« 大麻事件:摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(25日) | トップページ | 食の安全事件:78%増、産地偽装表示の摘発34件(25日) »

2010年2月25日 (木)

警察庁:美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(25日)

警察庁は、整形手術を行う美容外科に指名手配容疑者の顔写真などを配り、情報提供を受ける協定を業界団体との間で締結した。3月1日から運用を始める。英国人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)殺害・死体遺棄事件で、逮捕・起訴された市橋達也被告(31)が顔を整形して逃亡していたことがきっかけ。

 締結先は社団法人「日本美容医療協会」(内沼栄樹理事長、会員507人)とNPO法人「日本美容外科医師会」(高木千枝子理事、同514人)。

Logo_mainichi_s1_4 http://mainichi.jp/select/today/news/20100225k0000e040023000c.html

 

« 大麻事件:摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(25日) | トップページ | 食の安全事件:78%増、産地偽装表示の摘発34件(25日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47659025

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁:美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(25日):

« 大麻事件:摘発、過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か(25日) | トップページ | 食の安全事件:78%増、産地偽装表示の摘発34件(25日) »