« 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月22日 »

2010年3月21日

2010年3月21日 (日)

交通トラブルの相手をひき逃げ、会社員の女逮捕 大阪(21日)

 21日午前6時ごろ、大阪市中央区難波の路上で「男性が車から振り落とされ、ひき逃げされた」と110番があった。路上に男性が倒れており、病院に搬送されたが、頭などを強く打ち重体。南署は目撃証言から逃走した車を特定し、道交法違反(ひき逃げ)などの容疑で、運転していた堺市西区鳳中町の会社員、辻本青空容疑者(27)を逮捕した。

 被害に遭ったのは大阪市のトラック運転手の男性(47)とみられ、南署で確認を進めている。辻本容疑者の呼気からアルコール分が検出され、同署は酒気帯び運転の疑いでも捜査する。

 南署によると、男性は車を運転中に辻本容疑者の乗用車と接触したとして、トラブルになった。辻本容疑者が口論の途中に車を発進させたため、男性はサイドミラーにしがみついたが、約100メートル走行したところで振り落とされ、後輪で体をひかれた。

 辻本容疑者は「男性のけんまくに怖くなった。けがをしたかどうかは分からなかった」と供述しているという。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公務執行妨害容疑:職質警官に暴力 米兵の女を逮捕 沖縄(21日)

沖縄県警沖縄署は21日、在沖縄米海兵隊女性1等兵、ジュネイル・ジョーンズ容疑者(24)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。

 容疑は同日午前1時40分ごろ、沖縄市上地の駐車場で、当て逃げ事故で事情を聴こうとした沖縄署員のネクタイを引っ張り、調べを妨害したとしている。ジョーンズ容疑者は「関係ない」と供述しているという。

 沖縄署によると、ジョーンズ容疑者は運転する乗用車を駐車場の壁に衝突させ、そのまま現場から立ち去ろうとしたため、警備員が110番した。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100322k0000m040026000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団排除、条例で「責務」と規定へ 北九州市が強調(21日)

福岡県暴力団排除条例が4月に施行されることを受けて独自の暴排条例づくりを目指している北九州市は、県条例で「役割」と規定されている市民や事業者、自治体に求められる姿勢や行為を、「責務」と位置づける方針を固めた。より踏み込んだ表現を採用することで暴力追放への強い決意を示すねらい。6月の市議会定例会に提案する予定だ。

 県条例は、暴力団排除に関する施策に協力し、公的機関への情報提供に努めることを県民の「役割」と定める。また、県については暴力団排除の施策を総合的に推進すること、事業者についてはその施策に協力することが「役割」と規定されている。

 これに対し、官民でつくる北九州市暴力追放推進会議(会長・北橋健治市長)の条例制定検討部会は2月、市の条例では暴力団排除にかかわる市民、事業者、自治体の役割を「責務」と表現することを求める意見書を市に提出した。これを受けて、市民事暴力相談センターが条例の内容を検討。市民などに求められる姿勢を「責務」と位置づける方針を決めた。

 一つ一つの条文に明記するかは検討中だが、少なくとも条文の見出しに「責務」という言葉を盛り込む方針。罰則は設けず、努力規定となる見通しだ。

 同センターによると、日本最大の暴力団山口組の総本部がある神戸市を含め、政令指定都市で暴排条例を制定している所はまだない。福岡県内では全市町村で独自の条例が制定されたか制定作業が進められているが、「そこまで踏み込んだ表現をする所はないのではないか」という。

 北九州市がより強い表現を盛り込む理由として、担当者は「暴排に対する意識の低下があった」ことを挙げる。市民150人を対象に今年度実施したアンケートでは、暴力追放運動に協力するかとの質問に、「進んで協力したい」「ある程度は協力したい」と答えた人は合わせて63.7%にとどまり、2007年の前回調査の73.6%から約1割下落した。北九州市には指定暴力団工藤会の本部があり、内部抗争とみられる事件や一般市民が狙われた事件がたびたび発生。今月15日には、同会の事務所撤去運動に参加した小倉南区自治総連合会長宅が銃撃される事件も起きた。同センターは「暴力追放は行政だけでは実現できない。市民や企業にも強い当事者意識を持ってほしい」と条例のねらいを話している。

  ◇〈福岡県の暴力団排除条例〉暴力団の利用や協力を禁じることで県民との関係を絶ち、県事業からも排除して資金が流れないようにするのがねらい。4月に施行される。暴力団員に利益供与すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される。暴力団利用を禁じて罰則規定を盛り込んだ条例は全国初。また、学校や児童福祉施設から200メートル以内に暴力団事務所を新設するのを禁じたほか、暴力団排除の住民訴訟には県が資金を貸し付ける。市町村も条例を設けることで、市町村事業からも暴力団を排除できると期待されている。

Logo2_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)

窃盗常習者

【治安解説】
212_4

また仏像盗難事件が発生した。埼玉県寄居町では、20日午後、高さ50~60センチ、重さ20キロの仏像7体が盗まれたのをはじめ、隣接する小川町でも、18日に水子地蔵11体が盗まれており、警察は関連を調べているという。

 さらに20日午後6時ごろには、愛知県一宮市浅井町西海戸の観音寺で、管理者の母親(63)が、本尊で同市指定文化財の阿弥陀(あみだ)如来座像(高さ83センチ)と「みかえりの弥陀」と呼ばれる仏像の計2体が盗まれているのに気づき、警察に届けた。

 どうも埼玉県の犯行は複数犯の犯行のように思われる。

 この様な盗品は、盗んでもさばくところがなければ儲からないことから常習者、いわゆる〝前科者〟の犯行以外に考えられないのである。

 島根県警が逮捕して起訴した73歳の無職男は、同県内をはじめ広島、福岡、佐賀の4県で08年2月から09年8月にかけて、空き家や土蔵などに侵入し、仏像や掛け軸などの骨とう品、着物など計260点(約1650万円相当)を盗む計29件の窃盗事件を起こしていた広域窃盗犯だった。盗んだ品の大半を古物商に売却し、生活費や遊興費にあてていたと言い、手口から出所者をあたれば、早期検挙は可能なはずだが…だから捜査3課ネタは面白い。

 この様に窃盗(泥棒)に常習者が多いのは「癖」になってしまうことであり、少年たちにも、万引き=窃盗で、その「窃盗犯の怖さ」をよ~く教えるべきだろう。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状維持とする。

 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

練馬でコンビニ強盗、11万円奪い逃走(21日)

21日午前4時過ぎ、東京・練馬区のコンビニエンスストアに男が押し入り、男性店員の肩をつかんで金槌のような物を見せて「金を出せ」と脅しました。

 男は、店員がレジから取り出した現金およそ11万円を奪って逃走しました。当時、店内に客はおらず、店員にけがはありませんでした。

 逃げた男は年齢20代で身長は175センチ前後、黒っぽい上下の服を着ていたということで、警視庁は強盗事件として行方を追っています。(21日13:31)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4384353.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

車から振り落とされ男性重体 逃走車両の男女を聴取 (21日)

大阪・ミナミで、47歳の男性が車から振り落とされて意識不明の重体となっています。逃げた車は堺市内で発見され、警察は乗っていた男女から事情を聴いています。

 午前6時前、大阪市中央区の千日前通りで、緑色の4輪駆動タイプの車が運転席付近に取りついた男性を振り落として西の方向へ走り去りました。振り落とされた男性は西淀川区の野口喜代志さんで、病院に運ばれましたが、頭を強く打っていて意識不明の重体です。現場近くの車道には、野口さんの軽乗用車が残されていました。その後の警察の調べで、逃走車両が堺市のJR鳳駅付近で見つかり、現在、車に乗っていた男女から事情を聴いています。

Annlogo1

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html?now=20100321161308

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強風警戒中のパトカー、信号見落とし乗用車と衝突(21日)

 21日午前4時40分ごろ、神奈川県藤沢市石川の県道で、強風による被害を警戒中のパトカーが前方の赤信号を見落とし、同市の無職女性(71)が運転する乗用車と衝突した。女性は首を負傷し、同乗者の女性(69)も、足などを負傷した。パトカーの巡査2人にけがはなかった。

 藤沢北署によると、現場は丁字路交差点。直進しようとしたパトカーが、青信号を右折してきた乗用車の右前方にぶつかった。当時、パトカーは赤色灯はつけていたが、サイレンは鳴らしていなかった。運転していた男性巡査(26)は「雨で視界が悪かった」と話しているという。

 同署は「けがされた方には大変申し訳ない。事故原因を調査し再発防止に努めたい」としている。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・寄居町の寺で仏像7体が盗まれる 隣接する小川町でも18日に水子地蔵11体盗難(21日)

埼玉・寄居町の寺で、仏像7体が盗まれた。
被害に遭った住職は「彼岸に入る時に紛失したということで、大変残念」と話した。
寄居町の高蔵寺で20日午後、高さ50~60cm、重さ20kgほどの仏像7体がなくなっているのが見つかった。
隣接する小川町でも、18日に水子地蔵11体が盗まれていて、警察は関連を調べている。

Logo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風向き急変し突風、炎が3人巻き込む 静岡・野焼き事故(21日)

静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で20日、野焼き作業中に男性3人が死亡した事故は、風向きを変えた突風が火をあおり、3人を巻き込んだことが御殿場署への取材でわかった。静岡地方気象台によると、事故の直前には最大瞬間風速16.4メートルを記録していた。同署は、野焼きの実施判断や安全対策などに問題がなかったかを調べる。

 野焼き作業は、害虫駆除などを目的に「東富士入会組合」などが実施し、地権者や自衛隊員ら1100人以上が参加。演習場約8800ヘクタールのうち約3分の1を野焼きする予定だった。

 御殿場署によると、死亡したのは、同市川島田地区の地域防火組織から参加した、いずれも会社員の勝間田和之さん(37)、勝間田嘉弘さん(33)、池谷慶市さん(32)の3人。

 同署によると、死亡した3人が所属していた作業班は5人1組で着火作業をしていた。静岡地方気象台によると、当時の風向きは南南東。5人は縦1列となって幅4メートルの道を歩き、風向きとは反対方向の斜面に火をつけていたという。午前10時すぎ、突然風向きが変わり、火をつけていた方向から突風が吹きつけてきた。先頭を歩いていた3人が火に包まれ、火の勢いがおさまると、3人は焼けた斜面に倒れていたという。

 作業には、自衛隊員が協力部隊として、類焼防止などにあたっていた。事故が起きた作業班は、自衛隊員が100メートルほど後方で、火の状況を確認していたという。

 作業を指揮する統制本部にいた入会組合の勝間田祐一事務局長によると、参加者は午前8時半に現地に集合。風速5、6メートルだったため、作業は可能と判断し、午前9時25分ごろに着火を指示した。午前10時5分ごろ、風が強くなったため、新たに火をつけるのをやめるよう無線で指示したが、その数分後に、作業中の自衛隊員から「火に巻き込まれた人間が3人いる。搬送用の車を用意してくれ」と連絡が入ったという。

静岡地方気象台によると、同演習場付近は、この日午前の風速は平均7メートルほどだったが、断続的に強い風が吹き、午前9時47分には最大瞬間風速16.4メートルを記録した。当時、強風注意報や乾燥注意報は出ていなかったが、普段よりも火の扱いに注意を必要とする「火災気象通報」を発表していたという。

 野焼き作業は入会組合などが毎年実施。御殿場市に提出された作業実施計画書によると、この日の作業には地権者ら地元関係者約430人、自衛隊員約700人が参加。演習場内を五つの作業区に分け、地域ごとに5~50人で作った班が着火作業などをしていた。自衛隊員はシャベルや水が入った容器を背負って各班に同行したほか、ヘリコプターで上空を巡回していたという。

 陸上自衛隊富士学校総務課広報班は「自衛隊の対応について問題はなかった」と話した。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

窃盗:仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(21日)

20日午後6時ごろ、愛知県一宮市浅井町西海戸の観音寺で、管理者の母親(63)が、本尊で同市指定文化財の阿弥陀(あみだ)如来座像(高さ83センチ)と、「みかえりの弥陀」と呼ばれる仏像の計2体が盗まれているのに気づき、県警一宮署に届けた。窃盗事件として調べている。

 同署によると、同寺は無人。昨年12月30日の大掃除の際に仏像はあったといい、その後盗まれたらしい。引き戸には鍵がかかっていた。仏像は同寺の奥の間の祭壇に置いてあった。

 同寺は同県江南市の「修造院」=小沢優博住職(38)=が管理。住職の母親が掃除を兼ねて出かけ、盗難に気づいたという。【黒尾透】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100321k0000m040110000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

毛染めなど66点万引「魔が差した」 三郷市議逮捕(21日)

 埼玉県警吉川署は20日、ホームセンターで日用品を万引したとして、窃盗の現行犯で同県三郷市高州の三郷市議、芳賀浩容疑者(67)を逮捕した。同署によると「魔が差した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は20日午後1時15分~3時15分ごろ、三郷市のホームセンターで毛染めなどの日用品計66点(約1万2千円相当)を盗んだとしている。

記事本文の続き 同署によると、芳賀容疑者が買い物用カートに商品を入れ、レジを通らずに店の外に出たところを女性警備員が取り押さえた。

Head_logo1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫・三田で84歳独居女性変死 県警が殺人容疑で捜査(21日)

 兵庫県三田市弥生が丘の民家で19日午後、住人の無職、大下タヨリさん(84)が死亡しているのが見つかり、県警捜査1課は20日、遺体の状態から首を絞められるなどして殺害されたと断定、三田署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、19日午後4時5分ごろ、大下さん宅を訪れたおいの男性が、2階の寝室の布団であおむけに倒れている大下さんを発見、110番した。県警の司法解剖の結果、窒息死と判明。首の骨が折れており、死後5~6日経過しているという。

 大下さんは1人暮らしで、おいの男性が定期的に訪問。発見当時は普段着で、掛け布団が掛けられていた。玄関などは施錠されており、室内を荒らされた跡もなく、捜査本部は、現金や通帳などがなくなっていないか調べている。現場は神戸電鉄フラワータウン駅の西約700メートルの住宅街。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

加害男性から今年も謝罪の手紙届く 神戸児童連続殺傷事件(21日)

神戸市須磨区で平成9年に起きた連続児童殺傷事件で亡くなった山下彩花ちゃん=当時(10)=の遺族に、当時14歳だった加害男性(27)から謝罪の手紙が届いた。彩花ちゃんの母、京子さん(54)は「昨年よりも人とのかかわりを考える姿勢が感じられた」と話している。

 男性は、23日の彩花ちゃんの命日に合わせた手紙を19年から毎年届けている。京子さんによると、手紙は18日夜、昨年に続き同市内で男性の両親らと面会して受け取った。あて名と差出人が書かれた封筒に、ペンで横書きされた4枚の便箋(びんせん)が入っていたという。

 自身の住所や職業、家族についての記述はないが、男性が社会とかかわり、人とのつながりの中で生活しているといった趣旨の近況報告があった。京子さんは「私信のため」として詳細は明らかにしなかったが、手紙には謝罪や反省の言葉も書かれていたという。

 京子さんは「男性が日常の中での(人の)ふとした言葉に、『人の優しさ』を感じているように思えた」とし、「自分のしたことの重さを自覚し、被害者の苦しみを想像しようとする姿勢が感じられた。読み返すなかで思うことがあれば、返事を出したい」と話している。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100320/crm1003202045014-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

42歳の長男の首絞める 父親を殺人未遂容疑で逮捕 兵庫県警(21日)

20日午後6時10分ごろ、兵庫県尼崎市東園田町の民家から「夫が息子の首を絞めている」と110番があった。駆けつけた尼崎東署員が、この家に住む無職で長男の今東和博さん(42)が意識を失っているのを発見し、殺人未遂容疑で父親の警備員、今東末盛容疑者(73)を現行犯逮捕した。和博さんは意識不明の重体。

 同署によると、末盛容疑者は和博さんと口論になり、タオルのようなもので首を絞めた疑いが持たれている。容疑を認めているという。当時室内には、末盛容疑者と妻、和博さんの3人がおり、妻が110番した。同署は口論の原因などを調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100321/crm1003210025001-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月22日 »