« 強制わいせつ致傷容疑、小学校教諭逮捕(29日) | トップページ | 国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(29日)読売新聞 »

2010年3月29日 (月)

警察庁長官狙撃事件 時効へ(29日)NHK

15年前、警察庁の國松孝次長官が狙撃され、大けがをした事件が、29日夜の24時で時効となります。警視庁は、オウム真理教による組織的な犯行とみて捜査してきましたが、容疑者の特定には至らず、警察のトップが狙われ日本の治安を揺るがした事件を解決できなかった捜査のあり方が問われることになりそうです。

この事件は、15年前の平成7年3月30日、警察庁の國松長官が東京・荒川区の自宅のマンションの前で、拳銃で撃たれて大けがをしたものです。事件は、全国の警察が地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教に対する強制捜査に全力をあげるなかで発生し、警視庁は、教団による組織的な犯行の疑いが強いとみて、捜査を進めてきました。翌年の平成8年、現職の警察官で教団の信者だった元巡査長が犯行への関与を認める供述をしましたが、供述はたびたび変わり、拳銃を捨てたという川を捜索しても、拳銃は見つからず立件には至りませんでした。この際、元巡査長の取り調べを半年にわたって一部の人間だけで行ったことが隠ぺいだと批判され、当時の警視総監が辞任に追い込まれる事態となりました。6年前の平成16年、警視庁はオウム真理教の元幹部や元巡査長ら3人を殺人未遂の疑いで逮捕しましたが、「犯行を裏付ける証拠がない」として不起訴となり、捜査のあり方が厳しく問われました。

 警視庁は、その後もオウム真理教の組織的な犯行とみて捜査を続けてきましたが、容疑者を特定することはできず、15年となる29日夜の24時に時効を迎えることになりました。警察のトップが狙われ、日本の治安を揺るがした事件を解決することができなかったことで、警視庁の捜査のあり方があらためて問われることになりそうです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10013484901000.html

 

« 強制わいせつ致傷容疑、小学校教諭逮捕(29日) | トップページ | 国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(29日)読売新聞 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47938206

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁長官狙撃事件 時効へ(29日)NHK:

« 強制わいせつ致傷容疑、小学校教諭逮捕(29日) | トップページ | 国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(29日)読売新聞 »