« DNA一致 時効寸前に起訴へ(30日) | トップページ | 痴漢容疑:電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(30日) »

2010年3月30日 (火)

長官銃撃事件が時効、公安部長「残念」(30日)

15年前に起きた警察庁長官狙撃事件の公訴時効が30日、成立したのを受け、警視庁公安部は会見を開きました。事件は「オウム真理教の信者らによる組織的なテロ」と結論づけたものの、刑事責任を追及するまでの解明にいたらなかったと発表しました。

 「刑事責任を追及するための証拠を積み上げることが課題だった。これを成し遂げることができませんでした。誠に残念であります」(警視庁・青木五郎公安部長)

 この事件は、1995年3月30日、当時の国松孝次警察庁長官が、東京・荒川区の自宅マンションの入口付近で何者かによって3発の銃弾を浴び、重傷を負ったものです。

 捜査を指揮した警視庁公安部は、会見を開き、この事件が「オウム真理教の信者らが教祖の意思のもと行った組織的なテロであった」と結論づけながらも、実行犯やそれぞれの役割を解明することはできなかった、と発表しました。

 さらに事件の重大性などを理由に、複数の当時の教団信者の事件への関与の疑いについてまとめた捜査結果を公表しました。公訴時効が成立したことを受け、公安部は30日、実行犯不詳のまま事件を検察庁に送致する方針です。(30日09:32)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4391598.html

 

« DNA一致 時効寸前に起訴へ(30日) | トップページ | 痴漢容疑:電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(30日) »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47948423

この記事へのトラックバック一覧です: 長官銃撃事件が時効、公安部長「残念」(30日):

« DNA一致 時効寸前に起訴へ(30日) | トップページ | 痴漢容疑:電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(30日) »