カテゴリー

« 東京・多摩市で団地の掲示板が焼ける不審火11件相次ぐ 同一犯による連続放火か(2日) | トップページ | 山口組本部を家宅捜索 神社改修代めぐる脅迫で大阪府警(2日) »

2010年3月 2日 (火)

東京・板橋区でタクシー料金の支払いに偽1万円札が使われる 都内で被害相次ぐ(2日)

東京・板橋区で2月、タクシー料金の支払いに、偽の1万円札が使われていたことがわかった。警視庁によると、都内ではタクシーを狙った偽札の被害が相次いでいるという。
一見すると、どちらも本物に見える1万円札。
光を当てると、本物は透かしが見えるが、偽札はまったく見えず、そして、ホログラムはコピーで、全体的にやや赤みがかっている。
この偽札は、2月22日朝、20代くらいの男女4人が、豊島区から板橋区までタクシーに乗った際に使用したものだという。
後部座席の真ん中に座った男は、降りる際、お札を4つ折りにして渡したという。
被害に遭ったタクシー運転手は、「『細かいのはいいから、9,000円だけお釣りくれればいいや』って」、「会社帰って入金して、初めて気がつきました」と話した。
都内では、タクシーを狙った同じような偽札事件が相次いでいるということで、警視庁は関連を調べている。

Logo4_3

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00172778.html

 

« 東京・多摩市で団地の掲示板が焼ける不審火11件相次ぐ 同一犯による連続放火か(2日) | トップページ | 山口組本部を家宅捜索 神社改修代めぐる脅迫で大阪府警(2日) »

偽札・偽造・模造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京・多摩市で団地の掲示板が焼ける不審火11件相次ぐ 同一犯による連続放火か(2日) | トップページ | 山口組本部を家宅捜索 神社改修代めぐる脅迫で大阪府警(2日) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

留置所

無料ブログはココログ