« 自宅寝室で89歳窒息死 新潟、同居の長男不明(2日) | トップページ | 「小遣い欲しさ」小6らがひったくり、72歳狙う(2日) »

2010年3月 2日 (火)

アーチェリー事故:高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(2日)

東京都目黒区のアーチェリー場で昨年11月、私立高校2年生の額に矢が刺さり死亡した事故で、警視庁は矢を放った同じ高校に通う同学年の男子生徒(17)を重過失致死容疑で近く書類送検する方針を固めた。警視庁によると、男子生徒は「誤って放ってしまった」と話しているという。

 捜査関係者によると、男子生徒は09年11月4日午後4時45分ごろ、目黒区目黒2の区勤労福祉会館内のアーチェリー場で、カーボン製の矢(長さ約70センチ)を被害者(当時16歳)に向けて誤射、死亡させた疑いが持たれている。被害者は4日後に脳挫傷で死亡した。

 2人は都内の私立高校のアーチェリー部に所属。当日は学校に届け出る必要がない自主練習中で、顧問や指導員はおらず、2人だけだった。矢を放った男子生徒は、矢を拾うために射場から約5メートル離れた、射場と的を結ぶ通路にいた被害者に弓を向けていて、誤って矢を放ったという。

 アーチェリー場は、競技経験者であれば指導員の立ち会いがなくても使用可能だった。2人は競技経験があったため、警視庁は施設側の管理責任はないと判断した。【町田徳丈】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100302k0000m040128000c.html

 

« 自宅寝室で89歳窒息死 新潟、同居の長男不明(2日) | トップページ | 「小遣い欲しさ」小6らがひったくり、72歳狙う(2日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーチェリー事故:高2に矢、同級生を書類送検へ 警視庁(2日):

« 自宅寝室で89歳窒息死 新潟、同居の長男不明(2日) | トップページ | 「小遣い欲しさ」小6らがひったくり、72歳狙う(2日) »