« 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月15日 »

2010年3月14日

2010年3月14日 (日)

DV駆け込み増える県内 一時保護所、入所が長期化(14日)

 DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者からの暴力)などの理由で、県内の一時保護所に保護される人1人当たりの平均保護日数が延びている。2009年度は21日を超え、01年10月のDV防止法施行以降、最長になる見通し。県などは、自立に時間がかかるDVで保護される人や借金などの複雑な問題を抱えた人の増加などが背景にあるとみている。
 県によると、保護所での保護件数は06年度の225件をピークに減少傾向にある。07年度220件、08年度164件、09年度は同年末時点で103件で、前年度同期比26件減。
 これに対して平均保護日数は、02年度の20・4日から07年度の16・3日まで年々、短くなったが、08年度に18・8日と増加に転じた。09年度は同年末現在21・8日。1月以降も長期化の傾向に変わりはないという。
 県女性相談センターは「DVについての認識が広まり、一時保護に占めるDV被害者の割合が増えた」と分析する。05年度65・1%だったが、06年度65・7%、07年度70・0%、08年度73・7%と年々高まっている。同センターの担当者は「DV被害者は精神的な負担が大きく、子どもを抱えた人も多い。生活保護申請一つとっても時間がかかり、短期間で住まいや仕事まで見つけるのは大変」と話した。
 08年秋からの景気悪化の影響もあるとみられるという。
 女性福祉に詳しい静岡福祉大(焼津市)の武藤裕子准教授は、こうした要因に加えて、生活力が乏しく借金返済に追われる母子など、複雑な問題を複数抱えている人が増えていると指摘する。
 武藤准教授は「入所者の中には人間関係が希薄な人や母親として未熟な人もいる。それぞれに合ったきめ細かなサポートが必要だ」と訴える。

遅れるDV防止計画 県内市町策定なし
 2007年7月にDV防止法が改正され、DV防止についての基本計画の策定と配偶者暴力相談支援センターの設置が、都道府県と市町村の努力義務になった。県は計画を策定し、センターを設置しているが、県内市町の計画策定やセンター設置はまだない。
 同法は、相談窓口の設置や緊急時の安全確保などについての基本計画を定め、同センターが中心となって、それらの業務を推進していくよう求めている。基本計画について、静岡市は今年に入って庁内の検討に入った段階。浜松市は10年度中の策定を目指している。センターの設置はいずれも未定という。
 県こども家庭室の担当者は「どこの自治体も新たな計画策定やセンター設置には人員確保や財政的な課題があり、なかなか進まないのが実情。しかし、県は全自治体での完備を目指している。引き続き協力を求めていきたい」と話した。

一時保護所 都道府県に設置が義務付けられている。県内には、県の保護所(定員30人)のほか、厚生労働大臣が定める基準を満たした民間シェルターなどが14カ所ある。専門の職員が被害者の心理ケアや相談、就労支援に当たり、同伴児の育児支援なども行う。

47newslogo1_2 http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20100314000000000023.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(14日)

振り込め詐欺:前橋の男性、680万円被害 /群馬

Logo_mainichi_s1_3

 前橋市の男性会社員(30)が13日、大胡署に計約680万円の詐欺被害にあったと届け出た。「有料サイトの未納料金がある」などと電話があったことから、同署は振り込め詐欺事件として捜査する。

 同署によると、昨年11月17日から同12月9日の間、「東京メディアシステムのイトウ」などと名乗る男から、男性に「未納料金がある」と電話が何度もあり、男性は指定口座に計25回、約680万円を振り込んだ。今月初旬、東京都内の銀行から男性に「振り込んだ口座が詐欺に使用されていた」と連絡があり、被害に気づいたという。【鳥井真平】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100314ddlk10040097000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

解雇宣告に激怒、ホテル支配人刺す 容疑で清掃員の男逮捕 大阪(14日)

14日午後1時45分ごろ、大阪市北区太融寺町のホテル「CEEDS」の1階フロントで、支配人の北條将司さん(33)が、ホテルのアルバイト清掃員の男に包丁(刃渡り13・5センチ)で刺された。男は他の従業員らに取り押さえられ、曽根崎署が殺人未遂と銃刀法違反の現行犯で逮捕した。北條さんは右胸を刺されたが、軽傷という。

 曽根崎署によると、逮捕されたのは、大阪市北区中津、谷森潤容疑者(39)。犯行時は酒に酔っており、包丁3本を持っていた。

 日頃の勤務態度が悪いため、この日、北條さんが電話で「辞めてほしい」と告げたところ、谷森容疑者が激高。ホテルに来ると「殺してやる」といいながらフロントに入り、北條さんを包丁で刺した。別の従業員に包丁を取り上げられると、さらに隠し持っていた包丁を取り出し、襲いかかろうとしたという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100314/crm1003141918012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日 単位・レベル)

理解できない不祥事

【治安解説】
212

警察官も人の子……どう理解しようとしても理解もできないし、もちろん納得もできない。静岡県警の20代の男性巡査が、留置されている人のあめ玉やチョコレートを無断で食べたとして減給処分を受け、依願退職したという。

 留置されている人が自腹で買った菓子などは、留置所内で食べられるが、就寝前には監視係が回収することになっている。巡査はその回収した3人の物をつまみ食いしたもので、あめ玉1個とチョコレート4個で被害総額は30円だという=朝日新聞電子版

 今月に入って、不祥事報道が多すぎる。12日には、福岡県警小倉南署総務課員で九州管区機動隊小倉南小隊の31歳の巡査部長が、同市戸畑区内で女子高生(16)の下半身などを触った疑いで逮捕された。巡査部長は、当直勤務を終えて署を出た後、女子高生の自宅の敷地内に侵入して、女子高生の下半身を触り逃げた疑い。

 さらに、石川県金沢市内で、帰宅途中の女子高校生につきまとったとして富山県警の警部補が現行犯逮捕された。警部補は、金沢市内の路上で18歳の女子高校生の前に立ちふさがり、「車に乗らないか」などと声をかけてつきまとった疑い。

 このほか、京都府警伏見署では1999~2006年、窃盗事件の証拠品や捜査書類599点を紛失していたことが明らかになったほか、奈良県警の警部補ら2人の警察官が暴力団員から金品を受け取っていたことや、三重県警の警部補が捜査報告書を改ざんしたことなどが報道されている。

 「悪を捕まえる」警察官だけは聖人君子であってほしいと願うのは小欄だけか? なのに、何故?裏切り者が出るのか。単純に言えば「警察官である」という自覚を持ち合わせていないのだろう。

 警察官は「自分は警察官である」ことを世間に知られるのを嫌う傾向がある。職業を隠そうとする警察官が非情に多いのは何故か。この辺に、問題が隠されているような気がしてならない。首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 「日本列島ふりこめ詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・川越市と鶴ケ島市で男が車のタイヤをパンクさせる事件相次ぐ(14日)

13日夜、埼玉・川越市と鶴ケ島市で、男が車のタイヤをパンクさせる事件が相次いで発生した。
タイヤがパンクした普通乗用車。
被害者は「オートバイから降りてくる男が、なんかわめきながら、いきなりこれでしょ」と話した。
13日夜、埼玉・川越市と鶴ケ島市で、男が車のタイヤをパンクさせる事件が相次いで発生した。
男は、川越市吉田新町の現場で、手を振って車を停車させ、その後、タイヤをパンクさせた。
13日午後9時20分ごろ、男が川越駅前のロータリーに止まっていた車のタイヤを、いきなり先のとがったもので突き刺した。
その後も男は、原付バイクで車に近寄っては、タイヤを突き刺す行為を繰り返し、川越市と鶴ケ島市にまたがる半径4km内で、あわせて6台の車のタイヤがパンクした。
被害者は「がんがんがんって、3~4回たたいたような音がしたと思ったら、(男が)さっと走り去ってしまったんですけれども」と話した。
男は30~40代くらいとみられ、警察は、いずれの事件も同一犯の犯行とみて、器物損壊の疑いで逃げた男の行方を追っている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00173527.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び信号無視、警官に体当たり 海兵隊2容疑者逮捕(14日)

沖縄県警は14日、いずれも在沖米海兵隊基地・牧港補給地区(浦添市)所属の上等兵、ジャマル・ゲイリー容疑者(23)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、クリストファー・ブルックス容疑者(24)を公務執行妨害の疑いでそれぞれ現行犯逮捕し、発表した。2人とも容疑を否認しているという。

 那覇署によると、同日午前0時55分ごろ、ゲイリー容疑者は那覇市松尾の通称・国際通りで乗用車を酒気帯び運転した疑いがあり、ブルックス容疑者は、ゲイリー容疑者に職務質問しようとした警察官に体当たりし、職務の執行を妨害した疑いがある。

 信号無視をした乗用車をパトロール中の警察官が見つけ、車を止めて職務質問しようとすると、運転席にいたゲイリー容疑者が車を降りて逃走。警察官が追いかけて取り押さえたところ、同乗していたブルックス容疑者が後ろから体当たりしてきたという。

 ゲイリー容疑者は呼気検査で基準値の5倍にあたる呼気1リットルあたり0.75ミリグラムのアルコールが検出されたという。

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕の船長 日本語メモを所持(14日)

南極海で日本の調査捕鯨団の船に無断で乗り込んだとして逮捕された反捕鯨団体「シー・シェパード」のメンバーは、船に乗り込む際、「誰も傷つけない。船長に会わせてほしい」などと日本語で書かれた書面を持っていたことがわかり、海上保安庁は侵入の目的について詳しく調べています。

シー・シェパードの抗議船「アディ・ギル」号の船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)は先月、南極海で日本の調査捕鯨団の「第2昭南丸」に無断で乗り込んだとして逮捕されました。ベスーン船長は侵入の容疑を認めているということで、海上保安庁は14日朝、身柄を東京地方検察庁に送りました。その後の海上保安庁の調べで、ベスーン船長は第2昭南丸に乗り込む際、乗組員に見せるため「誰も傷つけません。安心してください。船長さんに会わせて下さい」などと日本語で書かれた書面を持っていたことがわかりました。ベスーン船長は「アディ・ギル」号が第2昭南丸と衝突して大破したことに抗議し、補償を求めるため船に乗り込んだとみられていて、海上保安庁は侵入の目的について詳しく調べています。http://www3.nhk.or.jp/news/k10013187691000.html

News_pic1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

巡査、被留置者のお菓子盗み食い 被害30円、依願退職(14日)

被留置者が買ったお菓子を盗み食いしたとして、静岡県警は12日、磐田署の20代男性巡査を県警の服務規定違反を理由に減給10分の1(3カ月)の処分にしたと発表した。巡査は事実関係を認め、同日付で依願退職した。勝手に食べたのはチョコレートとあめ玉計5個で、被害総額は計30円という。

 県警監察課によると、巡査は同署の留置管理課監視係だった2009年8月、被留置者の菓子を回収してロッカーにしまう際、あめ玉1個を食べた。さらに、同年12月までに、チョコレート4個を盗み食いした。被害にあった被留置者は計3人という。

 被留置者が自腹で買った菓子は留置所内で食べられるが、就寝前には監視係が回収。翌日の昼食後に再び配られる仕組みとなっている。

 今年1月、別の被留置者がこの巡査が仕事中に菓子を食べているのを目撃し、「被留置者のお菓子を食べているのではないか」と別の監視係に報告した。被留置者の1人が「返してくれ」と申し出たため、巡査が同じチョコ1粒を弁償したという。

 県警は窃盗の疑いがあるとみて調査をしたが、証拠不十分で立件できなかったとしている。巡査は「軽い気持ちで、本当に恥ずかしいことをした」と話しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城・川崎の女性殺害 強盗殺人罪の適用視野(14日)

 宮城県川崎町前川の無職大宮節子さん(66)が焼けた自宅から刺殺されて見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された同県亘理町逢隈中泉、損害保険代理店役員庄司敏容疑者(48)が大宮さん殺害によって金銭トラブルの帳消しを図った疑いがあるとして、強盗殺人罪への切り替えも視野に入れ、最終調整していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 庄司容疑者は「大宮さん方の居間に火を付けた」とも供述しており、宮城県警は同日までに、放火の疑いで追送検した。

 捜査関係者によると、庄司容疑者は大宮さんを殺害して預かった多額の現金の返還などを逃れ、財産上の不法な利益を得た疑いがあり、強盗殺人罪での立件は可能との見方も出ているという。

 仙台地検は、同罪を適用し公判維持ができるかどうかなど、拘置満期日の15日まで詰めの捜査を続ける。

 逮捕容疑は1月21日午後5時~9時45分ごろ、大宮さん方で、大宮さんの頭や背中をアイスピックのような凶器で多数回刺して殺害した疑い。

 捜査関係者によると、庄司容疑者は「大宮さんに多額の投資ファンドを勧め、金銭トラブルになっていた」などと説明している。庄司容疑者は大宮さんの夫が2005年暮れに死亡する前から、保険の関係で大宮さん方に出入りしており、夫の死亡で多額の保険金が下りた大宮さんに投資話を持ち掛けたとみられる。

 知人によると、大宮さんは事件前、経済的に困窮し、「出資金が返ってこない」と周囲に漏らしていた。県警は、庄司容疑者が預かった金の返済を迫られて殺害に及んだ可能性があるとみて裏付けを進めている。

 県警のこれまでの調べでは、庄司容疑者は近くの空き地に車を止め、歩いて大宮さん方を訪問した。玄関付近で殺害後、遺体を寝室に移したとみられる。凶器を捨てた場所も供述したため、現場を捜索したが見つからなかったという。

47newslogo1 http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100314t13024.htm

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【事件】ひったくり/葛飾区 奥戸6丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:21:20頃、自転車に乗った男による。30歳代、170cm位、中肉、青色っぽいジャンパー。
○投稿日時2010-03-14 23:21:21
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10031423210001
【不審者】公然わいせつ/世田谷区 太子堂2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:20:20頃、30歳代の男による。170cm位、やせ型、短髪パーマ、色不明ズボン、徒歩。
○投稿日時2010-03-14 22:20:46
【不審者】痴漢/八王子市 小比企町の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:生徒
○詳細:18:40頃、青っぽいマウンテンバイクに乗った男に体を触られた。若い感じ、160cm位、やせ型、黒色っぽいTシャツ、黒色っぽいズボン、帽子、眼鏡、学生風。
○投稿日時2010-03-13 21:11:46
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10031321110001
【不審者】痴漢/清瀬市 中里2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女子学生
○詳細:21:20頃、30歳代の男に体を触られた。やせ型、短髪。
○投稿日時2010-03-12 22:59:47
【不審者】声かけ/武蔵野市 関前3丁目の公園内
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:17:30頃、60歳代の男による。170cm位、がっちり型、青色っぽいコート。
○投稿日時2010-03-12 21:28:05
【事件】ひったくり/北区 板橋1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:50頃、徒歩の男による。若い感じ、170cm位、やせ型、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2010-03-12 09:13:26
【不審者】痴漢/北区 桐ケ丘2丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:19:10頃、男に体を触られた。20歳代、がっちり型、黄色っぽいジャージ上下、黒っぽい普通自動車利用。
○投稿日時2010-03-12 09:12:17
【事件】ひったくり/練馬区 富士見台2丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:20:40頃、バイクに乗った男による。詳細不明。
○投稿日時2010-03-11 22:24:13
【不審者】声かけ/台東区 根岸3丁目のマンション内
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:16:40頃、30歳代の男による。170cm位、中肉、短髪、青色っぽいジーパン、マフラー着用。
○投稿日時2010-03-11 19:00:55
【事件】ひったくり/世田谷区 南烏山4丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:30頃、バイクに乗った男による。詳細不明。
○投稿日時2010-03-10 23:47:32
【不審者】声かけ/目黒区 目黒本町6丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:児童
○詳細:15時頃、40歳代の男による。160cm位、グレー色っぽいジャンパー、徒歩。
○投稿日時2010-03-10 12:12:47
【不審者】痴漢/目黒区 大岡山1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:21:30頃、男に体を触られた。犯人は、160cm位、青っぽいコート着用、徒歩。
○投稿日時2010-03-09 23:04:51
不審者】痴漢/練馬区 光が丘3丁目
○発生日時:おととい以前
○被害者:女子児童
○詳細:7日17:20頃、男が児童の体を触って逃げた。犯人は、20歳代後半位、痩せ型、背が高い、ピンク色傘所持。
○投稿日時2010-03-09 17:20:09
【事件】ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:06:20頃、銀色っぽいスクーターに乗った男による。若い感じ、黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽいジェット型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-09 09:15:10

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブ周辺 日常的に洗濯物(14日)

13日、札幌市で高齢者が入居するグループホームが焼け、7人が死亡した火事で、燃え方の激しかった居間のストーブの周りに、夜、洗濯物を日常的に干していたことが、施設の関係者への取材でわかりました。警察は防火管理などに問題がなかったか、経営者に話を聞いて調べることにしています。

13日午前2時半ごろ、札幌市北区屯田で、認知症の高齢者が入居するグループホーム、「みらいとんでん」から火が出て、木造2階建ての建物の内部がほぼ全焼し、女性4人と男性3人のあわせて7人が死亡しました。また、当直をしていた24歳の女性職員と1階に入居していた83歳の女性がのどにやけどをしました。警察と消防の13日の現場検証では、燃え方が激しかった居間の石油ストーブの周辺から焼けたタオルや衣類が発見され、洗濯物を干すために使われたとみられる金属製のパイプも複数みつかっています。

 また施設では、洗濯物を、昼間は2階の廊下に干し、夜になるとストーブの周りに日常的に干していたことが施設の関係者への取材でわかりました。警察は、洗濯物にストーブの火が燃え移った可能性があるとみて、14日も現場検証を行うとともに、防火管理や避難誘導などに問題がなかったか、経営者に話を聞いて調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10013184141000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川・小田原市の薬局に3人組が押し入る 現金およそ500万円奪い逃走(14日)

神奈川・小田原市の薬局に3人組が押し入り、現金およそ500万円を奪い逃走した。
13日午後11時ごろ、小田原市の薬局で、閉店作業を終えた店長(29)が店を出たところ、突然、3人組に襲われた。
3人組は、店長の手足をテープで縛り、金庫の中の売上金およそ500万円を奪って逃げた。
店長は、顔に軽傷を負った。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小林議員、資金提供への関与否定か 北教組事件で聴取(14日)

民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営が昨年8月の衆院選に際し、北海道教職員組合〈北教組(ほっきょうそ)〉から違法な選挙資金を受けたとされる事件で、札幌地検が参考人として小林氏に行った事情聴取は、13日午前から数時間にわたった。

 関係者によると、聴取は東京都内のホテルで行われたという。小林氏は北教組からの資金提供を認識していたかなどを尋ねられ、「知らなかった」などと答えたとみられる。

 小林氏をめぐっては、陣営の選対委員長代行を務めた元連合札幌会長が一審で有罪判決を受け、控訴中の別の公職選挙法違反(買収の約束、事前運動)事件でも昨年秋に札幌地検の事情聴取を受けたとされ、今回で2度目の聴取となる。公選法違反事件の聴取の際も、自らの関与を否定したという。

 札幌地検によると、小林陣営の会計担当者だった木村美智留容疑者(46)=政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反容疑で逮捕=は2008年12月~09年7月、北教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)=同=らから、総額1600万円を受け取った疑いがある。

 木村容疑者は逮捕前、「陣営は08年9月に選挙で使う事務所を開設したが、衆院がなかなか解散されず維持費などがかさみ、資金不足に陥ったため北教組側に資金提供を依頼した」などと説明していた。

 これに対し、小林氏は今月6日、地元の北海道江別市で「私はお金を持っている候補でないので、選挙のたびに事務所は火の車」と資金繰りが厳しかったことを認める一方、「限られた資金でどう活動するかは選対の努力次第だ」とも話していた。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺報道の照会、原口総務相「事実関係調べる」(14日)

原口総務相は13日、総務省の課長補佐が東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒の自殺に関し、在京民放テレビ局5社に報道の内容や取材手法を問い合わせていた問題について、「事実関係を調べる」と述べ、早急に調査する考えを示した。

 佐賀市内で記者団に答えた。

 課長補佐が、原口氏がツイッター(簡易投稿サイト)に自殺予防のための世界保健機関の手引を書き込んだのを読み、自分の判断でメールを出したとしていることについては、「ツイッターで、誰かが(手引に関する書き込みをして)聞いてきたので答えた」と語った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻・覚せい剤など、276万人が経験か(14日)

大麻や覚せい剤などの違法薬物を使った経験がある人は2・9%で、日本全国では推計約276万人に上ることが、厚生労働省研究班(研究代表者=和田清・国立精神・神経センター薬物依存研究部長)の調査で分かった。

 調査を開始した1995年以来、最も高い割合で、薬物汚染の広がりを裏付けた格好だ。

 調査は昨年9~10月、15~64歳の5000人を対象に実施。大麻、覚せい剤、MDMA、コカイン、ヘロイン、有機溶剤(シンナーなど)の使用歴などを尋ね、63・8%の3191人から回答を得た。そのうち、いずれかの薬物を使用した人の割合は、過去最悪だった01年の2・7%を上回る2・9%だった。

 全国の人数については地域や年齢といった要素を加えて分析し、276万人になると推計した。薬物別(複数回答)では、有機溶剤1・9%(推計約179万人)、大麻1・4%(同約136万人)、覚せい剤0・3%(約32万人)。(2010年3月14日03時08分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ETC悪用:「反応しない。手動精算を」高速料金ごまかす(14日)

ETC(自動料金収受システム)を悪用して高速道路の通行料をだまし取ったとして、愛知県警高速道路交通警察隊と交通指導課は13日、名古屋市北区楠1、トラック運転手、藤浦辰男容疑者(62)を詐欺容疑で逮捕した。県警は藤浦容疑者が数年間で数百万円をだまし取った可能性があるとみて、経緯などの全容解明を急ぐ。

 容疑は今年1月29日~2月19日に3回、東京都内の高速道路料金所で、通行料徴収係の男性に「料金所の手前のインターチェンジから乗ったが、ETCが反応しなかったので手動精算してほしい」とうその説明をしてETCカードを提示し、正規料金との差額計2万8100円をだまし取ったとしている。藤浦容疑者は愛知県瀬戸市の運送会社の長距離ドライバーで、実際は同市内のインターから一般レーンを通行して高速に入っていたという。

 高速隊によると、今年1月に中日本高速道路から「不正通行を繰り返している車がある」と県警に相談があった。トラックやETCカードは会社名義だった。短距離をETCカードで手動精算する手口の詐欺被害は数年間で数百万円にのぼるといい、高速隊は藤浦容疑者が関与したとみて調べるとともに会社からも事情を聴く。【中村かさね】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100314k0000m040078000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待:親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで(14日)

深刻な虐待を繰り返す親などから親権をはく奪する「親権喪失宣告」について、児童相談所の申し立てで家庭裁判所が認めたケースは、08年度までの35年間で31件にとどまることが、厚生労働省の資料から分かった。児童虐待は07年度に年間4万件を突破。親権喪失宣告は長年、親子関係断絶などの結果の重さや手続きに伴う負担の重さから機能していないと指摘されてきた。

 親権喪失は親族か児相所長、検察官が申し立てる。児童虐待では児相の役割が期待されるが、親権を失うと回復が難しく、親が反発して提訴する場合がある。戸籍に載るため児相がためらう場合も多い。子の保護先や親権代行者も事前に確保する必要があり、「最近までは踏み切れない児相がほとんどだった」(申し立て経験のある九州の元所長)という。

 厚労省が毎年まとめる「福祉行政報告例」に掲載された児相関連データの、記録の残る74年度分以降を毎日新聞が集計。90年度までの申し立ては計20件で、喪失宣告が出たのは5件しかない。児童虐待の急増が表面化した91~99年度も計23件の申し立てに対し宣告は14件。児童虐待防止法施行の00年度以後も、申し立ては34件に増えたが、宣告は12件にとどまった。

 児童虐待防止法は07年改正で、10年度内に親権制度を見直すことを付則に盛り込んだ。法務省の研究会は1月、「期限なく親権すべてを失わせるため申し立てや宣告がためらわれる現状がある」と指摘。千葉景子法相は2月、親権を一時的に停止させるなどの親権制限制度を導入する民法改正を法制審議会に諮問している。【野倉恵】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100314k0000m040108000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

81歳運転の車、暴走? 知人の3人はねられ死傷(14日)

13日午後1時50分ごろ、仙台市若林区霞目のアパート敷地内で、同区河原町の無職、金ヨシ子さん(81)が運転する乗用車が、前を歩いていた73歳~85歳の知人女性3人を次々にはねた。

 この事故で、同市太白区の無職、金貞姫(キム・ジョンヒ)さん(85)が胸などを強く打ち、約2時間後に死亡。他の2人も手足や首に打撲などの軽傷を負った。

 仙台南署の調べでは、3人はヨシ子さんと一緒に別の知人宅に行くため、乗用車に同乗していたが、目的地近くで先に車から降り、前を歩いていたところ、はねられた。ヨシ子さんは、近くに車を駐車するため、左折しようとして、前の3人に衝突したという。

 調べに対し、ヨシ子さんは「アクセルを強く踏みすぎた」などと説明しているという。同署が事故原因などを調べている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100313/dst1003132151012-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月13日 | トップページ | 2010年3月15日 »