« 津波130センチ 宮城に到達 三陸沿岸に大津波警報(28日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年2月28日 (日)

津波到達、予想より1時間の遅れか(28日)

気象庁から最新情報です。岩手県の久慈港では午後3時9分、これまでで最大の90センチの津波が観測されました。午後2時11分に観測された第1波は30センチでした。今後、他の地域でも第2波、第3波でさらに津波が高くなる可能性もあります。

 また、気象庁の担当者は、予想よりも津波の到達が1時間ほど遅れているのではないかと話しています。

 今後、予想される津波の高さは、太平洋沿岸の広い範囲で1メートルから3メートルです。場所によっては満潮の時間と重なり、また、干満の差が最も大きくなる大潮が近づいているため、津波がさらに高くなるおそれもあるとして、気象庁は警戒を呼びかけています。

 この津波の高さは2メートルを超えると、沿岸の木造家屋が全壊する可能性があります。今から50年前、1960年に起きたチリ地震では、地震の規模は今回の11倍のマグニチュード9.5、このときは最大で6メートルの津波が観測されました。警報が出されなかったこともあって、142人もの死者・行方不明者が出ました。

 大津波警報が出されるのは今回が4回目、1993年の北海道南西沖地震以来で、このときには奥尻島で29メートルの津波が観測されました。(28日15:49)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4367200.html

 

« 津波130センチ 宮城に到達 三陸沿岸に大津波警報(28日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波到達、予想より1時間の遅れか(28日):

« 津波130センチ 宮城に到達 三陸沿岸に大津波警報(28日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »