« 津波「避難」対象者、実際に避難は6・2%(1日) | トップページ | 時効廃止の早期実現を、宙の会が集会(1日) »

2010年3月 1日 (月)

北教組資金、別口座で管理 小林千陣営の会計担当者(1日)

 民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=側が、北海道教職員組合(北教組)側から違法な選挙費用の提供を受けたとされる事件で、小林氏陣営の会計担当者が、北教組側の資金を普段使っていない口座で管理していたことが、関係者の話で分かった。会計担当者は取材に対して「表に出せない金と分かっていた」と説明。札幌地検は、会計担当者が違法性を認識して別口座を使ったとみて、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)容疑での立件に向け、詰めの捜査をしている。

 札幌地検は、北教組の資金提供が、政治資金規正法で禁じられている労組から政治家個人への献金にあたるとみて、2月中旬に北教組本部や会計担当者の自宅など関係先を家宅捜索。押収した資料とともに、会計担当者の口座の分析を進めている。

 小林氏の陣営は2008年9月、衆院選向けの事務所を開設。しかし、衆院解散が先送りされた一方、事務所を構え続けたことで維持経費がかさんで、資金不足になった。

 会計担当者らによると、会計担当者は08年秋、小林氏陣営の選対委員長を務めていた北教組委員長(当時、09年6月に死去)に資金繰りを依頼し、委員長から直接、現金で400万円を受け取った。委員長の死去後は、選対委員長にその後就任した北教組副委員長(現委員長代理)からも1回資金提供を受け、衆院選直前の09年夏まで計4回、総額1600万円にのぼっていた。

 会計担当者は、小林氏の資金管理団体や、党道5区総支部などの会計事務も担当していたが、朝日新聞の取材に対し、「帳簿に載せられない金だった」と話している。北教組側から提供された資金はそれら団体の口座とは別の口座に入れていたという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%BLogo27%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 津波「避難」対象者、実際に避難は6・2%(1日) | トップページ | 時効廃止の早期実現を、宙の会が集会(1日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47694617

この記事へのトラックバック一覧です: 北教組資金、別口座で管理 小林千陣営の会計担当者(1日):

« 津波「避難」対象者、実際に避難は6・2%(1日) | トップページ | 時効廃止の早期実現を、宙の会が集会(1日) »