« 小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日) | トップページ | 警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を…(23日) »

2010年2月23日 (火)

“追い出し屋”規制で新法案(23日)

家賃を滞納した人を部屋から強制的に退去させるいわゆる「追い出し屋」などの被害から入居者を保護するため、政府は23日の閣議で、不当な取り立て行為を禁止し、違反した場合には罰則を科す新しい法案を決定しました。

家賃の取り立てをめぐっては、滞納した入居者が無断で鍵を交換されたり、勝手に家財道具を持ち出されたりして強制的に退去させられる、いわゆる“追い出し屋”に関する相談が昨年度、国民生活センターに500件近く寄せられ、この5年間で、10倍に増えています。

法案では、賃貸住宅の管理業者や家賃の保証業者などを国への登録制にしたうえで、業者が入居者を威圧するような取り立てをしたり、勝手に鍵を交換して退去させたりした場合、2年以下の懲役、または300万円以下の罰金を科すとしています。また、無登録の業者には、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金を科すとしています。このほか賃貸住宅の業界団体が新たに作ろうとしている入居者の家賃の支払い状況がわかるデータベースについて、作成に携わる業者などが情報を漏らした場合にも罰則を設けています。新しい法案は通常国会に提出され、来年春以降の施行を目指すということです。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/k10015786181000.html

 

« 小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日) | トップページ | 警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を…(23日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “追い出し屋”規制で新法案(23日):

« 小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日) | トップページ | 警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を…(23日) »