« 悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委(18日) | トップページ | アパート自室に血痕なし、財布にも現金 福岡・女性遺体(18日) »

2010年3月18日 (木)

わいせつ・ポルノ…サイトの違法情報、過去最多 09年(18日)

わいせつ画像や児童ポルノなどインターネットのサイトにある違法情報が、昨年は警察が把握しただけでも2万7751件と前年より倍増し、過去最多だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。警察からの削除要請に応じないサイト管理者も前年の約2倍となった。同庁は、サイト管理者にも幇助(ほうじょ)罪を適用するなど、取り締まりを強化する方針だ。

 同庁では2006年から統計を取り始め、08年10月から民間事業者に委託した。昨年急増した背景には、掲示板などに違法な内容を安易に書き込む行為が増えていることがあると見ている。

 同庁では、把握した違法情報について、サーバーが国内にある場合は、警察庁から委託している財団法人「インターネット協会」が掲示板のサイト管理者に削除するよう警告している。また、捜査権のない海外サーバーについては、外国の違法サイト警告機関に削除の依頼をしている。

 ところが、警察がインターネット協会を通じて削除を要請したにもかかわらず、「サイトの書き込み者の責任。管理者は無関係」などとして削除しなかったサイトは、昨年、要請した1万6496件のうち12%に当たる1978件(前年比約2.1倍)にのぼった。

 投稿者との一体性が強いサイトについては、これまでにも幇助罪などで摘発した事例はあるが、少なかったという。

 警告を無視したうち62%は、誰でも投稿できる掲示板サイト「2ちゃんねる」が占めた。ただし、同サイトは合法的な掲示も多くあり、幇助したとして立証するのが難しいとされる。

 同庁の安藤隆春長官は同日の会見で「削除要請に応じないサイト管理者については、刑事責任の追及を視野に調べを強めたい」と述べ、実際に書き込むなどした者の共犯としての立件をめざす方針を明らかにした。(五十嵐透)

■違法サイトの摘発事例

●2009年6月、携帯電話の出会い系サイトに18歳未満の少女との性交の相手方を誘う書き込みをした男子高校生を出会い系サイト規制法違反容疑で摘発した。(長野県警)

●同8月、子どものわいせつ動画を国内のウェブサイトに投稿し、パソコンや携帯電話で閲覧できるようにした。児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で男を逮捕。(高知県警)

●2008~09年、隠語を使って違法薬物が入手できる掲示板を運営した女を、薬物犯罪を助長するとして麻薬特例法違反の幇助(ほうじょ)容疑で逮捕。直接書き込んだ男も逮捕した。(千葉県警など)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委(18日) | トップページ | アパート自室に血痕なし、財布にも現金 福岡・女性遺体(18日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47841890

この記事へのトラックバック一覧です: わいせつ・ポルノ…サイトの違法情報、過去最多 09年(18日):

« 悪質ファンド対応でチーム結成 警察と金融庁、証券取引監視委(18日) | トップページ | アパート自室に血痕なし、財布にも現金 福岡・女性遺体(18日) »