« 山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に(7日) | トップページ | 中学校の窓50枚割られる 尼崎(7日) »

2010年2月 7日 (日)

奈良・山本病院の「不必要手術」による患者死亡事件 逮捕の元理事長「手術は金になる」(7日)

奈良県の病院の元理事長が、患者に不必要な手術を行って死亡させたとして逮捕された事件で、元理事長が、「手術は金になる」と話していたことが新たにわかった。
業務上過失致死の疑いで逮捕されたのは、大和郡山市の山本病院元理事長・山本文夫容疑者(52)と、勤務医だった塚本泰彦容疑者(54)。
調べによると、2人は2006年6月、肝臓に腫瘍(しゅよう)を患った患者(当時51)に対し、手術の必要がないのに、適切な準備もせず手術を行い、出血多量で死亡させた疑いが持たれている。
塚本容疑者は容疑を認めているが、山本容疑者は「そのようなことはなかったとしか答えられない」と否認している。
2人は、患者に肝臓がんと告知していたが、これまでの調べで、山本容疑者が塚本容疑者に、「がんの手術は金になるらしいで」と話していたことがわかった。
警察では、2人が診療報酬を目的に手術をした疑いもあるとみて、慎重に調べている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00171360.htmlLogo4

 

« 山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に(7日) | トップページ | 中学校の窓50枚割られる 尼崎(7日) »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・山本病院の「不必要手術」による患者死亡事件 逮捕の元理事長「手術は金になる」(7日):

« 山本病院事件:不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に(7日) | トップページ | 中学校の窓50枚割られる 尼崎(7日) »