« 2010年3月15日 | トップページ | 2010年3月17日 »

2010年3月16日

2010年3月16日 (火)

取調室で被害者にわいせつ容疑、逮捕の警部補を起訴猶予 名古屋地検(16日)

 詐欺事件の被害者の女性に取調室でわいせつな行為をしたとして、愛知県警が特別公務員暴行陵虐の疑いで逮捕した岡崎署刑事課の警部補、鈴木卓彦容疑者(49)について、名古屋地検は16日、起訴猶予処分とし、釈放した。

 名古屋地検は処分理由について「逮捕などにより社会的制裁を受けており、深く反省していることなどを考慮した」と説明した。県警監察官室は「捜査結果を踏まえ、処分を検討している」としている。

 県警は、昨年6~7月に詐欺事件の被害を届けた40代の会社役員女性=名古屋市=に、岡崎署取調室で事情聴取中、6回にわたり、体に触るなどわいせつな行為をしたとして2月23日、鈴木警部補を逮捕した。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

能古島の切断遺体 6日から行方不明の32歳女性会社員 福岡(16日)

 福岡・能古島の海岸で切断された胴体の一部が見つかった事件で、西署などの捜査本部は16日、遺体の身元を6日から行方不明になっていた福岡市博多区堅粕の会社員、諸賀礼子さん(32)と特定した。見つかった胴体の一部を司法解剖した結果、殴られたようなあとがあることも判明した。

 捜査本部は死体遺棄事件として捜査。諸賀さんが殺害された疑いがあるとみて調べている。

 遺体は15日午後、博多湾に浮かぶ福岡市西区の能古島の海岸に漂着しているのが見つかった。

 捜査本部によると、見つかったのは下腹部から大腿部までの胴体の一部で、鋭利な刃物のようなもので切断されていた。16日に現場や周辺を捜索したが、上半身など遺体のほかの部分は見つかっていない。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル)

自転車事故

【治安コラム】
212

16日朝、久しぶりに通勤時間帯に武蔵野市のJR境駅周辺を歩いた。病院に行くためだが、学生やサラリーマンの自転車通学・通勤の自転車は交差点で信号を守っていた。当然のことだが、病院の帰りに今度は、天文台通りを南から北に中央線の高架下を通った。

 天文台方面から田無方面に中央線下を通り抜けて最初の交差点は、バス通りと交差するため一時停止の標識があるが信号がない。

 ここがとんでもない交差点で、一時停止する車は約1割程度。自転車なんかブレーキすらかけようとしない。武蔵野署のパトカーが良く取り締まっているが、パトカーが見あたらない時などは〝無法地帯〟だ。高齢者や子供を乗せた女性の自転車なんか標識を完全無視する。

 平成21年に全国で発生した自転車の事故件数は15万6373件で、前年に比べて6152件の減少。そのなかで信号機のない交差点での出会い頭の事故が最も多く5万9893件だった。

 事故総数は年々減少傾向にあるが、自転車乗用中の死者数は695人で全交通事故死者数に占める割合は増加しているという。

 なかでも、65歳以上の高齢者の死者が多く全体の64㌫にあたる445人。負傷者は16歳から24歳が最も多い3万3175人で21.3㌫を占めている。

 ところが、その交差点で自転車を取り締まっている光景は見たことがない。いかがなものか。

 国分寺で発生した殺人事件は暴走族仲間の犯行だった。弁護士に相談し、説得されて出頭したようだが、無事、解決したこともあり首都圏の体感治安は「レベル2(ブルー)」に戻す。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html
 

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・国分寺市緊縛男性遺体発見事件 男性を襲って連れ去ったとして無職の男ら6人逮捕(16日)

東京・国分寺市で、殺害された22歳の男性が粘着テープで縛られた状態で見つかった事件で、警視庁は男性を襲って連れ去った疑いで、無職の男ら6人を逮捕した。
逮捕監禁の疑いで逮捕されたのは、国立市の無職・小沢大将容疑者(21)のほか、五味賢一容疑者(27)、高橋和範容疑者(28)、服部一行容疑者(26)、関 重行容疑者(26)、中村 実容疑者(27)。
6人は15日午前0時20分ごろ、立川市の路上で中川公太さん(22)をバットで襲って車で連れ去り、粘着テープで手首を縛って車内で監禁した疑いが持たれている。
警視庁は殺害にも関与したとみて追及する方針。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.htmlLogo4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

4人組強盗、社員ら1人取り押さえる(16日)

東京・中央区のカード会社に4人組の強盗が押し入りましたが、1人はその場で取り押さえられました。残る3人は逃走中です。

 16日午前11時40分ごろ、中央区日本橋兜町のカード会社「グローバルカードサービス」に4人組の男が押し入り、男性社員にモデルガンのようなものを突きつけて、「金を出せ。おとなしくしろ」と脅しました。

 しかし、1人はすぐに男性社員らに取り押さえられ、残りの3人は、テーブルの上にあった携帯電話2個だけを奪って逃げました。

 4人組は目出し帽に黒っぽい服装だったということです。(16日15:36)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4380347.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

福岡・能古島女性切断遺体事件 遺体は30代女性と推定されることが判明(16日)

15日、福岡市西区の能古島(のこのしま)の海岸で切断された女性の遺体が見つかった事件で、解剖の結果、30代の女性と推定されるということで、警察は殺人事件の可能性もあるとみて調べている。
15日午後3時ごろ、福岡市の能古島にある砂浜で、成人女性とみられる遺体の一部が見つかった。
遺体が発見された辺りは、5月になると潮干狩りに訪れる観光客でにぎわうが、現在はオフシーズンということもあって、訪れるのは地元の人たちだけだという。
遺体を発見したのは、潮干狩りに訪れたこの島の女性だった。
遺体の第1発見者は「人間のお尻みたいのがあるから、じっとのぞいてみたら、なんか切断したようなお尻だけ。きれいに切れてましたよ。ものすごくきれいに」と語った。
見つかった遺体は、胴体の一部だけだった。
鋭利な刃物で切断されていて、腰の周りから上半身がなく、両足もつけ根の部分からなかった。
遺体について、元東京都監察医務院長の上野正彦氏は「(切断は)人為的なものの可能性が高いように思います。身元をわからなくするということと、運びやすい、捨てやすいというのが理由だと思います」と話した。
警察では、この遺体が能古島以外で捨てられた可能性が高いとみており、遺体のほかの部分が新たに流れ着く可能性もあるとして、大規模な捜索を始めている。
遺体が見つかった付近は、海の流れなどにより、水死体が流れ着くこともあるという。
遺体を発見した女性や島の人は「おやじの時代から死体が揚がる」、「前の遺体の時は、箱崎(本土)から、自殺した人が流れてきたみたいですね」と話した。
見つかった遺体は、死後1週間から10日間程度たっているとみられている。
一方、福岡市博多区で、30代の女性が3月6日から財布などを残し失跡している。
女性の部屋には、争ったような形跡はなかったが、ベランダの窓ガラスが内側から割られていたという。
警察は事件との関連を調べている。
また、司法解剖の結果、遺体は30代の女性であることがわかった。
警察はDNA鑑定を行い、身元の特定を急いでいる。http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

(03/16 17:28 テレビ西日本)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学の教室でいじめ撮影?動画サイトに投稿(16日)

島根県内の市立中学の教室で男子生徒が、ほかの数人の生徒にいじめられているようにみられる映像が、インターネットの動画サイトに投稿されたことがわかった。

 学校は情報提供を受け、映っていた生徒たちから事情を聞いて事実を確認。保護者に経緯を報告し、16日には全校集会を開いて生徒たちに説明した。

 動画は2分33秒と1分47秒の2種類があり、それぞれ、数人の生徒が集団で1人の生徒の後頭部や顔をけったり、物を投げつけたりしている様子が映っている。別の生徒が撮影したらしい。

 市教委によると、2月14日頃に撮影されたといい、動画は投稿した生徒が学校の指示などで削除した。同中は「いじめと認識しており、重く受け止めている。生徒の心のケアに努めたい」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗:シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮(16日)

16日午前3時15分ごろ、愛知県一宮市泉2のホテル「一宮シティホテル」(戸松邦夫社長)で、客を装って入ってきた男がフロント勤務の男性従業員(27)の手をつかみ「強盗だ、金を出せ」と脅した。従業員がレジを開けたところ男は売上金など約16万円を奪い、従業員を仮眠室に閉じこめ逃走した。同県警一宮署で強盗容疑事件として男の行方を追っている。

 調べでは、男性従業員は男に駐車場を案内するように言われ、同行しようとしたところ被害にあったという。男は40歳くらいで身長約165センチ。紺色ニット帽、緑色パーカ、紺色ジーンズ姿だった。【渡辺隆文】

Logo_mainichi_s1_7 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100316k0000e040080000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(16日)

振り込め詐欺:注意喚起の看板、金沢署が手作り /神奈川

Logo_mainichi_s1_5

 「絶対にだまされないで」と、振り込め詐欺に注意を呼びかける看板を金沢署が作った。地域課の小山紗緒里巡査(24)の手作りで、建て替え中の同署の工事用フェンスに掲げられ、道行く人の目を引いている。「落書き程度にしか絵を描いたことがない」という小山巡査が「被害を減らしたい」と思い立ち制作。2月下旬から昼休みや終業後に水性ペンキで少しずつ描いた。被害相談の電話を受けることもあり「何百万円が電話1本で失われる。人ごとでなく自分のこととして心の隅に置いてもらえたら」と話す。同署管内の振り込め詐欺被害は今年に入り6件、計1263万円に上る。【山田麻未】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100316ddlk14040139000c.html

振り込め詐欺:撲滅へ、「被害防止ネット」初会合 署や金融機関など連携強化 /三重

Logo_mainichi_s1_6

 振り込め詐欺の撲滅に向け、伊賀署や金融機関が連携強化を目指す「振り込め詐欺被害防止ネットワーク会議」の初会合が15日、伊賀市四十九町の伊賀医師会館で開かれ、16団体から約20人が参加した。同署によると、被害防止に向けて関係機関が横断的に集まるのは県内初の試み。会議は、郵便局や銀行、JAなどの金融機関と宅配業者、市社会福祉協議会などで構成。今後は特異事案や連続発生があった場合など、必要に応じて随時開催する。

 別府清雄署長は、「被害の発生件数は減少傾向だが、新たな手口が次々と生まれており、壊滅できていない。官民一体の予防活動が重要で、提案や要望があれば、どしどし声を上げていただきたい」とあいさつ。同署管内の振り込め詐欺発生状況も報告され、09年中は前年比1件減の11件、被害総額30万円増の850万円だった。被害者は60~84歳と、いずれも高齢者だった。 意見交換では、ATM(現金自動預払機)での注意喚起や高齢者向けの寸劇披露など、各団体で取り組んでいる被害防止活動が紹介された。【伝田賢史】〔伊賀版〕http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100316ddlk24040318000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽ブランド販売容疑でイスラエル人逮捕(16日)

 岐阜市の繁華街で、偽ブランドの財布などを露店で販売していた疑いでイスラエル人の男が逮捕され、その一部始終をJNNのカメラがとらえました。

 岐阜中警察署によると、イスラエル人のイマヌエル・オムリ容疑者(22)は15日午後8時ごろ、岐阜市弥生町の路上でルイ・ヴィトンの偽物の財布1点を露店に並べて販売していたところを、商標法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

 オムリ容疑者は、今年1月に観光ビザで来日していて、摘発されたときには、シャネルやブルガリ、ロレックスなどの財布や腕時計など偽物ばかりおよそ60点を露店に並べ販売していました。

 警察は、仕入れルートを調べています。(16日11:41)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4380264.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

道路に赤線、意味わかる?(16日)

 違法駐車が目立つ東京都千代田区内の靖国通りの一部の路肩に、駐車禁止区域であることを強調する赤色のラインが引かれた。

 警視庁が13日に試験的に引いたもので、赤のラインは全国初という。8月頃をメドに取り締まり件数をまとめて効果を検証し、他の地域への拡大も検討する。

 赤ラインが引かれたのは、靖国通りの専大前交差点から淡路町交差点までの約1・1キロ。これまでは路肩と歩道の間のコンクリートブロックに黄色い点線状のラインが引かれただけだった。

 この区間での昨年1年間の駐車違反の取り締まり件数は約600件に上り、都内平均(1キロあたり)の約10倍。靖国通りは都心の幹線道路で、路肩駐車が朝夕の渋滞の原因となっており、周辺住民からも取り締まり強化を求める声が寄せられていた。

 同庁交通規制課は「ドライバーの視覚に訴えるため、ラインを赤にした。違法駐車は減るはず」と期待を寄せている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

脅迫容疑:部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕(16日)

部下を脅したとして神奈川県警大和署は16日、同県大和市下和田、同市職員、鈴木公司容疑者(54)を脅迫の疑いで逮捕した。

 容疑は10日午後8時半から11日未明まで4時間以上にわたり、同市上和田の路上に止めた鈴木容疑者の乗用車内で、部下の男性職員(57)に「私の組織で抹殺しますから」などと言い、暴力団などとつながりがあるかのように装い脅したとしている。

 同署によると、数日前から、部下が早く帰宅したことをとがめており「(態度に)改善が見られなかった」と容疑を認めているという。部下が別の上司と一緒に同署に被害を届け出た。【杉埜水脈】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100316k0000e040031000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

発砲:暴追運動の町で自治会役員宅に6発の弾痕 北九州(16日)

15日午後11時20分ごろ、北九州市小倉南区南方3、同区自治総連合会役員の男性(75)方で「ガラスの割れる音がした」と周辺住民から110番があった。福岡県警小倉南署員が調べたところ、男性方の玄関と勝手口で計6発の弾痕が見つかり、16日朝の実況見分で銃弾3個が確認された。連合会は、指定暴力団工藤会が同区内に新事務所を設置したことに絡んで暴力団追放運動を進めており、福岡県警は悪質な嫌がらせの可能性があるとみて、銃刀法違反などの疑いで捜査を始めた。

 調べによると、通報した住民はガラスの割れる音に続いて車の走り去る音を聞いたという。実況見分で薬きょうは見つかっておらず、回転式拳銃が使われた可能性があるという。事件発生時、男性と家族は1階で就寝中で、けが人はいなかった。

 現場は北九州モノレール徳力公団前駅の西約500メートルにある閑静な住宅街。近くに広徳中学校と広徳小学校がある。

 小倉南区では5日、今回の現場から約7キロ離れた上貫3の建物の門に「四代目工藤会 長野会館」と書かれた看板が掲げられた。県警は工藤会関係者の出入りを確認し、新事務所とみている。同連合会は県警や北九州市と合同で新事務所からの退去を求める「暴力団追放総決起大会」の開催を30日に予定していた。

 また12日には、住民ら約510人が新事務所前で暴力追放パレードを行い、組関係者約80人が捜査員とにらみ合う場面もあった。看板は翌日の13日に撤去された。

 県警はこの事務所前で警察官を配置し監視を続けていたが、連合会役員らは警備対象としていなかった。

 工藤会は北九州市小倉北区に拠点を置き、県内の構成員は730人(08年12月末現在)と、九州最大規模の指定暴力団。県警は昨年4月、工藤会の取り締まり強化を狙い「北九州地区暴力団特別捜査室」を設置。1月には暴力団対策部を発足させ、部内に工藤会を主に取り締まる北九州地区暴力団犯罪捜査課を設置するなど、工藤会対策に力を入れている。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20100316k0000e040046000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う 和歌山(16日)強盗2件

 16日午前1時35分ごろ、和歌山市毛見のコンビニ「ファミリーマート和歌山毛見店」に男が押し入り、レジカウンター内にいた女性店員(21)に刃渡り約20センチの包丁を突きつけ、「紙幣を袋に入れよ。たばこも」などと脅迫。店員が現金約4万円とたばこ3カートン(計約9千円)を差し出すと、男は奪って逃げた。店員にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 和歌山西署によると、男は年齢20~30歳で、身長170~180センチのやせ形。黒いフード付きパーカーに黒のズボン姿で、サングラスをかけていたという。

 署によると、同店では今年1月15日未明にも同様の強盗事件が発生し現金約3万5千円が奪われており、関連を調べている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

続きを読む "たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う 和歌山(16日)強盗2件"

| コメント (0) | トラックバック (0)

半月でギャラ35万超の少女も 容疑で「援デリ」経営者ら逮捕(16日)

 出会い系サイトで援助交際相手を募って少女を紹介する「援デリ」を運営したとして、警視庁少年育成課などは児童福祉法違反(淫行)と売春防止法違反(周旋)の疑いで、住所不定、無職、小林正和容疑者(48)ら男女3人を逮捕した。同課によると、小林容疑者らは平成20年8月以降、16~18歳の少女を中心にのべ約40人を紹介。売り上げは年約3360万円に上るとみられる。小林容疑者は「『援デリは元手なしで稼げる』と知人に誘われて始めた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、昨年9月12日、千葉県在住の中学3年の女子生徒=当時(14)=が18歳未満と知りながら、東京都内の男性会社員(35)に紹介し、新宿区百人町のホテルで女子生徒に3万円で淫行させたとしている。

 同課によると、小林容疑者らは自己紹介サイト「プロフ」上に「女の子限定でお仕事紹介しています」などと書き込んで少女を募集。出会い系サイトで客を募り、少女と引き合わせていた。書き込みはいずれも女性を装っていたという。

 少女の多くは、援デリに参加した理由について「アルバイト感覚」「遊ぶ金ほしさ」などと説明。客が支払った代金の約半分が少女らの取り分となっており、女子高校生(16)が15日間で25人を相手にし、35万6千円を稼いだケースもあったという。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003161134010-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取(16日)

東京都国分寺市の市立黒鐘公園前の路上で15日、住所不詳、職業不詳の中川公太さん(22)の遺体が見つかった事件で、立川市内の路上で同日未明に中川さんが数人のグループに車で連れ去られていたことが16日、警視庁小金井署捜査本部への取材で分かった。捜査本部はこの車とみられる車両を神奈川県小田原市内で発見し、車の名義人ら数人から事情を聴いている。

 捜査本部の調べによると、15日午前0時15分ごろ、立川市羽衣町の路上で、男性2人がバットを持った5人ぐらいのグループに襲われ、うち1人が白のワンボックス車で連れ去られた。現場に残されていた血痕が中川さんのDNA型と一致した。

 約5時間半後、現場から約4キロ離れた国分寺市内の路上で、中川さんが両手を粘着テープで縛られた状態で死亡しているのが見つかった。中川さんは数日前、両親に「仕事でトラブルになった」と話していた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003161227015-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

患者とのトラブル対策 診察室に110番装置(16日)

医師や看護師に暴言を吐いたり、暴力を振るったりする患者への対策として、神戸市立医療センター西市民病院(神戸市長田区)は兵庫県警と連携し、ボタンを押せば県警通信指令室につながる緊急通報装置を診察室などに今月中にも導入する。「モンスターペイシェント」と呼ばれる悪質な患者や家族に対する防衛策の一環で、警備が手薄となる夜間のトラブルに備えて警察OBも新たに採用する。

 県警によると、同装置は、不審者の侵入が相次いだ学校への設置が進むが、医療現場への導入は異例という。

 装置は救急外来診察室や受付窓口に置き、危険を感じた医師らがボタンを押せば自動で110番される。県警は通信指令室の専用画面の表示からパトカー出動を手配し、病院と通話して詳細を聞くこともできる。

 病院へのクレームや暴力は、全国的な問題となっている。民間病院中心の「全日本病院協会」が2007年12月~08年1月に行った調査では、全国約1100病院の52%が過去1年間に「患者や家族から暴力を受けたり、暴言を浴びせられたりした」と回答。発生事例は6882件に上った。

 同病院でも、検査を受けた患者の付き添い家族が順番を待たずに「すぐに説明せんかい」と怒鳴ったり、治療方法に文句をつけたりするトラブルが後を絶たないという。

 さらに、昨年9月には、包丁を持って同病院に入ってきた患者の男を逮捕。2009年度、同病院で警察が介入した事案は約10件、医師らへの公務執行妨害や器物損壊容疑などでの逮捕が4件あった。

 装置設置とともに、警察OB2人が24時間救急実施日(毎週金・土曜)には宿直警備にあたる。

 同病院は「患者や家族の心情に配慮し、通報を控えることもあった。だが事態は深刻で、医師らの安全確保が急務になっている」と話している。

47newslogo1 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002785038.shtml

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日韓警察トップ会談 薬物事件などの連携捜査で合意 (16日)

日本と韓国の警察のトップが会談し、振り込め詐欺や薬物などの事件を連携して捜査することなどで合意しました。日韓の警察トップが具体的な捜査協力について会談をするのは初めてです。

 警察庁長官の韓国訪問の背景には、急速に広がる犯罪のグローバル化への危機感があります。新宿「ティファニー」の強盗事件で逮捕された韓国人の男のように、世界各地で犯罪を繰り返した後に本国に戻る、いわゆる「ヒットアンドアウェイ」形式の犯罪が増加しています。日本の治安を守るためには、国内の捜査に加えて国際的な捜査協力が求められる時代になったといえます。今回の会談では、担当者同士の連絡体制や定期的な実務者協議の開催など、踏み込んだ連携策が合意されました。
 安藤警察庁長官:「日韓の警察の協力関係というものを新しい段階に推し進める礎を築くことができた」
 日本と韓国の間には振り込め詐欺や組織犯罪など、共通の問題がいくつもあります。今後は、今回の会談で合意した協力態勢をいかに現場レベルで有効に運用していくかが課題となります。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news7.html?now=20100316062816

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

縛られ路上遺棄、両親に「仕事でトラブル」(16日)

 東京・国分寺市の路上で、22歳の男性が両手を粘着テープで縛られ死亡しているのが見つかった事件で、男性が2、3日前に両親に対し、「仕事のことでトラブルになっている」と話していたことが警視庁への取材で分かりました。

 この事件は15日、国分寺市西元町の公園脇の路上で、住所・職業不詳中川公太さん(22)が両手を粘着テープで縛られ、仰向けになって死亡しているのが見つかったものです。

 中川さんは別の場所で殺害された後、路上に遺棄されたとみられていますが、その後の警視庁への取材で、中川さんが2、3日前、両親に対し「仕事のことでトラブルになっている」と話していたことが分かりました。

 中川さんの頭には鈍器で殴られたような傷が数か所あり、死後数時間が経過していたということです。警視庁は、中川さんが職場でトラブルに巻き込まれた可能性もあるとみて、調べを進めています。(16日00:14)

Logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

徳島の3人死亡火災、殺人・放火容疑で長男逮捕(16日)

徳島県阿南市で昨年末、無職武市敬博さん(67)方が全焼し、家族3人が焼死した火事があり、徳島県警は15日、室内で重傷のやけどを負っていた長男の無職、和博容疑者(35)を殺人、現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。

和博容疑者は派遣社員を解雇された後、職に就けず、「自殺しようと火をつけた」と供述。殺意は否認している。

 発表では、和博容疑者は昨年12月31日未明、同市羽ノ浦町の自宅で、着ていた服や布団に灯油をまいてライターで放火、自宅を全焼させ、次男の会社員祐二さん(34)、三男の会社員裕志さん(33)、次女の無職広美さん(37)を焼死させるなどした疑い。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

盗撮:疑いの高検検事、17日にも書類送検へ 愛知県警(16日)

名古屋高検の男性検事(44)が女性のスカートの中をカメラ付き携帯電話で盗撮しようとしたとして、愛知県警が県迷惑防止条例違反容疑で任意で捜査していることが分かった。同高検が15日、明らかにした。捜査関係者によると、検事は容疑を認めており、県警は17日にも書類送検する方針。

 高検や捜査関係者によると、検事は3月8日朝、名古屋市千種区の官舎近くのバス停で、バスを待っていた女性のスカートの中を携帯電話のカメラで撮影しようとした疑いが持たれている。別の乗客が目撃し、警察に通報した。検事は事件後、職務から外れているという。

 検事は95年任官で、08年から高検検事。財政経済事件を担当していた。松井巌・同高検次席検事は「国民の皆様の検察に対する信頼を大きく損ない誠に遺憾。深くおわび申し上げます」と陳謝した。【式守克史、秋山信一】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100316k0000m040103000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近(16日)

15日午後3時15分ごろ、福岡市西区能古の能古島の海岸で、アサリ採取中の地元住民が、下腹部だけの女性の遺体を見つけた。鋭利な刃物で切断されたとみられ、衣服は身につけていなかった。遺体はバラバラに切断された可能性もあり、県警は同日、死体遺棄事件として捜査本部を西署に設置。殺人を視野に身元の特定を急ぐ。

 県警によると、女性は成人で中肉、脚の付け根部分から切断され、胴体もへそ付近から上部がなかった。死後数日から数週間。海岸に漂着したとみられ、砂浜の波打ち際で見つかった。16日に司法解剖をして死因などを調べるとともに、現場周辺で他の部位の捜索をする。

 遺体が見つかったのは「のこのしまキャンプ村」近くの北東部。発見者の女性は「肌はきれいで比較的、若い人に見えた。お尻には3、4カ所のあざがあった」と話している。

 島内では行方不明者はいないが、福岡市博多区で6日から30代の女性会社員が失踪(しっそう)しており、県警は関連を調べる。

 能古島は博多湾に浮かぶ、福岡市西区の渡船場から渡船で約10分の離島。夏場は海水浴客、秋はコスモスの見物客でにぎわう。【島田信幸、金秀蓮、近松仁太郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100316k0000m040108000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

吹田南消防署長が勤務中に株取引 市が謝罪(16日)

大阪府吹田市の吹田南消防署の署長(59)と副署長(57)が勤務中に株取引や競馬をしていたとされる問題で、署長が市の調査に対し「数回取引をした」と話していることが15日、分かった。市が会見で明らかにした。

関連記事

記事本文の続き 市によると、署長は約1年前から署長室に私用のパソコンを持ち込み、インターネットで株取引をしていた。また副署長は今年に入り数回、勤務中にテレビで競馬観戦し、昼休みを利用して家族に電話やメールをして馬券を買わせるなどしていたほか、署が管理するイス8脚を無断で持ち帰ったこともあった。2人は「考え方が甘かった」と釈明しているという。

 会見した俊多希憲(とし・たきのり)消防長は「幹部がこのような不祥事を起こし申し訳ない」と謝罪。地方公務員法の職務専念義務に違反するとして、16日にも正式な処分を決定するとしている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーセンでスカート内盗撮、千葉県警出向の神奈川県警巡査を逮捕(16日)

女性のスカート内にカメラを入れて盗撮しようとしたとして、神奈川県警は15日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で、千葉県警成田国際空港警備隊の巡査、宮脇拓也容疑者(27)=千葉県成田市=を逮捕した。神奈川県警監察官室によると、宮脇容疑者は平成20年4月から神奈川県警から千葉県警に出向し、今年4月に神奈川県警の警察署に配属される予定だった。宮脇容疑者は「撮ろうとしたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 監察官室によると、宮脇容疑者は15日午後6時40分ごろ、横浜市栄区笠間のビルの4階ゲームセンターで、プリクラ機のすき間からデジタルカメラを差し入れ、女子高生風の女性のスカート内を撮影しようとした。

 プリクラ機のそばでかがんでいる宮脇容疑者を不審に思った店員が「何をしているんだ」と声をかけたところ、逃走。下の階まで逃げたところで取り押さえられた。宮脇容疑者は神奈川県警に戻る準備をするため、休みを取って、実家の近くにあるビルの電気店などに行っていたという 

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003160150002-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“電光石火”…日本滞在わずか22時間 ティファニー強盗犯(16日)

 国内滞在がわずか約22時間の「ヒットアンドアウェー型」、凶器のエアガンは犯行直前に現場近くの量販店で購入-。東京都新宿区の宝石店「ティファニー」で昨年12月、客を装った男が指輪を奪った事件で、韓国で特殊強盗などの罪で起訴された韓国人の鄭勇喜(チョン・ヨンヒ)被告(40)の行動の詳細が15日、警視庁などへの取材で分かった。その足跡からは、現場に指紋を残さない用心深さと、見ず知らずの女性を同伴させる大胆さという相反する性格がうかがえる。

「北京からきた」

 事件当日の12月31日。鄭被告は事件約7時間前の午前11時34分に、韓国・ソウルから成田空港に到着した。その足で東京へと向かい、新宿区歌舞伎町のホテルに到着。フロントにキャリーバッグを預けた。午後2時21分、歌舞伎町の量販店で、犯行に使ったエアガンと果物ナイフを購入する鄭被告の姿を、店の防犯カメラがとらえていた。

 「母親と妹に指輪を買いたい。案内してほしい」。事件約2時間前の午後3時51分、新宿3丁目の路上で20代の女性に英語で依頼した。来店前、女性を近くの飲食店に連れて行き、鄭被告はビール2杯を飲んだが、グラスをナプキンで包んで持っていた。「指紋が残らないように注意を払っていた」(捜査関係者)可能性がある。

 女性には韓国人の知り合いがおり、英語の発音から韓国人だと思って韓国語で話しかけたが、鄭被告は「中国人で北京から観光にきた」などと答えた。

店で1時間粘る

 午後4時52分。女性を伴い現場となった「新宿三越アルコット」1階のティファニーに入店する。鄭被告は応接セットで女性を隣に座らせ、指輪を次々と手にとった。「高すぎる」。店員に値切り交渉を試みたが、買い物客を装うための工作とみられる。

 入店から1時間が経過した午後5時58分。指輪4点を両手の指にはめて逃走。店員にエアガンを向けて引き金を数回引いたが、直前に弾倉が落ちたため発射されなかった。同伴女性は置き去りにされた。

 店を出た鄭被告はホテルでキャリーバッグを受け取り、成田空港に向かった。空港で一夜を過ごし元日を迎えた。午前9時16分にソウルに出国した。

 その後、同12日に台湾へ出国していた。

複数の画像「同一」

 警視庁と台湾の捜査当局は、手口から同一犯の犯行とみて捜査し、出入国の記録を精査するなどして鄭被告を特定。成田空港、量販店、新宿三越アルコットの防犯カメラの映像や、台湾側から提供された旅券の顔写真のコピーを鑑定した結果、「同一と認められる」という結論を得た。

 女性を同伴させて宝石店から指輪を盗む手口は、詐欺師をだます詐欺師を描いた人気漫画『クロサギ』で登場する。鄭被告は韓国で詐欺容疑で逮捕されたことがあるといい、クロサギは韓国でもヒットしていることから、これを参考にした可能性も指摘されている。鄭被告は過去に米国、フィリピン、マレーシアでレストランを経営していた。その経営が失敗した上、カジノ賭博にはまり、約10億ウォン(約8千万円)の借金を背負い込んでいたという。

 わずか約22時間という滞在時間から、来日前に狙う宝石店を絞り込んでいた疑いもあるという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100316/crm1003160138001-n3.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月15日 | トップページ | 2010年3月17日 »