« 切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(9日) | トップページ | 男児餓死事件 妻がロフトに軟禁状態 夫は黙認(10日) »

2010年3月10日 (水)

「15年なんてもんじゃない」別れさせ屋事件判決で納得できない遺族(10日)

「悔しいだけです。15年なんて、そんなもんじゃない…」-。元「別れさせ屋」に殺害された五十畑理恵さんの父親、勉さん(61)は、記者団に囲まれ、こう憤った。東京地裁が9日、元「別れさせ屋」の桑原武被告(31)に下した判決は懲役15年。納得できない勉さんの目には涙が浮かんだ。

 平成19年当時、里恵さんの夫からの依頼で、離婚工作に乗り出した桑原被告。里恵さんをだまして誘惑し、離婚させたうえ、そのまま同棲(どうせい)を続け、正体がばれると殺害した。逮捕・起訴された後、公判では「里恵さんを愛していた」と主張し続けた。

 「また平気でウソを言っているのかよ、と思った。裁判で本当の気持ちは出なかったと思います」

 娘をだまし続け、法廷でも…。そんな思いがぬぐえない勉さん。公判では、被害者参加制度で代理人を通じて「被告が娘を愛していたとは思えない」「娘との金銭上のいさかいがあったから殺害したのではないか」と主張し、被告に死刑か無期懲役を求める“求刑”も行った。

 しかし、判決はそうした主張を認めず、桑原被告が「里恵さんとの関係を解消されると受け止め、激しい怒りを覚えたため」と犯行動機を認定。他の殺人事件判決とのバランスも考慮して、量刑を懲役15年とした。

 「(刑務所から)出てきたらあだ討ちではないが、私がやりたい…」。そんなやり場のない感情を吐露した勉さん。「別れさせ屋を雇った夫も許せない」「お金になれば、何でもやってもいいのか。また同じことがあってはならない」と、探偵会社が営む「別れさせ屋」という職業や、判決で雇い主とされる元夫への怒りも隠さなかった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100309/trl1003092345015-n1.htm

« 切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(9日) | トップページ | 男児餓死事件 妻がロフトに軟禁状態 夫は黙認(10日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47771563

この記事へのトラックバック一覧です: 「15年なんてもんじゃない」別れさせ屋事件判決で納得できない遺族(10日):

« 切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(9日) | トップページ | 男児餓死事件 妻がロフトに軟禁状態 夫は黙認(10日) »