« 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月12日 »

2010年4月11日

2010年4月11日 (日)

警察署に忍び込み盗んだ疑い(11日)

福岡市内の警察署の敷地に忍び込み、証拠品として保管されていたバイクから部品を取り外して盗んだとして、高校生など16歳の少年2人が逮捕されました。

逮捕されたのは、いずれも福岡市博多区に住む16歳で、高校2年生と無職の少年です。警察の調べによりますと、2人はことし2月、福岡市の南警察署の敷地に忍び込んで、警察が証拠品として保管していた暴走族のバイク2台から装飾品のパイプなどの部品4点を取り外して盗んだ疑いが持たれています。警察官が1週間後に点検をしていて気づき、聞き込みなどの捜査をした結果、盗まれた部品を少年1人が自分のバイクに取り付けていたことがわかったということで、2人でいっしょに盗んだ疑いで逮捕しました。警察によりますと、2人とも容疑を認めていて、このうち高校生の少年は「警察署の外の道路から証拠品のバイクを見ていたら欲しくなった。自分のバイクにつけたかった」などと話しているということです。

 2人は警察署を囲む高さ2メートルのフェンスを乗り越えて敷地に入り、さらに高さ2.5メートルほどの金網のフェンスで囲まれた鍵がかけられている保管場所に忍び込んだとみられています。南警察署では再発防止のため、外から見えないよう保管場所をシートで覆い、有刺鉄線やライトを取り付けたということです。

News_pic1_10 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100411/k10013767621000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

フィッシング詐欺に新対策(11日)

インターネットの利用者を偽のサイトに誘導して個人情報を盗み取る、いわゆる「フィッシング詐欺」の被害を防ぐために、民間団体と通信事業者が、詐欺のサイトを強制的に閉鎖させて利用者に注意を呼びかける新たな取り組みをはじめることになりました。

「フィッシング詐欺」は、銀行や通信販売などのサイトの偽物をつくり、利用者にパスワードなどの個人情報を入力させて盗み取るもので、警察庁によりますと、去年国内でフィッシング詐欺による不正アクセス事件の検挙は2000件余りと、これまでで最も多くなっています。IT企業などでつくる「フィッシング対策協議会」では、インターネットの接続業者と連携して、詐欺のサイトを見つけしだい強制的に閉鎖させたうえで、利用者がサイトにアクセスしようとするとフィッシング詐欺についての警告を表示する取り組みを始めることになりました。こうした取り組みは、アメリカではすでに導入されて、被害の防止に役立っているということです。フィッシング対策協議会の小宮山功一朗さんは「詐欺のサイトと知らずに訪れる人に注意を呼びかけて、新たな被害を防いでいきたい。利用者はインターネットで買い物などをする際は、ふだん使っているサイトかどうか、アドレスを確認するなどの注意が必要だ」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100411/k10013771431000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)

職務質問

【治安解説】
212

11日の日曜日-散りゆく桜を身ながらのリハビリ散歩をしようと裏通りを歩いていた自分の横を1台の自転車が追い越して行った。まもなく武蔵野署のパトカーがすう~と自転車に近づき、職務質問が始まり、照会センターに自転車の盗難ナンバーを照会していた。

 そう言えば、最近、1日2回のリハビリ散歩をするが、その度にパトカーを見かける。なるほど、これが警察の原点かと改めて知らされた。

 こんな原稿を書いたことがあった。平成14年5月6日付けの産経新聞朝刊社会面の記事である。
 「身近に警察官 検挙数アップ「積極的に街へ」で20%増 サラリーマン化には懸念
 警察庁の通達で全国の地域警察がパトロールを強化したところ、全国の警察による今年1~3月の刑法犯の検挙件数・人員が、前年同期比で約二割上回っていることが五日、分かった。平成に入り、「自転車泥棒より重要事件の解決」にシフトしたことで招いた検挙率の低下を反省。街頭に警察官の姿を積極的に見せることで事件の発生(認知)件数を抑えようとする犯罪の未然防止策が、結果的に検挙件数・人員を増加させたことになり、防犯警察活動の威力が再認識された結果として注目される。

 平成13年に全国で発生した刑法犯認知件数は280万件を超えた。平成19年には200万件を切り、21年には170万3044件にまで減っている。やはりこうした原点に返った活動が実っているものと安心した。首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者】
痴漢/葛飾区 東水元5丁目のマンション内
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:21:50頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、やせ型、白色っぽいジャージ上下、徒歩。
○投稿日時2010-04-11 11:21:57
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10041111210001
【事件】ひったくり/豊島区 上池袋2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:19:30頃、バイクに乗った男2人組みによる。
○投稿日時2010-04-09 22:42:13
【事件】ひったくり/練馬区 羽沢2丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:04:10頃、バイクに乗った20歳位の男2人組による。1人は、色不明ヘルメット着用。もう1人は、短髪、ノーヘル。
○投稿日時2010-04-09 09:20:42
【不審者】痴漢/足立区 足立1丁目
○発生日時:昨日
○被害者:生徒
○詳細:19:20頃、30歳代の男に体を触られた。170cm位、黒っぽいジャージ姿。
○投稿日時2010-04-08 09:23:13
【不審者】公然わいせつ/品川区 北品川3丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:
○詳細:08:40頃、40歳代の男による。160cm位、茶色っぽいコート、徒歩。
○投稿日時2010-04-07 13:57:50
【不審者】痴漢/練馬区 立野町の公園
○発生日時:昨日
○被害者:女子児童
○詳細:16:30頃、男に体を触られた。20歳位、170cm位、目が細い、小太り、赤と濃い色の横縞の服を着用。
○投稿日時2010-04-07 13:16:43
【事件】ひったくり/板橋区 徳丸1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:17:40頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。中肉、黒っぽいジャンパー、オレンジ色っぽいフルフェイス。
○投稿日時2010-04-06 19:04:28

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体は沖縄出身の37歳男性と判明 長野の遺棄事件(11日)

長野市若宮の貸倉庫内の車から、身元不明の遺体が発見された死体遺棄事件で、長野県警は11日、遺体の身元が沖縄県出身、宮城浩法さん(37)と判明したと発表した。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「中国は被害者論」崩れ当局に不信…毒ギョーザ(11日)

中国製冷凍ギョーザ中毒事件は、中国当局が3月、国内での犯罪だったことを自ら認める異例の展開となった。

 「日本が悪者で中国は被害者」という中国世論の基本構図が突如崩れ、市民の間では当局への疑念も生じ始めている。

 「毒ギョーザ事件は日本が悪いのではなかったのか」

 北京南西300キロの河北省・石家荘市。ギョーザを製造した天洋食品の近所で商店を経営する男性は、元臨時従業員が逮捕されたことを聞いて憤った。

 男性は、「殺虫剤混入が中国で発生した可能性は極めて小さい」という中国警察の発表を信じてきた。「説明はウソだったのか」と今は怒りの矛先を当局に向けている。

 「日本悪玉―中国被害者論」は、歴史問題を強調する中国では、ほとんど自明の理、あるいは物事の前提のように語られる。ギョーザ事件が発覚した2008年当時、中国では、責任の押しつけを伴う激しい対日批判が噴出した。日本の世論も反発、「ギョーザ」は、食の安全という範囲を超え、感情がぶつかりあう日中対決の象徴になった。

 それが、一転して、「中国人の犯行」である。「ずっと日本が悪いと思っていたのに」(飲食店従業員)という驚きに当局不信が交じる。日本の主張に「負けた」ことについて、ある女性は「日本に落ち度はなくても、無用な騒動を広げ、有力企業の天洋食品をつぶした」と話した。

 一方、日中バトルの“主戦場”となったネットでは、「日本人の真剣に調査する本能と専門的な手法は世界でも有名だ」と日本の警察への称賛も出ている。一方で中国の警察は、「証拠を示して反論することもできない」と批判され、面目丸つぶれだ。「食の安全では日本が上だ。日本に学べ」との評価さえ出ている。

 中国紙のある記者は「中国当局は、最初に『日本が悪い』と言って政治問題化してしまった。中国人に特有の面目を保つ方法だったが、非科学的で話にならなかった」と批判している。

 もっとも、事件発覚から2年以上が過ぎ、中国では全体的に「毒ギョーザ」に対する関心は高くはなく、政府批判の声も大きなうねりにはなっていない。世論の反発を恐れる中国当局が事件の風化を待っていた可能性も十分ある。(河北省石家荘で 関泰晴)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(11日)

振り込め詐欺:松本の女性、300万円の被害 /長野

Logo_mainichi_s1_3

 松本市で9日、電話をしてきた男に女性が300万円をだまし取られる事件があり、松本署は振り込め詐欺事件とみて調べている。 同署によると、8日午後10時ごろ、松本市の50代女性宅に息子を装った男から「風邪をひいた。携帯が壊れ番号が変わった」と電話があった。9日朝に再び電話があり、「女性にけがをさせた。弁護士に頼んで決着したが、友達と金融会社から借金をした。返済期限が今日なので金を貸してほしい」と言われ、指示された金融機関の口座に6回、計300万円を振り込んだという。その後、息子に連絡してだまされたことに気づき、同署に届け出た。【福田智沙】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100411ddlk20040018000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(11日)

 11日午前9時ごろ、大阪市城東区鴫野西の日本フリーメソジスト大阪城東基督教会で、1階出入り口付近に消火器が投げ込まれ、ガラスが割られているのを、教会の男性牧師(47)が見つけ、110番した。

 城東署によると、この建物は1階が教会で3階部分が住居になっており、牧師は午前10時からのミサの準備をしようとしてガラスが割られていることに気がついたという。牧師の家族が、この日の午前2時半ごろに帰宅した際には、異常はなかった。

関連記事

記事本文の続き 大阪や京都、兵庫などでは昨秋以降、プロテスタント系の施設を狙って消火器などを投げ込む建造物損壊事件が相次いでおり、警察は関連を調べている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(11日)

路上で口論になった男性会社員に暴行してけがを負わせ、現金5千円を奪ったとして、警視庁中野署は11日、強盗致傷の疑いで、いずれも東京都中野区南台のアルバイト、阿部大志(25)と糸原誠(24)の両容疑者を逮捕した。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、阿部容疑者らは路上で立ち小便をしていたところ、通りかかったさいたま市の男性会社員(26)に「小便がかかった」と指摘されて口論になったという。阿部容疑者は容疑を認めているが、糸原容疑者は「見ていただけ」と否認している。

 逮捕容疑は2月17日午前0時ごろ、同区中野の路上で、男性会社員を殴るなどして、鼻骨骨折など1カ月の重傷を負わせた上、財布から現金5千円を奪ったとしている。

 被害者の目撃証言や、近くのJR中野駅の防犯カメラの映像などから、両容疑者が浮上した。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

別れさせ屋:離婚された女性と交際、殺害…絶えぬ被害(11日)

「別れさせ屋」と称する東京都内の元探偵会社社員の男が、交際女性を殺害した事件から1年がたつ。男は女性の夫から、離婚工作を請け負い女性に接近。素性がばれた末に悲劇は起きた。男と女の感情を巧みに利用する別れさせ屋。悪徳業者による被害は絶えず、法規制を求める声も上がっている。【宍戸護】

 「妻とは離婚時点で終わっている。業者には素行調査しか頼んでいない……」。栃木県南部の農村。32歳で殺害された五十畑(いそはた)里恵さんの当時の夫を訪ねると、夫はゴルフ練習の手を休め、淡々とした表情で話した。

 2人は99年に結婚し子供ももうけたが、親せき付き合いや金銭観を巡り夫婦仲は冷え切っていた。07年5月、夫は東京・池袋の別れさせ屋に「親権をとって離婚したい」と依頼。素行調査が行われたが、里恵さんに問題は浮かばなかった。判決によると、夫の依頼を受けて離婚工作を担当することになったのが、桑原武受刑者(31)だった。

 「おいしいケーキ店知りませんか」。桑原受刑者は里恵さんの行動パターンや交友関係を下調べし、偶然を装って近づいた。翌週には「外資系企業の転勤で来た。地元の事情を教えて」と持ち掛け、メールアドレスを交換。友人との飲み会では後輩も登場し「うちのボーナスは数百万円」と気を引く言葉を口にした。車道側をさりげなく歩くエスコート、カラオケやものまね上手……。2人は間もなく親密な交際に発展。夫はそれを示す写真を突き付け11月、里恵さんと離婚した。

 都内の高校中退後、鉄筋工を経験し、06年7月に別れさせ屋に転職した桑原受刑者。妻子もいたが、里恵さんとの交際は続いた。生活費捻出(ねんしゅつ)のため会社の金を使い込み解雇された09年3月、別れさせ屋と発覚。里恵さんの友人に「工作費約300万円を夫から受け取った」と白状した。

 裁判で桑原受刑者は「本気で好きだった」と述べたが、里恵さんの友人は「ビル賃貸業を営む里恵の両親の財産狙い」と見る。

 □ 別れさせ屋は93年、東京・銀座の探偵業者(44)が始めた。夫の浮気に悩む妻が「浮気相手と別れさせて」と依頼するケースが多い。関東在住の女性(48)は、男性工作員が浮気相手の女性に近づき一度は離別させたが、3日後に復縁。別の業者に駆け込み、今度は女性工作員が夫に接触して別れさせた。「自分の力ではどうにもならない。子供もいるので、家庭を壊したくなかった」。女性は目に涙を浮かべ、別れさせ屋に頼った経緯を振り返った。

 97年にテレビ番組で紹介されたことがきっかけで、業者が増え始めた。関東在住の20代女性は不倫相手の上司と妻を別れさせるため、名古屋市の業者に着手金を10万円払った。その後数カ月間で計290万円を請求され消費者金融のローンを組まされた。大阪市の業者に依頼した関西在住の妻は「2人は片時も離れない。最高に難しいケース」と150万円を追加請求されたが、まともな調査はされず損害賠償を求めた。

 国民生活センターによると、別れさせ屋を含む探偵業者への苦情相談は、05年度に1666件とピークを記録し、その後も1000件以上で推移。探偵業者で作る社団法人・日本調査業協会の高橋新治倫理委員長(60)は「別れさせ屋でトラブルになっても依頼主の多くは動機が不純のため、訴訟では救済されにくい。別れさせ屋は法規制されるべきだ」と訴える。

 □ 里恵さんの父勉さん(61)=宇都宮市=は一周忌を前に10日、栃木県小山市の霊園を訪ね、一人娘が眠る墓石にトルコキキョウを供えた。一緒に暮らす5歳の孫には「マミーは病気で入院している」と説明しており、連れて行かなかった。自宅居間の遺影前で線香をたくと、孫は「マミーが早く良くなりますように」と拝むという。

 ◇「別れさせ屋」殺人事件◇

 桑原受刑者は09年4月12日、東京都中野区のマンションで別れ話の口論の末、里恵さんを絞殺。殺人罪などに問われ10年3月9日、東京地裁で懲役15年(求刑・懲役17年)の判決を言い渡され、確定した。

 ◇全国に250業者以上

 日本調査業協会によると、探偵業者と「別れさせ屋」は、いずれも素行調査をするが、別れさせ屋はさらに、疑似恋愛する主役が現れ、脇役の工作員を使いシナリオを演じる。全国には約4500の探偵業者がおり、別れさせ屋を営んでいる業者は、少なくとも250存在している。

 協会は人の生活の平穏を害し、個人の権利利益を侵害するなどとして「別れさせ工作をしてはならない」と自主規制しているが、協会加盟は1割以下の約370業者にとどまる。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20100411k0000e040004000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪でまた「カラカラ盗」 下車確認中にベンツ被害(11日)

10日午後11時半ごろ、大阪市西成区津守の路上で同区の男性会社員(45)が乗用車の右側タイヤ付近から異常音がしたため停車。外に出て確認中に男が運転席に乗り込んで逃げた。

 西成署によると、盗まれた車はベンツで、車内には現金約10万円などがあった。大阪府内では昨年10月以降、同様の手口で車を盗む「カラカラ盗」が相次いでおり、窃盗容疑で調べる。男性がコンビニに立ち寄った後、車を発進させると異常音がした。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100411/crm1004110758003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通トラブル、強盗傷害容疑で男逮捕(11日)

10日正午ごろ、埼玉県川越市の交差点で、クラクションを鳴らした男性を殴り、現金およそ10万円などを奪ったとして、男が逮捕されました。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、自称、会社経営者の渡邉祐二容疑者(49)です。

 警察によりますと、渡邉容疑者は10日正午ごろ、川越市渋井の交差点で会社員の男性(63)の顔や首を殴ったうえ、現金およそ10万円や腕時計などを奪った疑いが持たれています。

 渡邉容疑者は軽自動車を運転し、赤信号だった交差点に進入。普通乗用車で交差点を通過していた男性がクラクションを鳴らしたことから、トラブルになったということです。

 取り調べに対し渡邉容疑者は、「クラクションを鳴らされ頭にきてやった」「殴ったが強盗はしていない」と供述しているということで、警察は、さらに詳しく調べています。(10日18:01)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4400849.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官をひき逃げの疑い 出頭してきた22歳を逮捕(11日)

10日午後3時20分ごろ、京都市右京区西院上花田町の府道で、速度違反取り締まり中の京都府警右京署の男性巡査(28)がオートバイにはねられ重傷を負った。オートバイはそのまま逃走したが、約20分後に府警本部に出頭してきた京都市山科区の定時制高校2年生池田慎之介容疑者(22)を、同署が公務執行妨害などの容疑で逮捕した。

 同署の調べでは、池田容疑者は現場の府道を走行中、巡査が停止するよう合図したのを無視して巡査に衝突。そのまま逃走した疑いがある。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

まゆ剃りなど21人正座3時間、高校入学指導(11日)

 長崎県五島市の県立五島高校(前田功校長、602人)で3日、入学式を前に、新入生のうち、まゆ毛をそるなどしていた男女生徒21人を、教諭らが約3時間正座させていたことが分かった。学校側は後日、生徒や保護者に謝罪した。

 同校によると、3日は同校ホールでオリエンテーションが行われ、教諭約20人が新入生200人の服装や髪形などを検査。その結果、校則違反があった生徒23人のうち、足を痛めていた生徒らを除く21人に反省文を書かせ、全員が書き終えるまで約3時間にわたって正座させた。

 女子生徒に対し、「男の気を引きに来たのか。そのために学校に来たのではないだろう」と発言した男性教諭もいたという。

 同校は8日の入学式後、正座をさせた生徒と保護者に「教育を逸脱した長時間の正座をさせてしまい、不適切な発言もあった」と謝罪した。(2010年4月10日21時55分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

寝屋川虐待死:のどに肉まん 虐待隠ぺいのため詰める?(11日)

大阪府寝屋川市で岸本瑠奈(るな)ちゃん(当時1歳)が虐待で死亡したとされる事件で、1月に救急搬送された瑠奈ちゃんののどに、かんだ跡のほとんどない肉まんが詰まっていたことが捜査関係者への取材でわかった。瑠奈ちゃんはあごの骨を折っており食事ができる状況になかったことから、府警寝屋川署捜査本部は、傷害致死容疑で逮捕した両親が虐待を隠ぺいするため、故意に肉まんをのどに詰めたとみている。

 捜査関係者によると、父親の岸本憲(あきら)容疑者(26)は1月27日朝「1歳の娘が起きない」と119番。憲容疑者らが「前日夜(瑠奈ちゃんが)勝手に食べた肉まんが詰まったのかもしれない」と説明したため、救急隊員が瑠奈ちゃんののどを吸引したところ、肉まんが取り出された。肉まんには、かんだような跡が確認できなかった。

 しかし実際は、強く揺さぶられたことで意識不明になっており、3月7日に脳腫脹(しゅちょう)のため死亡したとされる。また、瑠奈ちゃんは意識不明になった時点であごを骨折しており、痛みで食事どころではなかったとみられる。

 さらに、憲容疑者は逮捕直後の調べで、瑠奈ちゃんの意識不明の原因を「ベッドから落ちたからかもしれない」とも説明したという。

 こうした点などから、捜査本部は、虐待で瑠奈ちゃんが意識不明になった後、憲容疑者らがとっさに食べ物を原因にすることを思いつき、肉まんをのどに詰めたとみて追及する。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100411k0000m040110000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明だった兄弟を無事発見 宝塚の小6、小5(11日)

 自宅を出たまま行方不明となっていた兵庫県宝塚市の無職、萩原渡さん(37)の長男で市立小浜小6年の政宗君(11)と、次男で同小5年の拓真君(10)が10日、同県尼崎市内のペットショップで発見、保護された。2人にけがはなかった。

 宝塚署によると、同日午後3時ごろ、ペットショップの近くに住む女性(40)が、2人が店内にいるのを見つけ、警戒中の警察官に届け出た。

 女性は6日午後4時半ごろ、2人から「お菓子ちょうだい」と声を掛けられたという。その後、新聞で2人が行方不明の少年だと気づき、周囲を捜していた。同署がこれまでの足取りなどを聞いている。

 2人は3日午前9時ごろ、自宅を出たまま行方不明となり、萩原さんから同署に家出人捜索願が出されていた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100410/dst1004102103010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

スピード違反取締中の警察官がはねられ重傷 京都(11日)

10日午後3時25分ごろ、京都市右京区西院の府道で、速度違反取締中の右京署の男性巡査(28)が、速度超過のバイクを停止させようとしてはねられた。バイクはそのまま逃走。巡査は病院に運ばれたが、鎖骨を折るなどの重傷を負った。

 約20分後、京都市山科区の男(22)が府警本部に出頭し、巡査をはねたことを認めたため、府警は公務執行妨害などの容疑で逮捕する方針。

 府警によると、男はいったん止まるそぶりを見せた後、加速して巡査をはね約12メートル引きずり、逃走したという。

Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100410/crm1004102137019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長崎市でパワーウインドーに首挟まれた7歳男児重体(11日)

長崎市で、7歳の男の子が車のパワーウインドーに首を挟まれました。男の子は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

 10日午後4時45分ごろ、長崎市琴海戸根町の国道206号で、走行中の軽乗用車の後部座席に乗っていた男子児童がパワーウインドーに首を挟まれました。男子児童は特別支援学校の小学部2年生で、ドクターヘリで病院に運ばれましたが意識不明の重体です。近くの障害児童預かり施設から自宅に帰る途中だったということです。軽乗用車は施設の送迎用の車で、男子児童を含め、3人の児童が乗っていました。車を運転していた25歳の女性職員は、長崎県警の調べに対して「走行中、パワーウインドーの操作はしていない」と話しているということです。

Annlogo1

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20100411014652

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月12日 »