« 車から乳児連れ去り 近くに放置 愛知で続発(14日) | トップページ | 竪山容疑者放火ほのめかす供述も 千葉女子大生殺害(15日) »

2010年1月15日 (金)

殺人事件戦後最小に 刑法犯7年連続減少 警察庁(15日)

 昨年1年間に全国の警察が認知した刑法犯の件数は、前年比6・3%減の170万3222件で、7年連続の減少となったことが14日、警察庁のまとめで分かった。コンビニ強盗の伸びが目立つが、未遂を含む殺人は前年比で15・4%減の1097件と、戦後最少となった。検挙率は32・0%で0・5ポイント上昇した。

 昨年1~6月の上半期に急増したひったくりは、街頭犯罪対策を強化した結果、下半期に大幅減。通年では前年比で0・6%減の1万9036件だった。

 取り締まりを強化した振り込め詐欺の件数が減少したため、詐欺全体の認知件数も29・9%減の4万5167件となった。

 コンビニ強盗は46・6%増えて896件。統計を始めた平成16年以降で最多となった。

 刑法犯認知件数の減少について、警察庁では「国民の防犯意識が高まり、自主防犯活動も活発になった。政府全体で犯罪抑止に取り組んだことも大きかった」としている。Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100115/crm1001150501006-n1.htm

.

 .

« 車から乳児連れ去り 近くに放置 愛知で続発(14日) | トップページ | 竪山容疑者放火ほのめかす供述も 千葉女子大生殺害(15日) »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47297600

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人事件戦後最小に 刑法犯7年連続減少 警察庁(15日):

« 車から乳児連れ去り 近くに放置 愛知で続発(14日) | トップページ | 竪山容疑者放火ほのめかす供述も 千葉女子大生殺害(15日) »