« 中井公安委員長、薄い危機意識 「国民に不安」 (26日) | トップページ | 突き落とし:容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(26日) »

2010年3月26日 (金)

菅家さんに裁判長が謝罪 足利事件無罪判決 起立し陳謝(26日)

栃木県足利市で1990年に当時4歳の女児が殺害された「足利事件」で、無期懲役刑での服役中に釈放された菅家利和さん(63)に対する再審が26日、宇都宮地裁であり、佐藤正信裁判長は無罪判決を言い渡した。再審で無罪を求めた検察側は、控訴しないことを地裁に申し立てる見通しで、91年12月の逮捕から18年以上を経て、菅家さんの冤罪がようやく晴れることになった。

 佐藤裁判長は判決で、DNA型再鑑定の結果、女児の下着に付着していた真犯人のものとみられる体液のDNA型と、菅家さんの型が一致しなかった点を挙げ、「証拠能力がない」と指摘した。さらに、犯行を「自白」した菅家さんの供述についても、「信用性がなく、虚偽であることは明らかだ」と結論づけた。

 判決言い渡しの最後に、佐藤裁判長は「本件については自戒の意味を込めて謝罪させていただきます。17年半もの長きにわたり、自由を奪う結果となりましたことを、再審公判を担当した裁判官として誠に申し訳なく思います」と発言。3人の裁判官が法壇の上で立ち上がり、菅家さんに深々と頭を下げた。

 菅家さんは事件発生から1年半後の91年12月、殺人容疑などで県警に逮捕された。警察庁科学警察研究所(科警研)が実施したDNA型鑑定と、「自白」が決め手になった。菅家さんは一審の公判途中で否認に転じたが、2000年に最高裁で無期懲役判決が確定した。

 弁護団は「当時のDNA型鑑定は信用できない」などとして、02年に独自の鑑定結果を添えて再審を請求。宇都宮地裁は08年2月に請求を棄却したものの、即時抗告審で同年12月、東京高裁がDNA型再鑑定を決めた。09年5月に殺害女児の下着に付いていた体液と、菅家さんのDNA型が違うことがわかった。

 菅家さん釈放後の昨年10月に始まった再審公判では、有罪の根拠となった「DNA型」「自白」の2大証拠について、一定の証拠調べが行われた。(吉永岳央)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 中井公安委員長、薄い危機意識 「国民に不安」 (26日) | トップページ | 突き落とし:容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(26日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47912895

この記事へのトラックバック一覧です: 菅家さんに裁判長が謝罪 足利事件無罪判決 起立し陳謝(26日):

« 中井公安委員長、薄い危機意識 「国民に不安」 (26日) | トップページ | 突き落とし:容疑の33歳逮捕…携帯注意され JR上野駅(26日) »