« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | “追い出し屋”規制で新法案(23日) »

2010年2月23日 (火)

小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日)

民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は、収支報告書に嘘の記載をしたとして告発されていた小沢幹事長について、2004年分と05年分に続いて07年分についても嫌疑不十分で不起訴処分としました。

 小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐっては、土地購入の原資なった4億円を収支報告書に記載しなかったなどとして、衆議院議員の石川知裕被告ら3人が政治資金規正法違反の罪で起訴されています。

 事件をめぐっては小沢幹事長も告発されていましたが、特捜部は今月4日、2004年と05年分の収支報告書については「小沢氏の関与を裏付ける十分な証拠がない」として不起訴としていました。

 小沢幹事長はさらに、2007年分の虚偽記載についても追加して告発されていましたが、特捜部では嫌疑が不十分として再び不起訴処分としました。(23日16:54)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4363105.html

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | “追い出し屋”規制で新法案(23日) »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47645326

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | “追い出し屋”規制で新法案(23日) »