« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 至近距離から犯人に撃たれる(21日) »

2010年2月21日 (日)

「偽装ラブホテル」を家宅捜索 大阪府警(21日)

一般のホテルとして許可を受けながら実際はラブホテルを営業していたとして、大阪府警保安課と都島署などは21日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、「ホテルもしもしピエロ」のNEO桜宮店(大阪市都島区)と泉大津店(大阪府泉大津市)、両店舗の経営会社(同府岸和田市)の事務所を家宅捜索したと発表した。

 捜索容疑は今年1~2月、風営法で営業が禁止されている区域で、室内にSM器具を設置するなど、事実上のラブホテルとして営業していたとしている。

 府警によると、捜索は20日午前から約6時間にわたり実施。行政の立ち入り調査時にはSM器具を隠すよう従業員に指示する内容のメモも押収しており、府警は両店舗がいわゆる「偽装ラブホテル」だったとみて、実質経営者の男(41)から事情を聴いている。

 「もしもしピエロ」は関西に計5店舗あるが、捜索を受けた会社はNEO桜宮、泉大津岸和田の3店を経営している。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100221/crm1002211928006-n1.htm

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 至近距離から犯人に撃たれる(21日) »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47627362

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽装ラブホテル」を家宅捜索 大阪府警(21日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 至近距離から犯人に撃たれる(21日) »