« 2010年3月8日 | トップページ | 2010年3月10日 »

2010年3月9日

2010年3月 9日 (火)

切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(9日)

偽造した80円切手を封書に張って投函(とうかん)したとして、大阪府警枚方署は9日、郵便法違反容疑で、枚方市津田南町の人材派遣会社社長、土田昭次容疑者(52)を逮捕したと発表した。同署によると「経営が悪化し、経費を浮かせたかった」と容疑を認め、昨年8月から今年2月に計500枚を偽造、使用したと供述しているという。

 逮捕容疑は昨年8月上旬、会社案内のパンフレットを入れた封書13通に偽造した80円切手を張り、投函したとしている。

 同署によると、会社のカラーコピー機を使用。ミシン目の穴はカッターナイフで「再現」したといい、1枚の偽造に1時間程度かけたこともあったという。

 郵便局員が郵便物を仕分け中、ミシン目の穴が大きく、色があせている切手に気付き、昨年11月に郵便事業会社が同法違反罪で告訴していた。

Head_logo1_6 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性殺害の「別れさせ屋」に懲役15年(9日)

離婚工作などを請け負う「別れさせ屋」として近づいた女性(当時32歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた元探偵会社社員桑原武被告(31)の判決が9日、東京地裁であった。

 合田悦三裁判長は「うそを重ねて殺害しており、あまりにも自己中心的で酌むべき点はない」と述べ、懲役15年(求刑・懲役17年)を言い渡した。

 判決によると、同社は2007年5月、女性の当時の夫から依頼を受け、桑原被告は職業などを偽り、女性に接近。女性が同11月に離婚した後も交際を続けたが、09年1月頃から、別れさせ工作だったことや桑原被告に妻子がいたことが発覚。

 同4月、同居していたマンションで女性から責められたことに腹を立て、女性の首を絞めて殺害した。

 判決は、別れさせ工作について「金目当てで工作に及ぶ者や、目的のために手段を選ばずに依頼する者がいるのは甚だ遺憾だ」と述べた。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

掲示板に子供の殺害予告 28歳男を逮捕(9日)

インターネット上の掲示板に、子供の殺害を予告する書き込みをしたとして、大阪府警八尾署は9日、威力業務妨害の疑いで、大阪府八尾市緑ケ丘の無職、高田耕平容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月22日午前1時半ごろ、自宅のパソコンから掲示板に「死ぬかどうかわからんけど 子供を大量に殺しますよ 本当です 大阪八尾市です」などと記載。学校関係者を警戒に当たらせるなどして、八尾市の業務を妨害したとしている。

 八尾署によると、高田容疑者は「自分がやった」と供述。同署は押収したパソコンのデータを解析して、ほかに書き込みをしていないかなどを調べる。八尾署は、掲示板を見た人の通報から高田容疑者を割り出した。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1_5

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日 単位・レベル)

民間防犯サポーターの一考を

【治安解説】
212

国の緊急雇用創出事業で県警に採用された臨時職員らで構成する「安全・安心サポーター」が、今月末の雇用期間満了を前に熊本市御幸笛田の公民館で、振り込め詐欺被害に遭わないよう呼びかける寸劇の最終公演を披露、好評だったという=毎日新聞電子版

 サポーターは元保育士や工場勤務者、主婦ら24~62歳で構成され、昨年10月から活動していた。

 これまで不在宅も含め計1500世帯のチャイムを押し、防犯や交通事故防止を呼びかけたり、ゲートボールをしている集団があれば声をかけてきた。

 振り込め詐欺の被害について「もっと興味を持って聞いてもらおう」と、昨年11月から寸劇を始めていたという。

 そのサポーターの任務は今月末で終了するわけだが、どうだろう。消防には消防団が存在するように、地域防犯パトロール隊だけでなく、こうした地域の主婦や街の若旦那、商店の店員などで構成する「ボランティアサポーター」を警察署ごとに委託。演劇などでお年寄りや子供たちと防犯的な触れ合いをしてもらうのはいかがか。

 お年寄り相手のお茶会や慰問などの触れ合いはいっぱいあるはずだ。警察官の定年退職者の再雇用も良いが、厳つい男たちより、お年寄りや子供たちにとけ込みはやすく、親しみやすいという効果が期待できそうである。

 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

常習賭博容疑で4人逮捕 違法パチスロ設置、客に現金賭けさせる(9日)

大阪府警生活安全特捜隊と南署は9日、常習賭博の疑いで、大阪市中央区宗右衛門町のパチスロ店「リスボン」経営、松谷保容疑者(44)ら店側の男4人を、賭博の疑いで客の男6人を、いずれも現行犯逮捕した。

 店側4人の逮捕容疑は9日未明、使用が規制されたギャンブル性の高いパチスロ機を現金が直接投入できるよう改造した上で同店に設置し、客に賭けさせたとしている。客6人は現金を賭けたとしている。

関連記事

記事本文の続き 特捜隊はパチスロ機23台と賭け金など約370万円を押収。同店は平成19年7月ごろ開店したといい、売り上げなど経営の実態を調べている。

Head_logo1_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者】声かけ/目黒区 目黒本町6丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:児童
○詳細:15時頃、40歳代の男による。160cm位、グレー色っぽいジャンパー、徒歩。
○投稿日時2010-03-10 12:12:47
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10031012120001
【不審者】痴漢/目黒区 大岡山1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:21:30頃、男に体を触られた。犯人は、160cm位、青っぽいコート着用、徒歩。
○投稿日時2010-03-09 23:04:51
【不審者】痴漢/練馬区 光が丘3丁目
○発生日時:おととい以前
○被害者:女子児童
○詳細:7日17:20頃、男が児童の体を触って逃げた。犯人は、20歳代後半位、痩せ型、背が高い、ピンク色傘所持。
○投稿日時2010-03-09 17:20:09
【事件】ひったくり/葛飾区 小菅4丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:06:20頃、銀色っぽいスクーターに乗った男による。若い感じ、黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽいジェット型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-09 09:15:10
【不審者】公然わいせつ/小金井市 本町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:19:10頃、30歳代の男による。170cm位、長髪、白色っぽいコート、徒歩。
○投稿日時2010-03-08 20:26:04
【事件】ひったくり/世田谷区 中町3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:12:20頃、黒っぽい自転車に乗った男による。20歳代、170cm位、中肉、黒っぽいジャンパー、黒っぽいジーパン。
○投稿日時2010-03-08 13:47:16
【不審者】痴漢/江戸川区 宇喜田町の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:07:20頃、男に体を触られる。犯人は、30歳代、170cm位、中肉、短髪、グレー色っぽいスウェット上下、徒歩。
○投稿日時2010-03-08 09:22:33
【不審者】痴漢/世田谷区 桜丘3丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女性
○詳細:20:10頃、男に体を触られた。犯人は、10歳代、160cm位、太め、白色っぽいズボン、学生風、徒歩。
○投稿日時2010-03-07 21:51:43
【事件】ひったくり/葛飾区 青戸6丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:16:30頃、自転車に乗った男による。30歳代、中肉、茶色っぽいジャンパー。
○投稿日時2010-03-07 21:49:58
【事件】ひったくり/葛飾区 東立石2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:18:10頃、自転車に乗った男による。犯人は、20歳代、やせ型、紺色っぽいジャンパー着用。
○投稿日時2010-03-07 19:47:14
【事件】ひったくり/新宿区 新宿5丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:20頃、自転車に乗った犯人による。黒っぽい服、黒っぽいズボン、帽子。
○投稿日時2010-03-07 10:04:09
【事件】ひったくり/大田区 南久が原1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:21:10頃、自転車に乗った若い感じの男による。
○投稿日時2010-03-06 15:00:10
【事件】ひったくり/台東区 根岸3丁目付近
○生日時:少し前
○詳細:08:30頃、徒歩の男による。若い感じ、170cm位、中肉、黒色っぽいジャンパー、白色っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-06 10:14:32
【事件】ひったくり/町田市 成瀬付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:20頃、バイクに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2010-03-05 23:56:14
【事件】ひったくり 3月5日(金)、午後4時30分ころ、武蔵野市吉祥寺東町2丁目付近で、オートバイ利用によるひったくり事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、若い感じ、がっちり型、白色っぽいまたがり式オートバイ)
【不審者】公然わいせつ/府中市 府中町2丁目の駐車場内
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:13:40頃、50歳代の男による。170cm位。
○投稿日時2010-03-05 15:44:57

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・東秩父村の寺放火事件 逮捕の元住職、2006年にも敷地内の火災で保険金受け取る(9日)

埼玉・東秩父村で当時住職だった男が寺に放火したとして逮捕された事件で、2006年にも寺の敷地内にある住宅が焼ける火事があり、男がおよそ5,100万円の保険金を受け取っていたことがわかった。
東秩父村の聖岩寺(せいがんじ)の元住職・西原弘道容疑者(53)は、2009年11月、寺に灯油をまいて火をつけ、全焼させた放火の疑いで逮捕された。
その後の調べで、2006年1月にも、寺の敷地内にある住宅の2階部分が焼ける火事があり、西原容疑者が保険金およそ5,100万円を受け取っていたことがわかった。
西原容疑者は、今回の事件前日、寺におよそ2億5,000万円の火災保険をかけ、事件の翌日には、保険会社へ「火事にあった」と連絡していたということで、警察は、保険金目的の犯行とみて、詐欺未遂容疑での立件も視野に捜査を進めている。
西原容疑者は調べに対し、「煙で目が覚めて火事に気がついた」などと、容疑を否認しているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀リビング新聞社員、自社事務所に放火容疑 県警逮捕(9日)

大津市におの浜3丁目の鉄筋3階建てビル1階の滋賀リビング新聞社に放火したとして、大津署は9日、同社社員の同市大江4丁目、十塚(とつか)美智男容疑者(50)を非現住建造物等放火の疑いで逮捕し、発表した。この火事で、同社の事務所約520平方メートルが焼けた。けが人はいなかった。

 同署によると、十塚容疑者は7日午後11時50分ごろ、事務所の床にコピー用紙などを敷き詰め、ろうそくで火をつけた疑いがある。同署が事務所の鍵を持つ社員らに事情を聴いたところ、十塚容疑者は「職場に対するうっぷんを晴らすためにした」と容疑を認めたという。

 同社のホームページによると、同社は週1回、大津、草津など滋賀県内でフリーペーパー「リビング滋賀」を約14万3千部発行している。関係者によると、20日に予定している次号の発行については「検討中」という。

Logo2_5 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(9日)

北海道教職員組合(北教組)側から、民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に計1600万円の違法な選挙資金が流れたとされる政治資金規正法違反事件で、札幌地検が、小林氏を参考人として事情聴取する方針を固めたことが9日、分かった。

 献金を受けた認識があったかどうかについて説明を求めるとみられ、近く聴取を要請する。

 小林氏は同日昼、国会内で記者団に対し、聴取要請があった場合の対応について、「(要請が)あれば、お受けして話をしていきたいと考えている」と述べ、応じる意向を示した。

 小林氏は昨年10月に、自身の選対委員長代行だった連合札幌の元会長が逮捕された公職選挙法違反事件の際にも、札幌地検の聴取を受けている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(9日)

振り込め詐欺:被害防ごう 迫真演技で寸劇最終公演--熊本南署 /熊本

 ◇安全・あんしんサポーター

Logo_mainichi_s1_6

 犯罪被害や交通事故を減らそうと活動している熊本南署の「安全・あんしんサポーター」8人が8日、今月末の雇用期間満了を前に熊本市御幸笛田の公民館で、振り込め詐欺被害に遭わないよう呼びかける寸劇の最終公演を披露した。

 同サポーターは、国の緊急雇用創出事業で県警に採用された臨時職員。熊本南署のサポーターは元保育士や工場勤務者、主婦ら24~62歳で、昨年10月から活動をしている。1カ月で不在宅も含め計1500世帯のチャイムを押し、防犯や交通事故防止を呼びかける。ゲートボールをしている集団があれば声をかける。交通事故を防ごうと身分証明のネームプレートの裏には、暗い場所でもよく光る反射材の様子を撮った写真を入れて説明に生かしている。

 振り込め詐欺の被害について「もっと興味を持って聞いてもらおう」と、昨年11月から寸劇を始めた。息子をかたる男から交通事故を起こして被害者と示談した金として100万円をだまし取られる話と、偽の郵便局職員が「あなたのキャッシュカードが犯罪に使われている。口座を止めるので取りに行く」と言って自宅を訪問する話の2本立て。

 8日の最終公演では8人全員が参加し、迫真の演技を見せた。大げさにだまされる姿やコミカルな動きに、公民館に集まった30人から笑い声が聞かれた。おじいさんが「家族の合言葉を言ってくれ」と言うが「緊急事態だけん」と怒鳴り返されるシーンでは真剣な表情で見守った。寸劇後には詐欺の手口の詳しい説明もあった。

 サポーターで、主婦の横山由美子さん(55)は「最初はせりふを棒読みしていたけれど、今ではアドリブもできるようになった。もっと続けたい気持ちもある」と少し寂しそうな表情を見せた。元公務員の塚本良一さん(58)は「毎日の訪問では寒さも大変だったが、住民に安心を与えられるように続けてきました」と笑顔で話した。【遠山和宏】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100309ddlk43040545000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(9日)

東京都港区で覚せい剤を所持していたとして、バンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)が9日未明、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁麻布署に現行犯逮捕されていたことが分かった。麻布署は使用の有無や入手先を捜査している。

 逮捕容疑は、9日午前1時50分ごろ、港区西麻布2で覚せい剤若干量を所持したとしている。麻布署によると、容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、中村容疑者は同日午前0時半ごろ、西麻布の国道246号に止めた乗用車内に1人でいた際、職務質問を受けた。助手席の足元にあった小物入れの中にビニール袋二つに小分けした覚せい剤0.9グラム(袋込み)が見つかった。中村容疑者は、小物入れの中を見ようとした警察官に「恥ずかしいものが入っているから駄目だ」と拒み、ビニール袋を発見された際は「歯医者からもらった薬」と説明したという。

 JAYWALKは1980年に結成され、91年に発売した「何も言えなくて…夏」がミリオンセラーになった。【町田徳丈、山本太一】

Logo_mainichi_s1_5 http://mainichi.jp/select/today/news/20100309k0000e040045000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎家族3人殺害:偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(9日)

宮崎市の家族3人殺害事件で、建設会社員、奥本章寛(あきひろ)容疑者(22)=死体遺棄容疑で逮捕=が、「(長男で生後6カ月の)雄登(ゆうと)だけが生きていたら自分が疑われる」などと雄登ちゃん殺害の動機を供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。奥本容疑者は、妻くみ子さん(当時24歳)と、くみ子さんの母池上貴子さん(同50歳)の殺害も認める供述をしているが、家族外の第三者による事件と見せかける偽装工作のため実子である雄登ちゃんを殺害した可能性が高くなった。

 関係者によると、奥本容疑者とくみ子さんは、出会い系サイトで知り合ったという。県警は、奥本容疑者が収入が少ないなどと普段から妻と義母に口うるさく言われ、冷遇されていたことを恨んでいたとの見方を強める一方、家庭内不和に絡む複合的な原因があるとみて調べている。

 調べに、奥本容疑者は2人から「稼ぎが悪い」とののしられたと話しているという。【小原擁、川上珠実】

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20100309k0000e040079000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都(9日)

郵便局に押し入り現金約200万円を奪ったとして、京都府警捜査1課と西京署は9日、強盗の疑いで、京都市上京区北玄蕃町の飲食店経営、木部智之容疑者(42)を逮捕した。府警によると木部容疑者は容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は、昨年9月30日、京都市西京区の京都嵐山郵便局に押し入り、女性客に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約200万円を奪ったとしている。客2人と職員4人にけがはなかった。

 西京区では、今年1月にも約1.5キロ離れた京都松尾郵便局で現金約9万円が奪われる強盗事件があり、犯人の特徴が木部容疑者と似ていることなどから、府警では慎重に関連を調べている。

Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「他にも100件ぐらいやった」 窃盗容疑で男再逮捕 東京や埼玉で空き巣繰り返す?(9日)

マンションの一室に侵入して現金を盗んだなどとして、警視庁捜査3課埼玉県警の合同捜査本部は、窃盗と住居侵入の疑いで住居不定、無職、加藤光被告(37)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。同課によると、加藤容疑者は容疑を認め「他にも100件ぐらいやった」と供述している。

 同課の調べでは、加藤容疑者は昨年5月から、東京都埼玉県でアパートやマンションの部屋に侵入し、現金などを盗む手口で計約150件、被害総額約1000万円相当の空き巣を繰り返していたとみられる。

 逮捕容疑は昨年10月下旬、旅行中だったさいたま市南区に住む男性会社員(31)方に侵入し、現金約19万円や指輪などを盗んだとしている。

 同課によると、同課の捜査員が先月4日、東京都台東区上野のゲームソフト店で、加藤容疑者が同月3日にさいたま市内の大学生の男性(19)方から盗んだゲームソフトを売却するところを確認し、窃盗容疑などで逮捕した。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100309/crm1003091209016-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「13歳なら逮捕されない」後輩使ってひったくり 容疑で男子中学生2人逮捕(9日)

後輩に指示してひったくりをさせたとして、警視庁少年事件課と葛飾署は、窃盗の疑いで東京都葛飾区に住む中学2年の男子生徒 2人=いずれも(14)=を逮捕した。同課によると、2人は「13歳の後輩なら逮捕されずに補導で済むと思った」と容疑を認めている。

 同課は実際にひったくりをした中学1年の男子生徒3人=いずれも(13)=も補導し、近く児童相談所に通告する予定。

 逮捕容疑は、1月30日午後1時45分ごろ、同区立石のゲームセンター店内で、ゲームをしていた同区の無職女性(68)が持っていた財布入りの手提げバッグなどを、後輩にひったくらせたとしている。

 同課によると、5人は同じ中学に通っており、遊ぶ金ほしさにひったくりを計画。後輩3人で見張り役や自動ドアを開ける役など分担を決めていた。手提げバッグと一緒にひったくったポリ袋には生活費など現金9万円が入っていたが、男子生徒らは現金が入っていることに気づかず、財布の中の現金約7千円だけを盗んで逃走したという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100309/crm1003091228019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店無料案内所、営業を禁止(9日)

京都府警は8日、風俗店の無料案内所の営業を禁止する条例案を明らかにした。府内全域を対象に営業禁止区域を設け、京都の歓楽街・祇園と木屋町地区にある全25店の案内所をゼロにすることを目指す。宣伝などのために案内所を利用する風俗店側も規制する方針だ。

 府警によると、案内所は2002年ごろに木屋町に現れた。悪質な勧誘や違法な風俗店の窓口になるなど犯罪を助長するケースがあり、地元住民や歓楽街の利用者から取り締まり強化の声が上がっていた。

 条例案では、風営法が規定する学校などの保護対象施設に無床の診療所を加え、これらの対象施設から200メートルの区域内で案内所を営むことを禁止する。祇園と木屋地区は全域が禁止区域となる。罰則は6月以下の懲役か30万円以下の罰金を科す。

 風俗店が禁止区域内の案内所に広告・宣伝を出すことも禁止し、違反した場合は営業停止などの処分がある。

 このほか、案内所が入居する建物の所有者にも退去の協力依頼ができる。案内所の順守事項として▽客を呼び込まない▽騒音を発しない▽18歳未満の立ち入り禁止を表示する-など7項目を設けた。

 案内所の規制条例を施行している東京や大阪、広島とは違い、府警は「案内所を根絶する」とし、届け出制を設けない。

 府警は12日から1カ月間、府民から意見を募り、条例制定を目指す。条例案は府警のホームページで12日から閲覧できる。問い合わせは府警生活安全対策課Tel:075(451)9111。

47newslogo1 http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100308000184&genre=C4&area=K00

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府警、現場の血痕や毛髪紛失 04年の夫婦失跡事件(9日)

阪府阪南市の貸しガレージで2009年11月、同府和泉市の自宅から04年に失跡した夫婦の遺体がドラム缶から見つかった事件で、大阪府警が、失跡時に夫婦の自宅から採取した血痕や毛髪などを紛失していたことが捜査関係者への取材でわかった。遺体発見後に府警が再捜査に乗り出した際に、紛失に気づいたという。犯人に結びつく証拠が失われた可能性もある。

 この事件では、夫婦の妻の腕時計を盗んだとして、ガレージの借り主だった元建築作業員の鈴木勝明被告(42)が窃盗容疑で逮捕・起訴され、現在勾留(こうりゅう)されている。府警は、鈴木被告が2人の死亡についても何らかの事情を知っているとみて強盗殺人容疑の適用も視野に捜査しているが、同被告は死亡とのかかわりは否定しているとされる。

 府警幹部は「紛失は事実だが、容疑者の特定につながる証拠物があったかどうかは分からない。保存されているほうが望ましいが、捜査に支障はないと考えている」と話している。

 府警によると、カーペット製造・販売会社元社長の浅井建治さん(失跡当時74)と妻きよさん(同73)は04年12月3日夜以降、自宅兼事務所から行方不明となった。翌日、同居の長男が室内の複数の場所で血痕を見つけ、和泉署に家出人捜索願を出した。

 捜査関係者によると、府警は当時、室内の複数の場所で血痕や毛髪などを採取。玄関付近のマットなど一部に付着した血痕が夫婦の血液型と一致することを確認したとされる。府警は、失跡の数日後、浅井さんの携帯電話から家族に「しばらくゆっくりする。血痕は自分が妻を殴り鼻血が出た」とのメールが届いたことなどから、夫婦間のトラブルとみて捜査。だが有力な手がかりをつかめず、捜査は事実上、中断した。

しかし、失跡から丸5年が近づく昨年11月25日、浅井さん夫婦宅の南西約23キロにある貸しガレージに放置されたドラム缶から浅井さん夫婦の遺体が見つかった。ガレージには夫婦の車も置かれていた。2人の死因は脳挫傷で、頭を鈍器で殴られたような跡もあることから、府警は第三者による殺人事件として捜査を再開した。

 捜査関係者の話では、捜査の再開後に、玄関付近のマットの一部に付着した血痕などを除き、採取した血痕や毛髪などが見当たらなくなっていたことが発覚したという。府警は自宅兼事務所が殺害現場とみており、毛髪に犯人のものが含まれていれば、DNA型鑑定などで証拠になる可能性もあったとみられる。

 鈴木被告は、夫婦の遺体が見つかった後の昨年11月27日、夫婦の車と腕時計を盗んだとする窃盗容疑で逮捕された。その後、この容疑は処分保留のまま、妻の腕時計を盗んだとする別の窃盗容疑で再逮捕された。

Logo2_4

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

県警の電子申請、利用者ゼロで廃止に 税金4億円消える(9日)

インターネット経由で道路使用許可の申請など20種類の各種届け出が出来る佐賀県警の電子申請システムが、今月末で廃止となることが分かった。県警が新年度の運用経費の予算要求を見送った。窓口での申請は年間1万4千件にのぼるが、電子システムは2006年度から2年間の運用で利用者が1人もおらず、08年度からは「休止状態」となっていた。事務作業の軽減が目的だったが、結果的にはシステムの開発費や運用経費などに使われた税金約4億円が無駄となった格好だ。

 県警情報管理課によると、電子申請システムは、システム開発など04年度から2年間の準備期間を経て、06年4月から運用を開始した。申請対象は、道路使用許可申請や銃砲の発見届、質屋の営業許可証の紛失届など20種類。県警のホームページ上から手続き出来たが、2年間の運用で利用者は「ゼロ」。08年4月からは「休止」の状態だった。20種類の窓口での手続きは、08年の1年間でも計約1万4千件の申請などがある。

 2年間のシステム開発などに約1億6500万円、利用者のなかった2年間の運用費は約1億6400万円。「休止」中の08年度も約6400万円の経費がかかった。運用期間中は主にサーバーや端末のリース代などに経費がかかり、今年度は約5200万円の予算を確保していた。

 同課の担当者は「当時、全国的にシステムのオンライン化の流れがあった」としたうえで、「県警のホームページや警察署窓口でのビラの配布など、利用促進の広報はしてきた。明確な原因は調査段階だが、費用対効果を考え、廃止を早めに決断した」と釈明している。

 警察庁によると、全国で電子申請を導入しているのは25都道府県警(09年4月1日現在)にのぼる。このうち、福島県警が09年3月で廃止し、佐賀県警が08年4月で休止した。これ以降の各都道府県警での運用状況については把握していないという。

 電子申請は、政府のIT戦略に基づいて、01年以降、国と地方で急速に進んだが、利用率は好調とは言えない。行政手続きでは、47都道府県の利用状況を朝日新聞が調べたところ、財政難を背景に19府県が手続きの全面休止や縮小を実施、もしくは予定していた。国の電子申請も、8官庁が新年度までに、全64システムの2割を廃止の方針だ。(小川直樹)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待容疑:搬送の女児が死亡 大阪府警が両親から事情聴く(9日)

大阪府寝屋川市で今年1月に意識不明の状態で病院に運ばれた1歳10カ月の女児が搬送先の病院で死亡していたことが、捜査関係者への取材で分かった。女児は搬送時、あごを骨折していたほか、あばらが見えるほどやせていたといい、大阪府警は虐待の可能性もあるとみて調べている。

 府警によると、1月27日午前9時半ごろ、寝屋川市高柳の男性(26)方から「娘を起こそうとしても起きない」と119番通報があった。女児は心肺停止状態で運ばれており、脳が激しく揺さぶられた症状も見られたという。意識不明の状態が続いていたが、今月7日に死亡した。府警は今後、司法解剖して死因を調べるとともに、両親から事情を聴く方針。

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100309k0000e040006000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

mixiではなく「mixy」 偽サイトが携帯で乱立 詐欺? (9日)

mixi」や「GREE」などのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に酷似した携帯電話向けの偽サイトが、昨年末以降、相次いで確認されている。SNS管理者になりすまして「新サービス開始」などとうたったメールを不特定多数の携帯に送信し、偽サイトに誘導。IDやメールアドレス、性別を入力させるというもので、中には詐欺事件に発展したケースもある。多くは人気SNSに便乗して個人情報を盗む新手のフィッシングサイトとみられ、警視庁などが警戒を強めている。

デザイン酷似

 「お待たせしました! 毎年恒例のキャンペーン」

 「新サービスのお知らせです。動画サービスを試験運営しております」

 フィッシング対策協議会や警視庁などによると、偽サイトの多くは「mixy」「mixia」といった、実在のSNS名をもじったとみられる名前を使用。公式サイトとほぼ同じデザインのロゴを掲げたサイトもあり、会員向けキャンペーンや新サービスの試験運用名目で、個人情報の入力画面に誘導するというものだ。

 偽サイトが確認されるようになったのは昨年12月下旬ごろからで、今月3日までに同協議会が確認した偽サイト数は、mixi9件▽GREE4件▽モバゲータウン13件▽ixen2件に上った。

 偽サイトの多くは、SNSを利用するためのIDやメールアドレスを入力するよう指示。このほかにも、プロフィル入力画面に誘導して生年月日などを登録させるものなどもある。

 警察庁によると、21年に摘発された不正アクセス禁止法違反事件は2534件で過去最多。中でも、偽サイトでIDやパスワードを入手するフィッシング被害は前年の88件から2084件まで急増した。

 詐欺事件に発展したケースもある。

 警視庁は今年1月、サクラと呼ばれるアルバイトに女性会員を装わせて出会い系サイトを運営し、利用料金をだまし取ったとして、詐欺容疑で運営会社の元会長ら計11人を逮捕した。同社の元従業員は、偽サイトを通じてSNSのパスワードなどをだまし取り、公式サイトに潜入。その後、無断で登録情報を変更した上で、SNS内で知り合った男性会員を出会い系サイトへ誘導していた。

 mixiによると、会員のうち携帯からサイトを利用しているのは約7割。mixiの偽サイトが林立する状況について「パソコンに比べ、携帯はアクセスしたサイトのURLが確認しづらいため、画面デザインが似ていると公式サイトかどうかが見分けにくい。この点が悪用されているのではないか」(広報担当)と分析している。(滝口亜希)

 ■ソーシャルネットワーキングサービス(SNS) 会員同士が日記やプロフィール紹介、掲示板、ゲームなどを通じて交流を深めることができるコミュニティー型サイト。既存会員の招待状がないと入会できない「招待制」や、誰でも利用できる「登録制」などがある。国内最大手のmixiは、約1800万人がユーザー登録している。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100309/crm1003090107000-n2.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「あれやろか」が合図 岸和田のひったくり少年グループの例(9日)

「あれやろか」。今月1日、大阪府忠岡町内でひったくり事件を起こした岸和田市小中学生4人組は、そう示し合わせて犯行に及んでいた。自転車3台に分乗してターゲットになりそうな高齢者や女性を探し、駅から歩いて帰宅中だった小柄な女性(72)に目をつけたという。

 背後から自転車で女性に近づき、実行役の小学生6年生(12)が現金6千円などの入ったカバンをかすめ取ると一斉に逃走。目撃者によると、1人は逃げる途中で振り返りニヤッと笑ったように見えた。「ずいぶん幼い顔で驚いた」という。

 「捕まえてえ」。女性の悲鳴を聞いた近くの商店の関係者がすぐに110番した。女性は「大事な物がたくさん入っているのに」と立ち尽くしていた。ひったくりグループには小学生もいたと知った商店関係者は「そんな小さな子まで犯罪をするようになったのかと思うと心が重くなる」と驚いた様子だった。

 捜査関係者によると、4人は現場から500メートル程度しか離れていない墓地まで逃げ、その場でカバンの中身を調べ始めた。約10分後に緊急配備のパトカーが駆けつけると、カバンを持ったまま自転車を置いて走って逃げたが、約600メートル離れた岸和田市内の路上で身柄を確保されたという。

 4人は近所の遊び仲間。補導された小学生2人は親に連れられ、泣きじゃくりながら泉大津署を後にした。中学生のうち1人は「今年に入って数回やった」と供述。2人ともしゅんとした様子で「お年寄りに悪いことをした」と話したという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100309/crm1003090135003-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「教師の卵」が牛丼店強盗 国立大教育学部生を逮捕(9日)

8日に高松市の牛丼店に押し入り、現金18万円あまりを奪ったとして香川大学の学生が逮捕されました。容疑者は教員を目指す大学生でした。

 強盗などの疑いで逮捕されたのは、香川大学教育学部3年・阿部裕太容疑者(22)です。阿部容疑者は8日午前5時半ごろ、高松市の牛丼店に包丁を持って押し入り、男性店員を脅して現金18万5000円を奪った疑いです。当時、客はおらず、店員にけがはありませんでした。店の近くで、警察官の職務質問を受けた阿部容疑者は、その後、もみ合いとなり、首を絞めるなど1週間のけがをさせて逃走しましたが、その場に残した病院の診察券から自宅が分かり逮捕されました。阿部容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news3.html?now=20100309062725

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁 DNA採取を積極的に(9日)

一部の容疑者を対象に行われているDNAの採取とデータベースへの登録について、警察庁は、性犯罪などの再犯のおそれや、余罪のある可能性が高いと判断した場合には、相手の同意を得たうえで、これまでよりも積極的に実施する方針を固めました。

警察庁は、凶悪事件で逮捕されるなどした一部の容疑者から採取したDNAを5年前からデータベース化する作業を進めており、去年12月までにおよそ7万4000人分の型が登録されています。しかし、採取するかどうかの判断は現場に任されているうえ、警察本部によって実施率に差があることから、警察庁は、性犯罪などの再犯のおそれや、余罪のある可能性が高いと判断した場合には、相手の同意を得たうえで、これまでよりも積極的に実施する方針を固めました。

DNAの採取は、通常、口の中の粘膜をへらでこすり取る方法で行われます。警察庁は、任意の捜査でも容疑性があれば協力を求めるということで、データベースの登録数が増えれば、事件の早期解決や余罪の捜査に有効だとしています。一方、日弁連=日本弁護士連合会は、3年前、「DNAの情報は究極のプライバシーであり、データベースは現在のような規則ではなく新たに法律を制定して運用すべきだ」という意見書を出し、慎重な姿勢を示しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10013071411000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

孤独死:「ゼロ」目指しNPO設立 千葉・常盤平団地(9日)

千葉県松戸市の常盤平団地(約5300戸)の自治会が8日、NPO法人「孤独死ゼロ研究会」を設立した。日本の大規模団地の草分けとして1960年に入居が始まってから半世紀。高齢化が進み、誰にも知られずに自宅で亡くなる住民が増えたため、自治会は近年、独自の孤独死予防活動に取り組んできた。同じ問題を抱えつつある全国の「ニュータウン」に経験を伝える方針だ。

 団地内の一室で01年、死後3年の白骨化した遺体が見つかり、危機感を持った自治会は「あんしん登録カード」制度を開始。入居者が世帯構成、緊急時の親族・知人の連絡先、かかりつけの医師などを記入して自治会に預ける仕組みで、これまでに約600人が登録。自治会は、1人暮らしの高齢者の安否確認や、交流場所に誘い出す活動も続けてきた。

 NPO法人は、いざという時に葬儀、納骨まで担うサポート事業を展開、他の団地に常盤平の取り組みを伝える講師派遣事業も始める。中沢卓実会長(76)は「全国各地で同じ課題があることを知った。経験を発信していきたい」と話している。【西浦久雄】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100309k0000m040088000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

北教組献金:小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(9日)

民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)の陣営が北海道教職員組合(北教組)から総額1600万円の違法な献金を受けたとされる政治資金規正法違反事件で、札幌地検は小林議員に任意の聴取を要請したことが8日分かった。小林議員は聴取に応じるとみられる。札幌地検は、小林議員が北教組からの献金の受領を認識していたのかなどについて説明を求めるとみられる。

 捜査関係者によると、小林陣営の会計責任者、木村美智留容疑者(46)は08年12月~09年7月の4回、当時の北教組委員長や委員長代理の長田秀樹容疑者(50)から北教組本部の委員長室や小林陣営の選対事務所で計1600万円を受け取ったとされる。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100309k0000m040122000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

別の女性襲った疑いで再逮捕へ 千葉大生殺害容疑者(9日)

千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21)に対する強盗殺人容疑などで再逮捕された住所不定、無職竪山辰美容疑者(49)が、昨年10月下旬、帰宅途中の看護師の首にけがを負わせ、現金などを奪おうとした疑いがあることが捜査関係者への取材で分かった。竪山容疑者は勾留(こうりゅう)期限を迎える10日に強盗殺人罪などで起訴される見通しで、千葉県警は翌11日にも強盗致傷容疑で再逮捕する方針を固めた。

 竪山容疑者の逮捕は昨年11月以降、6回目となる。

 新たに再逮捕の容疑となるのは、荻野さん殺害事件から約10日後の昨年10月下旬の夜、千葉県印旛郡の病院駐車場で、帰宅途中の看護師の女性の首に工具で負傷させ、現金などを奪おうとしたというもの。別の人が駐車場に来たため、現金を奪わないまま逃げたという。

 また、捜査関係者によると、竪山容疑者は荻野さん殺害容疑について、荻野さんに「抵抗しないから」と言われて両手や口元を縛っていたストッキングをほどいたら包丁を取られた、と供述していることが新たにわかった。殺意については「もみ合いになって刺した」と話し、再逮捕時と同様に否認しているという。しかし、致命傷となった胸の傷が深さ約11センチに及んでいることなどから、強盗殺人罪での起訴は可能と判断されたという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府警、現場の血痕や毛髪紛失 04年の夫婦失跡事件(9日)

大阪府阪南市の貸しガレージで2009年11月、同府和泉市の自宅から04年に失跡した夫婦の遺体がドラム缶から見つかった事件で、大阪府警が、失跡時に夫婦の自宅から採取した血痕や毛髪などを紛失していたことが捜査関係者への取材でわかった。遺体発見後に府警が再捜査に乗り出した際に、紛失に気づいたという。犯人に結びつく証拠が失われた可能性もある。

 この事件では、夫婦の妻の腕時計を盗んだとして、ガレージの借り主だった元建築作業員の鈴木勝明被告(42)が窃盗容疑で逮捕・起訴され、現在勾留(こうりゅう)されている。府警は、鈴木被告が2人の死亡についても何らかの事情を知っているとみて強盗殺人容疑の適用も視野に捜査しているが、同被告は死亡とのかかわりは否定しているとされる。

 府警幹部は「紛失は事実だが、容疑者の特定につながる証拠物があったかどうかは分からない。保存されているほうが望ましいが、捜査に支障はないと考えている」と話している。

 府警によると、カーペット製造・販売会社元社長の浅井建治さん(失跡当時74)と妻きよさん(同73)は04年12月3日夜以降、自宅兼事務所から行方不明となった。翌日、同居の長男が室内の複数の場所で血痕を見つけ、和泉署に家出人捜索願を出した。

 捜査関係者によると、府警は当時、室内の複数の場所で血痕や毛髪などを採取。玄関付近のマットなど一部に付着した血痕が夫婦の血液型と一致することを確認したとされる。府警は、失跡の数日後、浅井さんの携帯電話から家族に「しばらくゆっくりする。血痕は自分が妻を殴り鼻血が出た」とのメールが届いたことなどから、夫婦間のトラブルとみて捜査。だが有力な手がかりをつかめず、捜査は事実上、中断した。

 しかし、失跡から丸5年が近づく昨年11月25日、浅井さん夫婦宅の南西約23キロにある貸しガレージに放置されたドラム缶から浅井さん夫婦の遺体が見つかった。ガレージには夫婦の車も置かれていた。2人の死因は脳挫傷で、頭を鈍器で殴られたような跡もあることから、府警は第三者による殺人事件として捜査を再開した。

 捜査関係者の話では、捜査の再開後に、玄関付近のマットの一部に付着した血痕などを除き、採取した血痕や毛髪などが見当たらなくなっていたことが発覚したという。府警は自宅兼事務所が殺害現場とみており、毛髪に犯人のものが含まれていれば、DNA型鑑定などで証拠になる可能性もあったとみられる。

 鈴木被告は、夫婦の遺体が見つかった後の昨年11月27日、夫婦の車と腕時計を盗んだとする窃盗容疑で逮捕された。その後、この容疑は処分保留のまま、妻の腕時計を盗んだとする別の窃盗容疑で再逮捕された。

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の未成年ひったくり犯は2割超が14歳未満 府警調べ(9日)

 ひったくりの認知件数が34年連続全国最多の大阪府内で、府警が昨年に摘発した未成年ひったくり犯のうち、14歳未満の「触法少年」が占める割合は22・3%と、過去10年間で初めて20%を超えたことが8日、府警の調べで分かった。小学生が犯行に加わったケースもすでに明らかになっており、府警は、これまで中学生対象だった非行防止教室を小学校でも開催するなど、街頭犯罪の低年齢化対策を強化している。

関連記事

記事本文の続き 府警によると、昨年にひったくりで摘発した362人のうち、約半数の184人が未成年者。このうち刑事罰の対象外となる触法少年は前年から23人も増え41人になった。未成年ひったくり犯の5人に1人の割合なる計算で、過去10年間で最も高かった平成17年(16・2%)を上回った。

 今年に入っても2月末までに触法少年の中学生4人がひったくりで補導されており、今月1日には、先輩の中学生とともに高齢女性からカバンをひったくった岸和田市内の小学6年の男子児童2人=ともに(12)=が、泉大津署に補導された。

 大阪では、昨年中に刑法犯で補導された触法少年が2131人と28年連続全国最多を記録。府警によると、補導理由の約7割は万引や自転車盗などの軽微な犯罪だが、「ひったくりは未成年が行う場合、共犯がいる割合が8割以上。学校の先輩などに誘われて小中学生が犯行に加わるケースもある」という。

 このため府警では、平成15年度から教育現場と連携して府内の全中学校を対象に非行防止教室を実施。18年度からは小学校5、6年生にも拡大して行っている。府警幹部は「大阪の少年犯罪は中学生が中心。早い段階から規範意識を醸成することが必要」と説明している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月8日 | トップページ | 2010年3月10日 »