« 昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(26日) | トップページ | 転落死の少年は運転手役か 仲間2人をコンビニ万引の疑いで逮捕(26日) »

2010年1月26日 (火)

押尾被告、無罪主張へ 弁護人「必要な保護措置取った」(26日)

昨年8月、合成麻薬MDMAを一緒にのんで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われ裁判員裁判となる元俳優、押尾学被告(31)の弁護人は26日、「必要な保護措置を取っており、遺棄行為には当たらない」と、公判で無罪を主張する方針を明らかにした。

 田中さんに合成麻薬MDMAを渡したとする麻薬取締法違反罪についても無罪を訴える一方、同じ合成麻薬であるTFMPPの所持罪については認める。

 弁護人によると、被告は「田中さんが自分で持ち込んだMDMAを自分でのんだ」と主張。容体の急変後、田中さんに心臓マッサージなどを行ったが死亡を確認した、と説明しているという。弁護人は「数分程度の時間しかなく、救急車を呼んでも助からない可能性があった」としている。http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100126/trl1001261644004-n1.htm

Msn_s1_2

 

« 昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(26日) | トップページ | 転落死の少年は運転手役か 仲間2人をコンビニ万引の疑いで逮捕(26日) »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47395718

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾被告、無罪主張へ 弁護人「必要な保護措置取った」(26日):

« 昨年の自殺3万2753人、前年より504人増(26日) | トップページ | 転落死の少年は運転手役か 仲間2人をコンビニ万引の疑いで逮捕(26日) »