« 2010年3月9日 | トップページ | 2010年3月11日 »

2010年3月10日

2010年3月10日 (水)

また出た「カラカラ盗」 車降りて点検…盗難被害(10日)

10日午前10時20分ごろ、大阪市浪速区敷津東2丁目の路上で、車のタイヤでカラカラと異音がしたため点検に降りたところ、何者かが乗り込んで車(約400万円相当)を奪われたと運転していた男性から110番通報があった。車内には現金約20万円が入ったバッグがあったといい、大阪府警は窃盗事件とみて調べている。

 同市内では昨年10月から、タイヤに金属片を張り付けて車を奪う「カラカラ盗」の被害が8件起きているといい、府警が関連を調べる。

 浪速署によると、堺市西区浜寺船尾町西5丁の青果業男性(60)が車を発進させた直後、異音がしたため左後部タイヤを調べようとすると、突然車が走り出したという。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東大病院医師を装い錠剤販売(10日)

東大病院などの医師をかたり、100円ショップで購入したビタミン剤を「心臓病に効く」などと偽って少なくとも数十倍の値段で販売したとして、無職の男が薬事法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。容疑者は「300件くらいやった」と供述しているということです。

逮捕されたのは、住所不定・無職の小原司容疑者(44)です。警視庁の調べによりますと、小原容疑者は、去年、医薬品を販売する許可がないのに、東京都内の61歳の商店主の男性ら4人に100円ショップで買ったビタミン剤を「心臓病に効く」「近視や老眼が治る」と言って販売したとして、薬事法違反の疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、小原容疑者は、関東各地の個人商店に客を装って訪れ、東京大学医学部附属病院や国立がんセンターなどの医師をかたって店主らを信用させたうえで、体の悩みを聞き出し、「1日1回朝食後」などと使用方法を書いてビタミン剤を少なくとも数十倍の値段で販売していたということで、購入者には病院名などを記した領収書を渡していたということです。なかには、心臓病の人に「こんな薬はやめなさい」と言って、医師が正式に処方した薬の代わりにビタミン剤を勧めたこともあったということです。調べに対し、小原容疑者は容疑を認め、「楽をして金が欲しかった。300件くらいやった」と供述しているということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/k10013102451000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)

ツイッターは麻薬だ

【治安解説】
212 【メールで警視庁】◇児童ポルノに関する事件情報や被害の相談はこちらへ→→→「STOP!児童ポルノ・情報ホットライン」0570-024-110(24時間受付・匿名可)
また、警視庁ホームページからメールによる通報も可能です。
◇~児童ポルノの根絶に向けて次のような情報を求めています~◇
■ネット掲示板に児童の裸の画像を載せている人を知っている。■ネットオークションに児童ポルノを出品している人を知っている。■児童ポルノ被害に遭った児童を知っている。

 警視庁管内体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 ★産経新聞(10日朝刊)オピニオン面の曽野綾子氏の「透明の歳月の先」でツイッターの話を取り上げていた。このツイッターなるもの、例の民主党の某大臣がはまりこみ、国会の予算委員会を遅刻したのは「国会軽視」として話題になった話だ。

 曽野氏は、このツイッターを「新しい時代の幕開けである」とした上で「21世紀の麻薬である」としている。

 その遅刻した大臣は、チリ地震津波の警報が出ている最中にツイッターを利用した。

 2チャンネルの掲示板を含め、学校掲示板などでは匿名性を悪用し誹謗中傷の書き込みが横行している。削除を要請しても、プロバイダー責任制限法なるザル法は何の役にもたたない。それを監督するのが、ツイッター大臣の役所なのである。

 ツイッター大臣にお伺いしたい。仮に、津波警報発令中に偽大臣が出現したらいかがしますか? デマ情報もねつ造できる〝ネット社会〟。事によっては暴動も起こりかねないのですぞ。

 曽野氏は、こんな指摘もしている。「麻薬は入手が困難だが、ツイッターなる麻薬は簡単に入手ができる。それだけに怖いものになるだろう」。与党である民主党の、しかも業界の監督する省庁のトップが自ら利用しているツイッター。

 次の参院選では運動の手段として爆発するだろう。当然、ガセ(インチキ)ネタも多くなり、国民は何を信じればよいのか不安感が増大するばかりである。治安上から見れば大変な問題である。

「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

取り調べ可視化:議連が国会提出申し入れ(10日)

民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(会長・川内博史衆院国土交通委員長)は10日、取り調べの可視化を導入する刑事訴訟法改正案を今国会に政府が提出するよう、千葉景子法相に申し入れた。

 申し入れ書は、民主党は08、09年の2回にわたって議員提出法案を参院で可決させた経緯があると指摘。「党内議論も十分に熟しており、政府が行うことは速やかな法案提出。勉強会の開催で時期を遅らせることは国民の期待に反し許されない」としている。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100311k0000m040078000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

見えない動機、少女に何が… 東京・清瀬女子中学生自殺(10日)

 「いじめの有無は判断できない」。東京都清瀬市立中学2年の女子生徒(14)が自殺した問題で10日、校内の聞き取り調査結果を公表した市教委の記者会見。自殺前の女子生徒の様子が具体的に説明されたが、そこから浮かび上がるのは普段とあまり変わらない姿ばかり。少女の心に何があったかは見えてこない。

関連記事

記事本文の続き 市教委が公表した報告書は、同級生や教員らの証言内容を項目別にまとめている。

 「特定の親しい友人が数人おり、いつも行動をともにしていた。友人同士でプレゼントを交換するなど楽しそうで、ときには言い合いをする仲でもあった。学級で孤立している様子はなく、絵が上手で、そのことで慕われていた」

 女子生徒の友人関係については、こう要約した。

 ただ、親しい友人との会話の中で、互いに「うざい」「ダサイ」などと悪口を言い合うのを見た生徒もいた。だが、仲間はずれにされたり、一方的に攻撃されていた様子は確認できなかったとしている。

 1月下旬には長野県で2泊3日のスキー移動教室に参加していた。女子生徒は講習レベルについて不満を漏らしていたが、楽しんでいる様子だったという。報告書には、「(宿泊した部屋の)室長としての責任感からか、激しい口調で怒り出す場面、泣き出す場面もあったが、その後は他の生徒とカード遊びをしていた」と記されている。

 報告書は、自殺前に登校した3日間の授業中の態度について教員たちの説明内容も紹介。「まじめに授業を受けていた」(地理)▽「集中して取り組んでいた」(美術)▽「板書を丁寧にうつしていた」(数学)-と、自殺の兆候はなかったとしている。2月10日の放課後は吹奏楽部の自主練習があったが、一番早く音楽室にきて練習を始めていたという。

 女子生徒は2月15日朝、自殺をほのめかす遺書を残し、市内の自宅マンションから飛び降りた。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

7000万円横領容疑、会社社長を再逮捕 警視庁(10日)

 顧客からの預かり金の一部約7000万円を着服したとして、警視庁中野署は10日、業務上横領の疑いで、東京都中野区上鷺宮、不動産会社社長、永久富一被告(59)=私文書偽造・同行使罪で起訴=を再逮捕した。同署によると、永久容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べによると、永久容疑者は弁護士事務所の出納係として勤務していた19年7月下旬~20年4月上旬、埼玉県戸田市の無職女性(60)から債務整理や相続税手続き代として預かっていた約2億数千万円のうち、計約6800万円を勝手に引き出し、横領した疑いが持たれている。

 永久容疑者は事務所の通帳や印鑑を1人で管理しており、横領した金は経営する不動産会社の借金返済に充てていたという。

 永久容疑者は20年12月に死亡した弁護士になりすまして文書を偽造したとして、今年1月に逮捕、起訴されていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100310/crm1003101639019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大生殺害で逮捕男 別の強盗傷害に関与の疑い(10日)

千葉大生・荻野友花里さん(21)を殺害して放火した疑いで逮捕されている49歳の男が、千葉県内の別の強盗傷害事件にも関わった疑いが強まり、警察は、10日午後にも男を再逮捕する方針を固めました。

 無職の竪山辰美容疑者は、荻野さんを包丁で刺して殺害し、部屋に放火した罪などで10日に起訴される見通しです。その後の警察への取材で、竪山容疑者が荻野さんの事件の数日後、千葉県印旛村の病院の駐車場で女性看護師が襲われ、けがをした事件にも関わった疑いが強いことが分かりました。金などを奪おうとしましたが、人が通りかかったため、何も取らずに逃げたとみられています。竪山容疑者は、この事件への関与を認めている模様です。警察は、10日午後にも竪山容疑者を強盗傷害の疑いで再逮捕する方針です。今回が6度目の逮捕になります。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news2.html?now=20100310121108

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(10日)

振り込め詐欺:続発、県内で18件 団塊ジュニアの卒業名簿使い /千葉

 ◇被害額5490万円

 

Logo_mainichi_s1_3

高校の卒業生名簿を元に、団塊ジュニアの母親たちを集中的に狙った振り込め詐欺事件が県内で続発していることが分かった。1月22日~3月5日に計18件。被害額は計5490万円に上る。犯行グループは、現在40歳前後の世代の高校卒業時の名簿を入手し、その親たちを標的に「オレオレ詐欺」を仕掛けているとみられる。県警が9日発表した。【中川聡子】

 県警捜査2課によると、1月以降の振り込め詐欺の被害相談を分析したところ、被害者が特定の学校の卒業生の実家に集中していた。内訳は、千葉市内の私立高12件(被害額3700万円)▽千葉市内の公立高1件(190万円)▽東葛地区の私立高2件(200万円)▽東葛地区の公立高3件(1400万円)。息子を装って実家に電話をかけ「会社の金を使い込み株につぎこんだ」などとだまし、ATM(現金自動受払機)から現金を振り込ませる典型的なオレオレ詐欺の手口。被害の最高額は800万円で、被害者の大半が60~70代の女性という。

 犯人は、約20年前に発行された卒業生名簿に載っている番号に電話をかけ、個人情報を悪用しているとみられる。40歳前後の男性は実家から独立して親と別居している人が多く、日常的に顔を合わせていない場合、なりすましに気づかれにくい特徴があるという。県警は「だます文言が共通しており、同一の犯行グループの可能性が高い。今後も別の高校の卒業生がターゲットになるかもしれないので注意してほしい」と呼びかけている。http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100310ddlk12040133000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

★★暴行:警視庁の警部補、男性突き飛ばし容疑で逮捕 埼玉(10日)

埼玉県警鴻巣署は9日、同県北本市西高尾6、警視庁荒川署の警部補坂田新也容疑者(55)を暴行容疑の現行犯で逮捕した。

 容疑は9日午後10時半ごろ、北本市北本1のJR高崎線北本駅西口の下りエスカレーターで、前に立っていた同市の会社員の男性(25)を突然、突き飛ばしたとしている。男性にけがはなく、エスカレーター下で2人が口論していたところに駆け付けた鴻巣署員が逮捕した。

 同署によると、坂田容疑者は帰宅途中で酒に酔っていた。当初は突き飛ばしたことを認め男性に謝罪していたが、その後「押した覚えはない」と否認しているという。

 警視庁によると、坂田容疑者は生活安全課に所属。9日は日勤で、午後5時15分まで勤務していた。荒川署の谷福雄署長は「誠に遺憾だ。埼玉県警の捜査結果を待ち、厳正に対処したい」とのコメントを出した。【浅野翔太郎、千代崎聖史】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100310k0000e040025000c.html

Logo_mainichi_s1_2

【ブロガーコメント】 これで普通、逮捕して実名まで発表するか?突き

Nisho

飛ばしたという程度の問題で、ケガもないし、酒に酔っているし…原因もあるはずだよ。お灸すえて始末書とっておしまいだろうが…だったら、埼玉県警の警察官は、路上に唾はいたら逮捕だな。立ち小便なら家族名まで発表することだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗7万6000円奪う 大阪・東淀川(10日)

 10日午前1時45分ごろ、大阪市東淀川区淡路のコンビニエンスストア「セブンイレブン大阪淡路5丁目店」で、男がアルバイトの男性(22)に包丁のようなものを突きつけ「金を出せ」と脅した。男は持ってきた白のポリ袋に入れさせた現金約7万6千円を奪い、逃走。東淀川署は強盗事件として捜査している。店に客はおらず、アルバイトの男性にけがはなかった。

関連記事

記事本文の続き 男は25~35歳くらいで身長約170センチ。黒の上着に白のズボンを着用し、灰色の目出し帽で顔を隠していたという。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【清瀬中2女子自殺】「悪口あった」清瀬市教委、調査結果を両親に報告(10日)

東京都清瀬市立中学2年の女子生徒(14)が2月、いじめをほのめかすメモを残し自殺した問題で、市教育委員会が「一部生徒の間で悪口があった」などとする調査結果をまとめ、両親に報告していたことが10日、分かった。

 報告はA4判4ページで、2~5日に教諭数人が2年生全生徒と女子生徒が所属していた吹奏楽部の部員ら約170人と個人面談した結果をまとめた。9日夜に校長らが両親を訪問し、手渡した。

 両親によると、報告には女子生徒と友人が服装や趣味などをめぐり悪口を言い合ったことがあったなどとする複数の生徒の発言を匿名で列記。自殺前の2月8~10日ごろ、誰かとけんかしている様子なども目撃されていたが、一方的に攻撃を受けたり、仲間外れなどの状態は見受けられなかったとしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100310/crm1003101119005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【JAYWALK逮捕】ボーカルの自宅から大麻、コカイン押収 警視庁(10日)

ロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一容疑者(59)=東京都練馬区=が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、中村容疑者の自宅からコカインや大麻などが押収されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。中村容疑者は「いずれも自分のもの」と話しているという。警視庁麻布署は同日午前、中村容疑者を送検した。

 中村容疑者は2日午前1時50分ごろ、港区西麻布の路上に止めた乗用車内で覚醒(かくせい)剤約0・9グラムを所持していたとして、同署に現行犯逮捕された。

 その後、同署が中村容疑者の自宅マンションを家宅捜索したところ、若干量の覚醒剤とコカイン、大麻、吸引具2個が見つかった。いずれも机の引き出しに入っており、吸引具には使用した形跡があった。

 中村容疑者は逮捕直後、動転した様子で「心の整理がついていない」などと話していたという。

 同署は中村容疑者の尿の鑑定を進めるとともに、薬物の入手ルートについても詳しく調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100310/crm1003100946002-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故の30日以内死者数最少 前年より4・2%減(10日)

 昨年交通事故に遭い30日以内に死亡した人は前年より4・2%減の5772人と9年連続減少し、統計を始めた1993年以来最少となったことが9日の警察庁のまとめで分かった。うち51・2%を65歳以上の高齢者が占めた。

 同庁が通常「交通事故死者数」とする24時間以内の死亡者数も、昨年は対前年比4・7%減の4914人で、52年以来57年ぶりに4千人台まで下がった。24時間以内の死者は30日以内死者の85・1%を占めた。

 欧米では30日以内の死亡者を交通事故の死者数とするのが主流で、警察庁はこのデータも公表してきた。日本の人口10万人当たりの30日以内死者は4・52人で、欧米諸国と比較すると、英国よりは多いが米国、ドイツ、フランスよりは少ない。

47newslogo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%B6%A6%C6%B1%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

カード詐取し購入・転売容疑で3人逮捕(10日)

融資を行う担保としてクレジットカードを騙し取っていたとして、詐欺グループのリーダーの男が警視庁に逮捕されました。警視庁によりますと、男らは騙し取ったクレジットカードで買い物をして商品を転売し、およそ7000万円の利益を得ていました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、さいたま市の自営業・李一根容疑者(33)ら3人です。

 警視庁の調べによりますと、李容疑者は去年7月、架空の融資募集のホームページを開設し、融資の申し込みをしてきた千葉県の83歳の男性に「融資の担保としてクレジットカードを送ってください」などと嘘を言い、クレジットカード3枚を騙し取った疑いが持たれています。

 李容疑者らは、騙し取ったクレジットカードでパソコンなどの家電製品を購入した後、すぐに買い取り業者に転売し、およそ7000万円の利益を得ていたということです。

 李容疑者はこの詐欺グループのリーダーで、調べに対し「関係ない」と容疑を否認していますが、少なくともおよそ70人から90枚のカードを騙し取っているということで、警視庁は余罪についても追及しています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4375179.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤所持で「JAYWALK」中村耕一容疑者逮捕 警視庁、使用についても追及する方針(10日)

またしても芸能界の薬物汚染が発覚した。ロックバンド「JAYWALK」のボーカル・中村耕一容疑者(59)が、覚せい剤を隠し持っていた現行犯で逮捕された。
19年前、「何も言えなくて…夏」のミリオンヒットで一躍人気となったロックバンド「JAYWALK」。
覚せい剤取締法違反容疑で、ボーカル・中村容疑者が逮捕された。
東京・港区西麻布にある六本木通りで、9日未明、中村容疑者は逮捕された。
その際、職務質問はおよそ1時間以上に及んだという。
中村容疑者は9日未明、車でパトカーとすれ違った際、警察官から目をそらしたことを不審に思われ職務質問された。
助手席のフロアマットの下から見つかった0.9グラムの覚せい剤について、中村容疑者は当初、「歯医者からもらった薬だ」と答えていた。
しかし、その後の調べには、「自分で使おうと思って持っていた」などと、覚せい剤所持を認めた。
芸能界で、またしても起きた薬物事件。
9日午後7時前から開かれた所属事務所の会見で、知久悟司社長は「何と言っていいか、言葉もございませんが、あらためて、本当に申し訳ございませんでした」、「こんなことになるとは、その時は、夢にも思いませんでした」と述べた。
所属事務所によると、中村容疑者はここ1~2年、レコーディングへの遅刻が目立ち、4~5時間遅れることもあったという。
知久社長は「『耕一君、覚せい剤とか、冗談じゃないけどやってないだろうな?』と2度ほど、そういう確認を取ったことがあります。その時の中村耕一の答えは、笑って『そんなの冗談じゃないですよ』と」と話した。
結成30周年を迎え、5月からは全国ツアーを控えていた「JAYWALK」だが、事件を受け、ツアーは中止となった。
所属レコード会社は、契約解除を検討している。
中村容疑者の尿鑑定の結果は出ていないが、警視庁は今後、覚せい剤の使用についても追及する方針。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00173247.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(10日)

愛知県弁護士会は9日、同会所属の森下敦夫弁護士(63)が相続財産管理人として預かっていた約6586万円を着服したとする内容の懲戒請求があったと発表した。弁護士会は、懲戒委員会が調査した上で森下弁護士を懲戒処分にする見通し。

 弁護士会は「非行事実が重大で、認めるに足りる相当な理由がある」として処分前の公表に踏み切った。一方、森下弁護士を選任した名古屋家裁は業務上横領容疑での刑事告発を検討している。

 懲戒請求によると、森下弁護士は98年4月、愛知県内の女性(95年死亡)の相続財産管理人に選任された。同年6月~04年8月、女性が所有していた土地の競売配当金など計約6586万円を森下弁護士の個人名義の定期預金に移し、計11回にわたって引き出して横領したとされる。

 横領は名古屋家裁の調査で発覚し、森下弁護士は昨年8月に同管理人を解任された。後任の管理人によると、森下弁護士は横領を認めているといい、横領した金額のうち約1500万円を債権者に支払い、残りの額については旧来の依頼者に融通したとの趣旨を話しているという。また、昨年末に被害弁償金として1500万円を同管理人に支払ったという。【式守克史】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100310k0000m040130000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

山善ブランドの中国製電気ストーブで発火・発煙13件2010年3月9日22時28分(10日)

消費者庁は9日、山善ブランドの中国製電気ストーブ(CBH―D900、CBHI―D900)から火や煙が出る事故が13件起きたと発表した。輸入業者のミュージーコーポレーションは2004年2月からリコール(部品交換)しているが、約9千台が修理を終えていない。

 2機種は03年9月~04年2月に計1万4千台余販売されたが、首振り機構の部品に不具合があるという。本体には機種名がないので、底面の製造番号(25HD~31HD、01JD~26JD)で見分ける。問い合わせは、山善(0120・680・286)へ。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

男児餓死事件 妻がロフトに軟禁状態 夫は黙認(10日)

 奈良県桜井市の男児餓死事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されたパート従業員、吉田眞朱(まみ)容疑者(26)が、死亡した長男の智樹ちゃん(5)を「ロフト(屋根裏部屋)で生活させ、ほかの家族と隔離していた」と供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。当初は寝かせるだけだったが、真夏でもクーラーもつけずに智樹ちゃんを放置するなど事実上の軟禁状態だったという。

関連記事

記事本文の続き 夫の会社員、博容疑者(35)は眞朱容疑者の虐待行為について、「妻に嫌われたくなくて止められなかった」と供述、黙認していたことも分かった。智樹ちゃんが死亡し、2人が逮捕されて9日で1週間。県警は、眞朱容疑者が虐待に走る背景となった夫婦関係などの解明を急ぐ。

 捜査関係者によると、眞朱容疑者と博容疑者は平成15年5月に結婚。翌年に生まれた智樹ちゃんについて、眞朱容疑者は両親に「かわいくてたまらない」と話していた。

 長女(3)が生まれて眞朱容疑者が育児にかかりきりとなると、智樹ちゃんがすねたり、眞朱容疑者の気を引こうと暴れることもあった。このため、眞朱容疑者はロフトと呼ばれる室内のスペース(床面からの高さ約2メートル、幅・長さ約2メートル)で、智樹ちゃんを寝かせるようになったという。

 この時期に、博容疑者が親族の借金の保証人になっていることが発覚したことなどから、夫婦関係が悪化。眞朱容疑者は博容疑者の実家とも折りあいが悪く、智樹ちゃんの顔が博容疑者本人や親に似ていたことなどから、智樹ちゃんを疎ましく思うようになり、智樹ちゃんの顔を平手やこぶしでたたいたり、つねったりするようになったという。

 虐待は次第にエスカレートし、眞朱容疑者は智樹ちゃんを日常的にロフトに上げるようになり、ほかの家族と隔離。真夏にエアコンをつけずに自力では下りられない智樹ちゃんを放置し、夫や長女と3人で外出したこともあったという。

 また、共同住宅の一家の部屋にあった子供用の衣類は長女のものばかりで、歯ブラシも、夫婦と長女のものはあったが智樹ちゃんのものは確認できなかったという。

 ある捜査員は「あの狭いロフトで、暑い日も寒い日も独りぼっちで過ごしていたかと思うと、やり切れない。どうして自分の子供を愛せなくなったのか、今でも不可解な点が多い」と話した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「15年なんてもんじゃない」別れさせ屋事件判決で納得できない遺族(10日)

「悔しいだけです。15年なんて、そんなもんじゃない…」-。元「別れさせ屋」に殺害された五十畑理恵さんの父親、勉さん(61)は、記者団に囲まれ、こう憤った。東京地裁が9日、元「別れさせ屋」の桑原武被告(31)に下した判決は懲役15年。納得できない勉さんの目には涙が浮かんだ。

 平成19年当時、里恵さんの夫からの依頼で、離婚工作に乗り出した桑原被告。里恵さんをだまして誘惑し、離婚させたうえ、そのまま同棲(どうせい)を続け、正体がばれると殺害した。逮捕・起訴された後、公判では「里恵さんを愛していた」と主張し続けた。

 「また平気でウソを言っているのかよ、と思った。裁判で本当の気持ちは出なかったと思います」

 娘をだまし続け、法廷でも…。そんな思いがぬぐえない勉さん。公判では、被害者参加制度で代理人を通じて「被告が娘を愛していたとは思えない」「娘との金銭上のいさかいがあったから殺害したのではないか」と主張し、被告に死刑か無期懲役を求める“求刑”も行った。

 しかし、判決はそうした主張を認めず、桑原被告が「里恵さんとの関係を解消されると受け止め、激しい怒りを覚えたため」と犯行動機を認定。他の殺人事件判決とのバランスも考慮して、量刑を懲役15年とした。

 「(刑務所から)出てきたらあだ討ちではないが、私がやりたい…」。そんなやり場のない感情を吐露した勉さん。「別れさせ屋を雇った夫も許せない」「お金になれば、何でもやってもいいのか。また同じことがあってはならない」と、探偵会社が営む「別れさせ屋」という職業や、判決で雇い主とされる元夫への怒りも隠さなかった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100309/trl1003092345015-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月9日 | トップページ | 2010年3月11日 »