« 米人英会話教師、教え子女児40人性的暴行容疑(15日) | トップページ | 道警がホームの関係先を家宅捜索 札幌の7人死亡火災(15日) »

2010年3月15日 (月)

「ロシア軍が侵攻」偽ニュース グルジアで市民パニック(15日)

 【モスクワ=副島英樹】2008年夏にロシアと軍事衝突したグルジアで13日、政府系テレビ局「イメージ」が夜8時のニュース番組で「戦争が始まり、ロシア軍の戦車が首都トビリシに向かっている」という偽のニュースを放送し、パニックが起きた。インタファクス通信によると、グルジア兵の母親1人がショックで死亡、救急車の出動要請も相次いだ。

 偽ニュースは「ロシア軍がグルジアに侵攻。グルジアのサアカシュビリ大統領が殺され、野党指導者の政府が成立した」などの内容。テレビ局は約30分の番組の最後に「可能性のある一つのモデルを伝えた特別ルポ」と断っただけだった。視聴者のほとんどは真に受け、避難を始める人が出るなどパニックが広がったという。

 野党勢力などが抗議に押しかけ、テレビ局は数時間後におわびを流した。野党リーダーのブルジャナゼ元国会議長は「シナリオはサアカシュビリ大統領が書いたはず。彼の承諾なしには放送できない」と批判。ロシア下院のコサチョフ国際問題委員長も「サアカシュビリ大統領による挑発だ」と非難した。

 サアカシュビリ大統領は08年のグルジア紛争で、グルジアからの独立を宣言していた南オセチアに攻撃を仕掛けてロシアの介入を招き、南オセチアとアブハジア自治共和国を事実上喪失。国際的信用を失い、内政でも苦境に置かれている。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 米人英会話教師、教え子女児40人性的暴行容疑(15日) | トップページ | 道警がホームの関係先を家宅捜索 札幌の7人死亡火災(15日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47815174

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロシア軍が侵攻」偽ニュース グルジアで市民パニック(15日):

« 米人英会話教師、教え子女児40人性的暴行容疑(15日) | トップページ | 道警がホームの関係先を家宅捜索 札幌の7人死亡火災(15日) »