« 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月8日 »

2010年3月7日

2010年3月 7日 (日)

ひき逃げか、日野市で65歳男性が死亡(7日)

 7日朝早く、東京・日野市の路上で男性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、死亡しました。男性が着ていた服には、車にひかれたような痕があったことから、警視庁はひき逃げ事件として調べています。

 7日午前5時半ごろ、日野市落川の路上で「男性が路上で寝込んでいる」と通行人の男性が近くの交番に届け出ました。男性は病院に運ばれましたが、およそ6時間半後に死亡しました。

 警視庁の調べによりますと、死亡したのは、近くに住む無職の相田栄一さん(65)で、着ていた服にはタイヤの痕が残っていたということです。

 また、現場には車の部品などが落ちていたということで、警視庁は、ひき逃げ事件として目撃者を探すなど、捜査を進めています。

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4373299.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童虐待、家庭へ「強制立ち入り」可能に(7日)

全国の警察が摘発した昨年の児童虐待事件は335件で、2008年度に児童相談所が対応した児童虐待件数も4万2664件と、いずれも過去最多だった。

 08年4月施行の改正児童虐待防止法では、児童相談所は家裁の許可を得れば、家庭への「強制立ち入り」ができるようになった。

 しかし、08年度、玄関のカギを壊して児童を一時保護するなどの強制立ち入りをしたのは、自宅アパートから異臭が漂っていたケースなど、全国でわずか2件だけ。奈良県桜井市の事件のように兆候を察知するのが困難なケースも多く、虐待によって児童が死亡した07年1月~08年3月の73件(心中は除く)のうち、13件は関係機関が情報を事前に把握していなかった。

 09年4月施行の改正児童福祉法でも、保健師や助産師らが乳児のいる全家庭を訪問し、問題があれば養育支援の訪問をするよう市町村に努力義務を課した。

 ただ、09年度に「乳児訪問」を実施した市町村は84%で、「養育支援訪問」は55%にとどまるなど市町村の体制は不十分なまま。全国の児童福祉司も約2400人と、10年間で人員は倍増したが、約4倍になった相談には追いついていない。

 児童虐待防止法は「虐待の疑いがある」という程度でも、気づいた人は児童相談所に通報するよう義務付けており、厚生労働省虐待防止対策室の杉上春彦室長は「早期発見のため、積極的に通報してほしい」と話している。(社会部 木下吏)

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「バイト辞めむしゃくしゃ、誰でもいいから殺そうと」 殺人未遂容疑で少年逮捕(7日)

 大分県警は7日、大分市内のスーパーでテナント関係者をナイフで突き刺そうとしたなどとして、殺人未遂と暴力行為法違反の疑いで同市の無職少年(17)を再逮捕した。県警によると「アルバイトを辞めたことなどでむしゃくしゃしていて、誰でもいいから殺そうと思った」と供述し、容疑を認めているという。

関連記事

記事本文の続き 逮捕容疑は2月27日午前7時20分ごろ、店内で開店準備中のテナントの男性社員(29)に果物ナイフ(刃渡り約9.8センチ)を突き付けた後、出入り口付近で搬入作業をしていた別のテナントの男性経営者(65)の腹をナイフで刺して殺害しようとした疑い。

 経営者はよけてけがはなく、「何をするんだ」と少年を一喝。少年は逃げたが、ナイフを持って歩いているところを110番で駆け付けた警察官が見つけ、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕し、事情を聴いていた。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻殴り死なせた疑い、74歳夫を逮捕 函館(7日)

 北海道警函館中央署は7日、傷害致死の疑いで函館市日吉町、無職前浜信夫容疑者(74)を逮捕した。

 逮捕容疑は、3日夜と5日夜、自宅で妻の節子さん(75)に殴るけるの暴行をし、7日午前に搬送先の病院で死亡させた疑い。同署は司法解剖し死因を調べる。

 函館中央署によると、前浜容疑者は節子さんと2人暮らし。6日午後8時すぎ、訪ねて来た長女が節子さんの様子がおかしいのに気付き、119番した。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100307/crm1003072211020-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者】痴漢/世田谷区 桜丘3丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女性
○詳細:20:10頃、男に体を触られた。犯人は、10歳代、160cm位、太め、白色っぽいズボン、学生風、徒歩。
○投稿日時2010-03-07 21:51:43
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10030721510001
【事件】ひったくり/葛飾区 青戸6丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:16:30頃、自転車に乗った男による。30歳代、中肉、茶色っぽいジャンパー。
○投稿日時2010-03-07 21:49:58
【事件】ひったくり/葛飾区 東立石2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:18:10頃、自転車に乗った男による。犯人は、20歳代、やせ型、紺色っぽいジャンパー着用。
○投稿日時2010-03-07 19:47:14
【事件】ひったくり/新宿区 新宿5丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:20頃、自転車に乗った犯人による。黒っぽい服、黒っぽいズボン、帽子。
○投稿日時2010-03-07 10:04:09
【事件】ひったくり/大田区 南久が原1丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:21:10頃、自転車に乗った若い感じの男による。
○投稿日時2010-03-06 15:00:10
【事件】ひったくり/台東区 根岸3丁目付近
○生日時:少し前
○詳細:08:30頃、徒歩の男による。若い感じ、170cm位、中肉、黒色っぽいジャンパー、白色っぽいフルフェイス型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-03-06 10:14:32
【事件】ひったくり/町田市 成瀬付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:20頃、バイクに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2010-03-05 23:56:14
【事件】ひったくり 3月5日(金)、午後4時30分ころ、武蔵野市吉祥寺東町2丁目付近で、オートバイ利用によるひったくり事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、若い感じ、がっちり型、白色っぽいまたがり式オートバイ)
【不審者】公然わいせつ/府中市 府中町2丁目の駐車場内
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:13:40頃、50歳代の男による。170cm位。
○投稿日時2010-03-05 15:44:57
【不審者】露出/練馬区 南大泉2丁目と関町北4丁目
○発生日時:昨日
○被害者:
○詳細:20時頃、20歳代の男による。170~180cm位、目鼻立ちがくっきり、髪は短めの黒色、上下黒色ウエットジャージ、白色スニーカー着用。
○投稿日時2010-03-04 14:45:08
【事件】ひったくり/清瀬市 中里2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:10:40頃、黒っぽい原付スクーターに乗った男による。犯人は、若い感じ、黒色っぽいジャンパー、紺色っぽいジーパン。
○投稿日時2010-03-04 13:13:39
【不審者】公然わいせつ/練馬区 関町北4丁目のアパート内
○発生日時:本日午後
○被害者:
○詳細:20:40頃、20歳代の男による。170cm位、短髪、黒色っぽいスウェット上下、徒歩。
○投稿日時2010-03-04 09:20:18
【事件】ひったくり/練馬区 小竹町1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:19:10頃、自転車に乗った犯人による。詳細不明。
○投稿日時2010-03-03 21:44:11
【事件】ひったくり/板橋区 小豆沢1丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:14:40頃、グレー色っぽい原付スクーターに乗った男2人組みによる。1人は、グレー色っぽい上衣、色不明ズボン。もう1人は、グレー色っぽい上衣、色不明ズボン。
○投稿日時2010-03-03 17:22:27
【不審者】声かけ/世田谷区 桜丘1丁目の路上
○発生日時:本日午後
○被害者:児童
○詳細:14:20頃、60歳代の男による。160cm位、中肉、短髪白髪、グレー色っぽいYシャツ、黒色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-03-03 17:19:30

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日 単位・レベル)

現行犯だけで良い

【治安解説】
212_2

7日の産経新聞によると、万引の誤認逮捕が全国で相次いでいるという。

 このなかのひとつとして、昨年12月に発生した東京足立区のスーパー万引事件を取り上げている。スーパー内で女が手提げバッグにコードレスアイロンなど計15点を入れているところを警備員が発見。店外に出て自転車に乗ろうとしているところで声をかけたが、女は自転車と品物を放置して逃げた。

 通報で駆けつけた警察官が警備員から事情を聞いたところ、「以前、スーパーを訪れたことがある女で、顔を覚えている40歳の女が犯人だ」と証言。防犯カメラの映像を確認すると「間違いない」と答え、警察はその女を窃盗容疑で逮捕した。

 とろが、女が否認するので放置自転車関係を調べた結果、真犯人は自転車所有者の妻だった。

 間違いの発端は、警備員の言葉と自転車の所有者に対する電話での確認。所有者の「盗まれた」という言葉を信じきったことにある。実に初歩的なミスと言ってしまえばそれまでだ。

 特に警視庁は、万引撲滅のため積極的な事件化の方針を打ち出している。だからと言って、「なんでもかんでも捜査しろ」と言うのは、現場にとってあまりにも酷な話しである。

 全部、捜査していたのでは、捜査経済上問題があり、やるべきでない。

 商店自身が警備員の配置など盗まれない環境づくりをして、発見した段階で警察官の出動を要請し、初犯でも積極的に事件化することで十分のはずである。特に「万引き」という事件の特異性を考慮すれば、自ずと知れたことであろう。

 「警察は全ての犯罪を捜査する」ことは大事だが、「安全と水はただ」ではない時代なのである。警察官ひとりあたりの国民の負担率は500人代になったとは言え、事件処理がおざなりになる危険性だけは避けなければならない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

逮捕後釈放の会社員飛び降り自殺 公然わいせつ容疑(7日)

7日午前5時25分ごろ、神戸市中央区港島中町のマンション敷地内に、同市西区の男性会社員(32)が倒れているのを警備員が発見、間もなく死亡が確認された。24階の通路に男性の傘が残されており、神戸水上署は、飛び降り自殺したとみている。

会社員は中央区の衣料品販売店で下半身を露出したとして、生田署が公然わいせつ容疑で3日に逮捕。同署によると、5日夜の取り調べで激しい腹痛を訴えたため6日未明に釈放され、マンション近くの病院に入院していた。

 神戸地検の拘置請求が却下され、準抗告中だった。同署は「会社員は容疑を認めていた。取り調べや捜査の手続きに問題はない」としている。http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

Head_logo1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

相次ぐ児童虐待…動かぬ行政、希薄な人間関係(7日)

昨年、過去最多を記録した児童虐待事件が今年に入ってからも相次いでいる。 東京、兵庫、奈良、埼玉……。4人の幼い命が奪われた事件を検証し、関係機関や地域社会は何が求められているのか考える。

 ◆「甘さ」10回◆

 「感度の甘さ」「把握の甘さ」「評価の甘さ」

 東京・江戸川区で1月、両親から暴行を受けていた小学校1年の岡本海渡君(7)が死亡した事件。区が今月2日に公表した報告書は、区の子ども家庭支援センターと、海渡君が通っていた区立小学校の対応の問題点について、「甘さ」という表現を10回も使って批判した。

 歯の治療をした歯科医が、海渡君の顔にあざがあるのを見つけ、センターに通報したのは昨年9月。

 この情報はセンターから学校に伝えられ、2日後、校長、副校長、担任が家庭訪問をして両親と面会した。しかし、父親から「二度と殴らない」と言われたため、その後、海渡君が欠席を繰り返してもセンターには知らせていなかった。

 報告書は、学校が父親の発言を聞いて「解決したように思ってしまった」とした上で、センターに継続して情報提供しなかった点に「甘さ」があると指摘。児童の状況把握を学校に任せて父親の発言を信じたセンターについても「虐待者に対する評価」に「甘さ」があると批判した。センターから情報提供を受けた児童相談所も問い合わせをしておらず、両者の情報共有が不徹底と結論づけた。

 同区の場合、センターで虐待を監視する職員は6人で、このうち常勤は1人。報告書を受け、区は増員や研修の強化を検討している。区の幹部は「できることは、すべて手を打つつもりだが、万全だとは言い切れない」と語る。

 ◆保護見送り◆

 埼玉県蕨市で、2008年2月に衰弱死した新藤力人ちゃん(4)の両親が今月4日、逮捕された事件では、児童相談所と市が06年5月から死亡の約1か月前まで13回にわたって、力人ちゃんの「保護」を児童福祉法に基づいて家裁に申し立てるべきか、警察などと会議を開いていた。

 この間、児童相談所と市の担当者は月1、2回の割合で家庭訪問し、4人家族の中で1人だけパジャマ姿で、ひどく不衛生な様子の力人ちゃんを確認していた。その時、担当者の一人は「このままではダメだ。何とか保護しなければ、と痛感した」と打ち明ける。

 だが、保護の申し立ては見送られた。「身体的虐待がなく、保育園に行っていないというだけでは難しい」という判断からだった。

 ◆人間関係◆

 4件の事件の家庭は、いずれもマンションやアパートで暮らし、近隣との人間関係も希薄だった。09年11月に死亡した兵庫県三田市の寺本夏美ちゃん(5)の場合、近所の住民が死の約一月前、夏美ちゃんがほおを赤く腫らしているのを目撃していた。

 今月3日に奈良県桜井市の吉田智樹ちゃん(5)が死亡した事件でも、妹(3)と両親が外出するのを、アパートの窓から見送る智樹ちゃんを、向かいのガソリン店員が何度も目にして、同僚と「虐待されているのでは」と話していた。しかし、こうした情報は警察や児童相談所などには伝わっていない。

 虐待問題に詳しい日本女子大の林浩康教授(社会福祉学)は「地域社会が、行政ができることには限界があるという意識を持つことが重要。地域住民の意識がもっと高まらないと、虐待の兆候が見過ごされるという悲劇は、減らないのではないか」と訴えている。
(社会部 浜名恵子、地方部 作田総輝)

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ:91歳男を逮捕 女性はね重傷負わせ逃走 熊本(7日)

熊本県警上天草署は6日、同県上天草市大矢野町維和、無職、藤本安松容疑者(91)を道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕した。「人に当たったのは分かったが、病院に行く途中で急いでいた」と話しているという。

 容疑は、5日午前8時10分ごろ、同市大矢野町上の国道266号で軽トラックを運転中、横断歩道を歩いて渡っていた同市大矢野町湯島のパート従業員、渡辺知加子さん(42)をはねて重傷を負わせ、そのまま逃走したとしている。【遠山和宏】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100307k0000e040020000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(7日)

振り込め詐欺 400万円被害 和歌山県警

News_pic1

海南市に住む男性(62)が、息子を名のる男に言われるまま借金の返済の名目で、金融機関から400万円を振り込んでだまし取られ、警察は振り込め詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、2日午前、海南市に住む男性(62)の妻の携帯電話に、息子を名のる男から「100万円の借金がある。話がこじれているので振り込んでほしい」という内容の電話がかかってきました。
その後、仲裁者を名のる別の男からも電話があったため夫婦は信用し、妻が当日の昼ごろ、市内にある銀行のATMから男が指定した口座に100万円を振り込みました。
男性は3日、同じ男から言われるまま銀行のATMで100万円、信用金庫の窓口で200万円を振り込み、もう1度この信用金庫で現金を振り込もうとした際に、窓口の職員から指摘を受けて被害にあったことに気づき、警察に届け出ました。
電話をかけてきた男は、声などから30代くらいとみられるということで、警察は振り込め詐欺事件として捜査しています。http://www.nhk.or.jp/wakayama/lnews/07.html

架空請求20代女70万余被害 山梨県警

News_pic1_2

5日午後、有料サイトの利用料を請求された20代の女性が現金約70万円をだまし取られ、警察は、振り込め詐欺事件として捜査しています。5日午後0時すぎ、上野原市に住む20代の女性の携帯電話に「以前登録した有料サイトの料金が未払いなので連絡してほしい」という内容のメールが送られて来ました。そして女性が電話したところ、有料サイトの運営会社の社員を名乗る男が電話に出て「利用料の未払い分や手数料を振り込んで欲しい」と言われ、以前使用した有料サイトの利用料と信じ込んだ女性が、市内の銀行のATMで現金71万2000円を振り込みました。その後、男と連絡が取れなくなったことから女性はだまされたことに気づき、警察に被害届けを出しました。警察は、振り込め詐欺事件として捜査しています。http://www.nhk.or.jp/kofu/lnews/06.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

さい銭盗 10年後の謝罪 出来心…大人になって後悔(7日)

宇都宮市下岡本町にある小さな神社のさい銭箱から、過去の盗みを謝罪する手紙と三万円入りの封筒が見つかった。小学生のときにさい銭箱から一万円を盗んだことを告白し「後悔と罪悪感でいっぱい」と記してあった。神社を管理する住民らは「殺伐とした今の時代に珍しい話。悔い改めてくれた気持ちがうれしい」と話している。

 封筒は先月二十二日夜、地元自治会長の須永正さん(76)ら四人が防犯パトロールで巡回中に見つけた。

 手紙では「社会人になってからお金を稼ぐ大変さを実感したときに、おさい銭を盗んだことを思い出した」と説明。「一万円を入れた方はどんな願いをこめて入れたのだろうと思うのです」と後悔をにじませ、「十年の歳月が流れてしまったことをふまえ三万円を納めます」と結んでいる。

 神社の責任役員を務める須永さんは「若者の思いにじんときた。地域の子だったのかもしれないが、真っすぐに成長してくれた」と感慨深げ。今、神社には、須永さんから手紙の主に向けたメッセージが張られている。

 「あなたの善意は社会福祉協議会に寄付させていただきました」 (宇都宮支局・横井武昭)

47newslogo1 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010030702000057.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

シー・シェパード船長逮捕へ 調査捕鯨船侵入容疑で(7日)

米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)のメンバーの男が南極海で日本の調査捕鯨船・第2昭南丸に侵入した問題で、海上保安庁は、第2昭南丸が週後半にも日本に帰国し次第、同船で保護されている男を艦船侵入の疑いで逮捕する方針を固めた。男はニュージーランド国籍で日本に住居がないため、任意ではなく逮捕して調べる必要があると判断したとみられる。

 捜査当局関係者への取材でわかった。天候などにもよるが、第2昭南丸は12日前後に東京に入港予定。男は現在、船員法に基づいて船長の監視下で保護されている。個室を与えられ、船員と同じ食事をとっているという。入港時に第3管区海上保安本部の東京海上保安部が逮捕し、捜査にあたる方向で関係機関と調整を進めている。

 海保や水産庁によると、男が侵入したのは日本時間の2月15日午前9時ごろ。水上バイクで第2昭南丸に近づき、防護ネットをナイフで切って乗り込んだ疑いがある。

 男は1月6日に第2昭南丸に衝突して大破した小型高速船アディ・ギル号(26トン)の船長。乗り込んだ後、持っていた書簡を第2昭南丸の船長に手渡したとされる。書簡は開封していないというが、SS側が現場近くの海上で拡声機を使って主張している内容から、「衝突の責任は第2昭南丸にある。3億円を請求する」などと書かれているとみられる。

 艦船侵入罪は刑法の住居侵入罪と同じ条文で定められている。正当な理由なく人が寝泊まりできる大型の艦船に侵入した場合に適用され、3年以下の懲役か10万円以下の罰金。

 SSを巡っては、2008年1月にも南極海で第2勇新丸にメンバーの男2人が乗り込んできたことがある。その際は、洋上で豪政府のチャーター船と合流し、2人の身柄を豪政府側に引き渡した。こうした対応が、民主党などから「甘すぎる」と批判された。今回、第2昭南丸に侵入した男を日本に連れてきて逮捕することになった背景には、こうした経緯が影響しているとみられる。

SSの一連の妨害行為では、2月に小型ボートから第2昭南丸に撃ち込まれた瓶が割れ、薬品が乗組員3人の顔にかかって軽いけがをしている。男がこうした行為に関与しているかどうかも、捜査の対象となる。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たな組事務所、幼稚園や小学校近くiに(7日)

 指定暴力団・工藤会(本部・北九州市小倉北区)が北九州市小倉南区の幼稚園や小学校の近くに新たな事務所を設置したことが5日わかった。

 福岡県警は新たな拠点になる可能性があるとみて警察官を動員し、事務所の役割や人の出入りなどを調べている。

 県警によると、現場は小倉南区上貫3の住宅地。事務所の建物は門や塀が設けられた敷地内にあるとみられ、同会が5日に「四代目工藤会 長野会館」と記した木製看板を門扉に掲げたのを確認した。道路を挟んで幼稚園敷地に隣接し、北西約150メートルには市立貫小学校がある。

 4月に施行される県暴力団排除条例では、幼稚園や学校、図書館などの文教施設の半径200メートル以内に暴力団事務所を置くことは禁止されている。県警は「施行前の駆け込み設置の可能性が高い」とみている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女が親子に刃物突きつけ、2千円奪う(7日)

6日夜、埼玉県鴻巣市にあるスーパーの駐車場で、女が買い物に来ていた親子に刃物を突きつけながら、「1000円か2000円貸して」などと脅し、現金2000円などを奪って逃走しました。

 警察によりますと、6日午後9時すぎ、鴻巣市袋にあるスーパーの駐車場で、買い物を終えた親子が乗用車に乗っていたところ、突然、女が車のドアを開け、後部座席に座っていた7歳の男の子に果物ナイフのようなものを突きつけました。

 女は運転席にいた母親(26)に、「働き先がない。1000円か2000円貸してくれ」「もう2日も食べていない」などと脅し、現金2000円と菓子パンを奪って逃走しました。母親は女ともみ合った際、右手に軽いけがをしたということです。

 女は年齢50歳前後、身長は160センチ位で、茶色の上着、ベージュのズボン姿だったということで、警察は女の行方を追っています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4372891.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ティファニー強盗、韓国から捜査員帰国(7日)

去年の大みそか、東京・新宿区の宝飾店「ティファニー」でダイヤモンドの指輪が奪われた事件で、韓国で男が逮捕されたことを受けて、現地に派遣された警視庁の捜査員が6日、帰国しました。

 この事件は去年12月31日、新宿区の宝飾店「ティファニー」で、あわせて1500万円相当のダイヤモンドの指輪4個が奪われたものです。

 先月26日、韓国の警察当局が特殊強盗などの疑いでチョン・ヨンヒ容疑者(40)を逮捕したことを受け、警視庁は現地に捜査員ら4人を派遣していましたが、6日夜、捜査員らが帰国しました。

 警視庁によりますと、捜査員らは犯行の裏づけのため、韓国の警察当局と情報交換をしたほか、現地の法律に基づいて処罰する「代理処罰」を要請したということです。(07日01:37)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4372887.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄サリン事件死傷者6300人に増加 警察庁再調査(7日)

1995年3月20日に東京で起きた地下鉄サリン事件の死傷者数は約6300人にのぼることが、発生から15年を経て初めてわかった。これまで約5500人とされてきたが、オウム真理教による犯罪の被害者に国が給付金を支給する制度が2008年12月に始まったのをきっかけに、警察庁が公的資料を集めて改めて調べた結果、より多かったことが判明した。

 「約5500人」という被害の規模は、東京消防庁が事件翌日の夜までに医療機関で治療を受けた人数として示したものが根拠だった。ただ、発生からしばらくたって受診する人もいて全容の把握が難しく、正確な死傷者数ははっきりしていなかった。

 事件の13年後になって、被害者らの強い要望を受けてオウム真理教犯罪被害者救済法が成立した。死亡した人の遺族や障害が残った人、傷病を負った人を対象に、通院1日以上で10万円▽1カ月以上で100万円▽介護を要する後遺障害で3千万円――などを国が支給する仕組みで、被害者は診断書などを添えて申請する。

 この給付金支給にあたり、警察庁は、捜査や公判の資料や労災保険の書類、被害者らによる教団の破産申し立ての記録など、可能な限りの公的記録を集めて、被害者個人別に整理したデータベースをつくった。犯罪被害者支援室によると地下鉄サリン事件で把握した人数は2月末で6265人で、このほかに34人から申し出があり、合計は約6300人となった。ただ、被害を実際に受けたかどうか本人に確認できていない人も一部いるため、なお精査を続けていくという。

 約6300人のうち、これまでに8割を超える5252人が給付金支給を申請した。

この事件の死者数は刑事裁判では12人とされてきた。事件翌日に亡くなった高齢の男性1人が「サリン被害との因果関係が証明できない」として死者からは省かれていたが、今回「サリンの影響は否定できない」と判断されて給付を認められ、警察庁が把握する死者は13人となった。

 申請者のうち86人が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や、まぶたの開閉がうまくできなくなる眼瞼(がんけん)けいれん、視野が暗いままになる縮瞳など目の障害、手足のまひなどの後遺障害があるという。ほとんどの申請者は通院1日以上の傷病を負った人で、日常生活は回復したものとみられる。後遺症についてこうした全体像がつかめるのも初めてだ。(竹石涼子、編集委員・河原理子)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットで医師暴走、医療被害者に暴言・中傷(7日)

医療事故の被害者や支援者への個人攻撃、品位のない中傷、カルテの無断転載など、インターネット上で発信する医師たちの“暴走”が目立ち、遺族が精神的な二次被害を受ける例も相次いでいる。

 状況を憂慮した日本医師会(日医)の生命倫理懇談会(座長、高久史麿・日本医学会会長)は2月、こうしたネット上の加害行為を「専門職として不適切だ」と、強く戒める報告書をまとめた。

 ネット上の攻撃的発言は数年前から激しくなった。

 2006年に奈良県の妊婦が19病院に転院を断られた末、搬送先で死亡した問題では、カルテの内容が医師専用掲示板に勝手に書き込まれ、医師らの公開ブログにも転載された。警察が捜査を始めると、書いた医師が遺族に謝罪した。同じ掲示板に「脳出血を生じた母体も助かって当然、と思っている夫に妻を妊娠させる資格はない」と投稿した横浜市の医師は、侮辱罪で略式命令を受けた。

 同じ年に産婦人科医が逮捕された福島県立大野病院の出産事故(無罪確定)では、遺族の自宅を調べるよう呼びかける書き込みや、「2人目はだめだと言われていたのに産んだ」と亡くなった妊婦を非難する言葉が掲示板やブログに出た。

 この事故について冷静な検証を求める発言をした金沢大医学部の講師は、2ちゃんねる掲示板で「日本の

(

すべ

)

ての医師の敵。日本中の医師からリンチを浴びながら生きて行くだろう。命を大事にしろよ」と脅迫され、医師専用掲示板では「こういう万年講師が掃きだめにいる」と書かれた。

 割りばしがのどに刺さって男児が死亡した事故では、診察した東京・杏林大病院の医師の無罪が08年に確定した後、「医療崩壊を招いた死神ファミリー」「被害者面して医師を恐喝、ついでに責任転嫁しようと騒いだ」などと両親を非難する書き込みが相次いだ。

 ほかにも、遺族らを「モンスター」「自称被害者のクレーマー」などと呼んだり、「責任をなすりつけた上で病院から金をせしめたいのかな」などと、おとしめる投稿は今も多い。

 誰でも書けるネット上の百科事典「ウィキペディア」では、市民団体の活動が、医療崩壊の原因の一つとして記述されている。

 奈良の遺族は「『産科医療を崩壊させた』という中傷も相次ぎ、深く傷ついた」、割りばし事故の母親は「発言することが恐ろしくなった」という。

 ◆日医警告「信頼損なう」◆

 日医の懇談会は「高度情報化社会における生命倫理」の報告書で、ネット上の言動について「特に医療被害者、家族、医療機関の内部告発者、政策に携わる公務員、報道記者などへの個人攻撃は、医師の社会的信頼を損なう」と強調した。

 匿名の掲示板でも、違法性があれば投稿者の情報は開示され、刑事・民事の責任を問われる、と安易な書き込みに注意を喚起。「専門職である医師は実名での情報発信が望ましい」とし、医師専用の掲示板は原則実名の運営に改めるべきだとした。ウィキペディアの記事の一方的書き換えも「荒らし」の一種だと断じ、公人でない個人の記事を作るのも慎むべきだとした。

 報告の内容は、日医が定めた「医師の職業倫理指針」に盛り込まれる可能性もある。その場合、違反すると再教育の対象になりうる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー攻撃に無防備、193自治体(7日)

全国の自治体が管理するサーバーのうち、少なくとも193団体のサーバーが、サイバー攻撃を受けた場合、簡単に不正アクセスを許す恐れがあることが総務省所管の財団法人「地方自治情報センター」の内部資料で分かった。

 住民の個人情報漏えいにもつながりかねない危険な状態だったが、54団体は発覚後も「財政難」などを理由に対策をとっていなかった。専門家は「公共性の高さを自覚し、計画的な改善を進めるべきだ」と主張している。

 同センターには約1400の都道府県や市区町村などが加盟。毎年、サーバーの安全性などを調べているが、調査結果を公表しておらず、自治体の管理状況が明らかになるのは初めて。

 2008年度は647団体(サーバー3467台)を対象に調査。その結果、問題あるサーバーが全体の3割にあたる193団体で見つかり、うち70団体は特に大量の問題を抱え、「至急改善が必要」とされた。

 中には、住民の個人情報を扱いながら、10年以上前に欠陥が発覚した古い暗号化システムを使っているサーバーが495台もあった。また、5年前にソフトウエア会社のサポート期間が終了し、セキュリティー対策が一切とられていない基本ソフトウエアを搭載するサーバーも27台あった。いずれも、センターは「使うこと自体が問題」と指摘する。

 調査で「安全性に問題がある」と指摘された自治体の28%にあたる54団体は、調査後に実施した自治体へのアンケートでも、「予算がない」「たいしたことではない」などの理由で、今後も対策をとらないと回答していた。

 総務省では「自治体のサーバーはネットワーク化されており、一つの障害が全国に波及する恐れがある」として、自治体にセキュリティー強化を促している。だが、実際には不正アクセスによるサイト改ざんなどが後をたたず、高松市では08年5月にサイトが改ざんされて利用者が別のサイトに飛ばされ、ウイルス感染の危険にさらされている。

 ◆サーバー=複数のコンピューターと接続してネットワークの要となり、データなどを集約したり、提供したりするコンピューター。自治体のサーバーには「メールサーバー」や公式サイトを閲覧させる「ウェブサーバー」などがある。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし(7日)

09年に刑務所を仮釈放された人は1万4854人で、満期出所者(1万5324人)を初めて下回ったことが法務省の調査で分かった。受刑者の高齢化が加速し、身元を引き受ける親族や施設が見つからないケースが増えているためだ。満期出所は保護観察など国の監視や支援がなく、仮釈放より再犯率が高いとされる。国は仮釈放された人の社会復帰を助ける自立更生促進センターの整備を目指すが、反対運動などで難航している。【石川淳一】

 調査によると、00年には仮釈放された人が満期出所者を約2800人上回っていたが、05年から差が縮まり始め、08年にほぼ拮抗(きっこう)。09年は仮釈放が49.2%と5割を切った。

 刑務所内の高齢化は一般社会を上回るスピードで進んでいる。98年に新たに刑務所に入った受刑者2万3101人のうち、65歳以上(692人)は約3%だったが、08年には、2万8963人の7・2%(2092人)が65歳以上だった。出所者全体に占める仮釈放の割合を示す仮釈放率は、08年の場合50.1%だが、65歳以上に限ると27.8%とかなり低い。高齢者が多く刑務所に入り、出にくくなっている実態を示している。

 仮釈放されると刑期満了まで保護観察処分となり、保護司との定期的な面接や住所地の報告などが課され、生活上の相談もできる。満期出所は出所と同時にこうした監視・支援態勢が解かれる。法務省が04年の出所者を対象に5年以内の再服役率を調べたところ、満期出所者は55.1%だったのに対し、仮釈放は32.2%だった。このため法務省は、仮釈放を活用した社会への「ソフトランディング」を模索している。

 しかし、仮釈放の要件を満たしていても、保護観察官の定住先調査で帰る場所が見つからなければ、満期まで刑務所に残されるのが実情だ。

 身寄りのない出所者には、一時的に宿泊先となり社会復帰を図る民間の更生保護施設が全国103カ所にあるが、飽和状態だ。仮釈放者を対象にした国営の自立更生促進センターは全国4カ所に計画されているが、福島市などで地元が反対し、開所は北九州市の1カ所にとどまっている。

 ◇仮釈放 刑法は、懲役または禁固の刑を受ける受刑者らに更生が認められる場合、有期刑は刑期の3分の1、無期刑は10年経過後に仮釈放できると定める。刑務所長が申し出た場合などに、全国8カ所の地方更生保護委員会が審理。反省の度合いや再犯可能性などを基準に是非を決める。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100307k0000m040093000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

両替用の400万円盗難 愛知・刈谷のパチンコ店(7日)

 6日午後4時40分ごろ、愛知県刈谷市のパチンコ景品交換業、ヒマラヤ商会から「パチンコ店に止めた車から現金約400万円が入ったバッグがなくなった」と刈谷署に届け出があった。同署が窃盗事件として捜査している。

 刈谷署によると、午後4時20分ごろ、刈谷市末広町1丁目のパチンコ店で、同社の社員2人が駐車場に車を止めて景品を店に運び込み、約10分後に車に戻ったところ、ドアがこじ開けられ、現金約400万円入りのバッグがなくなっていたという。現金は別のパチンコ店の両替用で、車の後部座席に置いてあった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100306/crm1003062230019-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

15年ぶりに「13人目の死者」認定 地下鉄サリン 被害者救済法で(7日)

 12人が死亡したとされる平成7年3月の地下鉄サリン事件で、殺人罪の起訴状では被害者とされていなかった死亡者1人を、警察当局がオウム真理教犯罪被害者救済法上の死亡者と新たに認定していたことが6日、関係者への取材で分かった。遺族が平成20年12月に施行された同被害者救済法に基づいて給付金を申請したところ、事件が原因で死亡したと認定された。

 今月20日で事件発生から15年となるが、「13人目の死者」について一定程度の救済が実現したといえそうだ。同被害者救済法は地下鉄、松本両サリン事件坂本弁護士一家殺害事件など、オウムによる8事件の被害者や遺族に給付金を支給することを定めた法律。支給額は死亡の場合は遺族に2千万円となっている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100306/trl1003062323000-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引の誤認逮捕相次ぐ 「目撃証言」過大評価、裏付け怠る(7日)

 東京都足立区のスーパーで昨年12月に発生した万引事件で、警視庁西新井署は40代の女性を誤認逮捕した。同署は逮捕後約1カ月間の捜査を経てようやく「誤認」を認めたが、目撃証言を過大評価するあまり、現場に真犯人が残していた自転車の捜査を尽くさないなどの初動捜査のミスが、背景にはあった。全国で相次ぐ万引の誤認逮捕。捜査の現場で何が起きているのか。

 ■目撃証言うのみ   足立区の事件は同月20日午後7時20分ごろ、東武伊勢崎線西新井駅前のスーパーで起きた。女が手提げバッグにコードレスアイロンなど計15点(約3万円相当)を入れて店外に持ち出す姿を警備員が目撃。駐輪場の自転車に乗ろうとした女に警備員が声をかけると、女は自転車と、被害品が入ったバッグを残して逃走した。

 警視庁によると、西新井署員が警備員に事情を聴いたところ、以前スーパーを訪れたことがあり、顔を認識していた都内の40代の女性が犯人であると警備員が名指し。同署は店の防犯カメラの映像で警備員に確認を求めたが、「間違いない」と繰り返した。

 同署は目撃証言とあわせて、自転車の捜査にも着手。同23日、自転車を所有する足立区内の女(39)の家に電話をかけたが、対応した夫は「妻は『自転車を盗まれた』と言っている」と説明したという。同署は女本人から話を聞くなど十分な裏付けをしないまま、自転車の捜査を打ち切った。

 ■一貫して否認   事件発生から約1カ月後の1月26日。同署は警備員の目撃証言、防犯カメラの映像などから女性が万引をした疑いが強いとして、窃盗容疑で逮捕した。

だが女性は一貫して容疑を否認。同署は被害品が店に戻っていることなどから、女性を翌日に釈放して任意捜査に切り替えた。

 本当に女性が犯人なのか-。同署では自転車の捜査を再開。所有者の女について調べたところ、逮捕した女性と髪形、顔つき、体形が酷似していることが分かったという。

 同署で女から事情を聴いたところ、関与を認めたため、2月23日になって窃盗容疑で逮捕した。

 ■相次ぐ失態   万引の誤認逮捕は相次いでいる。昨年2月に名古屋市内のスーパーで発生した万引事件では、愛知県警が容疑者と似た上着を着た男子高校生を窃盗容疑で誤認逮捕。また同年3月に東京都品川区内のコンビニエンスストアで発生した万引事件では、大崎署が万引をした少年と一緒にいた男子高校生を誤って逮捕している。

 「万引の現場では慣れや先入観で、犯人を見間違えてしまうことがある」。万引Gメンを派遣する会社の担当者はこう証言する。万引の大半は警備員や店主など「民間人」によって明るみにされるのが実情で、警察には、より慎重な裏付けが求められる。警視庁幹部は「再発防止に向けて指導監督を徹底する」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100307/crm1003070100002-n2.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月8日 »