« 警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針(18日) | トップページ | 詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(18日) »

2010年2月18日 (木)

不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(18日)

入国審査時の指紋照合など生体認証を免除する外国要人らを対象にした制度を利用したイラン人の男が、不法残留したとして兵庫県警に逮捕され、入国管理法違反罪で起訴されていたことが分かった。麻薬を所持していたことから、県警は男が密売組織の関係者で免除制度を悪用したとみて調べている。

 自称貿易商、トラビ・ホセイン被告(31)。09年5月、関西国際空港から入国、15日間の滞在期間が切れた後も不法に残留したとして10年1月、逮捕された。

 日本商工会議所が招いたイラン商工鉱業会議所のメンバーの一人として来日。東京でのセミナーに出席後、連絡が取れなくなった。県警は1月、麻薬密売拠点とみられる大阪市のマンションを家宅捜索した際、ホセイン被告が現場におり、逮捕。合成麻薬も所持しており、麻薬取締法違反容疑でも再逮捕した。

 外務省によると、免除制度は在日外国大使館からの申請を受け「外交上の配慮を要する」と判断すれば、法務省に生体認証の免除を要請する。ホセイン被告には強制送還などの記録がなく、パスポートも真正だったが、同省はイラン大使館に遺憾の意を伝えた。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20100218k0000e040028000c.html

 

« 警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針(18日) | トップページ | 詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(18日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47599575

この記事へのトラックバック一覧です: 不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(18日):

« 警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針(18日) | トップページ | 詐欺:山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(18日) »