« 通貨偽造:金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(29日) | トップページ | 男性縛って冷蔵庫に閉じ込め、男逃走(29日) »

2010年1月29日 (金)

日本列島振り込め詐欺(29日)5:件

振り込め詐欺:09年認知件数46%、被害額53%減 ともに03年以降最少 /秋田

 ◇新たな手法も登場

Logo_mainichi_s1_3

 県警振り込め詐欺対策室は27日、09年の振り込め詐欺の被害状況のまとめを発表。県内の振り込め詐欺による被害の認知件数は昨年比46%減の43件、被害額は同53%減の5588万6722円だった。件数・被害額とも集計を始めた03年以降最少だったが依然として多額の被害が出ており、新たな手法も登場しているため注意を呼びかけている。

 県警によると、形態別では架空請求詐欺18件(前年同)▽融資保証金詐欺16件(前年比21件減)▽オレオレ詐欺9件(同8件減)。還付金詐欺はなかった。1件の平均被害額は約130万円。同室によると、このうちオレオレ詐欺は1件あたりの被害額が多いのが特徴で、60代以上の女性の被害が目立つ。最も被害額が大きかったのは、県南の60代女性が被害に遭った約900万円だった。

 警察官をかたって「逮捕した人物にあなたのカードが使われている」などと告げ通帳やカードの送付と暗証番号を教えるよう求めるケースや、親族を装って「電話番号を変えた」とまず連絡を取ったうえで再度「会社の金を使い込んでしまった」と電話をして金をだまし取る手口などが見られたという。また架空請求詐欺は、有料サイトの代金未払いや裁判の取り下げ費用をかたる内容が大半だった。【坂本太郎】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100128ddlk05040297000c.html<p>&nbsp;</p

振り込め詐欺:昨年の県内、04年以降最低 件数、金額とも6割強の大幅減 /群馬

 ◇県警「不審ならば相談を」

Logo_mainichi_s1_6

 県内で09年に発生した振り込め詐欺の認知件数は126件(被害金額約1億9000万円)で、統計を取り始めた04年以降、最低だったことが、県警捜査2課のまとめで分かった。前年の325件(同約4億9600万円)から件数、被害金額とも6割強の大幅減となった。同課は「振り込め詐欺をやりにくい土壌が県内にできつつある」と分析、さらなる被害防止に「おかしいと思ったらすぐに相談を」と呼び掛けている。同課によると、認知件数の内訳は▽親族などを装い金を振り込ませるオレオレ詐欺44件(35%)▽利用した覚えのない携帯電話の有料サイトの支払いや債権回収などを求める架空請求詐欺32件(25%)▽医療費などの還付名目で手数料などをだまし取る還付金詐欺29件(23%)▽融資を持ちかけ保証金などをだまし取る融資保証詐欺21件(17%)--となっている。

 このうち、還付金詐欺被害は6月11日以降確認されておらず「ほぼ撲滅状態」(県警捜査2課)。一方、オレオレ詐欺と架空請求詐欺は、いまだに発生が多くみられるという。被害者の年齢層をみると、オレオレ詐欺は50歳以上が全体の97・7%を占め、架空請求詐欺は30歳以下が81・2%と、極端な偏りを示した。

 認知件数・被害額の減少について、同課は▽県民の警戒心が高まったこと▽金融機関の職員によるATM(現金自動受払機)での声かけなどの水際作戦--を挙げたうえで「減ったとは言え、いまだに1億9000万円もの被害がある。少しでも被害を防ぐため、今後も予防・検挙の努力を続けていく」とした。【塩田彩】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100129ddlk10040125000c.html

振り込め詐欺:県内被害55件、4容疑者を送検 /高知

Logo_mainichi_s1_5

 県警捜査二課は28日、土佐弁を使った電話で息子を装い、高知市内の高齢者から現金を振り込ませてだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕した室戸市出身の4容疑者について、20日までに55件の詐欺容疑で高知地検に送検し、捜査を終結したと発表した。確認できた被害は県内66件で総額計9250万円に上り、そのうち総額7500万円分(55件)を立件した。

 送検したのは、東京都杉並区阿佐ケ谷北、無職、坂信行(35)▽同中央区新川、同、杉本浩文(35)▽高知市弥生町、同、安岡剛(36)▽同市薊野北町、同、花岡正悟(35)--の4容疑者。容疑は、07年9月から09年4月にかけて、土佐弁で息子などになりすまし、県内の高齢者方に電話をかけ、「一緒にいた女性を突き飛ばしてけがをさせた。示談金を借りたが返せない」などとうそを言い、現金を振り込ませ、だまし取ったとされる。【黄在龍】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100129ddlk39040455000c.htm

振り込め詐欺:小山、那須で被害相次ぐ /栃木

Logo_mainichi_s1_7

 県内で28日、振り込め詐欺被害の届け出が相次いだ。小山市の男性会社員(34)は今月5日、携帯電話に有料サイトの運営会社社員を名乗る男から「未納料金がある」と電話があった。翌6日に市内の銀行ATM(現金自動受払機)から指定口座に現金8万8000円を、その後、25日までに計390万8000円を振り込んだ。小山署に相談し、被害に気付いたという。

 また小山市の無職女性(54)は昨年10月末、「民事訴訟裁判通告書」と書かれたはがきを受け取り、指定された番号に電話すると「裁判を取り下げるのに供託金が必要だ」と男に言われ、上三川町の銀行ATMから計100万円を振り込んだ。今月28日、同じ番号に電話すると不通だったため被害に気付いた。

 さらに那須町の女性介護士(28)も同日、那須塩原署に届け出。「有料サイトの未払い料金がある」と携帯電話にメールがあり、指定番号に電話すると「支払わなければ裁判を起こす」と言われ、同町内のコンビニエンスストアから現金12万2000円を都内の住所へ郵送した。【吉村周平】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/news/20100129ddlk09040162000c.html

l

ATM操作で現金だまし取る還付金詐欺が都内で相次ぐ

Annlogo1

東京・世田谷区で、区役所の職員を名乗り、「医療費の返金がある。厚生労働省に電話して下さい」などと言ってATM=現金自動預け払い機を操作させ、現金をだまし取る手口の詐欺が相次いでいることが分かりました。

 警視庁によると、指示された電話番号にかけるとATMに行くように言われ、現金を振り込まされるという還付金詐欺が、今年に入って世田谷区などで9件相次ぎ、被害は約800万円に上っています。区役所には、不審な電話について60件を超える問い合わせが寄せられているということです。
 世田谷区危機管理室・中島好章係長:「還付金につきましては、電話でお知らせする手続きができるということはありません。区役所職員は絶対にそんなことは致しません」
 警視庁は、来月を「振り込め詐欺撲滅月間」と位置づけ、被害防止に取り組むとしています。http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news3.html?now=20100129223804

 

« 通貨偽造:金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(29日) | トップページ | 男性縛って冷蔵庫に閉じ込め、男逃走(29日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島振り込め詐欺(29日)5:件:

« 通貨偽造:金庫の1万円札抜き取り、コピーを戻す 孫逮捕(29日) | トップページ | 男性縛って冷蔵庫に閉じ込め、男逃走(29日) »