« 2010年4月12日 | トップページ | 2010年4月14日 »

2010年4月13日

2010年4月13日 (火)

ローソンの商品にカッターの刃 防犯カメラに不審男(13日)

東京都内のコンビニエンスストアで商品にカッターナイフの刃が刺さっているのが相次いで見つかった事件で、複数の店の防犯カメラに同一人物とみられる50代くらいの不審な男が映っていたことが新たに分かりました。

 先月12日から13日にかけて、中央区、新宿区、港区のローソン4店舗で、パンや菓子の袋にカッターの刃が突き刺さっているのが相次いで見つかりました。けが人は出ていません。その後の警視庁への取材で、被害に遭ったうち、複数の店の防犯カメラに50代くらいの不審な男が映っていたことが新たに分かりました。映っている男は、いずれも同じような上着を着ていて、体形などから同一人物とみられています。男は、問題の商品の近くを何度も行き来するなど不審な動きをしているということです。警視庁は、この男が事件に関わった可能性があるとみて、映像の解析を進めています。

Annlogo1

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news3.html?now=20100413201844

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

後輩にうその人事情報伝え、「回避できる」と100万円受領 厚労省職員に停職3カ月(13日)

後輩の職員にうその人事情報を伝え、それを回避する見返りとして100万円を受け取ったとして、厚生労働省は13日、56歳の男性職員を停職3カ月の懲戒処分とした。
厚生労働省は、会見で「あまりにも幼稚な内容なので、信じられないんですね。本人自身も、『自分もなんであんなことやったのかわからない』ということをですね、辞表を手にして言っているぐらいなんで」と話した。
厚労省によると、統計情報部・柳沢公彦室長(56)は3月16日、後輩職員(55)に対し、「地方勤務の可能性がある」とうその人事情報を伝え、「100万円で回避ができる」と持ちかけた。
後輩職員は翌日、100万円を渡したものの、その後、うそが発覚したという。
厚労省は、13日付で柳澤室長を停職3カ月の懲戒処分とした。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175411.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(13日)

振り込め詐欺:条例施行1年、被害は大幅減少 県警「さらに周知し、撲滅へ」 /熊本

Logo_mainichi_s1_3 全国で初めて「振り込め詐欺から県民を守る条例」が昨年4月に施行されて1年がたった。09年度の被害件数は前年度から162件減って50件。被害額も約2億円減の約5100万円だった。県警はさらに周知徹底を図り、撲滅を目指す。

 条例は、金融機関などの事業者や県民が振り込め詐欺の疑いがある事例を県警に通報すること、県警が被害防止に関する施策を総合的に推進することを求めている。「変装してATM(現金自動受払機)を操作する」「携帯電話をかけながら操作する」などの行為を避けるよう求める規定も設けている。

 県警生活安全企画課によると、銀行の行員からは「条例が制定され、振り込め詐欺にだまされているのではないかと思った時に客に声を掛けやすくなった」という声が上がっているという。昨年度は振り込む前に声掛けをして被害を防いだなどとして警察署長からの感謝状贈呈が15件あった。県民の意識の高まりも被害減少の理由とみている。

 県警は「記憶が薄れてしまうこともあるので、継続して広報・啓発活動をしていきたい。依然として多額の被害が出ているので撲滅を目指したい」としている。今年1月から月ごとに重点項目を設定し、今月は「条例の周知・広報」がテーマで、今後は郵便小包「エクスパック」による送金対策などにも取り組むという。

 捜査面でも昨年2、3月に県内で約4000万円の被害が出た高校同窓会名簿を利用したオレオレ詐欺にかかわったとみられる男6人を逮捕するなどし、抑止効果を上げている。昨年度はオレオレ詐欺だけで前年度より被害が1億2300万円減ったという。【遠山和宏】

http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100413ddlk43040606000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤1キロ飲み込み密輸図る…3時間かけ(13日)

ラップに包んだ覚せい剤約1・16キロ(末端価格1億471万円)をのみ込んで密輸したとして、大阪税関関西空港支署などは13日、埼玉県鳩ヶ谷市在住のナイジェリア人、チュクウ・ジュディ・オブナディケ被告(46)を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕し、大阪地検が同罪などで起訴したと発表した。

 違法薬物を体内に隠して密輸した量としては関空で過去最大という。

 発表によると、オブナディケ被告は3月20日午後4時25分頃、粉末の覚せい剤を押し固めてラップで包んだ80袋(各直径2・5センチ、長さ5センチ)をのみ込んだ状態で、ナイジェリアから関空に持ち込んだ疑い。手荷物が少ないことに不審を抱いた税関職員がレントゲン検査して発覚した。

 体内で漏れ出せば致死量のため、ラップの外側を透明粘着テープで幾重にも巻き、出国の朝、ホテルで3時間かけてのみ込んだという。オブナディケ被告は「日本での覚せい剤の密売を持ちかけられたナイジェリアの知人に、のみ込んで持ち込むよう指示された」と供述しているという。(2010年4月13日20時46分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻と義母殺害容疑でも男を再逮捕 宮崎家族3人遺体事件(13日)

宮崎市で今年3月、家族3人の遺体が見つかった事件で、宮崎県警は13日、長男に対する殺人容疑で逮捕していた同市花ケ島町、無職奥本章寛容疑者(22)を、妻くみ子さん(24)と妻の母の池上貴子さん(50)に対する殺人容疑で再逮捕した、と発表した。容疑を認めていると説明している。

 発表によると、奥本容疑者は3月1日午前5時ごろ、自宅で長男雄登ちゃん(6カ月)を殺害した直後、就寝中のくみ子さんと池上さんの頭を金属製ハンマーで殴るなどして殺害した疑いが持たれている。捜査関係者によると、奥本容疑者は「家庭内で義母や妻と折り合いが悪かった」などと供述したという。

 一方、宮崎地検は13日、奥本容疑者を雄登ちゃんに対する殺人と死体遺棄の罪で起訴した、と発表した。

 起訴状などによると、奥本容疑者は1日午前5時ごろ、自宅の台所で雄登ちゃんの首を両手で絞めたうえ、浴槽の水につけて窒息死させ、同日午後9時ごろ、資材置き場の地面に穴を掘り、遺体を埋めたとされる。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者
】痴漢/渋谷区 代々木神園町の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:0:40頃、男に体を触られた。犯人は、30歳代、中肉、短髪、茶色っぽい上衣、自転車利用。
○投稿日時2010-04-14 09:24:15
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10041409240001
【不審者】痴漢/足立区 辰沼2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:19:30頃、男に体を触られた。犯人は、10歳代、160cm位、やせ型、坊主頭、黒色っぽいジャンパー、学生風、自転車利用。
○投稿日時2010-04-13 20:41:50

【不審者】公然わいせつ/小平市 小川町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:10:40頃、20歳代の男による。やせ型、短髪、グレー色っぽいトレーナー、徒歩。
○投稿日時2010-04-13 13:32:34
【不審者】痴漢/青梅市 新町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女子学生
○詳細:22時頃、男に体を触られた。犯人は、30歳代、160cm位、小肥り、短髪はげている、緑色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-04-13 00:12:28
【不審者】公然わいせつ/足立区 伊興4丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:
○詳細:16時頃、30歳代の男による。160cm位、ベージュ色っぽい服、自転車利用。
○投稿日時2010-04-12 18:58:44
【不審者】痴漢/練馬区 貫井5丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:21:30頃、男に体を触られた。犯人は、30歳代、、170cm位、中肉、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、帽子、徒歩。
○投稿日時2010-04-12 09:03:00
【不審者】痴漢/葛飾区 東水元5丁目のマンション内
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:21:50頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、やせ型、白色っぽいジャージ上下、徒歩。
○投稿日時2010-04-11 11:21:57
【事件】ひったくり/豊島区 上池袋2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:19:30頃、バイクに乗った男2人組みによる。
○投稿日時2010-04-09 22:42:13
【事件】ひったくり/練馬区 羽沢2丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:04:10頃、バイクに乗った20歳位の男2人組による。1人は、色不明ヘルメット着用。もう1人は、短髪、ノーヘル。
○投稿日時2010-04-09 09:20:42
【不審者】痴漢/足立区 足立1丁目
○発生日時:昨日
○被害者:生徒
○詳細:19:20頃、30歳代の男に体を触られた。170cm位、黒っぽいジャージ姿。
○投稿日時2010-04-08 09:23:13

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)

対抗意識

【治安解説】
212

「男に振られて誰でもいから傷つけたかった」と路上で果物ナイフを振り回し、通行人にケガを負わせた27歳の女が殺人未遂で警視庁に逮捕された。現場は文京区大塚の区立大塚公園で時間は午後9時だったというから、被害者が少なかったのだろう。繁華街でやられたらまさに無差別殺人の可能性もあった。クワバラクワバラ…

 ところで警視庁対神奈川県警のライバル意識は聞いたことがあるが、なんと、これは大阪府警対警視庁の話である。

 産経新聞によると、大阪府内のひったくりなどの街頭犯罪が10年連続全国最多の記録を更新していたが、今年1~2月の発生件数が東京都を下回り、一時的にワースト1を返上していることが分かったという。

 府警では、平成23年までのワースト1返上が悲願といい、「まだ2カ月」と冷静に受け止める声がある一方、発生状況に一喜一憂する幹部もいて、最大のライバルである警視庁とのつばぜり合いに注目が集まっているそうだ。

 ひったくりや路上強盗、自動車盗、車上狙いなどの計8手口からなる街頭犯罪の今年1~2月の発生件数は計1万1781件で、東京都の同じ時期(1万1808件)をほんのわずか下回ったという話だが、何事にもライバル意識は大いに結構。

 府警の本部長と言えば舟本馨さんで、今年2月まで警察庁首席監察官。その前は警視庁刑事部長だった。現場大好きなキャリアである。がんばれ大阪府警sign01

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人罪の時効廃止法案、参院委で可決 4月中にも施行(13日)

殺人罪の「公訴時効」の廃止など、凶悪・重大事件の時効を見直す刑事訴訟法などの改正案をめぐり、参院法務委員会で13日、しめくくりの質疑が行われ、賛成多数で原案通り可決された。法案は参院で先に審議されており、本会議での採決を経て衆院に送られる。成立後すぐに施行されるため、早ければ今月中にも法改正が実現する可能性がある。

 時効の見直しについては、未解決事件の被害者遺族らの強い要望を受け、昨年10月に千葉景子法相が法制審議会に諮問。殺人など法定刑に死刑がある罪の時効廃止▽危険運転致死や傷害致死など、人を死亡させた罪の一部の時効を現行の2倍に延長する――などとする答申を元にした法案が提出され、今月1日に審議入りしていた。

 法案では、改正法が施行された時点で時効になっていない事件にも、適用されることになっている。この点について「適法だった行為をさかのぼって罰しない」と定めた憲法39条に違反するという意見が出ており、議論の対象となりそうだ。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(13日)

 インターネット掲示板の書き込みで名誉を傷つけられたと訴えた被害者が、発信者情報の開示を拒んだプロバイダー「KDDI」に損害賠償などを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は13日、賠償責任を否定する初判断を示した。2審判決中、KDDIに対する15万円の賠償命令を破棄、発信者の氏名や住所を被害者側に開示するよう命じた部分は維持した。

関連記事

記事本文の続き 同小法廷は「賠償責任を負うのは、書き込みによる権利侵害が明らかで、情報開示請求に正当な理由があると認識しているか、これらが明白なのに認識できなかったことに重大な過失があった場合に限られる」と判示。その上で、「書き込みは社会通念上許される限度を超えた侮辱であることが一見して明白ではない」と指摘した。

 判決などによると、原告は、神奈川県小田原市にある学校法人の理事長で、平成19年1月、ネット上の掲示板「2ちゃんねる」に不快な用語を書き込まれた。

 1審東京地裁は理事長側の請求を棄却したが、2審東京高裁は書き込まれた内容を名誉感情が侵害されたと認め、情報開示と賠償を命じた。

Head_logo1_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官:北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(13日)

福岡県内で相次ぐ発砲事件を受け、北九州市を13日に訪問した警察庁の安藤隆春長官は福岡県警北九州地区暴力団犯罪捜査課で捜査員ら約120人を前にあいさつ。指定暴力団工藤会をめぐる地元住民の暴力排除活動について「盛り上がりに敬意を表しなければならない。住民の運動を警察は全面的に支援しなければならない」と訴えた。

 工藤会について「暴力排除活動に参加する住民や企業に、発砲などの極めて凶悪な犯行を繰り返す団体だ」と指弾。「今後の日本の暴力団対策、社会全体で暴力団を孤立化させていく運動の将来の成否が、北九州地区の暴力団対策にかかっている」と述べた。

 また、北橋健治市長との会談では「暴排活動の先頭に立つ市長の勇気ある行動に敬意を表します」と語り、活動を全面的に支援する考えを示した。北橋市長は「安心安全は市民の切なる願い。今後も市民と一緒に活動に取り組んでいきたい」と決意を述べ、容疑者の早期逮捕や市民の安全確保などを要望した。

 安藤長官はその後、北九州市戸畑区で記者団に対し、一連の発砲事件について「早期に検挙し、再発を防止することが警察に課せられた最大の使命だ」と述べた。

 福岡県内で発生した発砲事件は、08年まで5年連続で全国最多となった。昨年は4件で2位だったが、今年は12日現在、8件に上っている。北九州市では3月15日、工藤会の新事務所撤去を求める自治総連合会幹部宅が銃撃されている。

 安藤長官は13日午後から、指定暴力団道仁会の本部移転を住民運動で阻止した佐賀県みやき町も視察する。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100413k0000e040070000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

居酒屋強盗容疑、元従業員の中国人逮捕(13日)

去年12月、東京・港区の居酒屋で売上金およそ70万円が奪われた事件で、警視庁は、元・従業員ら中国人の男2人を逮捕しました。

 強盗の疑いで逮捕されたのは、中国人の王群容疑者(21)と蘇祖瑞容疑者(22)です。

 警視庁の調べによりますと、王容疑者らは去年12月2日午前5時ごろ、港区東新橋の居酒屋で店長らに刃物を突きつけて脅し、売上金およそ70万円を奪った疑いが持たれています。

 蘇容疑者は店の元従業員で、午前4時頃に系列店から売り上げ金が集まると王容疑者に伝えていました。取調べに対し、王容疑者は「アルバイトを辞めて金がなかった」と供述しているということです。(13日11:30)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4402926.htmlLogo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

シカを撃った疑い 男を逮捕(13日)

先月、国の天然記念物に指定されている奈良公園のシカが矢に刺されて死んだ事件で、三重県で飲食店を経営する39歳の男が洋式の弓でシカを撃ったとして、文化財保護法違反の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは三重県津市の飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)です。奈良公園では、先月13日、シカがおなかに金属製の矢が刺さった状態で見つかり、2日後に死にました。警察は、稲垣容疑者が知り合いに「奈良公園のシカなら捕まえられると思って狙った。シカの肉を売って金をもうけようと思った」と話していたことや、現場近くの防犯カメラの映像などから、稲垣容疑者が洋式の弓であるボーガンでシカを撃った疑いが強まったとして、13日午前、文化財保護法違反の疑いで逮捕しました。調べに対し、稲垣容疑者は「シカに向けて矢を撃ったが、当たったかどうかはわからない」などと話しているということです。警察は稲垣容疑者を取り調べ、詳しい動機などについてさらに調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100413/k10013802611000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり事件、強盗傷害容疑で男逮捕 警視庁(13日)

東京・渋谷区の路上で女性のバッグをひったくった上、重傷を負わせたとして、警視庁は31歳の男を逮捕しました。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、横浜市の会社員、邑井祐介容疑者(31)です。

 警視庁の調べによりますと、邑井容疑者は今年2月、渋谷区代々木の路上で25歳の女性に後ろからスクーターで近づき、バッグなど8万6000円相当をひったくったうえ転倒させ、全治1か月の重傷を負わせた疑いが持たれています。

 また、邑井容疑者の会社の同僚の稲沢晋容疑者(30)は、被害品をチケットショップに偽名で売却したとして、詐欺などの疑いで逮捕されました。

 東京の渋谷区などでは、去年7月からスクーターによるひったくりが少なくとも50件相次いでいて、警視庁は余罪を追及しています。(13日11:43)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4402925.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山梨・甲府市パチンコ店車両強盗事件 主犯格の65歳男を逮捕(13日)

山梨・甲府市で2009年10月、パチンコ店の駐車場から景品カードなどを積んだ車が盗まれた事件で、主犯格の男が逮捕された。
強盗致傷などの疑いで逮捕された東京・板橋区の無職・山本 耕一郎容疑者(65)は、すでに逮捕・起訴されている男2人とともに、2009年10月、甲府市のパチンコ店駐車場で、パチンコの景品カードなど、およそ3,600万円相当を積んだ車を、車内にいた男性店員(62)を突き落とし、奪った疑いが持たれている。
山本容疑者は、容疑を認めているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び運転した疑い、神奈川県議を現行犯逮捕(13日)

酒気を帯びた状態で車を運転したとして、神奈川県警伊勢佐木署は13日、横浜市保土ケ谷区霞台、同県議会議員榎並正剛容疑者(41)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。榎並容疑者は「酒を飲んで運転した」と容疑を認めているという。自民党県議団に所属し、横浜市保土ケ谷区選出で1期目。

 同署によると、榎並容疑者は13日午前0時45分ごろ、同市中区桜木町1丁目の国道16号で、信号待ちしていた軽トラックに追突し、駆けつけた警察官が調べたところ、呼気1リットル当たり0.45ミリグラムのアルコール分が検出された。榎並容疑者は調べに対し「ビールをジョッキで5、6杯飲んだ」と話しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大学4年生「写真撮ってあげる」誘拐・暴行容疑(13日)

帰宅途中の小学生女児を連れ去ったとして、千葉県警柏署は12日、千葉県柏市松葉町、江戸川大学4年、岩本昌平容疑者(23)を誘拐と暴行の疑いで逮捕した。

 発表によると、岩本容疑者は3月23日午後5時10分頃、柏市内の路上で、小学2年(当時)女児(8)の腕をつかんで歩いた後、アイマスクのような物で目隠しし、抱きかかえて連れ去った疑い。

 約20分後、約50メートル離れた路上で解放した。

 「写真を撮ってあげる」と声をかけたといい、帰宅した女児から話を聞いた母親が110番。同署が似顔絵を作成して捜査したところ、岩本容疑者が浮上した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎2警察官刺傷、手配の男が出頭、逮捕(13日)

 長崎県佐世保市で警察官2人が男に刺され重軽傷を負った事件で、長崎県警は13日、殺人未遂と傷害などの疑いで指名手配していた住所、職業ともに不詳の神山望容疑者(33)を逮捕した。神山容疑者は同日午前4時ごろ、福岡県警南署に出頭した。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は12日午前3時半ごろ、佐世保市早岐1丁目の市道で、職務質問をした長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)の右胸や右ひざなどと、川淵圭巡査部長(42)の右太ももを柄付きナイフで刺したとしている。

 携帯電話の電波から同容疑者が事件後、福岡市内に逃走した可能性が高いことが分かっていた。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良の矢ジカ死、30代男聴取へ 文化財保護法違反容疑(13日)

奈良市の奈良公園で3月、雌のシカが腹部をボーガン(洋弓)の矢で撃たれて死んだ事件で、奈良県警は近く、県外の30代の飲食店経営の男がかかわった疑いが強まったとして、文化財保護法違反の疑いで事情聴取する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男が「奈良公園のシカを撃った」と知人に話していたとの情報が県警に寄せられた。また、シカが撃たれたとみられる3月12日夜、男の姿が現場付近のコンビニエンス店の防犯カメラに映っていたという。

 シカは同13日朝、春日大社の表参道近くで腹部に鉄製の矢が刺さっている状態で見つかり、保護された。肺が傷ついており、15日朝に同公園内の保護施設で死んでいるのが確認された。奈良公園の鹿は天然記念物に指定されている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

大学新入生狙うカルト集団、地方出身の一人暮らし要注意(13日)

各大学では入学式が終わり、今週から本格的に授業が始まる。クラブや同好会の新入生勧誘でキャンパスはにぎわうが、その中にはカルト集団の勧誘も混じっているので用心が必要だ。毎年春、正体を隠して接近してくる集団に取り込まれる新入生は後を絶たない。その勧誘の手口と、被害に遭わないための心構えを聞いた。

 「カルトに入るのは簡単だが、抜け出すには3年も4年もかかる。『自分は大丈夫だ』と過信する人ほど危ない」

 こう語るのは関東在住の男性会社員(30)。男性は、4年前に女性信者への性的暴行が発覚して問題となった韓国発祥の宗教団体の元信者だ。東京大4年に在学中の2002年に入信し、約4年間、信者として活動した。入信のきっかけは学校内での勧誘だったという。

 「部活を引退してちょうど暇になった時、食堂で7人ほどの学生の集団に声をかけられた。宗教色をまったく見せなかったため、警戒心は抱かなかった」

 その教団は、禁欲的な生活を強いるのが特徴。入信した学生たちは教団内で「伝道」と呼ばれる勧誘活動に駆り出された。「洗脳が進むと、勧誘活動に生きる意味を見いだしてのめり込むようになっていく」と男性は振り返る。

 勧誘のターゲットは、おもに新入生。(1)孤立している(2)一人暮らし(3)世間ずれしておらず純真-というのが標的にされやすい学生の共通点。地方から東京に出てきた学生は格好のターゲットだったという。

 同じく韓国発祥のキリスト教系宗教団体に入っていた女性会社員(33)も、新入生の時に勧誘され、大学卒業まで信者仲間と集団生活を送りながら勧誘活動に明け暮れた。

 「合宿用の施設が各地にあり、これが洗脳の舞台。まず、週末開催の短期合宿に参加させられ、ゴールデンウイークには5日間の合宿があります。夏休みにはさらに長期の『新人研修会』があり、3段階の“工程”で洗脳される。夏が終わるころには信者ができあがる仕組みです」

 女性によると、春・夏の長期休みには教団の活動資金を獲得するため、物売りもさせられたという。軽い気持ちで勧誘に乗ったことで、女性の大学生活はすべてカルト宗教に支配されてしまったわけだ。

 相次ぐカルト被害を受け、大学も対策に本腰を入れ始めた。昨年3月には宗教学者らの呼びかけで、情報共有サイト「全国カルト対策大学ネットワーク」が発足。現在、78校が参加し、大学の学生課職員や心理カウンセラーらが情報を交換している。

 カルト問題に詳しい恵泉女学園大の川島堅二教授(宗教学)は「目標がはっきりしていない学生は注意が必要です。最近のカルトは、そういう学生に『生き甲斐』を示して魅了する。大学に入っても、親は子供に関心を持ち続けることが一番の対策です」と話している。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

銀座の人気運転手監禁容疑で逮捕 「白タク仲間抜けた」(13日)

東京・銀座のホステスを送迎する「白タク」営業のグループから抜けた男性運転手(37)を監禁したなどとして、警視庁西新井署は12日までに監禁と強盗致傷の疑いでグループリーダーの男(62)=東京都足立区梅田=とグループメンバーの計7人を逮捕した。

 西新井署によると、7人の逮捕容疑は昨年11月27日朝、銀座に呼び出した男性運転手の車に乗り込んで足立区の事務所まで連れて行き約2時間監禁、ナイフで胸を刺すなどして現金約5万円を奪った疑い。男性運転手は1カ月の重傷を負った。

 ホステスに人気があった男性運転手がグループを抜け、銀座で別の白タクグループを始めたため客足が落ちたことに立腹したという

47newslogo1 http://www.47news.jp/news/2010/04/post_20100412181803.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡・能古島女性切断遺体事件 警察、両腕が見つかった福岡競艇場や河口付近を捜索(13日)

福岡市で女性の切断遺体が発見された事件で、警察は12日、遺体が発見された付近の捜索を行った。
12日午前11時すぎから、警察官が福岡競艇場や河口付近を捜索した。
この事件は3月15日、福岡市の能古島(のこのしま)で切断された女性の遺体の一部が発見されたもので、9日には福岡競艇場で両腕が発見された。
被害者は、3月上旬から行方不明になっていた諸賀礼子さん(32)。
捜査本部は、両腕が入っていたポリ袋についても鑑定を進め、犯人の手がかり発見に全力をあげている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00175349.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い(13日)

奈良市の奈良公園で3月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった状態で見つかった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は12日、30代の飲食店経営の男が関与した疑いが強まったとして、13日にも文化財保護法違反(天然記念物の毀損=きそん)容疑で事情聴取する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男は3月12日夜~13日未明、奈良公園内の春日大社の表参道で、シカにボーガンを撃ち、死なせた疑いが持たれている。男が「シカを撃った」と知人に話しているという情報が県警に寄せられ、捜査していた。

 シカを保護した「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、雌ジカは3月15日に死んだことを確認。解剖で妊娠していたことが判明した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100413k0000m040111000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚(13日)

危ないところで幼い命を救ったのは祖母だった。今年1月24日昼、木邨容疑者の自宅を訪ねた妻の母親は、一目で長男の目の周りが真っ黒なのに気づいた。激しく殴られたような内出血の跡。「これは虐待に違いない」。すぐに大阪市内の病院を受診した。

関連記事

記事本文の続き 診断結果は、くも膜下出血のほか、顔のあざ、眼底出血など虐待を疑わせるものばかり。病院は府中央子ども家庭センターへ通告し、長男は保護された。

 同じマンションの住民に「ちゃらちゃらしていて買い物でカートごと商品を持って帰ってきたりする非常識な人」という印象を持たれていた木邨容疑者。

 虐待は昨年秋から常態化していたとみられ、近所の人も家族の中では「虐待しているのかも」とうわさしていたが、仕返しなどを恐れ、通報していなかった。

 ただ、大東市の担当職員は昨年12月、乳児を対象にした全戸訪問で木邨容疑者宅を訪ねたが、長男の異変は分からなかったという。

 児童虐待問題に詳しい花園大の津崎哲郎教授は「子育ての準備ができないまま大人になったような若い夫婦は多い。行政や近所だけでなく、身内の積極的なフォローで虐待の早期発見は可能だ」と話している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待(13日)

【なぜわが子を傷つけるのか】(1)

 振り返れば、きっかけは、些細(ささい)なことだった。 2年前のあの日、会社員の夫(31)は仕事へ出かけ、自分は寝坊して昼前に起きた。3歳だった一人息子は冷蔵庫の前にいた。空腹のあまりバターをそのまま食べていた。

関連記事

記事本文の続き 「『は?』とか思って、勝手に冷蔵庫を開けたことへの怒り、バターを食べて体は大丈夫かという心配、起きられなかった自分へのいら立ち、すべてが渦巻いて止まらなくなった。平手で顔をたたき、『てめー、この野郎』と言いながらげんこつで頭を殴ったり、け飛ばしたりしていた」

 千葉県に住む主婦、柴田かえでさん(23)=仮名=は、そのときの息子の目が忘れられない。恐怖と哀願。「鬼でも見るかのような目だった」 翌朝、子供を着替えさせると、おなかや目の横が赤紫色になっていた。終わったはずの夜泣きが、それからしばらく続いた。

 「やっているときは『お前のために』『お前が悪いから』と、しつけのつもりでいる。でも外からは虐待にしか見えないと思う」 おもちゃを片づけないときや、「道路を走ると危ないよ」と言い聞かせても飛び出してしまったとき、トイレで紙を無駄遣いしたとき…。頭を殴り、両手を持って脱臼するかと思うほど引きずり回した。

 「結局、私の都合だと思う。いらいらしたり自分にゆとりがないときにやってしまう。その後は罪悪感。そんなひどい親でも、私が泣いていると息子はティッシュペーパーを持ってきてくれる。『ごめんね』と言って抱きしめて。でも次の日になるとまた別のことで殴ってしまう」

 ■娘を愛せない  われに返ると、泣きやまぬ生後1カ月の長女の首に両手をかけていた。東京都内の高層マンションに住む主婦、秋山美樹さん(36)=同=も3年前、あと少しで一人娘の未来を奪ってしまうところだった。

 「おぎゃーという泣き声がめちゃめちゃむかついた。『こんなに世話しているのに、どうしてあんたばっかり要求してるの』という気持ちになっていた」その朝、外資系の生命保険会社に勤める夫(39)を送り出し、娘を居間のざぶとんにのせて掃除をしていた。突然、火がついたように泣き出した。

 「おむつを替えてもミルクを飲ませても、1時間たっても泣きやまなかった。がまんしていた心のスイッチが切り替わった。娘の首に手が伸びていた」 このままでは娘を殺してしまうと思い、病院で相談した。児童相談所へ連絡が行き、長女は2カ月間、乳児院で暮らした。現在も、日中は保育園で預かってもらっている。

 「もう3歳になりますが今も娘を愛せない。『あんたなんかいらない』『育てたくて育てているんじゃない』とつい言ってしまう。毎日殺意とたたかっていて、マンションの29階からほうり投げたくなる。私はどうすればいいのでしょうか」

 ■実母が6割

 厚生労働省によると、平成20年度に全国の児童相談所が対応した虐待は4万2664件。前年度から約2千件増え、集計を始めた2年度の1101件から増加の一途をたどっている。主な虐待者は「実母」が60%と最も多く、次いで「実父」24%、「継父」6%、「継母」1%-の順。

 児童相談所出身で「子どもの虹情報研修センター」研究部長の川崎二三彦さん(58)は「父親は育児に参加するどころか、子供と接する時間が限られており、虐待してしまいそうな場面に遭遇する機会すらない。その分、子育てを一身に任されている母親が虐待者とならざるを得なくなっている」。川崎さんによると、わが国と同様に児童虐待が急増している韓国では、逆に父親が全体の6割を超えているという。

 虐待は、日常生活の常識をわずかに逸脱した軽度なものから、子供の生命に危険を及ぼす重大なものまで幅がある。東京都が19年に行った調査では、子育て家庭の母親の56%が「子供のことでどうしたらよいか分からなくなる」と答え、25%が「子供の顔を見るといらいらする」と回答した。

 社会福祉法人「子どもの虐待防止センター」の相談員、石川ゆうさん(60)はこう話す。「虐待は特別な家族の問題ではなく、どの家庭にも起こりうる。経済的に豊かな家庭でも起きる。だからこそ、社会全体で考えなければならない」

 ◇児童虐待防止法施行から今年で10年。子供への虐待は増え続けている。なぜ、わが子を傷つけてしまうのか。どうすればいいのか。原点に立ち戻って考えてみたい。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」(13日)

 通りがかりの女性を果物ナイフで刺し、けがを負わせたとしたとして、警視庁大塚署は12日、殺人未遂の現行犯で、自称東京都大田区鵜の木、無職、児玉恵子容疑者(27)を逮捕した。同署によると、児玉容疑者は「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は、12日午後9時ごろ、文京区大塚の区立大塚公園で、通行中だった区内の女性(35)に後ろから近づき、果物ナイフ(刃渡り約9・5センチ)で背中や顔を切りつけ、けがを負わせた疑いが持たれている。女性は命に別状はないという。

 同署によると、女性が抵抗し、もみ合っているのを目撃した通行人の男性が児玉容疑者を取り押さえた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100413/crm1004130033000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

街頭犯罪の発生件数で大阪がワースト1を暫定返上 ((13日)

ひったくりなどの街頭犯罪が10年連続全国最多の大阪府で、今年1~2月の発生件数が東京都を下回り、一時的にワースト1を返上していることが12日、府警の調べで分かった。この時期、不名誉な1位の座を譲ったのは平成11年以来という。平成23年までのワースト1返上が悲願となっている府警では今年が正念場となっており、「まだ2カ月」と冷静に受け止める声がある一方、発生状況に一喜一憂する幹部も。最大のライバルである警視庁とのつばぜり合いに注目が集まっている。

 府警によると、ひったくり、路上強盗、自動車盗、車上狙いなどの計8手口からなる街頭犯罪の今年1~2月の発生件数は計1万1781件で、東京都の同じ時期(1万1808件)をほんのわずか下回った。

 34年連続全国最多を記録し「大阪名物」と揶(や)揄(ゆ)されるひったくりが昨年の同じ時期に比べ103件減の470件となるなど、部品狙いを除く7手口で減少したのが要因とみられる。

 府内の街頭犯罪は、平成13年に年間発生件数が20万件を突破し過去最悪となったのをピークに年々減少。昨年は計9万4527件と、22年ぶりに10万件を割り込んだ。昨年の好調を持続している格好だが、府警犯罪対策室は「まだ1年は始まったばかり。これからが大事」と気を引き締める。

 府が昨年9~10月に実施した治安に関する府民アンケート調査では、「よい」「どちらかといえばよい」との回答が計13・69%だったのに対し、「悪い」「どちらかといえば悪い」は計51・65%に達するなど、住民の治安に対する不安は依然根強い。

 こうした状況を受けて府警では、平成23年の街頭犯罪発生ワースト1返上を目標に、今年を「勝負の年」と位置づけ。常習犯の摘発強化や駐輪場などへの

 ある警察署幹部は「今の状況が続けば、1年前倒しで汚名が返上できるかもしれない。最近は、うちの管内でひったくりなどが起きないか、ぴりぴりしている」と話した。

 こうした状況について「大阪学」などの著作がある帝塚山学院大名誉教授、大谷晃一さんは「ひったくりなどの街頭犯罪の多さが『ガラが悪い』という一般的な大阪のイメージにつながっていて、大阪人自身がこうした現状に『しゃあないわ』と安住している面があった」と指摘。「ワースト1を返上できれば地域全体の自信につながるはずで、治安面以外でも、大阪の発展に与えるプラスの効果は大きいと思う」と話している。防犯カメラ設置などの対策を強化している。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100413/crm1004130131001-n2.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月12日 | トップページ | 2010年4月14日 »