« 新幹線の券、携帯の記録…東京地検、裏金授受の捜査急ぐ(26日) | トップページ | 千葉のスーパーでまた針混入 今度はおでんセット(27日) »

2010年1月26日 (火)

おとり捜査、薬物密売グループ52人摘発(26日)

愛知県警と京都府警の合同捜査本部は、捜査員が覚せい剤の買い手になる「おとり捜査」で、イラン人の薬物密売グループのメンバーら52人を摘発し、このうち主犯格で住所不定、無職ガディムモラル・サイード被告(35)(覚せい剤取締法違反で起訴)ら9人を26日、麻薬特例法違反(業としての譲り渡し)容疑で名古屋地検に追送検した。

 同本部は、グループが昨年1月以降、1000人以上に薬物を売りさばき、3億円以上を得ていたとみている。

 おとり捜査は、薬物や銃器の取引など犯罪の潜在性、重大性が極めて高いケースに限定的に使われている。覚せい剤事件では、警視庁が2002年、警察として初めて実施したが、ほかの道府県警の実態は明らかになっていない。

 発表によると、同本部は昨年4月~今月の間、覚せい剤取締法違反などの容疑で、名古屋を中心に活動する密売人グループのメンバー12人と、日本人の客12人を逮捕、客28人を書類送検し、覚せい剤など末端価格約7000万円相当を押収した。ガディムモラル被告ら9人については、その後の捜査で、密売を繰り返していたことがわかり、より罰則の重い麻薬特例法を適用した。

 ガディムモラル被告は調べに対し、「東京のイラン人から薬物を仕入れていた。売り上げは、家族に送金した」と供述しているという。

 また、グループの雑用係だったコロンビア人の女(30)(麻薬特例法違反で起訴)の通帳に残されていた64万円を犯罪収益として没収した。

 

« 新幹線の券、携帯の記録…東京地検、裏金授受の捜査急ぐ(26日) | トップページ | 千葉のスーパーでまた針混入 今度はおでんセット(27日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47398065

この記事へのトラックバック一覧です: おとり捜査、薬物密売グループ52人摘発(26日):

« 新幹線の券、携帯の記録…東京地検、裏金授受の捜査急ぐ(26日) | トップページ | 千葉のスーパーでまた針混入 今度はおでんセット(27日) »