« 朝青龍殴打問題:被害者から聴取 警視庁(9日) | トップページ | 窃盗容疑で逮捕の兄、弟の名かたる 県警は確認せずに広報(10日) »

2010年2月 9日 (火)

一家5人殺害事件、名古屋高検が上告 無期判決に不服(9日)

岐阜県中津川市で2005年、一家5人が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた元同市職員、原平被告(62)について、名古屋高検は上告期限の9日、一審に続き無期懲役(求刑死刑)とした名古屋高裁判決を不服として最高裁に上告した。上告審で検察側は「5人殺害で無期懲役は軽すぎる。死刑適用の判断基準を示した最高裁の判例に違反する」と主張するとみられる。

 一審、二審とも、事件について「一家心中」としたが、検察側は「妻が不在で一家心中にあたらない。別世帯の長女と孫2人は、被告が抱えていた問題とは無関係」と指摘していた。控訴審では長女の夫が検察側の証人として「死刑が相当」と述べていた。

Logo2_4 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

« 朝青龍殴打問題:被害者から聴取 警視庁(9日) | トップページ | 窃盗容疑で逮捕の兄、弟の名かたる 県警は確認せずに広報(10日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一家5人殺害事件、名古屋高検が上告 無期判決に不服(9日):

« 朝青龍殴打問題:被害者から聴取 警視庁(9日) | トップページ | 窃盗容疑で逮捕の兄、弟の名かたる 県警は確認せずに広報(10日) »