« 【中井女性問題】法相が苦言 一方で「普通の大人の行動」とも(26日) | トップページ | ネット悪用した人権侵犯急増 09年は前年の1.5倍(26日) »

2010年3月26日 (金)

【産経抄】3月26日

 「その相手の女ってェのは、しろかい、くろかい?」「ブチなんですよ」「犬だい、それじゃあ」。もとは上方落語だという『三枚起請(きしょう)』の冒頭シーン、大工の棟梁(とうりょう)と唐物屋の若旦那(だんな)のやりとりだ。

関連記事

記事本文の続き ▼「しろ」「くろ」といっても、「無罪」「有罪」の意味では、もちろんない。棟梁は、「ここんとこ、色っぽいことになってる」若旦那の相手が、堅気の娘か商売女かと聞いている。若旦那はそれを承知で、まぜっかえす。

 ▼「週刊新潮」が、中井洽(ひろし)国家公安委員長(67)の「色っぽいこと」をすっぱ抜いた。独身だという中井氏に、「しろかい、くろかい?」などと、野暮は聞くまい。本人によれば、議員宿舎のカードキーを渡した女性には、室内の掃除をしてもらっているだけだという。まさか釈明を真に受けたわけではなかろうが、平野博文官房長官は、「問題なし」の判断を下した。

 ▼誰もが、麻生内閣のときに起こった同じような騒ぎを思いだす。官房副長官だった鴻池祥肇(よしただ)氏が、議員宿舎に知人の女性を宿泊させていたと、やはり「週刊新潮」が報じた。当時、民主党幹事長だった鳩山由紀夫首相は、「大きなスキャンダルだ」と鴻池氏に辞任を求めたはずだ。

 ▼ところで、若旦那が夢中になっている吉原の花魁(おいらん)は、棟梁や経師(きょうじ)屋の清さんにも、「起請」と呼ばれる紙切れを渡していた。どれにも「年季が明けたら夫婦になる」と実現不可能な約束を書き付けている。鳩山政権もまた、公約実現を急ぐあまり、財源の裏付けのない「起請」を、国民にばらまいているのではないか。

 ▼花魁が、怒り心頭の3人を前に開き直って発したせりふを、後になって首相の口から、聞きたくない。「あたしたちはねえ、客をだますのが、商売なんだ」

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 【中井女性問題】法相が苦言 一方で「普通の大人の行動」とも(26日) | トップページ | ネット悪用した人権侵犯急増 09年は前年の1.5倍(26日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【産経抄】3月26日:

« 【中井女性問題】法相が苦言 一方で「普通の大人の行動」とも(26日) | トップページ | ネット悪用した人権侵犯急増 09年は前年の1.5倍(26日) »