« 2010年2月11日 | トップページ | 2010年2月13日 »

2010年2月12日

2010年2月12日 (金)

浜崎あゆみさんに「5億円」脅迫文 42歳男を逮捕 (12日)

歌手の浜崎あゆみさんに「5億円を送金しろ。さもなければ所属事務所の社長の自宅を放火する」という脅迫文を送り、社長から金を脅し取ろうとしたとして、42歳の男が逮捕されました。

 恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、兵庫県明石市の職業不詳・藤井基吉容疑者です。藤井容疑者は去年12月、浜崎さんの自宅に「1週間以内に5億円を送金しろ。さもなければ所属事務所の社長の自宅を放火して丸焼きにしてやる」などと書いた脅迫文を送りつけ、社長から金を脅し取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によると、藤井容疑者は今年に入り、金を脅し取るために浜崎さんの東京都内の自宅に押しかけていました。浜崎さんの事務所の親会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」は、「捜査が行われているので詳細は差し控えさせて頂きます」とコメントしています。

Annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/index3.html?now=20100212194901

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

官邸に銃弾?入り封筒が郵送 小沢事務所にも(12日)

首相官邸と衆院第1議員会館内の小沢一郎・民主党幹事長の事務所に12日、銃弾とみられる金属が入った封筒が郵送されたことが警視庁への取材でわかった。同庁は脅迫容疑などで調べている。

 麹町署によると、官邸に届いた封筒は鳩山由紀夫首相あてで、差出人は新聞などの活字を切り張りした「小沢一郎」名。ライフルの実弾とみられるもの1個と鳩山首相の切り抜き写真が入っていた。小沢氏の事務所に送られた封筒には、ライフルの実弾とみられるもの1個が白い紙に包まれて入っていたという。

 いずれも東京23区内で投函(とうかん)されたとみられる。官邸と小沢氏の事務所には1月28日にも、銃弾とみられる弾が入った封筒が郵送されている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)

オレオレ詐欺が復活

【治安解説】
212

メールで警視庁によると、今月に入って8日までに振り込め詐欺の被害が34件発生しており、うち、オレオレ詐欺が4分の3以上を占めているという。

 警視庁は☆犯人のこんな言葉にご注意を!と呼びかけている。
 ○息子や親族を騙り、「携帯の電話番号が変わった」、「会社の金を使い込んでしまった」、「友達と店をやっているが、友達が夜逃げした」「自分はお金を受け取りに行けないから、代わりの者(又は、宅配便の業者)が取りに行く」

 ○警察官や金融庁の職員等を騙り、「あなたの口座からお金が引き落とされている」、「係員が行きますので、キャッシュカードを渡してください」、「暗証番号を教えてください」

 ☆息子等から「携帯電話が変わった」との電話があった時は、念のため必ず、変更前の電話番号にかけ直して、ウソであることが分かったらすぐに110番通報しましょう!
 このような場合は、相手の電話番号を地元の警察に知らせてください。もし、相手の口座番号が分かれば、その口座を警察に情報提供しましょう。バイク便で受け取りに来た場合は110番通報を。
 みなさんからの早期の通報が、犯人の検挙や、次なる被害の阻止につながります!

 「日本列島振り込め詐欺」http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

警視庁管内体感治安は「レベル2(ブルー)」の現状とする。

 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【不審者】
痴漢/目黒区 八雲2丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:児童
○詳細:09:50頃、男に体を触られた。犯人は、30歳代、150cm位、太め、徒歩。
★投稿日時2010-02-13 11:07:13
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10021311070001
【不審者】痴漢/北区 赤羽北3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:0時頃、男に体を触られた。20歳代、170cm位、やせ型、長髪パーマ、茶色っぽいジャンパー、黒色っぽいジーパン、スニーカー、徒歩。
○投稿日時2010-02-13 09:25:24
【火事】杉並区高円寺北3丁目 2番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:ビル/店舗
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:現在消防消火活動開始、延焼中の模様です、付近の方は十分注意して下さい。
○投稿日時2010-02-12 21:39:40
【事件】ひったくり/葛飾区 東新小岩7丁目付近
○発生日時:本日午後
○詳細:14:20頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。小肥り、黒っぽいジャンパー着用。
○投稿日時2010-02-12 17:01:56

【不審者】痴漢/日野市 日野の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:01:50頃、男に体を触れた。犯人は、20歳代、180cm位、やせ型、白色っぽいTシャツ、色不明ズボン、帽子、徒歩。
○投稿日時2010-02-12 10:32:56
【不審者】痴漢/江戸川区 新堀1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:女性
○詳細:06:50頃、男に体を触られた。40歳代、170cm位、やせ型、短髪、黒色っぽいジャンパー、黒色っぽいズボン、マスク、徒歩。
○投稿日時2010-02-12 09:20:03
【事件】事故(車以外)/新宿区高田馬場1丁目 JR高田馬場駅
○発生日時:今(現在)
○詳細:人身事故の模様です、山手線、上下線運転見合わせ中の模様です。
○投稿日時2010-02-11 22:32:08
【事件】事故(車以外)/荒川区西日暮里2丁目 JR日暮里駅
○発生日時:今(現在)
○詳細:ホームから線路に人が転落した模様。常磐線が上下線運行停止中の模様です。
○投稿日時2010-02-11 14:51:23
【事件】事故(車以外)/荒川区西日暮里2丁目 JR日暮里駅
○発生日時:今(現在)
○詳細:ホームから線路に人が転落した模様。常磐線が上下線運行停止中の模様です。
○投稿日時2010-02-11 14:51:23
【不審者】痴漢/目黒区 東山1丁目の路上
○発生日時:本日午前
○被害者:生徒
○詳細:08時頃、登校途中、男に体を触られた。犯人は、若い感じ、短髪、グレー色っぽい上衣、自転車利用。
○投稿日時2010-02-10 18:37:31
【不審者】公然わいせつ/足立区 六木1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:
○詳細:15:20頃、60歳位の男による。160cm位、やせ型、短髪、徒歩。
○投稿日時2010-02-10 16:40:37
【不審者】痴漢/荒川区 町屋8丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:女子学生
○詳細:21:30頃、男に体を触られた。犯人は、20歳代、やせ型、紺色っぽい背広、紺色っぽいズボン、会社員風、自転車利用。
○投稿日時2010-02-10 10:26:47
【事件】強盗/台東区柳橋2丁目 吉野家(2-14-2)
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:15頃、男が刃物を持って押し入り、現金を奪って逃走。犯人は、30~40歳、175cm位、マスク着用。
○投稿日時2010-02-09 10:57:20
【不審者】つきまとい/品川区 大崎2丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:
○詳細:20:50頃、20歳代の男による。170cm位、やせ型、長髪茶色、黒色っぽいジャンパー、色不明ジーパン、徒歩。
○投稿日時2010-02-09 10:08:46
【不審者】痴漢/日野市 平山5丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:生徒
○詳細:17時頃、男に体を触られた。犯人は、30歳代、170cm位、やせ型、長髪、黒色っぽいジャージ上下、徒歩。
○投稿日時2010-02-09 09:37:33
【火災】世田谷区北烏山2丁目 10番付近
○発生日時:今(現在)
○燃えている物:車
○火の状態:
○消火作業:消火前
○詳細:車両が電柱に衝突し煙が出ている模様です。付近の方は十分注意して下さい。現在消防が臨場中。
○投稿日時2010-02-08 21:51:55
【不審者】つきまとい/北区 田端新町3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:01:20頃、男につきまとわれた。
○投稿日時2010-02-08 11:50:51
【不審者】つきまとい/北区 田端新町3丁目の路上
○発生日時:本日深夜
○被害者:女性
○詳細:01:20頃、男につきまとわれた。
○投稿日時2010-02-08 11:50:51
【不審者】痴漢/練馬区 大泉町1丁目のマンション内
○発生日時:昨日
○被害者:女性
○詳細:21:30頃、男に体を触られた。30歳代、170cm位、がっちり型、黒色っぽい上衣、色不明ジーパン、徒歩。
○投稿日時2010-02-08 09:19:16
【事件】ひったくり/新宿区 西新宿6丁目付近
○発生日時:本日深夜
○詳細:0:10頃、黒っぽいマウンテンバイクに乗った男による。20歳代、黒っぽいジャンバー着用。
○投稿日時2010-02-08 09:17:48

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

「恋人探して」 ツイッターの捜索願で騒動 警察は困惑(12日)

恋人の男性が行方不明。情報ください――。140字以内の「つぶやき」をインターネットで発信する「ツイッター」で先月、こんな「捜索願」が駆けめぐった。家族から本物の捜索願が出された地元の警察署には、つぶやきを見たユーザーから真偽を確かめる電話が昼夜を問わず殺到。「恋人」は無事に見つかったが、署の幹部は「業務妨害になりかねない」と、新しいネットサービスが引き起こした騒動に困惑している。

 「1/18正午頃より行方不明。男性。背は180センチぐらい、やせ形。長めの黒髪。眼鏡をかけてる。三重県伊勢市から四日市方面に移動。自殺するつもりのようです」

 1月18~20日ごろ、ツイッターでこんなつぶやきが駆けめぐった。もともとの発信者は行方不明者の恋人の女性と見られる。多くのツイッターの利用者がこのつぶやきを引用してさらにつぶやいた。そのため、ねずみ算式に情報がネット上で共有された。「みつかりますように」「さがしてみたけどいなかった」などの反応もあれば、「デマでは」と疑う声も。

 一方、家族からの捜索願を受理した伊勢署(同県伊勢市)には「ツイッターに書いてあるのは本当なのか」といった電話が相次いだ。女性はツイッターからリンクさせたブログで「何かあれば伊勢警察署へ」と書き込んでいたからだ。

 ツイッターを見ていない署員らは「何で知っているのか」と慌てた。捜索願を受理した場合、まず非公開の捜索が原則だ。今回の件も公表していなかったため、「お答えできません」としか言えなかった。

 同署の幹部は「女性はわらにもすがる思いだったかもしれないが、電話の対応に追われると、特に休日や夜間の当直態勢の時は事件、事故の対応にも支障が出かねない。今後こういうことが増えると思うと、先行きが不安だ」と話す。

 男性は1月20日、富士の樹海で静岡県警に保護された。ツイッターでは、「【速報】恋人が発見されました!」と女性がつぶやき、それが瞬く間に引用されていき騒動は収まった。

 ツイッターに詳しい敬和学園大の一戸信哉准教授(情報法)はこの騒動をツイッターで眺めていた。「さまざまな現象や情報がリアルタイムで共有されると非公開捜査などに影響が出てしまうが、こうしたことを完全に回避するのは不可能だろう。ただ、共有された情報から問題が早期に解決する可能性だって十分あるはずだ」と話している。(中島嘉克)

Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮城3人殺傷「姉邪魔だった」逮捕の少年供述(12日)

宮城県石巻市清水町の南部かつみさん(46)宅で3人が死傷した事件で、未成年者略取などの疑いで逮捕された同市の解体工少年(18)が調べに対し、死亡した長女美沙さん(20)について「邪魔だった」という趣旨の供述をしていることが12日、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は、次女沙耶さん(18)との交際に反対していた美沙さんを少年が逆恨みしていたとみて調べている。

 県警幹部などによると、解体工少年はこれまで南部さん方を訪問した際、以前交際していた沙耶さんとの面会を姉の美沙さんに断られたため、美沙さんが沙耶さんをかくまい、会わせないようにしていると感じていたという。

 県警は解体工少年を、美沙さんと、知人で同市立女子商業高3年大森実可子さん(18)に対する殺人容疑でも調べる方針。石巻署の捜査本部は12日午前、解体工少年と東松島市の無職少年(17)を未成年者略取、監禁容疑で仙台地検に送検した。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(12日)

振り込め詐欺:09年府内、3分の1に 若者注意!!増える架空請求被害 /京都

 ◇183件減120件

Logo_mainichi_s1_3

 府警はこのほど、09年の府内での振り込め詐欺被害のまとめを発表した。認知件数は120件(前年比183件減)、被害金額は1億2600万円(同1億8600万円減)と、どちらも前年の3分の1程度に減ったが、架空請求で若者が被害に遭う事件は増加。府警は「振り込め詐欺全体の被害は減ってはいるが、今も続いている。不審な請求があったら、無視するか、近くの警察に相談してほしい」としている。

 府警によると、種類別では、オレオレ詐欺11件(同38件減)▽架空請求詐欺83件(同4件増)▽融資保証金詐欺26件(同71件減)▽還付金詐欺0(同78件減)。検挙数は振り込め詐欺の容疑が135件、振り込め詐欺に使う携帯電話や口座をだまし取る詐欺などの容疑が198件だった。

 唯一増加した架空請求詐欺は有料サイト料金名目が約6割を占め、被害者の約4割が20歳代の若者だった。1件当たりの被害額も約126万円と高額だった。

 架空請求詐欺は全国的には前年から1032件減って2493件だったが、府内で増加した理由について府警は「携帯電話などのサイトを利用する若者や学生が多いからではないか」と分析し、注意を呼びかけている。【田辺佑介】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100212ddlk26040297000c.html

 

続きを読む "日本列島振り込め詐欺(12日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑:ゴルフ会員権販売社長ら11人逮捕(12日)

「中国のゴルフ場の会員権を高値で転売できる」と虚偽の説明をして現金をだまし取ったとして、警視庁生活経済課と千葉県警の合同捜査本部は12日、ゴルフ会員権販売会社「新日本総販」(東京都墨田区)社長、岡田浩之容疑者(42)や元同社幹部ら計11人を詐欺容疑で逮捕した。岡田容疑者らが1都18県の約280人から約7億4000万円を詐取したとみている。

 逮捕容疑は、06年8月~07年6月に「遼寧省大連のゴルフ場の会員権を1口80万~120万円で買えば、商社が200万~300万円で買い取ってくれる。3カ月~半年後には高値で売れる」と虚偽の説明をして、都内の建築業の男性(73)ら6人から会員権の販売名目で計約2000万円をだまし取ったとしている。岡田容疑者ら8人は容疑を否認し、3人は認めているという。

 岡田容疑者らは、バブル経済崩壊後に値下がりしたゴルフ場の会員名簿を名簿屋から入手し、「購入額との差額を税務署に申告すれば還付が受けられる」とアドバイスして信用させ、高齢者らに遼寧省の会員権を購入させていた。集めた現金は同社の資金繰りなどに充てられたという。【町田徳丈】http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100212k0000e040065000c.html

Logo_mainichi_s1_2

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

“小沢氏起訴を”申し立て(12日)

民主党の小沢幹事長の政治資金をめぐる事件で、嫌疑不十分で不起訴になった小沢氏本人について、告発していた市民団体が12日、「検察庁の判断は国民目線に立っておらず、不起訴は到底納得できない」として、起訴するよう検察審査会に申し立てました。

この事件で、東京地検特捜部は今月4日、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地の購入資金に充てた4億円をめぐり、収支報告書にうその記載をしたとして、会計事務を担当していた衆議院議員、石川知裕被告(36)ら3人を政治資金規正法違反の罪で起訴しました。その一方で、小沢氏本人については、収支報告書のうその記載にかかわった明確な証拠はないとして、嫌疑不十分で不起訴にしました。

 これについて小沢氏を告発していた市民団体は「今回の事件は、政治資金の流れについて国民に多くの疑惑を抱かせており、社会的影響は大きい。検察庁の判断は国民目線に立っておらず、不起訴は到底納得できない」として、12日、東京第5検察審査会に起訴するよう申し立てました。検察審査会は検察の判断が妥当かどうかを一般の市民が審査する機関で、去年、権限が強化され、2度にわたって起訴すべきという議決が出れば、検察の判断にかかわらず起訴されます。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/t10015599771000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

医薬品を無許可ネット販売、売り上げ1億円 ブラジル人の女逮捕(12日)

 富山県警は12日までに、薬事法違反(無許可販売)の疑いで、ブラジル国籍の無職、ミツカ・クリスチアネ・セコ容疑者(31)=愛知県岡崎市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年7月、国内で未承認の鎮痛剤計30錠を6800円で、愛知県岐阜県日系ブラジル人2人に販売したとしている

 県警によると、セコ容疑者はポルトガル語で医薬品販売のホームページを開設。日系ブラジル人らに、未承認の鎮痛剤や避妊薬などを販売していたとみられる。平成19年以降、約1億円の売り上げがあったといい、入手先などを調べている。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100212/crm1002121325021-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で185万円奪われる 東京・千代田、会社の預金引き出し直後(12日)

 12日午前9時50分ごろ、東京都千代田区富士見の路上で、会社員の男性(26)に男2人がスプレーを吹き付けたうえ、刃物のようなもので脅し、現金約185万円などが入ったバッグを奪って逃走した。男性にけがはなかった。警視庁麹町署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、男性は現場近くの会社に勤務。事件当時は、現金が奪われた路上から数百メートル離れた銀行のATMで会社の口座から185万円を引き出し、勤務先へ戻る途中だった。

 同署の調べでは、犯人の1人は身長約180センチで黒っぽい帽子姿だった。現場はJR飯田橋駅から南東へ約300メートルで、学校や病院などが立ち並ぶ地区。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100212/crm1002121342022-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性死亡、ひき逃げの疑いで男逮捕(12日)

11日、茨城県龍ヶ崎市の路上で、市内に住む飲食店従業員の桐原みゆきさん(23)が死亡しているのが見つかりました。

 警察がひき逃げ事件として調べていたところ、市内の駐車場で不審車両を発見、近くに住む土建業の朴昌成容疑者(40)を自動車運転過失致死などの疑いで逮捕しました。朴容疑者は、「怖くなって逃げた」と供述しているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4354528.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話購入、小1が2割…横浜市教委調査(12日)

横浜市教委は、小中学生と保護者を対象にした子供の携帯電話利用のアンケート結果をまとめた。

 携帯電話を持つ小学生の5人に1人が、購入時期を「小学1年生」と回答するなど、調査では購入時期の低学年化が浮き彫りになった。

 アンケートは昨年11月、市内の小学4年~中学3年の児童・生徒と保護者ら計約4800人を対象に実施。回答率は87・8%だった。

 それによると、小学生の40・1%、中学生の76・8%が携帯電話を持っていると回答した。購入時期については、小学生の所有者のうち、「小学1年」としたのが22%で、2年前の前回調査(7・8%)に比べて大幅に増えた。また、小学生では、小学3年までに購入したのが54%に上り、前回調査(40・8%)よりも購入時期の低学年化が進んでいた。

 携帯電話を持たせたことについては、80・2%の保護者が「良かった」とする一方で、持たせなかった保護者の89・2%も「持たせなくて良かった」と回答するなど、親の考え方がはっきりと分かれた。

 ただ、「子供が携帯電話を使用することに不安や危険を感じるか」との設問には、小学生の保護者で72・1%、中学生の保護者で68・3%が「感じる」「少し感じる」などと回答。具体的な不安としては、「ネット上のいじめ被害」「掲示板などの書き込みトラブル」をあげ、不安を抱えつつも、安全や利便性のために携帯電話を持たせる保護者が少なくない実態がうかがえた。

 また、携帯電話やパソコンの危険性についての学習状況を問う設問では、「学校で教えてもらった」とする回答が中学生で75・7%だったのに対し、小学生では43・2%にとどまった。市教委では「今後は早い段階からの安全対策やモラル指導が必要」としている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転手もうろう 乗客が止める(12日)

11日夜、高松自動車道で、観光バスが中央分離帯などに衝突したあと急停止し、後ろを走っていた車3台が追突したり接触したりしました。警察によりますと、バスの運転手が意識もうろうの状態になり、乗客の男性がブレーキを踏んでバスを止めたということです。

警察によりますと11日午後8時40分ごろ高松市田村町の高松自動車道の上り線で、高松市にある東交バスの観光バスが走行中、道路左側の壁や中央分離帯に衝突しました。乗客の男性が運転席を見たところ、男性運転手が意識もうろうの状態になっていることに気づき、ブレーキを踏んでバスを急停止させました。

 後ろを走っていた乗用車3台がバスを避けようとしましたが、追突したり接触したりし、このうち1台を運転していた男性が頭などに軽いけがをしました。バスの乗客11人にけがはありませんでした。バスの運転手は病院で手当てを受けていますが、命に別状はないということです。この事故の影響で、高松自動車道の上り線は現場付近で3時間近くにわたって通行止めになりました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/k10015587791000.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察への暴力相談、1月以降6回…宮城3人殺傷(12日)

元交際相手の解体工少年の暴力について、石巻署への相談は昨年2月と今年1月以降に集中していたことがわかった。

 発表によると、相談は昨年2月に始まり、同署に出向いたのが7回、電話6回の計13回。昨年2月に4回、今年1月以降6回で、集中した両時期とも、同署が少年に対し、「沙耶さんに近寄るな」などと警告していた。

 捜査関係者によると、沙耶さんは昨年2月、同署の紹介で、家庭内暴力(DV)の保護施設に入ったが、間もなく、同署に「(少年と)よりを戻した」と連絡してきたという。

 相談が再び増え始めたのは今年1月上旬。事件があった10日に、沙耶さんが医師の診断書を添えて傷害の被害届を提出する予定だった。

 捜査本部は、今年に入り、2人の関係が急速に悪化したことが事件の背景にあるとみて調べている。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

石巻2人刺殺:元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(12日)

宮城県石巻市清水町1、南部かつみさん(46)方で10日朝、長女美沙さん(20)と同市内の高校生、大森実可子さん(18)が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんを連れ去ったとして未成年者略取と監禁の疑いで県警に現行犯逮捕された同県東松島市の無職の少年(17)が、沙耶さんの元交際相手で石巻市内の解体工の少年(18)とともに南部さん方へ押し入る数時間前、友人に殺害計画を明らかにしていたことが分かった。【高橋宗男、垂水友里香】

 2人の友人らによると、元交際相手の少年は無職少年を「使いっ走り」のように扱っていた。友人らは9日深夜、元交際相手の少年が起こしたトラブルについて話し合うため、2人を探していたという。

 南部さん方近くの駐車場にいた2人を見つけたのは10日未明。

 この時、無職少年は「元交際相手の少年が(沙耶さんとの交際に反対していた南部さんの)母と姉を殺すと言っている」と打ち明けた。

 友人らは当初、相手にしなかったが、無職少年は「車に包丁がある。おれのせいにされる」と必死に訴え、包丁を握らされて指紋を付けさせられたことや、少年が革手袋をする予定になっていると説明したという。

 無職少年は「言うことを聞かないとお前も刺す」と脅されたといい、おびえきった様子だった。だが、半信半疑の友人らは「逃げるのは怖い」と繰り返す無職少年に愛想を尽かし、その場を後にしたという。

 友人の一人は「元交際相手の少年はいつも口ばかり。本当にあんな大それたことをするとは思わなかった」と話した。県警は元交際相手の少年や無職少年と交友関係のある関係者らから事情を聴いている。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/today/news/20100212k0000m040107000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

甘い対応…小沢氏の「けじめ」に強まる批判(12日)

石川被告の離党届を受理した小沢幹事長は、党による処分の必要性は否定し、無所属となる石川被告の活動を支えるよう北海道連の幹部に指示したが、身内への甘い姿勢には批判が強まりそうだ。今後は、石川被告に対する辞職勧告決議案への対応とともに、小沢氏自身が一連の事件へのけじめをどのようにつけるのかも焦点になりそうだ。

 「実質的な罪の責任ではなく、収支報告書の事務的ミスに関して責任を問われている」「私どもから離党などを働きかけるのではない」

 11日夕、小沢氏は党本部で記者団に対して、石川被告は“微罪”で起訴されたにすぎないとの認識に基づく強気の発言を繰り返した。

 民主党が野党時代に刑事責任を問われた所属議員に対して、離党勧告や除籍(除名)処分をしてきたのとは対照的だ。

 離党後も、石川被告を党として支援するよう指示された北海道連代表の三井国対委員長代理も、小沢氏に呼応して、自民党などが提出した議員辞職勧告決議案について「(起訴は)国会議員になる前のことで(採決には)なじまない」と切って捨てた。

 石川被告が秘書として仕えた小沢氏はまさに当事者だが、小沢氏の口からはこの日も、自身が政治的、道義的責任をどう取っていくかが語られることはなかった。

 「辞めろー!」

 11日午前、栃木県日光市内の鬼怒川温泉のホテルで開かれていた民主党の福田昭夫氏の政治資金パーティーで演説した小沢氏にやじが飛び、会場は一瞬静まりかえった。

 小沢氏は気にしない様子で話し続けたが、パーティーの主催者の福田氏は、小沢グループ「一新会」のメンバー。小沢氏は入場の際に大きな拍手と「イチロー」コールで迎えられていただけに、たった一人のヤジは、党内の「声なき声」を代弁するかのようで、かえって痛烈に響いた。

 当初、石川被告は12日の離党届提出を予定していた。それが11日に繰り上がったのは、この日が建国記念の日の休日であることに加え、12日に衆院予算委員会の集中審議で「政治とカネ」の問題が取り上げられるため、批判をかわすねらいがあったようだ。

 しかし自発的離党にとどまる甘い対応は、いやおうなく小沢氏のけじめのなさをクローズアップさせる。 小沢氏は昨年、西松建設事件で秘書の大久保隆規被告が逮捕、起訴された後、党代表を辞任している。今回は石川被告ら3人が逮捕、起訴されている。

 自民党の大島理森幹事長は11日、栃木県小山市内で記者団に「民主党はトカゲのしっぽ切りではいけない」と批判。小沢氏と石川被告の参考人招致を求めるとともに、辞職勧告決議案の採決が、2010(平成22)年度予算案の採決の前提だと強調し、攻勢をかける姿勢を示した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元連合赤軍幹部・永田洋子死刑囚の脳腫瘍が悪化(12日)

 昭和46~47年にかけて起きた一連の連合赤軍事件に絡む大量リンチ事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定している元連合赤軍幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が、持病の脳腫瘍(しゅよう)が悪化し、面会者が訪れても相手が分からないほど病状が悪化していることが11日、分かった。元赤軍メンバーら関係者らによる集会で明らかにされた。

 一方、集会にはハーグ事件などで懲役20年の高裁判決を受け上告中の日本赤軍元最高幹部、重信房子被告(64)も「生きて再会を念じています」などとするメッセージを寄せた。

 集会は2月上旬、京都市で開催。元日本赤軍や元連合赤軍、よど号グループのメンバーと支援者ら約40人が集まった。

 永田死刑囚は昭和59年に手術を受けた。さらに数年前に再手術もうけ、一時は危篤にも陥ったこともあるという。現在はやや持ち直したというが、視力をほとんど失ったうえ、面会者が訪れても誰かを認識することも難しい、厳しい病状となっているという。

 判決などによると、永田死刑囚は組織を抜けた仲間2人を絞殺したほかリンチで仲間11人を殺害、1人を死亡させるなどしたとして、平成5年に死刑が確定している。

 集会ではこのほか、平成8年にネパールで拘束され、アメリカで服役している元赤軍メンバー、城崎勉服役囚が白内障と緑内障を併発。しばらくは医療環境が整わなかったため、一時は失明の危機もあったことも報告された。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100211/crm1002112130023-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

【産経抄】2月12日(12日)

 平成19年9月に、電車内で悪ふざけをしていた男子高校生を平手打ちしてけがをさせたとして、神奈川県警の警察官が逮捕される事件があった。新聞で報じられると、警察官の行動を支持する電話やメールが、県警に4000件以上も寄せられた。

 ▼もっともその後の調べで、駅員の注意に従った高校生に対して、警察官が問答無用で殴っていたことがわかった。「美談」ではなかったわけだ。ただ多くの人が、警察に過剰とも思える期待を寄せている表れとして、記憶に残っている。

 ▼社会への脅威の芽をつみ取ってくれるなら、ある程度の行き過ぎは気にならない、とでもいうように。宮城県石巻市の民家で、男女3人が殺傷され、解体工の少年(18)ら2人が、この家の次女、南部沙耶さん(18)を連れ去った事件で、改めて警察の対応に疑問の声が上がっている。

 ▼沙耶さんは、一時期同棲(どうせい)していた少年から、殴るけるの暴力を加えられ、何度も警察に相談していた。事件の前夜にも、少年が沙耶さん宅を訪れ、110番通報する騒ぎがあったばかりだ。

 ▼被害届が出ていなかったとはいえ、沙耶さんたちを保護する手だてが警察になかったのか、との思いがぬぐえない。一方、犯罪病理学者小田晋さんは警察が出てきたことで、むしろ少年の攻撃性が高まったとみている。警察の対応に対する検証は必要だが、社会の安全を警察だけに頼るわけにもいかない。

 ▼刃物で刺されて死亡した、沙耶さんの姉の美沙さん(20)と友人の大森実可子さん(18)、重傷を負った男性(20)は、沙耶さんに頼まれて、いっしょの部屋にいたようだ。鳩山由紀夫首相の施政方針演説とは裏腹に、心優しい若者たちの「いのち」を、社会は守ることができなかった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100212/crm1002120241003-n1.htmMsn_s1

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月11日 | トップページ | 2010年2月13日 »