« お手柄中3生:火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(26日) | トップページ | 義姉刺殺、おい2人けがさせ放火…同居の男逮捕(26日) »

2010年2月26日 (金)

児童ポルノ:警察庁が被害者への支援研修会(26日)

児童ポルノ事件で被害を受けた児童に対する警察としての支援の在り方を検討する研修会が25日、東京都千代田区の警察庁で始まった。

 児童ポルノ事件では、摘発する警察と被害児童の居住地が離れているケースも多く、連携のスムーズさが支援内容に影響する。研修会では47都道府県警の支援担当責任者が効果のあった事例を基に意見交換した。

 警察庁の樋口建史生活安全局長は、「被害児童が遠隔地に居住していることが判明した時点で、早期に合・共同捜査の実施を検討してほしい」と訓示。カウンセリング技術の習得・向上など支援担当職員のレベルアップも求めた。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100226k0000m040090000c.html

 

« お手柄中3生:火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(26日) | トップページ | 義姉刺殺、おい2人けがさせ放火…同居の男逮捕(26日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47665152

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノ:警察庁が被害者への支援研修会(26日):

« お手柄中3生:火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津(26日) | トップページ | 義姉刺殺、おい2人けがさせ放火…同居の男逮捕(26日) »