« 2010年3月28日 | トップページ | 2010年3月30日 »

2010年3月29日

2010年3月29日 (月)

死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢(29日)

29日午前11時ごろ、金沢市二俣町の県道脇のがけの斜面にスーツケースが落ちているのを、近くで作業中の建設会社の男性社員が見つけ、石川県警金沢中署に届け出た。同署内でスーツケースを開けたところ、中から頭部のない女性の遺体が見つかった。県警は死体遺棄容疑事件として同署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、遺体は死後数週間経過しているとみられる。着衣はなく、体格などから成人とみられている。スーツケースは縦50センチ、横70センチ、奥行き30センチで中には布状のものが一緒に入っていた。捜査本部は30日に司法解剖して死因などを調べる。

 現場は、ダム湖が広がる山の中で、周辺に人家はない。スーツケースは富山県につながる県道の脇で見つかった。数日前から現場にあり、会社員が近づいたところ、異臭がしたため警察に通報したという。近くで商店を営む男性は「(現場付近は)粗大ごみの不法投棄が目立っていた。車で捨てに来るから困る」と話していた。【宮嶋梓帆、宮本翔平】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20100330k0000m040016000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川・金沢市でスーツケースの中から頭部のない女性遺体 死体遺棄事件として捜査(29日)

石川・金沢市で29日、スーツケースの中から頭部のない女性の遺体が発見された。
29日午前11時ごろ、金沢市の県道のがけ下にスーツケースが捨てられていると通報があり、中から頭部のない女性の遺体が見つかった。
発見された遺体は損傷が激しく、年齢はわからない状態だということで、警察は、死体遺棄事件として捜査している。

(03/29 19:17 石川テレビ)

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00174447.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バスが炎上 1人死亡3人けが(29日)

29日午後6時ごろ、大阪・高槻市で、スイミングスクールの送迎用のバスが、道路脇の壁に衝突して炎上しました。この事故で、バスの運転手の男性が死亡し、少なくとも、子ども3人がけがをしました。

29日午後6時ごろ、大阪・高槻市緑が丘の府道で、「高槻スイミングスクール」の送迎用のバスが、道路脇の壁に衝突しました。バスは激しく炎上し、消防車が出て消火に当たった結果、火は15分後に消し止められました。警察と消防によりますと、バスは、子どもをスイミングスクールから送り届ける途中で、乗っていた13人のうち、運転手の男性が死亡したほか、これまでに大人1人と子ども9人が病院に運ばれ、少なくとも子ども3人が顔を打ってけがをしているということです。現場は、名神高速道路に近い府道枚方亀岡線で、近所の女性は「バン、バン、バンという大きな音が数回したので、外を見たら、バスが燃えていてびっくりしました」と話していました。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/k10013503231000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)

地域住民の協力も必要

【治安解説】
212

昔から町内会など地域社会と警察の良好な関係が犯罪の抑止に大きな効果を上げていた。ブルーに白抜きで「防犯協会員」の表札のような協会員章が玄関に掲げられ、その協会員と警察、協会員と近隣家庭のコミュニケーションのバランスがとれていた。

 それが時代とともに変化し、現代は各家庭間の横の連絡ではなくなり、地域社会のボランティア団体がパトロールなどを実施している。

 その防犯ボランティア団体は平成19年に全国で3万7774団体あった。平成15年は3056団体だったから4年間で10倍に激増した。全国の警察が犯罪抑止3カ年計画に歩調を合わせて増加しており、警察の地域社会重視作戦が功を奏したのだろう。

 先日、地元武蔵野市から「安全パトロール隊ニュース」が届いた。第7号になるが同市には、ホワイトイーグル、ブルーキャップ、市民安全パトロール隊の3団体が日頃の安全活動を実施しているという。

 そう言えば、小型車に青色回転灯をつけた巡回車がよく市内を回っているのを目撃する。ホワイトイーグルをサポートする市の職員によるパトロール車だという。子供の施設を中心に123施設の立ち寄りと96カ所の周辺警戒を実施しているらしい。

 それはそれで結構だが、青色灯を回転させて走るだけでなく、振り込め詐欺やひったくりなどの注意を呼びかける音声は流せないものか。かつて宮城県警で、防犯音頭を流しながらパトロールしたその地域の犯罪が激減したというデータがある。

 警視庁管内の某署では、ヘリコプターから防犯を呼びかけたら「うるさい」と言う苦情が出たことがあった。さらに某署で防災無線で「振り込め詐欺」防止の広報をしたら、やはり苦情が出たという。都会人特有のわがままなのだろうか。

 ボランティア活動はもちろん大事だが、さらに効果を増すには市民協力や工夫も必要のようだ。
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【事件】
ひったくり/豊島区 池袋本町2丁目付近
○発生日時:本日午前
○詳細:08:40頃、2人組みの犯人による。1人は、黒っぽい服、黒っぽいズボン。もう1人は、男、特徴は不明。
○投稿日時2010-03-29 12:08:40
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10032912080001
【事件】ひったくり/葛飾区 金町4丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:10頃、茶色っぽい自転車に乗った男による。20歳代、中肉、長髪、黒っぽいジャンパー、茶っぽいズボン。
○投稿日時2010-03-29 09:12:02
【不審者】公然わいせつ/世田谷区 太子堂3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:0:30頃、20歳代の男による。170cm位、黒っぽい上衣、黒っぽいジーパン、徒歩。
○投稿日時2010-03-29 09:09:37
【火災】北区浮間2丁目 浮間2-26-4の都営住宅の2階の一部屋
○発生日時:少し前
○燃えている物:集合住宅
○火の状態:鎮火
○消火作業:消防員消火済
○詳細:負傷者は0人、部屋はそこまで燃えませんでしたが、2階で発生した火事だったために水漏れが発生し、下の階の部屋が水浸しになりました。出火原因は、ろうそくを倒してしまったことによる事故で、出火後すぐに非難したためにけが人は0人でした。
○投稿日時2010-03-28 19:45:48
【事件】強盗/江戸川区西葛西5丁目 SANSA西葛西店
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:45頃、男2人組みが押し入り、現金約300万円を奪い逃走した。
○投稿日時2010-03-28 08:54:39
【事件】ひったくり/昭島市 玉川町4丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:10頃、バイクに乗った男2人組みによる。1人は、黒っぽいジャンパー、黒っぽいフルフェイス型ヘルメット。もう1人は、黒っぽいジャンパー、白っぽいフルフェイス型ヘルメット。
○投稿日時2010-03-27 23:59:02
【事件】ひったくり/立川市 幸町2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:17:30頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。若い感じ、がっちり型、黒っぽい上衣、黒っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-27 19:59:14
【事件】ひったくり/千代田区皇居外苑 皇居外苑付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:07:30頃、自転車に乗った男による。30歳代、黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン。
○投稿日時2010-03-27 13:48:12
【不審者】不審電話・メール/練馬区 区内の一般家庭
○発生日時:本日午前
○被害者:
○詳細:区の職員を騙った者が「医療費控除で還付金があるため厚生労働省に電話してください。」と架空の電話番号を教える案件が発生しているようです。
○投稿日時2010-03-26 13:18:34
【不審者】痴漢/練馬区 貫井5丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:22時頃、男に体を触られた。20歳代、。中肉、短髪、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいジーパン、自転車利用。
○投稿日時2010-03-26 09:23:37
【事件】ひったくり/練馬区 東大泉6丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:50頃、犯人は、赤っぽい半キャップヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-25 22:47:21
【不審者】公然わいせつ/目黒区 上目黒5丁目付近
○発生日時:本日早朝
○被害者:
○詳細:05:10頃、20歳代の男による。170cm位、中肉、短髪、黒色っぽい背広、黒色っぽいズボン、マスク、会社員風、徒歩。
○投稿日時2010-03-25 10:08:34
【不審者】声かけ/世田谷区 船橋1丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:園児
○詳細:18:20頃、20歳代の男による。170cm位、やせ型、赤色っぽい上衣、青色っぽいジーパン、学生風、徒歩。
○投稿日時2010-03-25 10:07:09
【不審者】公然わいせつ/町田市 忠生1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:18時頃、白っぽい普通乗用車に乗った男による。20歳代、短髪、紺色っぽいTシャツ。
○投稿日時2010-03-24 19:37:33
【不審者】痴漢/日野市 日野本町4丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:0:10頃、男に体を触られた。犯人は若い感じ。
○投稿日時2010-03-24 13:15:34
【事件】ひったくり/西東京市 下保谷4丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:40頃、原付スクーターに乗った若い感じの男2人組みによる。うち1人は、白っぽい上衣、白っぽい作業ズボン。もう1人は、若い感じ、黒っぽい服。
○投稿日時2010-03-24 09:16:14
【事件】ひったくり/西東京市 ひばりが丘北3丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:01:40頃、バイクに乗った若い感じの男2人組みによる。
○投稿日時2010-03-24 09:13:50
注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官に体当たり…泥酔で運転のタクシー運転手を逮捕 (29日)

東京・新宿区の路上で、警察官を相手に暴れたとしてタクシー運転手の男が逮捕されました。男のタクシーからは焼酎のパックが見つかり、警視庁は、男が酒を飲んで客を乗せていたとみて調べています。

 公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕されたのは、東京・荒川区のタクシー運転手、土方守容疑者(65)です。土方容疑者は23日午後4時ごろ、新宿区内でタクシーを運転中に車線変更違反をした際、注意してきた警察官に体当たりしたなどの疑いが持たれています。警視庁によると、土方容疑者は逮捕された時、泥酔状態で、車内には空の焼酎の紙パックが残っていました。当時、土方容疑者のタクシーには客が乗っていたということです。調べに対し、土方容疑者は「昼ごろ焼酎を飲んだ」と話していて、警視庁は、土方容疑者が普段から酒を飲んでタクシーを運転していたとみて調べています。

Annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20100329173647

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

認知症疑いの女性に計7千万円、販売(29日)

 認知症の疑いがある80代の女性に、広島県のそごう呉店の外商担当がおよそ7000万円の商品を売っていたことが分かりました。

 そごう呉店によりますと、商品を販売していたのは50代の外商担当の男性社員です。

 この社員は87歳の女性に対して、過去数年で宝石や美術品など、およそ7000万円の商品を販売していましたが、そごうでは今年1月、この女性に認知症の疑いがあることを把握したということです。

 商品を販売した外商の担当は店側に対して、「代金支払いの際、女性に付き添って銀行に同行したこともあるが、認知症とは知らなかった」と話しているということです。

 そごう呉店は「銀行へ付き添った行為は行き過ぎだったと言わざるを得ない、話し合いには誠心誠意対応する」と話しています。(29日11:33)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4390700.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国松孝次警察庁長官銃撃事件 30日午前0時に時効へ 井上幸彦元警視総監が胸中語る(29日)

警察庁長官銃撃事件は、30日午前0時の時効まで12時間余りとなった。当時、捜査指揮にあたった井上幸彦元警視総監が、FNNの取材に胸中を語った。
この事件は1995年3月30日、当時の国松孝次警察庁長官が、東京・荒川区の自宅マンション前で銃撃され、重傷を負ったもの。
警視庁は、延べ50万人の捜査員を投入し、オウム真理教元幹部や警視庁元巡査長らの捜査を続けてきた。
しかし、一度は「自分が撃った」と犯行を認めた元巡査長は、その後、あいまいな供述を続け、凶器の拳銃も見つからなかった。
元巡査長の供述を半年近く警察庁に報告せず、辞任に追い込まれた当時の井上幸彦警視総監は、「(時効がまもなく成立するが?)現役の方々も含めて、捜査に携わった人全員が、無念という気持ちじゃないんでしょうかね。(初動の部分で問題があったか?)結果として時間がたち、流れが過ぎていく中において、やはり初動という点で、見落としだとか反省点だとか、そういうものがやはりあったのかなというふうに、今は思ってますね」と話した。
また、井上元警視総監は「(元警察官について、警察庁への報告が遅れたとの指摘は?)彼の供述が、まったく裏が取れない。あいまいなまま。それを裏づけるものが1つも取れなかった。そういう状況の中で、何でもかんでもね、報告すればいいというものではない」と語った。
警視庁の捜査本部は、オウム真理教が事件にかかわっていたとみているが、警察トップの銃撃という日本の治安を揺るがした事件は、未解決のまま捜査終結となる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00174415.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

不審死:路上に男性遺体、頭などから出血 北海道・北見(29日)

29日午前5時20分ごろ、北見市留辺蘂(るべしべ)町温根湯(おんねゆ)温泉の路上で、近くに住む無職、杉山稔さん(67)が頭から血を流して倒れているのを、新聞販売店従業員(57)が見つけ119番した。杉山さんは北見市内の病院に搬送されたが、頭の骨を折るなどしており、間もなく死亡が確認された。道警北見署は、ひき逃げ事件の可能性もあるとみて捜査している。

 同署や道警、北見地区消防組合によると、杉山さんは国道39号につながる路上の中央近くにうつぶせで倒れていた。頭蓋骨(ずがいこつ)骨折のほか足にもすり傷があり、耳からの出血も激しく、頭部周辺には血だまりもできていた。ジーンズにジャンパー姿で、所持品はなかったが、10メートルぐらい離れた場所に杉山さんのものとみられる靴と帽子が落ちていた。また、数十メートル離れた国道上には血痕のような跡があったという。同署では司法解剖して死因を調べる。

 現場はJR北見駅から西に約32キロ離れた温泉街。当時は積雪はほとんどなかったが、路面は凍結していたという。【金子淳、木村光則】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/m20100329k0000e040040000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア:モスクワの地下鉄駅で爆発、25人死亡 別駅でも(29日)

【モスクワ支局】タス通信によると、モスクワ中心部の地下鉄ルビャンカ駅構内で29日午前8時(日本時間同日午後1時)ごろ、爆発があり、地下鉄車両が破損した。非常事態省によると、乗客ら25人が死亡した。14人が車両内、11人がホームで死亡したという。

 朝の通勤時間帯で、駅には大勢の通勤客がいた模様。死傷者数はさらに増える恐れが強い。

 モスクワ中心部の地下鉄パルク・クルトゥーリ駅でも同日午前8時40分(同午後1時40分)ごろ、同様の爆発が起き、死傷者が出ている。

 ルビャンカ駅は、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の後身のロシア連邦保安庁(FSB)本部の最寄り駅。

 ロシアでは最近、不況などへの不満の高まりから全土でプーチン首相(前大統領)の辞任を求めるデモが多発していた。プーチン首相はKGB出身で、FSB長官を務めた。

 モスクワでは04年2月、走行中の地下鉄が爆発して41人が死亡するテロ事件が発生。露捜査当局は南部チェチェン共和国の独立派武装勢力の犯行とみて捜査している。09年11月にはモスクワ発サンクトペテルブルク行きの特急列車「ネフスキー・エクスプレス」が脱線し、少なくとも乗客ら25人が死亡した。07年8月にも同じネフスキーの脱線で約60人が負傷し、当局は爆弾テロ事件と断定している。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/today/news/20100329k0000e030069000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店事務所に3人組、200万円入り金庫奪う 新横浜(29日)

 29日午前3時半ごろ、横浜市港北区新横浜1丁目のマンション4階にある派遣型性風俗店の男性店長(30)から、「強盗が入った」と110番通報があった。港北署によると、男とみられる3人組が事務所に押し入り、約200万円を奪って逃げたという。同署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、店長とアルバイト男性(24)の2人で電話番をしていたところ、目出し帽などをかぶった3人が無施錠のドアから侵入。棒のようなものを突き付け、「金、金、静かにしろ」と脅し、売上金が入った手提げ金庫を奪って逃げた。現場は新横浜駅近くで、1階玄関はオートロック方式だったが、呼び出し音は鳴らなかったという。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「取り調べ中に2回トランプ」 郵便不正公判で検事証言(29日)

厚生労働省から自称障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会、東京)を郵便割引制度の適用団体と認めた偽の証明書が発行された事件で、虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われ、無罪を主張する同省元局長村木厚子被告(54)の第16回公判が29日、大阪地裁であった。前回に続き、元局長の共犯とされる元担当係長の上村(かみむら)勉被告(40)を捜査段階で取り調べた検事(35)の証人尋問があり、検事は検察側の質問に対し、取り調べ中に元係長と2度、トランプをしたことを明らかにした。

 検事は、トランプをしたのは(1)上村元係長を同罪で起訴した昨年7月4日(2)それ以前に元係長が両親と接見する前日の2度で、勾留(こうりゅう)されていた大阪拘置所でやったと証言した。取り調べ中、トランプをすること自体は、捜査上、特に問題とはされていない。

 検事は理由について「(元係長が)眠れないと話しており、両親に心配そうな顔を見せたくないと心配していたので気晴らしになると思った」などと説明。トランプをした時間は明らかにしなかった。

 一方、上村元係長も2月の証人尋問で、検事と検察事務官と3人でトランプをしたと述べたが、取り調べについては「村木元局長の関与を否定したのに聞き入れられず、記憶に反する内容の供述調書に署名した」と主張している。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男に傷害容疑で大相撲の行司を逮捕 千葉県警、妻が暴力で相談(29日)

 千葉県警印西署は29日、長男の背中をけり軽いけがを負わせたとして、傷害の疑いで、大相撲出羽海部屋所属の幕下行司、木村林之助こと小林亮太容疑者(32)=同県印西市=を逮捕した。

 逮捕容疑は2月27日午後5時45分ごろ、自宅で長男(3)が小林容疑者の靴下をなくしたことに腹を立てて背中をけり、軽傷を負わせた疑い。

関連記事

記事本文の続き 印西署によると、妻(32)が昨年4月に「夫が子供に暴力をふるう」と同署に相談しており、小林容疑者が家族を日常的に暴行していたとみて調べている。大相撲春場所で訪れていた大阪府内で逮捕された。日本相撲協会は「事実関係を確認中」としている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「5分でいいから」2千円出し女子高生に露出(29日)

女子高生の前で下半身を露出したとして、警視庁さくらポリス(生安部子ども・女性安全対策専従班)と府中署は、東京都迷惑防止条例違反(卑わい行為)の疑いで、調布市柴崎の無職、武田玄也容疑者(28)を逮捕した。同部によると武田容疑者は容疑を認め、「人に見られることに刺激を感じる。これまでに同様の行為を数回やった」と話している。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、昨年12月17日午後6時ごろ、府中市の路上に止めた軽乗用車内で下半身を露出し、通りかかった都立高校3年の女子生徒2人=いずれも(18)=に見せたとしている。

 同部によると、驚いた女子生徒らが逃げようとすると、武田容疑者は軽乗用車で約10メートル追いかけ、「お金をあげるから、5分でいいから見てて」と現金2千円を差し出した。女子生徒らはそのまま逃げたが、車のナンバーを記憶していたため、武田容疑者が浮上した。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lHead_logo1_2ang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

金庫の350万円盗難 福岡の建設会社事務所(29日)

 29日午前6時50分ごろ、福岡県朝倉市柿原建設会社事務所から「金庫がなくなっている」と110番があった。敷地内の駐車場でこじ開けられた状態の金庫2つが見つかり、保管されていた現金計約350万円がなくなった。朝倉署が窃盗事件として調べている。

 同署によると、事務所はプレハブ2階にあり、外階段を上った入り口ドアが鍵を壊され開けられていた。事務所内に置かれていた金庫は、いずれも幅約46センチ、高さ約61センチで、重さは約50キロ

 28日午後9時半ごろ以降、事務所は無人だった。29日朝、出勤した社員が、金庫がなくなっているのに気付いた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100329/crm1003291455018-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋でひったくり7件 いずれも原付きバイクの男(29日)

名古屋市内で28日夜から29日未明にかけ、いずれも原付きバイクの男によるひったくりが7件、相次いだ。バッグやスーツケースが奪われ、それぞれ、現金500円から2万円程度や、衣類、音楽プレーヤーが入っていた。

 28日午後11時5分ごろ、中川区畑田町3丁目の路上で、女性がスーツケースをひったくられた。20分後には熱田区六番3丁目の路上で男性が、バッグを奪われた。中川、熱田両署によると、いずれも白のヘルメットをかぶっていたという。

 中区内では、29日午前1時20分ごろに葵3丁目の歩道で、午前2時55分ごろには正木4丁目の歩道で、それぞれ女性がバッグをひったくられた。中署によると、男はいずれも自転車の前かごからひったくったという。

 西区内では、同午前1時25分ごろ菊井1丁目の路上で、1時間後には名駅1丁目の路上で、それぞれ女性がバッグを奪われた。千種区では同午前1時20分ごろ、今池3丁目の歩道で女性がバッグをひったくられた。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

すき家に強盗、冷蔵庫に店員を入れて逃走(29日)

29日午前3時半ごろ、愛知県扶桑町柏森の牛丼店「すき家扶桑柏森店」に男が押し入り、男性店員(24)に包丁のようなものを突き付け「金庫まで案内しろ、殺されたいのか」と脅し、売上金約25万円を奪って逃げた。犬山署が強盗事件として捜査している。

関連記事

記事本文の続き 同署によると、男は金庫から現金を奪った後、店員に「冷蔵庫に入れ」と命令。店員が厨房の大型冷蔵庫に入っている間に逃走したという。店員は約20分後、自力で冷蔵庫を出て110番した。

 店は営業中だったが客はおらず、店員にけがはなかった。男は20代ぐらいで身長約170センチ。灰色パーカーに紺色ズボン姿だった。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【あれから15年…警察庁長官銃撃】(下)浮上したもう1人の男 テロとの戦い「現行法では限界…」 (29日)産経新聞

 警視庁公安部南千住署捜査本部にある「特命捜査班」。この班は、オウム真理教とかかわりのないある男について捜査している。男の名は中村泰(79)=別の強盗殺人未遂罪で無期懲役が確定。中村は刑事部捜査1課が別の事件を捜査中の平成15年に長官銃撃事件との関連性が浮上、事情聴取に「自分が撃った」と認めた。

 捜査1課は独自に事件との関連を捜査。19年12月28日に当時の警視総監、矢代隆義(60)にこれまでの捜査経過を報告した。その結果、聴取を担当した捜査1課管理官を捜査本部に組み入れる形で、オウム説と中村説の二本立てで捜査することが決まったのだ。

 拳銃の入手経路や下見の経緯…。中村の供述は詳細を極めた。犯行に使用されたホローポイント弾もオウム武装化前にはすでに製造停止されており、米国でも入手困難なことが判明。犯行後に放置したという自転車は24インチで小柄な中村にはぴったりだった。次々と裏付けがとれる供述。捜査1課OBは「拳銃と銃弾の線ではオウムは出てこない。ブツや状況証拠では中村の犯行は有力だ」と胸を張った。だが、公安部の見方は冷ややかだった。

 ■■■ 「これまでの経緯から犯行はオウムで間違いない。(中村の)供述は聴取の過程で知識を蓄え、事実に沿うように作り上げた可能性を否定できない」(公安部幹部)。公安部は刑事部が“秘密の暴露”にあたるとみて重視してきた中村供述の内容についても疑念を示す。「(犯行時の状況など)捜査会議で話題になった内容は秘密の暴露に当たらない」(同)というのが理由だ。

 公安部が最近になって作成した内部資料では「犯行に関与した可能性は極めて低い」とし、中村犯行説を否定。犯行当時の目撃情報と大きく異なるうえ、銃撃時の証言内容が実際と異なる点があるからだという。「公安部の指摘は枝葉の部分で15年もたてば記憶違いもある」(刑事部OB)。

中村が犯人であれば、事件後海外渡航があるため時効は1年近く延長される。そのため中村を捜査対象にする特命捜査班は時効が迫った今月16日にも中村から事情聴取しているが、決め手となる物証はないのが現状だ。

 公安部の捜査本部に捜査1課員を組み込むという異例の捜査は2年間続いた。「縦割り捜査」「水と油の関係」との批判を排除するための思惑もあったとみられるが、捜査本部内に相反する2つの容疑者が存在したことで、「思うように機能したかは疑問が残る」(警察幹部)。

    ■■■

 「中村の証言は確かに信憑(しんぴよう)性はある。だが拳銃か共犯者を出すことだ」(警視庁幹部)。特命捜査班には高いハードルが存在する。拳銃について中村は「伊豆大島に向かうフェリーから捨てた。回収は不能」としており、通称「ハヤシ」と呼ばれる共犯者についても「裏切ることはできない」と供述を拒んだからだ。それでも捜査班は「ハヤシ」と目される男を割り出したが、聴取は思うように進んでいない。

 一方で公安部はオウム犯行説で一貫しており、中村は「シロ」との見解を近く正式に決定する。刑事部と公安部の相克が浮かぶ。だが、いずれの物証もみつからない中で、警視庁が15年で犯人を特定できなかったことは現実として重くのしかかる。事件が投げかけたのは、「見立て」を巡る組織内の問題点にとどまらない。公安部幹部は犯行はオウムだとしたうえで次のように指摘する。

 「個人を特定しないといけない現行法では限界がある。負け惜しみに聞こえるかもしれないが、テロ組織の捜査は難しく、事件は司法取引の必要性など法制面での課題も突きつけた」

 長官はなぜ狙撃されたのか、誰が撃ったのか…。未曾有のテロ事件は時効という形で幕を閉じる。 (敬称、呼称略)=おわり

◇連載は荒井敬介が担当しました。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100328/crm1003282158013-n2.htm

Msn_s1

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官銃撃事件、容疑者不詳で送検方針 30日時効(29日)19日朝日新聞

国松孝次・警察庁長官(当時)が1995年3月に銃撃された事件は30日で発生から15年がたち、同日午前0時に殺人未遂罪の公訴時効を迎える。警視庁はオウム真理教信者による組織的犯行の疑いが強いとみて捜査を続けているが、有力な物証や供述は得られず、立件は困難な情勢だ。同庁は時効後に「容疑者不詳」として書類を東京地検に送る方針で最終的な検討に入った。

 南千住署捜査本部は2004年7月、オウム真理教信者だった警視庁巡査長(44)=96年11月に懲戒免職=と元教団幹部らを殺人未遂などの疑いで逮捕した。この時は、元巡査長のコートのすそから、銃を発射した際に付着したとみられる火薬成分を検出したことを物証ととらえたが、供述の信用性に欠けるなどとして不起訴になった。

 捜査本部はその後も元巡査長の所持品の鑑定を継続。捜査関係者によると、07年にアタッシェケース、08年には事件当時住んでいた寮の机の引き出し、09年は革靴から新たに火薬成分を検出した。また07~08年、革製手袋、眼鏡、マスクからも火薬成分の一部が検出された。

 しかし、アタッシェケースや靴について元巡査長は当日現場に持参したり履いていったりしたものとは違うと供述。発砲に使われる火薬の成分はどの拳銃でも大きな差はなく、付着時期も定かでないため、「長官を銃撃した時のものと断定するのは困難」(捜査幹部)という。

 捜査本部は時効が迫るなか、昨年10月以降、元巡査長から事情聴取を十数回重ねてきた。元巡査長は「下見を手伝った。当日は現場近くでオウム信者に似た男ら5人と落ち合い、自分は車の中で待っていた」と説明。火薬成分などが検出された物については「コートは貸した。アタッシェケースも貸したかもしれない」などと話し、銃撃は否定したという。

04年の元巡査長らの逮捕後には、現場に落ちていた韓国硬貨の付着物が元信者のミトコンドリアDNAと一致。06年には、元巡査長の手袋とライターの付着物が別の元信者のミトコンドリアDNAと一致したという。しかし、ミトコンドリアでの鑑定の場合、核のDNA型をみる通常のDNA鑑定と比べ識別能力が劣る。2人の元信者とも事情聴取に「現場には行っていない」と説明したという。

 警視庁は新たな鑑定結果などを踏まえ、昨年夏以降、逮捕や書類送検の可能性を探ったが、地検からは「これまでの物証や供述では実行犯の特定は困難」との考えが伝えられたという。

 ◇〈警察庁長官銃撃事件〉 1995年3月30日午前8時半ごろ、国松孝次警察庁長官(当時)が東京都荒川区の自宅マンション前で拳銃で撃たれ、重傷を負った。約20メートル離れた隣棟の角から発射された4発のうち3発が腹などに命中した。銃弾は先端にくぼみがある「ホローポイント弾」と呼ばれる特殊なタイプで、銃は長い銃身をもつ38口径の回転式とみられている。警視庁は延べ46万人の捜査員を投入。現在も80人態勢を維持している。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

オウムと信じた初期捜査、唇かむ公安部元幹部(29日)読売新聞

30日午前0時に公訴時効を迎える国松孝次・元警察庁長官銃撃事件は、実行犯が特定できないまま捜査が終結する。

 15年間、オウム真理教の組織的な犯行と見て捜査を続けた警視庁公安部。信者だった同庁元巡査長(44)の二転三転した供述――。初期の段階で捜査を指揮した元公安部幹部は、時効を前に「もっと広い視野が必要だったのかも知れない」と唇をかんだ。教団の取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さん(51)は、「方針を見直す機会は何度もあったはずだ」と、迷走を重ねた捜査に苦言を呈した。

 「あの頃は、オウムの信者以外に犯人はいないと本気で思っていた」

 元巡査長が1996年5月、初めて銃撃への関与を認める供述をした後、警視庁公安部は元巡査長をホテルなどに“軟禁”しながら約5か月にわたって極秘の聴取を続けた末、捜査を中断した。この後、捜査の指揮にあたることになった公安部の元幹部は当時の心境をそう振り返る。

 銃撃事件が起きたのは地下鉄サリン事件10日後の95年3月30日の朝。その後も「新宿駅青酸ガス事件」や「都知事あて小包爆弾事件」などが相次ぎ、この元幹部は「信者の誰かが、必ず銃撃事件を供述すると思っていた」という。

 だが、地下鉄サリン事件など一連の事件に関与した信者の多くは、公安部と畑違いの刑事部捜査1課が取り調べており、元幹部は、そこに割り込んで取り調べることはできなかった。

 そこで考えたのは「元巡査長の供述の裏付け」。96年10月から、元巡査長が銃撃に使った拳銃を「捨てた」と供述した神田川での54日間の捜索を見守った。しかし、流される可能性のある範囲をすべて調べても拳銃は発見できず、その時になって「元巡査長は信用できない」と確信したという。

 その後も多くの信者が逮捕されたが、誰一人として事件について語っていない。「あの時、教団以外の犯行の可能性を考える視点を持つべきだった」。元幹部はそう感じている。

 一方、2004年7月に元巡査長ら3人を殺人未遂容疑で逮捕した際、捜査を指揮した別の元幹部は、元巡査長が「元信者に似た男と車で現場に行った」という供述を翻し、「自分が撃ったかもしれない」と話し始めた時、「もう事件は解決しない」と天を仰いだという。

 「立件は難しいとわかっていたが、それ以外、道がなかった」。現役の警視庁幹部も力無く語った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(29日)読売新聞

地下鉄サリン事件の10日後に起きた国松孝次・元警察庁長官銃撃事件は、30日午前0時に殺人未遂容疑の公訴時効を迎える。捜査はなぜ失敗したのか。警視庁公安部の極秘の「捜査報告書」や関係者の証言をもとに迷走の「15年」を検証する。

 ◆供述偏重◆

 「若い男がとてもハイな感じで笑い始め、他の2人も、顔を見合わせながら笑い出した」

 読売新聞が入手した国松元長官銃撃事件の「捜査報告書」(2003年10月作成)には、すでに死刑判決が確定したオウム真理教の元幹部と、仲間の男性2人についての記述がある。事件の3時間半後、この3人が、東京・六本木のホテルにチェックインした時のホテル従業員の証言だった。

 報告書はこれをもとに、3人が「異様な高揚感を漂わせていた」として、銃撃実行後の「高ぶった感情が表れた」と分析。さらに3人のうち、元幹部が事件当日未明に山梨県内の教団施設から都心に入っており、現場から約3キロのマンションでよく似た男が目撃されていたことから、事件の「指示役」と指摘した。

 そして報告書は、銃撃の「実行犯」は、元幹部とホテルに一緒に入った2人のうち1人だと結論付ける。現場近くの住民ら5人が目撃していたことが理由だった。しかし、5人の証言は「似ているようだ」などと、あいまいな内容で、「元幹部が指示役」「ホテルに一緒に入った男が実行犯」という構図は、確実な証拠や証言に支えられたものではなかった。

 それでも公安部は04年7月、警視庁の元巡査長(44)や、元幹部と一緒にいたとみられる教団の元信者ら3人を逮捕した。ところが逮捕の16日後、事件の「支援役」と見ていた元巡査長が、「撃ったのは自分かもしれない」と話し始めると、証拠や証言の矛盾が露呈。東京地検は「供述に信用性がない」として3人を不起訴にするしかなかった。

 ◆総監の執念◆

 報告書が描いた構図は、03年8月まで警視庁公安部長だった米村敏朗氏(58)も了承していた。

 その米村氏が08年8月、警察庁官房長から警視庁トップの警視総監に就任すると捜査は再び動き始めた。

 そして元巡査長の04年7月時点の「撃ったのは自分です」という供述を、「真実」と見る幹部が中心になって「実行犯は元巡査長」という新たな構図を描いた。

 靴やメガネなど元巡査長が95年当時に使っていた身の回りの品を新たに鑑定した結果、バリウム、アンチモン、鉛という火薬の成分を検出したことも、この構図を裏付けるかに見えた。

 しかし、火薬は警察官時代の訓練中に付着した可能性があり、「実行犯」の目撃証言は、元巡査長の容姿と大きく異なっていた。矛盾を埋める証拠がない中で、公安部は昨年10月、元巡査長の任意での事情聴取を始めたが、元巡査長は「撃っていない」と否定し続けた。

 検察当局には、一度、不起訴にした元巡査長の聴取を重ねる公安部に「人権意識を欠く」との厳しい見方があった。事件解決に執念を燃やした米村氏も今年1月、総監を勇退した。その後、捜査は事実上ストップし、公安部は未解決のまま時効を迎えるという道を選択せざるを得なかった。

 ◆国松孝次・元警察庁長官銃撃事件=1995年3月30日午前8時30分頃、当時の国松警察庁長官が東京・荒川区の自宅マンションを出た直後に銃撃され、瀕死(ひんし)の重傷を負った。オウム真理教は事件翌日、「警察庁長官撃たれる」と題するビラを配布。ビラには捜査中止を求める脅迫電話が報道機関にかかった時間など未公表の事実も記されていた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官狙撃事件 時効へ(29日)NHK

15年前、警察庁の國松孝次長官が狙撃され、大けがをした事件が、29日夜の24時で時効となります。警視庁は、オウム真理教による組織的な犯行とみて捜査してきましたが、容疑者の特定には至らず、警察のトップが狙われ日本の治安を揺るがした事件を解決できなかった捜査のあり方が問われることになりそうです。

この事件は、15年前の平成7年3月30日、警察庁の國松長官が東京・荒川区の自宅のマンションの前で、拳銃で撃たれて大けがをしたものです。事件は、全国の警察が地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教に対する強制捜査に全力をあげるなかで発生し、警視庁は、教団による組織的な犯行の疑いが強いとみて、捜査を進めてきました。翌年の平成8年、現職の警察官で教団の信者だった元巡査長が犯行への関与を認める供述をしましたが、供述はたびたび変わり、拳銃を捨てたという川を捜索しても、拳銃は見つからず立件には至りませんでした。この際、元巡査長の取り調べを半年にわたって一部の人間だけで行ったことが隠ぺいだと批判され、当時の警視総監が辞任に追い込まれる事態となりました。6年前の平成16年、警視庁はオウム真理教の元幹部や元巡査長ら3人を殺人未遂の疑いで逮捕しましたが、「犯行を裏付ける証拠がない」として不起訴となり、捜査のあり方が厳しく問われました。

 警視庁は、その後もオウム真理教の組織的な犯行とみて捜査を続けてきましたが、容疑者を特定することはできず、15年となる29日夜の24時に時効を迎えることになりました。警察のトップが狙われ、日本の治安を揺るがした事件を解決することができなかったことで、警視庁の捜査のあり方があらためて問われることになりそうです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10013484901000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制わいせつ致傷容疑、小学校教諭逮捕(29日)

名古屋の市立小学校に勤める42歳の教諭が、女性にナイフを突き付け、わいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは、愛知県日進市の小学校教諭、大藪享一容疑者(42)です。

 愛知警察署によりますと、大藪容疑者は先月28日の深夜、長久手町の路上で21歳の女子大学生にナイフを突き付け、「殺す。言うことを聞け」などと脅した上、体を触るなどわいせつ行為をしてけがをさせた強制わいせつ致傷の疑いが持たれています。

 大藪容疑者は、「現場へは行ったが、わいせつ行為はしていない」と容疑を否認しています。

 大藪容疑者の勤める名古屋市内の小学校では、「事実であれば、児童や保護者に大変申し訳ない」と話しています。(29日05:02)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4390597.html

Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁困惑「検証しようがない」…毒ギョーザ(29日)

冷凍ギョーザ中毒事件を巡って、28日、日本の一部報道機関に捜査の状況を明らかにした中国公安省。

 その発表では、呂月庭容疑者が事件に使った注射器やメタミドホスを入手したのは、「2007年7、8月」で、同年10月1日、初めて冷凍庫でメタミドホスを注入した後、10月下旬と12月下旬にも同じように注入したとしている。

 ところが、08年2月に、福島県内の店舗で同じ有機リン系殺虫剤ジクロルボスが検出された天洋食品製のギョーザは、前年の07年6月に製造されており、一連の薬物混入を、呂容疑者の「単独犯」とする中国公安省の見解では説明がつかない。これについて警察庁幹部は「一方的に発表内容が伝わって来るだけなので、検証しようがない」と困惑した様子で話した。

 中国側は、さらに2本の注射器について「工場内の通路脇の下水道内に捨てられていた。今月21日に発見した」と発表したが、「事件から2年もたって、いきなり下水道で見つかったと言われても……」と、別の同庁幹部は首をかしげた。

 この日の発表について、同庁には開催することさえ事前に連絡がなく、「またも寝耳に水」(同庁幹部)。同庁は近く中国に幹部を派遣する予定で、「早く現地入りして捜査状況について直接、話を聞く必要がある」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国毒ギョーザ:「殺虫剤を3回混入」…公安省が経緯説明(29日)

【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国公安省の杜航偉・刑事偵察局長は28日、一部日本メディアと会見し、製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)が工場の冷凍庫に保管されていた製品に計3回にわたって注射器で有機リン系殺虫剤メタミドホスを混入したと供述していることを明らかにした。

 呂容疑者は動機について「正社員になる希望がかなわず工場に不満を持った。05年には出産休暇を取った妻(元同社従業員)にボーナスが支払われず、不満がさらに高まって報復しようと考えた」と供述しているという。

 杜局長によると、呂容疑者は93年から工場の食堂管理人として勤務。07年7~8月、工場衛生班からメタミドホスを盗み、工場診療所から廃棄された注射器数本を入手。同年10月1日と10月下旬、12月下旬の3回、冷凍庫内に忍び込み、注射器でメタミドホスを混入し、注射器を工場内の下水道に捨てた疑いがある。

 中国捜査当局は、内部犯行とみて工場とトラブルを抱え、冷凍庫に入った可能性がある従業員ら500人余りから事情聴取を進め、呂容疑者が妻や親類に「自分がやった」と話していたとの情報をつかんだ。

 捜査当局は今月16日、呂容疑者の聴取に踏み切り、殺虫剤混入方法について具体的な供述を得たことから危険物質投与容疑で同日逮捕した。21日に供述通り工場下水道内の泥に埋まっていた5ミリリットルと20ミリリットルの注射器2本を発見したという。

 杜局長はまた、「共犯者はいない。単独犯行だ」と強調。08年6月に河北省承徳市で同社製品を食べた4人が中毒症状を訴えた事件についても、呂容疑者が07年12月下旬にメタミドホスを混入させた製品だったとの見方を示した。呂容疑者は「日本や中国の消費者に迷惑をかけるとは思っていなかった。非常に後悔している」と話しているという。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100329k0000m040045000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月28日 | トップページ | 2010年3月30日 »