« 宮崎一家3人死亡事件 長男遺棄の男「殺害」認める (3日) | トップページ | 鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(3日) »

2010年3月 3日 (水)

取調べ中に“意識不明”も…「医療費4万」で回復(3日)

意識不明から奇跡の回復!? 滋賀県長浜市の県警長浜署で2月、無銭宿泊の疑いで取り調べていた男(31)が突然意識を失い、ただちに病院へ搬送。しかし、すぐに仮病と判明、同署に詐欺容疑で逮捕されていたことが2日、分かった。男は病院での検査後、医療費の話が聞こえてきた途端、急にムックリ起きあがり、「ここはどこ!?」。バレバレの“迷演技”だった…みたいです。

 長浜署によると、男は住所不定の無職、羽川和洋容疑者(31)。同署によると、2月2日夕に長浜市内のネットカフェ側から“不審人物”の通報があり、署員が急行。同容疑者が「お金を落とした」などと説明したため、その場は現行犯逮捕せず、署に任意同行を求めた。

 そして同日夜、取り調べ中に舞台の“幕”は上がった。同容疑者は「財布を盗まれた」「自分は多重人格」などと供述後、突然、いすから滑り落ちるようにして床に倒れ、呼び掛けにも応じなくなった。

 すぐに救急車で病院へ搬送し、心電図やCT検査など約2時間の精密検査を行ったところ、病院の医師は「脈も呼吸も異常なし」という診断。だが、本人は依然、気を失ったままだった。

 ところが、病院内で署員らが「医療費は4万円ほどかかる」「任意同行であって、まだ逮捕はしていませんから、本人に払ってもらわないといけません」などと話していると事態は一変した。

 急に同容疑者が「ここはどこ!?」とムックリ起き上がったという。もとより仮病はバレバレで、署員が促すと、素直に同署へ戻ったという。

 ここで同容疑者は改めて詐欺容疑にて御用。逮捕容疑は2月1日夜~同2日夕に利用した長浜市内のネットカフェの料金約7800円を支払わなかった疑い。捜査関係者が「さっきのはなんやった?」と問いかけても、それに対する返答はなかったという。

 この迫真(!?)の演技に、同署関係者は「逮捕を逃れたかったのでは…。なかなかない話」とあきれた様子。同署によると、医療費は同容疑者が払うことになっているという。

 また逮捕後の調べで、同容疑者は1月31日~2月1日にかけても、今回の系列店のネットカフェで約5000円を支払わなかった無銭宿泊の疑いで、同23日に再逮捕され、現在も拘置中という。

Head_logo1_2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

« 宮崎一家3人死亡事件 長男遺棄の男「殺害」認める (3日) | トップページ | 鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(3日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47713702

この記事へのトラックバック一覧です: 取調べ中に“意識不明”も…「医療費4万」で回復(3日):

« 宮崎一家3人死亡事件 長男遺棄の男「殺害」認める (3日) | トップページ | 鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(3日) »