« 【鳥取連続不審死】 犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか (31日) | トップページ | 朝青龍から事情聴取、麻布署が方針(31日) »

2010年1月31日 (日)

道路にロープ張る… 高校生ら2人を殺人未遂で逮捕 茨城(31日)

 茨城県笠間市の県道で昨年10月、新聞配達員の女性(46)のバイクが道路に張ってあったロープに接触、転倒してけがを負った事件で、県警笠間署は30日、殺人未遂の疑いで笠間市内に住む私立高校1年の男子生徒(16)と、知人の無職少年(16)を逮捕した。2人はロープを張った事実は認めているが、殺意については否認している。

 同署によると、男子生徒らは昨年10月11日午前3時5分ごろ、同市下郷の県道にナイロン製のロープを張って女性を転倒させ、女性に頭や首を切るなど全治3週間のけがを負わせた疑いがもたれている。ロープは太さ約1センチ。両端が看板の支柱と生け垣にくくりつけられ、約1.2メートルの高さに張られていた。

 同日午前2時ごろ、現場近くのスーパーの公衆電話から「ケンカしている。早く来てくれ」と110番通報があったが、警察官が現場に駆けつけると誰もいなかったという。その後に女性が転倒する事故が発生したことから同署では関連を捜査、目撃情報などから男子生徒らが現場付近にいたことが判明したという。

 同署は発生当初、いたずらの可能性もあるとみて往来妨害致傷容疑で捜査を進めていたが、殺人未遂容疑での逮捕となったことについて「公共の道路にロープを張るという一歩間違えれば死に至る行為。悪質性、危険性が高いと判断した」と説明している。http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100130/crm1001302241019-n1.htm

Msn_s1_3

 

« 【鳥取連続不審死】 犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか (31日) | トップページ | 朝青龍から事情聴取、麻布署が方針(31日) »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道路にロープ張る… 高校生ら2人を殺人未遂で逮捕 茨城(31日):

« 【鳥取連続不審死】 犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか (31日) | トップページ | 朝青龍から事情聴取、麻布署が方針(31日) »