« 児童ポルノ摘発過去最多 935件国際的批判も法改正見通し立たず(18日) | トップページ | 不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(18日) »

2010年2月18日 (木)

警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針(18日)

 市民から警察に寄せられた相談を放置せず、被害拡大の防止に役立てるため、警察庁は18日、全相談内容を文書に記録し、責任者を定め組織的に管理することを決めた。

 警察の相談業務をめぐっては平成12年、「警察改革」の一環で全警察署に専従担当者を配置。しかし相談後の刑事事件や苦情が出たケースがあり、改革から10年を機に徹底した強化・充実を図る。警察庁によると、警察署を訪れた相談者が納得して相談自体を取り下げたり、警察の所管外であるとして未対応の場合は、文書記録を残さないことがあった。

 警察庁の新方針では、交番や夜間の当直も含め相談すべてを文書に記録し、専従担当者に連絡して集約・管理。担当部署は内容を見て捜査部署に連絡し、相談の放置や対応漏れの確認や、同一人物をめぐる相談が集中していないかなどをチェックする。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100218/crm1002181035006-n1.htm

 

« 児童ポルノ摘発過去最多 935件国際的批判も法改正見通し立たず(18日) | トップページ | 不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(18日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47599554

この記事へのトラックバック一覧です: 警察への相談を全て記録管理 事件防止へ警察庁新方針(18日):

« 児童ポルノ摘発過去最多 935件国際的批判も法改正見通し立たず(18日) | トップページ | 不法残留:生体認証免れ入国 要人制度悪用 イラン人起訴(18日) »