。県警による検視の結果、サカヨさんの頭には刃物で切られたとみられる傷や打撲の跡が数カ所あったが、首から下には目立った傷はなかった。凶器は見つかっていないという。

 義妹らが大石さん宅を訪れた時、玄関や風呂場の窓はすべて施錠されており、室内には物色された形跡があった。サカヨさんが普段、玄関の鍵を入れているバッグがなくなっており、鍵も見つかっていないことから、捜査本部は、犯人が外から玄関に鍵をかけて逃げたとみている。近所の人によると、サカヨさんは玄関横の植木鉢の下に合鍵を置いていたが、それもなくなっていたという。

 サカヨさんは17日、義妹と一緒に義美さんの見舞いや買い物などに行き、午後5時半ごろ帰宅したといい、その後、事件に巻き込まれたとみられるという。18日付の新聞の朝刊が郵便受けに残ったままだった。

 サカヨさんと親交があり、義妹らと一緒に玄関のアルミ戸をこじ開けて室内に入り、第一発見者となった近くの会社員女性(61)は「犯人はどうやって入ったのか。現場の様子を思い出すだけで怖い」と話した。

 現場は、JR小野田港駅から約500メートル北の住宅街。近所の住民によると、サカヨさんは足腰が不自由で病院に通っていたが、毎日欠かさず義美さんの見舞いに行っていたという。地元の自治会長の石部貞治さん(79)は「優しい人だった。普段は平和な町なのにショックだ」と語った。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

犬のお巡りさん、ならぬ見守りさん 通学路も安心だね(19日)

小学生の登下校を2年以上見守り続けている犬が、広島県東部の府中市にいる。メスのゴールデンレトリバー「マリン」(3)だ。地元の府中署が今月、「みまもり犬」として正式に任命した。

 午前7時半ごろ、署員からもらった薄緑のベストを着たマリンは、飼い主の会社員渡部浩樹(こうき)さん(48)と出動。子どもたちが次々に「おはよう」と声をかけ、頭や背中をなでると、しっぽを振って大喜びしていた。

 目指す先は自宅から約2キロ先の市立府中小学校。通学路は狭く、歩道と車道が分かれていない場所が多い。通勤の車もひっきりなしに通る。マリンは子どもたちに気を配りながら首を動かして、車の流れを見ているようだ。

 最近、太り気味のマリン。渡部さんは「この活動が、ダイエットにもなっています」と話している。(中野寛)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(19日)

振り込め詐欺:掛川西高・同窓会長、卒業生宅被害で「防止」宣言 掛川署訪れ /静岡

Logo_mainichi_s1_4

 県立掛川西高校(掛川市城西)の黒田淳之助・同窓会長が15日、掛川署を訪れ「振り込め詐欺被害防止宣言書」を森田幸光署長に手渡した。同校などの卒業生がいる世帯を狙った振り込め詐欺事件が多発しており、黒田会長は「同窓会の組織を挙げて防犯対策に取り組みたい」と語った。

 同市内では13日と14日、連続して11件の不審電話があった。このうち同校卒業生の母親が200万円をだまし取られる被害が出ている。

 同署によると、いずれも息子を名乗る男性から家族に「携帯電話を落としたので番号が変わった」などと事前に電話。その際伝えた番号で電話をかけ直して家族を信じ込ませ、指定した金融機関の口座に現金の振り込みを頼む手口だった。

 同署によると、不審な電話は同校を含む3高校の27~30歳ほどの卒業生宅に集中してかかってきたといい、「学校と対象年齢が限定されており、卒業アルバムなどを悪用している可能性がある」としている。黒田会長は「会員名簿の不正な流出防止」などを宣言し、「県内外の同窓会支部を通じてさらに注意を呼びかけたい」と語った。【舟津進】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100416ddlk22040206000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

都ぼったくり条例違反:初摘発 不法勧誘で店長ら(19日)

路上でスカウトした女性を風俗店で働かせたとして、警視庁保安課は19日、ファッションヘルス「JJクラブ」(東京都渋谷区)経営、吉野裕介容疑者(30)=渋谷区松濤2=ら風俗店4店舗の経営者や店長計4人を都ぼったくり防止条例違反(不法に勧誘された者の雇い入れ)容疑で逮捕したと発表した。同課によると、不法勧誘の雇い入れを適用した店側の摘発は初めて。

 吉野容疑者の逮捕容疑は、スカウトグループの男(22)が渋谷区内の路上で勧誘した川崎市の女性(19)を09年11月から風俗店で働かせたとしている。吉野容疑者は「2年ぐらい前からスカウトを通じて約200人の女性を雇った」と容疑を認め、ほかの3人も認めているという。

 4店は女性が売り上げた金額の10~15%をスカウトに支払っていた。同課はスカウトの男2人についても都迷惑防止条例違反容疑で書類送検する方針。【町田徳丈】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100419k0000e040031000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認(19日)

電車内で女性警察官に痴漢したとして、警視庁成城署が、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、多摩市諏訪、アルバイト、豊島一弘容疑者(43)を現行犯逮捕していたことが19日、同署への取材で分かった。同署によると、豊島容疑者は「電車の揺れで手が当たっただけ」と容疑を否認している。

関連記事

記事本文の続き 同署の調べによると、豊島容疑者は16日午前8時55分ごろ、京王線千歳烏山駅付近を走行中の電車内で、近くにいた同署交通課の女性警察官(25)の下半身を触った疑いが持たれている。

 同署によると、男は女性警察官に取り押さえられ、停車した千歳烏山駅のホーム上で逮捕された。女性警察官は通勤中だった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刺殺は比国人か、東南アジア系の男を聴取 三重・鈴鹿(19日)

 三重県鈴鹿市のマンション3階通路で18日夜、腹などを刺された男性が発見され、死亡した事件で、鈴鹿署が重要参考人として、3階に住む東南アジア系の50代の男から事情聴取していることが19日、捜査関係者の話で分かった。調べに対し、男は黙秘しているという。

 同署などによると、被害者の男性はフィリピン人とみられる。18日午後7時ごろ、男同士が言い争う声を男の隣人が聞いており、午後7時40分ごろ、男性が血を流し倒れているのが見つかった。

 現場から立ち去り、その後マンションに戻ってきた東南アジア系の男の車から血痕が見つかったことなどから、同署が男に同行を求めた。

 隣人によると、18日午前10時ごろから、男の部屋に外国人が集まり、パーティーをしていたという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100419/crm1004191344010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・足立区2人死傷アパート火災 火の気のない物置が火元か 放火の疑いで捜査(19日)

東京・足立区で18日、1人が死亡し、1人が意識不明の重体となったアパート火災で、警視庁は、火の気のない物置の中が火元とみられることから、放火の疑いがあるとみて捜査を始めた。
この火事は18日午前3時前、足立区西保木間のアパートから出火し、およそ90平方メートルを焼失したもので、2階に住む畠山明美さん(51)が全身にやけどを負って死亡し、2階の別の部屋に住む66歳の女性が意識不明の重体となっている。
これまでの調べによると、1階の部屋と部屋の間に設置されていた扉つきの物置の中から出火したとみられるという。
物置は、普段火の気がないということで、警視庁は、放火の疑いがあるとみて、19日昼前から現場検証を行っている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175774.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

10分前、付近歩く不審な男 08年豊田・高1殺害事件(19日)

愛知県豊田市で2008年5月、愛知教育大付属高1年の清水愛美(まなみ)さん(当時15)が殺害された強盗殺人事件で、事件の約10分前、現場付近でジャージーを着てウオーキングする不審な男が目撃されていたことが県警への取材でわかった。同市と周辺では事件までの2年間に、ウオーキングやジョギングをしていた男が若い女性を襲う事件が少なくとも10件起きており、豊田署特別捜査本部が強盗殺人事件との関連を調べている。

 捜査関係者によると、不審な男が住民に目撃されたのは、事件があった5月2日の午後7時10分ごろ。男は黒っぽいジャージーに白い手袋姿でウオーキングをしていたという。周辺住民らに該当する男は見つからなかった。

 これまでの調べで、被害者の女子高生が襲われたのは同20分すぎで、女子高生の着衣から手袋痕が検出されていることがわかっており、特捜本部はこの男が事件に関与していた疑いがあるとみている。

 また、複数の捜査関係者によると、同市や周辺の岡崎、刈谷両市など同県西三河地方では06年6月以降、ウオーキングやジョギングをしていた男による同種の未解決事件が少なくとも10件あるという。

 このうち、強盗殺人事件の約1カ月前の08年3月下旬の午後10時ごろには、現場から数キロの岡崎市の路上で、ジャージーに手袋姿の男が女子高校生のショルダーバッグを奪って逃げる事件が起きた。

 07年10月中旬の午後7時ごろには、殺害現場の東約7キロの豊田市の路上で、前から走ってきた黒色ズボン姿の男が女子高校生に突然抱きつく事件があったという。

 この2件は帰宅中の女子高校生が自転車ごと倒されるなど、強盗殺人事件と手口が酷似。他の事件も、ジャージーなど軽装の20~30代、身長170センチ前後の男が午後6時~10時に若い女性を襲うなど、共通する部分が多いという。

 

続きを読む "10分前、付近歩く不審な男 08年豊田・高1殺害事件(19日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

性的虐待、56%が1年以上…実父最多34%(19日)

神奈川県内5か所の児童相談所が2006~08年度に認知した108件の性的虐待のうち、1年以上にわたり虐待を受けていたケースが半数以上を占めることが、県中央児童相談所(同県藤沢市)のまとめで分かった。

 発覚の経緯は「子供の告白」が7割を占めており、同相談所は「学校や家庭など、子供が周囲に相談できる環境作りが急務」と訴えている。

 同相談所によると、性的虐待が発見されるまで1年以上かかったケースが56%の61件で、このうち5年以上続いたケースは16件に上った。長期のため期間を特定できなかったのも25件あった。被害者の93%が女子、7%が男子で、4割が中学生、3割が小学生だった。

 虐待者の34%が実父で最多。母親の再婚相手が31%、内縁の夫が1割。全体の81%が身体接触を伴う性行為を受けていた。脅しや金品を渡されるなどして、口止めされていたケースもあった。

 同相談所は、「虐待は圧倒的な力関係の支配下で密室で行われるため、相談できない子供が多く、認知件数は氷山の一角」と指摘。学校関係者ら周囲が気付くケースが少ない上、実母が経済的、精神的に夫らに依存していることなどから、虐待を黙認して子供の訴えを妨げるケースもあるという。

 今回、発覚した68%が、子供からの学校教員や実母への相談。同相談所は「子供の告白がない限り、性的虐待を発見することは困難」とし、今後、教育機関と連携して、虐待を受けたら必ず周囲に相談するよう子供たちに呼び掛けるなどの啓発活動を積極化させる。

 同相談所では06年度から、専門的な研修を受けた職員が被害を受けた子供から面接方式で調査し、虐待の実態を特定している。

 こうした調査面接などを基に児童相談所が告発に踏み切ったケースは3年間で3件あった。面接内容は裁判の証拠として有効といい、今後、調査面接を行える職員を増員させていく方針だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人:78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(19日)

18日午後9時10分ごろ、山口県山陽小野田市港町2、無職、大石義美さん(81)方で「風呂場で女性が倒れている」と同市消防本部から県警に110番通報があった。駆けつけた署員が浴室で妻サカヨさん(78)が殺されているのを見つけた。遺体は頭部などに複数の切り傷があった。室内に普段あったサカヨさんのバッグなどがなくなっており、県警は強盗殺人事件とみて捜査している。

 山陽小野田署によると、夫の義美さんは3月下旬から市内の病院に入院中で、サカヨさんは1人暮らしだったという。

 18日は同県宇部市のサカヨさんの妹(59)が大石さん宅に何度も電話したが、応答がないため、夜に訪問。玄関のガラス戸を割って入り、倒れていたサカヨさんを見つけ、119番通報したという。サカヨさんは服を着た状態だったという。

 大石さん宅は木造平屋で室内に目立って物色された跡はなく、玄関は内側から鍵がかかっており、窓が壊されるなどの侵入した形跡もなかった。現場は小野田港に近い住宅密集地。【中尾祐児、佐野格】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20100419k0000e040001000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知の3人殺傷、居直り強盗か 「こんなつもりなかった」(19日)

愛知県蟹江町の会社員山田喜保子さん=当時(57)=の一家3人が殺傷された事件で、犯人の男が負傷した山田さんの三男(26)に対し「こんなことをするつもりはなかった」と語り掛けていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。

 事件は未解決のまま、発覚から5月2日で丸1年を迎える。愛知県警蟹江署捜査本部は、盗み目的で山田さん方に入った犯人が山田さんと次男雅樹さん=当時(26)=と鉢合わせ、持っていたモンキーレンチで殴ったり、台所にあった包丁で刺すなどし、衝動的に2人を殺した疑いがあるとして、捜査を進めている。

 捜査本部によると、事件は昨年5月1日夜から2日未明にかけて発生した。家に侵入した男が2人を殺害。2日午前2時半ごろに帰宅した三男は背中を小刀で刺され、目隠しされ手も縛られた。

 男は2日午後に現場から逃走する寸前、訪れた蟹江署員に目撃されるまで10時間以上も山田さん方にとどまっていた。その間、三男と会話を交わしたとされ、男は「こんなつもりはなかった」「血の付いた服を洗うまで帰れない」などと、話したという

47newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041801000439.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

教会施設への消火器投げ入れ事件、新たに大阪と神戸で(19日)

 近畿のプロテスタント系教会施設への連続襲撃事件で、17日夜~18日未明、新たに神戸市中央区と大阪府池田市の教会施設に消火器が投げ込まれた。大阪府警と兵庫県警は器物損壊容疑で一連の事件との関連を調べている。

 兵庫県警によると、18日午前6時50分ごろ、神戸市中央区中島通2丁目の「神戸ルーテル聖書学院」の牧師(63)から110番通報があり、葺合署員が調べたところ、玄関のガラス3枚が割れて消火剤が飛び散っていた。

 また、大阪府警によると、同日午前7時ごろに大阪府池田市荘園1丁目の「日本メノナイト・ブレザレン教団石橋キリスト教会」の牧師(45)が同様の被害を受けていることに気づいた。両事件とも、消火器は施設のものではなかったという。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(19日)

山形署は18日、山形市双月町、自営業上田一夫容疑者(70)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、上田容疑者は18日午前10時頃、同市緑町の市道で、酒気を帯びた状態で軽ワゴン車を運転した疑い。

 上田容疑者がガードレールに衝突する物損事故を起こし、駆けつけた同署員が酒のにおいがしたため飲酒検知を行い発覚した。

 車内から、飲みかけの缶ビールや焼酎が見つかっており、上田容疑者は「(酒を)飲みながら運転していた。家に帰る途中だった」などと供述している。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

愛知・豊川の家族5人殺傷:ネット回線再解約が引き金に(19日)

愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、岩瀬高之容疑者(30)=殺人未遂容疑で逮捕=がインターネットを使用する電話回線をいったん家族に止められ、事件2日前の15日に「殺して火をつけてやる」と家族を脅していたことが一家の関係者の話で分かった。高之容疑者は自分で回線を復活させていたが、家族は16日に再び回線を止め、17日未明に事件が起きた。県警豊川署はネット使用を巡る一連のトラブルから高之容疑者が怒りを増幅させたとみている。

 殺害された岩瀬一美さん(58)の次男(24)の会社関係者や親族によると、高之容疑者は2~3年前から一美さん名義のクレジットカードを使い、ネットオークションや通信販売でゲームなどを買っていた。自室は商品でいっぱいだったという。

 一美さんは事件の約2週間前に自宅の電話を止めたが、高之容疑者は勝手に回線を復活させた。15日には次男と三男文彦さん(22)を「インターネットを止めやがって。殺して火をつけてやる」と脅したという。

 だが16日、一美さんは再び電話を止め、高之容疑者は17日未明にネットが使えないことを知った。同署の調べでは、高之容疑者はこの後、「誰がネットを解約したんだ」と言って一家を次々と包丁で刺したとされる。

 同署は18日、高之容疑者を殺人と殺人未遂容疑で名古屋地検豊橋支部に送検した。【沢田勇、山口知】

 一家の関係者によると、殺害された岩瀬一美さんの毎月の給料は無職の長男、高之容疑者に管理されていたといい、引きこもり状態だった高之容疑者と家族のいびつな関係が浮かぶ。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男の会社関係者や親族によると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万~30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100419k0000m040109000c.html

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

刃物で刺され男性死亡 三重・鈴鹿(19日)

 18日午後7時40分ごろ、三重県鈴鹿市道伯4、短期賃貸マンション(6階建て)の3階通路で、男性が血を流し倒れているのを住人が見つけ、鈴鹿署に届けた。男性は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 鈴鹿署は殺人事件として捜査を始めた。

 同署によると、男性は40~50歳代とみられ、腹や胸に刃物のようなもので刺された傷があった。通報した住人は「部屋でけんかのような物音がし、通路に出ると男性が倒れていた」と話しているという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100419/crm1004190028000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月18日 | トップページ | 2010年4月20日 »