« 宝石店に車で突入?550万分の被害 茨城(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2010年1月 6日 (水)

温熱治療器を無許可製造の疑い 兵庫県警 2ん逮捕

医療機器にあたる温熱治療器を国の許可を得ずに製造し、がん患者の家族らに売ったとして、兵庫県警は6日、販売元の医療機器会社「ルルドゲルマニウム」(兵庫県尼崎市)の実質経営者、田中好信容疑者(59)=兵庫県伊丹市=を薬事法違反(無許可製造販売)容疑で逮捕し、発表した。また、製造元の「プロテックフジ」(大阪市北区)社長の和田正記容疑者(55)=大阪府豊中市=を同法違反の幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。

 県警生活経済課によると、田中容疑者は仕事仲間の和田容疑者に、厚生労働相の許可を受けずに小型の温熱治療器「Geジェネワン」計3台を約43万円で製造するよう依頼。2007年12月~09年1月、がん患者の妻がいる尼崎市の男性(64)や大阪市の鍼灸(しんきゅう)院経営者ら3人に、治療器を90万~150万円で売った疑いがある。田中容疑者らは「健康機器ととらえていた」などとして容疑を否認しているという。

 登記簿などによると、ルルド社は1995年に設立。09年3月期は温熱治療器や有機ゲルマニウム水などの販売で1億3千万円の売り上げがあった。一方で、田中容疑者はがん治療の啓蒙(けいもう)活動などに取り組むNPO法人を設立。ルルド社に無許可の診療施設を併設し、看護師資格を持つ親族らにがん患者らへの点滴などをさせていたという。

 知人にルルド社を紹介され、体調不良で1年前にGeジェネワンを買った兵庫県西宮市の女性は朝日新聞の取材に「(田中容疑者から)『治療器を患部に1日15分あてると、血がさらさら流れ出す』と説明された」と話す。女性は田中容疑者から「体にいい」と言われ、約5年間で計約400万円分の有機ゲルマニウム水も購入したという。

 ルルド社の元役員が昨年9月に県薬務課に通報し、生活経済課が翌10月に薬事法違反容疑などでルルド社などを家宅捜索していた。同課は押収した資料などから、田中容疑者らが関西や東京、九州などの客に計41台(約5760万円相当)のGeジェネワンを違法販売していたとみている。 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=Logo2_2

 .

« 宝石店に車で突入?550万分の被害 茨城(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47220751

この記事へのトラックバック一覧です: 温熱治療器を無許可製造の疑い 兵庫県警 2ん逮捕:

« 宝石店に車で突入?550万分の被害 茨城(6日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »