« 2010年2月22日 | トップページ | 2010年2月24日 »

2010年2月23日

2010年2月23日 (火)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
不審者】2月23日(火)、午後10時20分ころ、武蔵野市吉祥寺本町1丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、20歳代、やせ型、青色っぽいジーパン)=警視庁武蔵野署情報
【事件】ひったくり/杉並区 南荻窪1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:18:10頃、黒っぽい自転車に乗った男による。20歳代、長髪。
○投稿日時2010-02-23 19:15:38
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10022319150001
【事件】ひったくり/八王子市 明神町3丁目付近
○発生日時:本日早朝
○詳細:06:10頃、黒色のまたがり式バイクに乗った男による。
○投稿日時2010-02-23 10:59:19
【不審者】公然わいせつ/日野市 高幡の路上
○発生日時:本日早朝
○被害者:
○詳細:05:50頃、40歳代の男による。グレー色っぽいトレーナー、赤色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-02-23 09:47:56
【事件】傷害・暴行/豊島区目白5丁目 目白5-12付近
○発生日時:
○詳細:詳細は不明ですが、警察車両多数、救急車や消防も臨場しているので、怪我人も出ている模様です。
○投稿日時2010-02-22 22:11:10
【火災】板橋区成増5丁目 19番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:集合住宅
○火の状態:延焼中
○消火作業:消火前
○詳細:建物4階付近が延焼中の模様です。間もなく消防が到着すると思いますが、念の為、付近の方は十分注意して下さい。
○投稿日時2010-02-22 18:18:22
【事件】ひったくり/板橋区 徳丸3丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:19:40頃、160cm位、黒っぽい上衣、白っぽいズボン。
○投稿日時2010-02-22 11:37:30
【不審者】公然わいせつ/練馬区 関町北3丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:
○詳細:22:20頃、30歳代の男による。やせ型、帽子、徒歩。
○投稿日時2010-02-22 09:56:54
【事件】ひったくり/中央区 東日本橋2丁目付近
○発生日時:昨日
○詳細:23:10頃、バイクに乗った男による。犯人は、黒色っぽい上衣。
○投稿日時2010-02-22 09:13:09
【火災】足立区江北7丁目 24番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:建物
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:現在消防到着、消火活動開始、激しく延焼中です。念の為、付近の方は十分注意して下さい。
○投稿日時2010-02-21 19:44:49
【不審者】痴漢/三鷹市 新川6丁目の駐車場内
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:21:50頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、中肉、短髪、ベージュ色っぽいズボン、学生風、徒歩。
○投稿日時2010-02-21 08:45:28
【火災】江東区富岡1丁目 首都高速9号、上り、福住出口手前
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:現在、消火作業中です。既に通行止めになっている模様、付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-02-21 00:36:47
【事件】事故(車以外)/杉並区高円寺南4丁目 高円寺駅、中央線
○発生日時:今(現在)
○詳細:人身事故の模様です。上下線運行停止中。
○投稿日時2010-02-19 23:04:47
【火災】新宿区四谷3丁目 5番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:車両2台が延焼中の模様、付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-02-19 23:02:07
【火災】江東区深川2丁目 6番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:その他/不明
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:現在消防が到着、物置が延焼中の模様です。念の為、付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-02-19 19:01:39
【火災】世田谷区瀬田1丁目 3番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:建物
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:延焼中です。念の為、付近の方は十分注意して下さい。
○投稿日時2010-02-19 16:41:14
【不審者】公然わいせつ/府中市 浅間町1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:09:10頃、50歳代の男による。黒っぽい服、徒歩。
○投稿日時2010-02-19 11:25:16

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁が誤認逮捕 万引き事件で似た女性を…(23日)

警視庁は23日、スーパーでの万引事件捜査で、西新井署が都内の40代女性を誤認逮捕していたことを明らかにした。同署は同日、窃盗の疑いで、東京都足立区の女(39)を逮捕した。

 同庁によると、昨年12月20日、同区内のスーパーで、女がコードレスアイロンなど計15点(約3万2000円相当)を手提げ袋に入れ店外に持ち出した。女は自転車で立ち去ろうとしたが、警備員に声をかけられたため、自転車や手提げ袋を残したまま逃走した。

 同署が自転車の所有者である女の家に電話すると、夫は「妻は『自転車を盗まれた』と言っている」と説明。同署は防犯カメラの映像や警備員の証言から別の40代女性が万引したと判断、1月26日に逮捕した。

 女性は容疑を否認、同署は翌27日に釈放して任意捜査に切り替えていた。女と女性は身体的特徴が似ていたという。同庁は「誠に申し訳なく心からおわびする。このような事案がないよう、指導監督を徹底していく」としている。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100223/crm1002232004026-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“追い出し屋”規制で新法案(23日)

家賃を滞納した人を部屋から強制的に退去させるいわゆる「追い出し屋」などの被害から入居者を保護するため、政府は23日の閣議で、不当な取り立て行為を禁止し、違反した場合には罰則を科す新しい法案を決定しました。

家賃の取り立てをめぐっては、滞納した入居者が無断で鍵を交換されたり、勝手に家財道具を持ち出されたりして強制的に退去させられる、いわゆる“追い出し屋”に関する相談が昨年度、国民生活センターに500件近く寄せられ、この5年間で、10倍に増えています。

法案では、賃貸住宅の管理業者や家賃の保証業者などを国への登録制にしたうえで、業者が入居者を威圧するような取り立てをしたり、勝手に鍵を交換して退去させたりした場合、2年以下の懲役、または300万円以下の罰金を科すとしています。また、無登録の業者には、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金を科すとしています。このほか賃貸住宅の業界団体が新たに作ろうとしている入居者の家賃の支払い状況がわかるデータベースについて、作成に携わる業者などが情報を漏らした場合にも罰則を設けています。新しい法案は通常国会に提出され、来年春以降の施行を目指すということです。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/k10015786181000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏、07年分の虚偽記載も不起訴(23日)

民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部は、収支報告書に嘘の記載をしたとして告発されていた小沢幹事長について、2004年分と05年分に続いて07年分についても嫌疑不十分で不起訴処分としました。

 小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐっては、土地購入の原資なった4億円を収支報告書に記載しなかったなどとして、衆議院議員の石川知裕被告ら3人が政治資金規正法違反の罪で起訴されています。

 事件をめぐっては小沢幹事長も告発されていましたが、特捜部は今月4日、2004年と05年分の収支報告書については「小沢氏の関与を裏付ける十分な証拠がない」として不起訴としていました。

 小沢幹事長はさらに、2007年分の虚偽記載についても追加して告発されていましたが、特捜部では嫌疑が不十分として再び不起訴処分としました。(23日16:54)

Logo1_3 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4363105.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)

FBI型捜査体制へ

【治安解説】
212

警察庁は、薬物密売や広域窃盗団など外国人犯罪の多国籍化、国境のないハイテク犯罪など犯罪のグローバル化に対応するため「FBI(米連邦捜査局)」型捜査体制の確立を柱とする戦略プランを公表、全国に通達したという。

 産経新聞によると、この制度では各都道府県警が、外国語や情報の収集・分析能力、国際捜査経験などに優れた警察官を「国際犯罪捜査指定捜査員」に選定し警察庁が登録。

 事件の発生状況など必要に応じ、指定捜査員を複数の都道府県や部門にわたる捜査に投入、同庁の指導・調整の下で管轄を超えて外国機関とも連携した捜査を展開できる仕組みを目指すという。

 この「FBI」方式だが実は、平成14年度に導入するため警察法の一部改正案を提出する方向で進められていた。田中節夫長官の時代である。
 当時は、国家捜査隊(仮称)を設置し、現行の都道府県警察の枠組みを壊さないよう、ハイテク犯罪、国際テロリスト捜査、要人警護・警衛、外国人犯罪組織など罪種を限定した運営を目指すとしていた。

 しかし、その後、警察庁長官が代わり、裁判上の問題もあり「時期尚早」として見送られていた。その後4代目の安藤隆春長官にしてようやく実現することになり、まずは治安安泰というところか。とにもかくにも「次世代の警察」として大いに期待したい。

 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

時効見直し 法制審案に沿って(23日)

千葉法務大臣は閣議のあとの記者会見で、凶悪事件の時効制度の見直しについて、殺人などの罪は時効を廃止するなどとした、法制審議会の部会の最終報告案に沿って、刑事訴訟法の改正案を今の国会に提出したいという考えを強調しました。

凶悪事件の時効制度の見直しをめぐって、法制審議会の部会は、▽死刑にあたる殺人や強盗殺人など12の罪は時効を廃止し、▽時効が成立していない犯罪については、さかのぼって適用するなどの最終報告案をまとめました。しかし、民主党の一部の議員は、時効を廃止するのではなく、検察官の請求に基づいて裁判所が時効の中断を判断するよう求めています。

 これについて、千葉法務大臣は、閣議のあとの記者会見で「検察官が時効の中断を請求するというのでは、不公平が生じることもある。実質的に運用することを考えれば、時効の延長・廃止に統一するほうが公平性にもかなっている」と述べ、殺人などの罪は時効を廃止するなどとした、法制審議会の部会の最終報告案に沿って、刑事訴訟法の改正案を今の国会に提出したいという考えを強調しました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/t10015786091000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー容疑:ノエビア元副社長再逮捕へ 交際女性にも(23日)

交際していた女性の夫に嫌がらせのメールを送ったとして逮捕された大手化粧品会社「ノエビア」(神戸市中央区)元副社長、大倉尚容疑者(43)=同市東灘区=について、兵庫県警は、この女性にも嫌がらせメールを送るなどしていたとして、ストーカー規制法違反と脅迫などの容疑で逮捕状を取った。23日午後にも再逮捕する。

 捜査関係者によると逮捕状の容疑は、交際していた20代女性から別れを告げられたことに立腹、女性が結婚した後の昨年10~11月、女性に「交際していた時の写真をばらまくぞ」「会いたい」などのメールのほか、女性の行動を監視している内容のメールを送ったとしている。県警は復縁したくてメールを送ったとみて調べている。

 大倉容疑者は今月2日、逮捕され、ノエビアの副社長や子会社の常盤薬品工業(大阪市中央区)の社長を辞任した。【村上正】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/today/news/20100223k0000e040076000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

国歌拒否で再雇用取り消し、元教職員の控訴棄却(23日)

東京都立高校の卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱しなかったことを理由に退職後の再雇用を取り消されたのは違憲だとして、元教職員10人が職員としての地位確認などを都に求めた訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。

奥田隆文裁判長は「校長の職務命令に従わなかったことが理由で、都に裁量権の逸脱があったとはいえない」と述べ、請求を棄却した1審・東京地裁判決を支持、原告の控訴を棄却した。

 判決によると、原告らは2003、04年度の卒業式で、国歌斉唱などを求めた職務命令に従わず、再雇用を取り消されるなどした。判決は職務命令について、「特定の思想を強制するものではなく、憲法に反しない」と指摘。再雇用の取り消しについても「思想そのものを問題とした取り扱いではなかった」とした。

 同様の訴訟は複数起こされ、東京地裁では合憲・違憲と判断が分かれていたが、東京高裁では原告敗訴が続いている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヨドバシのカルティエに偽物? 直営店「偽造品」と判断(23日)

大手家電量販店で買った高級ブランド「カルティエ」の腕時計は偽物だった?――横浜市の男性(34)が7年前に購入した品を直営店に持ち込んだところ、「偽造品」として修理を断られた。販売したとされる「ヨドバシカメラマルチメディア横浜店」(同市西区)は別の時計への交換に応じたが、偽物かどうかは「わからなかった」と説明している。

 男性は2003年7月、カルティエの腕時計「パシャC」を市場価格より2割ほど安い33万3900円で購入。昨年6月に同市内のカルティエ直営店で修理を依頼したところ、「他社製品のため修理できない」と断られた。男性がヨドバシ側に伝えると、「返金か、最新の時計への交換に応じる」と言われ、交換してもらったという。

 朝日新聞の取材に、カルティエとヨドバシもこうした経緯を認めている。

 ヨドバシは「偽造品かどうかの調査の結論は出なかったが、お客を待たせるわけにはいかないので交換した。(偽物だとしても)今回持ち込まれた品と販売した品が同じかも確認できない」と説明する。同社によると、店頭で販売しているカルティエの腕時計は国内の代理店を通さない並行輸入品。本社で一括して輸入しているが、複数の仕入れルートがあるという。「今回の品をどこから仕入れたのかが確認できなかった」と話している。(山本孝興)

Logo2_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人で無期懲役求刑の男性に無罪判決 大分地裁(23日)

 大分県豊後大野市で2005年、1人暮らしの女性を殺害して車を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、伊東順一被告(58)の判決で、大分地裁(宮本孝文裁判長)は23日、無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。

 伊東被告は事件から約2年後に逮捕され、捜査段階では容疑を認めていたが、公判では一貫して無罪を主張。自白の信用性などが争点だった。

 論告で検察側は「任意で供述しており信用できる。犯行は悪質で冷酷非道だ」と指摘。弁護側は最終弁論で「客観証拠が存在せず、自白調書は違法に作られたものだ」と無罪を主張していた。

 伊東被告は05年3月14日、顔見知りだった無職山口範子さん=当時(61)=の自宅で、山口さんの頭をコンクリート片で殴ったり、ひもで首を絞めたりして殺害、車を奪ったなどとして起訴されていた。

Msn_s1_6 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100223/trl1002231352004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺被害の女性に取調室でわいせつ行為 容疑の愛知県警警部補を逮捕(23日)

詐欺事件の被害女性に取調室でわいせつな行為をしたとして、愛知県警は23日、特別公務員暴行陵虐の疑いで、岡崎署刑事課の警部補、鈴木卓彦容疑者(49)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年6~7月、6回にわたり、詐欺事件の被害を届けた40代の女性に、岡崎署の取調室で事情聴取しながら、わいせつな行為をし、陵虐した疑い。

 県警によると、女性が「行為を県警に明かす」と話したため、鈴木容疑者が1月に上司に相談し、県警が調べていた。鈴木容疑者は逮捕容疑を認めているという。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100223/crm1002231635017-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「出会い系」来たのは男性、口論で車飛び降り死亡(23日)

22日午後11時15分頃、愛知県刈谷市築地町の国道23号で、「人をはねたかもしれない」と、走行中の車の運転手から通報があった。

 刈谷署員が駆けつけたところ、追い越し車線に男性が倒れ、既に死亡していた。同署が身元確認を急いでいる。

 発表によると、約10分後、京都市の男性(24)から、「国道23号を乗用車で走行中、同乗の男性と口論になり、車から降りるように言ったところ、飛び降りてしまった」と通報があった。

 また、「出会い系サイトで知り合った。女性に会えると思っていたが、来たのは男性で、車内で体を触られ、口論になった」などと説明しているといい、同署は、業務上過失傷害の疑いもあるとみて、事情を聞いている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

アキバにテロ防止ゲート登場!? 爆発物探知の実証実験を実施(23日)

生活の安全安心を守る科学技術開発を進めている文部科学省は23日、東京都千代田区のJR秋葉原駅構内で、ゲートを歩いて通り抜ける間に爆発物を探知する装置の実証実験を行った。文科省の委託で技術開発した日立製作所(千代田区)によると、装置は既存のものより高感度で、米国政府機関からも問い合わせがあるという。

 同社によると、装置は自動改札機のようなゲート内に風を流し、吸い込んで分析。荷物や着衣、手などに付着した爆発物の微量な成分を高感度のガス検出装置で探知する。所要時間は3秒で、1時間に1200人を調べられる機能を目指す。

 英ロンドンで2005年、地下鉄などでの同時爆破テロに使用されたような手製爆弾の探知が対象。手製爆弾の成分は気化しやすく、着衣などに付着しやすいという。実験はシステムの精度を上げるため、多くの人にゲートを通過してもらい、爆発物の成分以外を誤って検出しないか調べるもので、24日も実施する。

 文科省や同社によると、実用化の時期は未定だが今後、駅や空港、イベント会場などでの採用が想定されるという。同社は「将来は自動改札機に組み込み、検出機だと思われないようにしたい」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「FBI型」でグローバル犯罪を捜査 警察庁(23日)

犯罪グループ同士が国籍に関係なく連携してアジトや犯行ツールを世界規模で調達し、各国で犯行を繰り返す「犯罪のグローバル化」が進んでいることを受けて、警察庁は23日、都道府県警から登録された専門捜査員が、管轄区域や部門を超えて捜査に当たることができる「米連邦捜査局(FBI)型」捜査体制の確立を柱とする戦略プランを公表、全国に通達した。

 警察庁には犯罪を直接、捜査する権限や組織・人員はないが、新制度では各都道府県警が、外国語や情報の収集・分析能力、国際捜査経験などに優れた警察官を「国際犯罪捜査指定捜査員」に選定し、警察庁が登録する。

 警察庁は事件の発生状況など必要に応じ、指定捜査員を複数の都道府県や部門にわたる捜査に投入、同庁の指導・調整の下で管轄を超えて外国機関とも連携した捜査を展開できる仕組みを目指す。

 「FBI型」を支えるため、警察庁は次長をトップとする委員会と対策室を設置し、情報の収集・分析や取り締まりの基本方針を定めるほか、ICPO(国際刑事警察機構)などとの国際連携を強化する。

 また、これまでは情報共有がなかった外事、国際捜査の両部門が連携するタスクフォースも随時設置する。

 一方、各地の都道府県警側では本部長指揮の下、個別の犯罪組織の活動状況の把握を専門とする「実態解明班」を新設。犯罪資金の流れの分析を専門とする警察庁の部署と連携して犯罪組織の活動実態の把握し、捜査現場に提供する。

◇ 警察庁は同日、都内で全国警察本部の国際組織犯罪捜査担当幹部を集めた会議を開き、安藤隆春長官は「犯罪のグローバル化が急速に進み、治安に対する重大な脅威となっている」と指摘。そのうえで、「日本警察が一丸となった取り組みを強化することで国際犯罪組織との新たな戦い方を構築してほしい」と述べた。

【用語解説】犯罪のグローバル化

 金融、経済のグローバル化やITの発達などに伴い、ヒト・モノ・カネ、情報の移動や流通が容易となった状況を悪用して行われる国際的な犯罪。アジトや犯行地(国)、携帯電話、銀行口座などインフラなどを相互に融通するなど緊密に連携。素早く国境を行き来するため摘発は難しいとされる。国内ではナイジェリア人のマネーロンダリンググループや西中欧系強盗団「ピンクパンサー」、中国系「爆窃団」などの活動が把握されている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100223/crm1002231036005-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

岩手でも審査申立書 小沢氏不起訴で検審に(23日)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽奇記載事件で、小沢氏の不起訴処分を不服とする申立書が盛岡検察審査会に届き、同審査会は23日までに、すでに審査を申し立てられている東京第5検察審査会に移送した。

 盛岡検察審査会によると、申立書は岩手県内の男性から10日、郵送で届いた。この男性に申し立ての権限があるかどうかを含め東京第5検察審査会で審査する。事件では小沢氏を告発した市民団体が12日、同審査会に同様の申し立てをしている。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100223/crm1002231125007-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひったくり急増、防犯ネット装着呼びかけ(23日)

東京・足立区で急増するひったくり事件の被害を防ごうと、稽古着姿の子どもたちが自転車の前カゴに防犯ネットを装着するよう呼びかけました。

 ペンチを使い、防犯ネットを取り付ける稽古着姿の子どもたち。警視庁は急増するひったくり事件の被害を防ごうと22日夕方、東京・足立区で自転車の前カゴに取り付ける防犯ネットを500個用意し、通行人に配りました。

 足立区では、去年1年間に発生したひったくり事件が198件と前の年に比べ46件増えていて、今年に入っても22日までで32件発生したということです。

 ひったくりの被害から身を守るには他にもバイクの音が聞こえたら振り返ってみたり、徒歩の場合は荷物を建物側に持ったりすることが有効だということです。(22日20:07)

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362610.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通量多い交差点、警察官が交通整理(23日)

都内の交通量の多い交差点で警察官が年間を通じて交通整理に立ち、事故防止を目指す「見せる街頭活動」が22日から始まりました。

 22日から始まったこの街頭活動。朝の通勤ラッシュの時間帯からサラリーマンや子供が帰宅する夕方まで、交通量の多い交差点に警察官が立ち、警笛を鳴らして交通整理をしたり、歩行者の保護や誘導に当たります。

 この試みは年間を通じて行われる予定で、都内では島部を除く97か所の交差点に警察官が立ち、交通ルールを守るようにドライバーに呼び掛けます。

 警視庁によりますと都内で去年、交通事故で死亡したのは205人ですが、そのうち高齢者がおよそ4割を占めています。警視庁はこの活動を通じて、「車だけではなく高齢者や自転車による交通事故を防止し、地域の人への安心につなげたい」としています。(23日00:17)

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362753.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・江戸川区で20歳男性を車に連れ込み監禁した男3人を現行犯逮捕(23日)

東京・江戸川区で20歳の男性を車に連れ込み監禁した男3人が、警視庁に現行犯逮捕された。
逮捕されたのは、栗原竜二容疑者(33)、熊倉 宏容疑者(28)ら3人。
3人は22日昼すぎ、立川市で20歳の男性を車に乗せ、江戸川区まで2時間にわたって連れ回し、逮捕監禁の現行犯で逮捕された。
3人は「金を返してもらうために車に乗せた」などと供述している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00172299.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性殴り現金強奪容疑 タンザニアの語学講師を逮捕(23日)

神奈川県警座間署は22日、タンザニア国籍の語学講師、モニソン・ハリド・アダムス容疑者(37)=相模原市相武台1丁目=を強盗容疑で逮捕し、発表した。「知らない」と容疑を否認しているという。

 同署によると、モニソン容疑者は昨年12月8日午前10時20分ごろ、座間市相武台4丁目の銀行の駐車場で、同市緑ケ丘3丁目の食品配達業の女性(60)の顔を殴り、現金130万円入りのバッグを奪った疑いがある。女性は顔に軽傷を負った。目撃証言や防犯ビデオの映像から、モニソン容疑者が浮上したという。

 女性は銀行で現金を下ろした後、駐車場で車に乗ろうとしたところを襲われた。モニソン容疑者は06年に来日。東京都八王子市の大学で、臨時講師としてスワヒリ語を教えていた、と話しているという。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬で女性殺害容疑 大阪の「霊能者」ら再逮捕へ(23日)

大阪市内で2008年4月~09年2月に民家などが相次いで焼ける放火事件があり、現住建造物等放火罪などで逮捕、起訴された自称霊能者の民生委員と知人の介護士の被告2人が共謀し、介護士が介護していた女性に睡眠薬やインスリンを投与して死亡させた疑いが強まったとして、大阪府警が一両日中にも殺人容疑で2人を再逮捕する方針を固めたことが府警への取材でわかった。

 2人は民生委員の寺谷均美(ひとみ)被告(53)と介護士田向(たむかい)啓子被告(53)。府警によると、寺谷被告は「お不動さん信仰の先生」などと自称。田向被告は信奉者だった。

 捜査関係者によると、2人は共謀し07年5月、大阪市西成区の会社役員の男性(67)の母親で、当時90歳前後の女性に睡眠薬やインスリンを投与し、数日後に肺炎で死亡させた疑いが持たれている。会社役員の家族が寺谷被告の信奉者だった。

 田向被告は調べに「睡眠薬を一度飲ませたが、回復したのでもう一度飲ませた。入院したため、病院内でインスリンを投与して死なせた」と説明。「民生委員の指示だった」とも述べているという。

 当時、死因は肺炎とされ、司法解剖は行われなかった。府警は女性の診療記録などをもとに、肺炎にかかったのは睡眠薬やインスリンの過剰投与により体力が低下したことが原因だとして、殺人容疑に問えると判断した。

 会社役員の家族は家族関係の悩みなどを寺谷被告に相談しており、この頃までに祈祷(きとう)などの謝礼として約2千万円を払っていた。

 府警は昨年7月、会社役員宅に08年5月に放火したとする現住建造物等放火容疑で両被告を逮捕。府警のこれまでの調べによると、寺谷被告は火災の直前に会社役員に電話で「変なことがあるかもしれない」と話し、火災後に「お金を払ったら護摩をたいてあげる」などと金銭を要求していたという。

両被告はこのほか大阪市東成区で起きた4件の放火と5件の窃盗の罪などで起訴されたが、会社役員宅放火事件については、大阪地検が処分保留としている

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小林氏の選対事務所維持費、北教組が「丸抱え」(23日)

民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に、違法な選挙費用を提供したとして今月15日、札幌地検の捜索を受けた北海道教職員組合(北教組)。2008年12月から提供された現金計1600万円の大半は、月約150万円に上る選対事務所の維持費に充てられていた。

 関係者の証言によると、現金は、北教組トップの委員長(昨年6月死亡)と、ナンバー2の委員長代理が直接渡したといい、2人がどのように調達したのか、その原資にも注目が集まっている。
◆1週間後

 小林氏陣営の実質的な会計責任者で、自治労北海道本部の財政局長も務める男性(46)は15日以降、読売新聞の取材に数回にわたって応じ、北教組から現金を受け取った経緯を証言した。

 それによると、北海道江別市内にある小林氏の選対事務所の維持費が不足し始めたのは08年11月下旬頃。2か月前に事務所を開き、衆院選の準備を始めていたが、衆院解散の見通しが立たなくなったためだった。

 「残額が少なく、どうにもなりません」。男性が、小林氏陣営の選対委員長を兼務していた北教組の委員長に訴えると、約1週間後の12月上旬、委員長から「準備ができた」と連絡を受けた。呼び出されたのは札幌市内の北教組本部の委員長室で、「これ、頼まれたもの」と現金400万円を手渡されたという。

 「カネの出所はとてもじゃないが聞けなかった」

 男性はそう振り返り、資金提供の要請は「自分の独断だった」と強調した。
◆維持費150万

 選対事務所の家賃は月31万4000円。事務機器のリース料(同50万~60万円)やレンタカー2台分の代金(同十数万円)などを合わせると維持費は月約150万円に上った。

 男性は北教組からの現金をこれらの支払いに充て、その後も事務所の維持費が払えなくなると、2~3か月ごとに委員長に資金支援を要請。委員長もこれに応じて、さらに2回にわたって400万円ずつを提供したという。

 委員長は昨年6月に心筋梗塞

)

で急死。後任の選対委員長に就いた北教組の委員長代理も同7月、400万円を男性に手渡しており、同月21日に衆院が解散されるまで、約8か月分の事務所の維持費は、北教組が「丸抱え」で負担したとみられている。
◆「調査中」

 北教組は1978年、道内の教職員に主任制度が導入された際、組合員に支給される「主任手当」の返還運動を始め、金融機関などでプールしている返還分は約55億円を超える。北教組は「プールした手当はきちんと処理している」と主張する。しかし、小林氏陣営に渡った1600万円の原資については「組織として調査する」と答えるにとどめ、明確な説明をしていない。

 北海道5区は、民主党と連合北海道が「最重点区」と位置づけ、製パン会社の労組役員だった小林氏の陣営には連合札幌の会長も選対委員長代行として名を連ねた。

 その連合札幌の会長は昨年10月、公選法違反(買収の約束など)の容疑で道警に逮捕され(逮捕後、会長を辞任)、今月、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。禁固以上の刑が確定すると連座制が適用され、小林氏は失職するため去就の問題も浮上する。

 小林氏の事務所は22日、読売新聞の取材に「議員本人は『資金提供を知らない』と言っている。詳細が分からず現時点でそれ以上、お答え出来ない」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

幼児虐待:3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(23日)

福岡県警博多署は22日、3歳の娘に暴行し死亡させたとして、福岡市博多区博多駅前1、無職、林京介容疑者(21)を傷害致死容疑で逮捕した。署によると「おねしょやお漏らしをするのでやった」と供述し、容疑を認めている。遺体には古いあざもあり、県警は以前から繰り返し虐待していたとみて追及する。

 容疑は2月中旬~18日夕、自宅で娘の仁井内愛音(にいない・あいね)ちゃんをけったり平手で殴って暴行。壁や床に頭をぶつけて20日午後9時半ごろ、硬膜下血腫などで死亡させたとしている。

 林容疑者が20日夜、近所の人に119番を依頼。駆け付けた救急隊員が衰弱している愛音ちゃんを見つけ、搬送先で死亡が確認された。同署の任意聴取に「風呂に入れていたらぐったりした」と説明していた。

 林容疑者は娘と2人きりの時に暴行していたという。愛音ちゃんは妻の前夫との子。妻には林容疑者との間に8カ月の男児がいるが、乳児院に入所している。林容疑者は09年5月に結婚。11月ごろ、妻の実家に預けられていた愛音ちゃんを引き取っていた。

 博多区役所や市こども総合相談センター(児童相談所)は「虐待は把握していなかった」としている。【近松仁太郎】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100223k0000m040083000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造株主優待券:密輸容疑で6人逮捕、マックを1万8千枚(23日)

偽造された日本マクドナルドホールディングス(本社・東京都新宿区)の株主優待券約1万8000枚を輸入したとして、愛知県警捜査2課と港署などは22日、金沢市古府、自称リフォーム業、浅野盛造容疑者(51)ら男6人を偽造有価証券輸入容疑で逮捕した。県警は、浅野容疑者らが転売目的で08年12月ごろに5万4000枚(時価約3000万円)以上を密輸していたとみて追及する。

 容疑は08年12月7日ごろ、中国・杭州の郵便局から、株主優待券約3000冊が入った段ボール3箱を岐阜市内の浅野容疑者の家族宅など3カ所に航空便で発送し、同8日ごろに成田国際空港から輸入したとしている。県警によると、浅野容疑者ら2人は「中身が優待券とは知らなかった」と否認、他の4人は「浅野容疑者に頼まれ、受取先の住所を提供した」などと容疑を認めているという。

 県警によると、優待券は1冊6枚つづりでハンバーガーやドリンクなどが無料で買え、ネットオークションでは1冊3600~4200円程度で取引されているという。偽造券は漢字や記号の表記が一部異なっていた。県警は、浅野容疑者らが中国の印刷業者に優待券を偽造させていたとみて調べている。

 08年12月、段ボール箱が重いのを不審に思った名古屋税関職員が検査して発覚した。税関は、中部国際空港などで計9000冊の偽造優待券を押収した。【秋山信一、中村かさね】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100223k0000m040146000c.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

66歳女性殺害容疑で会社役員の男を逮捕 宮城・川崎町(23日)

 宮城県川崎町で1月、住宅が全焼し、住人の大宮節子さん(66)の刺殺体が見つかった事件で、県警大河原署捜査本部は22日、殺人の疑いで、亘理町逢隈中泉後生内、会社役員、庄司敏容疑者(48)を逮捕した。捜査本部によると、庄司容疑者は容疑を認めているという。

 庄司容疑者は生命保険会社の代理店の取締役。約5年前から大宮さん宅に出入りし、同時期に死亡した大宮さんの夫が生命保険の契約を結んでいた。捜査本部は、庄司容疑者と大宮さんの間に金銭トラブルがあったとみて動機を調べる。

 逮捕容疑は、1月21日夜、大宮さん宅で、大宮さんの頭や背中などを刃物で何度も刺し、殺害したとしている。

 事件は同日午後9時ごろ、大宮さん宅から火が出ているのに近所の住民が気付いて発覚。大宮さん宅1階寝室の布団の上で、大宮さんが殺害されているのが見つかった。捜査本部は事件と火災の関連も調べている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100222/crm1002222328037-n1.htm

Msn_s1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察に情報漏らしたと思い殺害」 神戸の女性講師殺人で容疑者(23日)

 神戸市の語学学校講師、今滝愛さん=当時(32)=が殺害され、遺棄された事件で、殺人容疑で逮捕された中国籍の林文斌(りん・うぇんびん)容疑者(41)が「(今滝さんが)警察に情報を漏らしたと思って殺害した」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。林容疑者は覚醒(かくせい)剤の密売などに関与したとみられ、葺合署捜査本部は、今滝さんがトラブルに巻き込まれたとみている。

 捜査関係者によると、林容疑者は以前、大阪・ミナミを拠点にディスコなどを経営しており、昨年5月に覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕、起訴され服役中だった。今滝さんは平成20年10月に行方不明になる前、林容疑者のディスコに出入りしていたとみられ、林容疑者らと交友関係があったという。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100222/crm1002222347038-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月22日 | トップページ | 2010年2月24日 »