« 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月25日 »

2010年1月24日

2010年1月24日 (日)

神戸市の女性講師と判明 綾部市で発見の遺体(24日)

京都府綾部市の山中で女性の遺体が見つかった事件で、兵庫県警葺合署捜査本部は24日、遺体は平成20年10月に捜索願が出ていた神戸市中央区八幡通の語学学校アルバイト講師、今滝愛さん(当時32)と判明したと発表した。歯の治療痕などが一致した。

関連記事

記事本文の続き 捜査本部はこれまでに、「遺体を埋めた」と出頭した大阪市北区の無職、中西龍司容疑者(41)を死体遺棄容疑で逮捕。同容疑で、遺棄を指示したとされる中国籍の男(41)=覚せい剤取締法違反罪で服役中=ら2人の逮捕状も取っており、近く逮捕する。

 今滝さんは中国出身で14年に来日し、日本人男性と結婚後19年に帰化、日本国籍を取得。行方不明当時は別居し、マンションで1人暮らしだった。Head_logo1_3 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京江戸川区で小学生の息子に暴行を加えた疑いで両親を逮捕 息子はその後死亡(24日)

東京・江戸川区で、小学生の息子の顔面を殴るなどの暴行を加えたとして、31歳の父親と22歳の母親が逮捕された。息子は搬送先の病院で死亡が確認された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、電気工・岡本健二容疑者(31)と妻・岡本千草容疑者(22)。
2人は、23日午後8時からおよそ1時間にわたって、ご飯を食べるのが遅いなどの理由で、小学校1年の息子・海渡君(7)の顔を平手で殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれている。
海渡君は病院に搬送されたが、24日朝、死亡が確認された。
警視庁は、傷害致死容疑に切り替えて捜査する方針。Logo4_2

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00170554.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム情報

【警視庁管内不審者情報】
【火災】
練馬区貫井1丁目 12付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:車
○火の状態:延焼中
○消火作業:消防員消火中
○詳細:現在消防到着し消火活動開始しましたが、念のため付近の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-01-24 16:53:25
★詳細
http://8833.jp/article/index.html?id=10012416530001
【事件】ひったくり/江戸川区 西瑞江2丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:15:20頃、黒っぽいマウンテンバイクに乗った男による。20歳代、黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン。
○投稿日時2010-01-23 17:28:04
【事件】強盗/町田市木曽東4丁目 スリーエフ町田木曽東店
○発生日時:本日深夜
○詳細:03:15頃、男が店員を刃物で脅し、現金を奪い逃走した。犯人は、180cm位、黒色ニット帽着用。
○投稿日時2010-01-23 12:48:04
【事件】ひったくり/大田区 西糀谷4丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:10頃、黒っぽいスクーターに乗った男による。黒っぽい服、色不明ジーパン、黒っぽい半キャップ型ヘルメット着用。
○投稿日時2010-01-23 00:26:20
【火災】足立区花畑7丁目 5番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:建物
○火の状態:黒い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在消防向かってます。付近から黒煙が見える模様です。付近の方は十分注意して下さい。
○投稿日時2010-01-22 21:02:25
【火災】渋谷区千駄ヶ谷3丁目 32番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:建物
○火の状態:白い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在消防到着しましたが、付近の方は十分注意して下さい。
投稿日時2010-01-22 19:19:11
【火災】中央区銀座8丁目 20番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:ビル/店舗
○火の状態:白い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在消防が到着しました。詳細は不明ですが、地下駐車場付近から煙が出ている模様です。付近の方、付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-01-22 17:40:08
【事件】ひったくり/中野区 上高田1丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:12:50頃、自転車に乗った男による。詳細不明。
○投稿日時2010-01-22 14:36:45
【不審者】声かけ/板橋区 常盤台1丁目の路上
○発生日時:昨日
○被害者:児童
○詳細:14:40頃、自転車に乗った男による。黒っぽい上衣、黒っぽいズボン。
○投稿日時2010-01-22 12:10:59
【不審者】公然わいせつ/葛飾区 青戸3丁目のアパート内
○発生日時:昨日
○被害者:
○詳細:21:20頃、30歳代の男による。170cm位、中肉、色不明作業衣、グレー色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-01-22 09:10:46
【事件】ひったくり/江戸川区 東小岩6丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:19時頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。黒っぽいフルフェイス着用。
○投稿日時2010-01-21 20:50:04
【火災】港区六本木3丁目 14番付近
○発生日時:少し前
○燃えている物:建物
○火の状態:白い煙
○消火作業:消火前
○詳細:現在消防到着しました。外苑東通り沿いです。この時間タクシーでかなり道路が混雑してる可能性も有るので、今後激しい渋滞の可能性有りです。付近走行中の方は注意して下さい。
○投稿日時2010-01-21 21:48:27
【不審者】痴漢/狛江市 元和泉3丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:生徒
○詳細:06:50頃、男に体を触られた。20歳代、170cm位、やせ型、短髪、黒色っぽい背広、黒色っぽいズボン、徒歩。
○投稿日時2010-01-21 09:20:40
【不審者】公然わいせつ/東大和市 向原6丁目のマンション内
○発生日時:本日深夜
○被害者:
○詳細:01:40頃、20歳代の男による。180cm位、黒色っぽい服、色不明ズボン。
○投稿日時2010-01-21 09:13:58
【事件】ひったくり/町田市 鶴間付近
○発生日時:今(現在)
○詳細:21時頃、スクーターに乗った犯人による。がっちり型、色不明ジャンパー、色不明ズボン、色不明フルフェイスヘルメット。
○投稿日時2010-01-20 21:53:18
【事件】ひったくり/港区 西麻布4丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:18時頃、黒っぽいまたがり式バイクに乗った男による。黒っぽい服、黒っぽいズボン、黒っぽいフルフェイス型ヘルメット。
○投稿日時2010-01-20 19:24:10
【不審者】痴漢/板橋区 常盤台1丁目の路上
○発生日時:少し前
○被害者:児童
○詳細:08:20頃、登校途中、男に体を触られた。犯人は、20歳代、170cm位、小肥り、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン。
○投稿日時2010-01-20 09:43:26
【事件】ひったくり/練馬区 豊玉北3丁目付近
○発生日時:少し前
○詳細:22:50頃、自転車に乗った若い感じの男2人組みによる。うち1人は帽子着用。
○投稿日時2010-01-20 00:49:02

注===この情報は「早耳リアルタイム地域情報」http://www.8833.jp/に一般の方から寄せられた不審者情報です。警察情報ではありません。体感治安の参考にしてください。(新情報順に掲載、過去の情報は約1週間で削除します)===

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内対韓治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位レベル)

連載企画「警察庁長官銃撃事件1」

212_2  【治安解説】刑法犯認知件数など数値治安が昭和40年代の水準になったとして、首都東京の体感治安を「レベル1(グリーン)」にしてみたが、やはり大都会である。24日未明に、東京・足立区でオートバイや自転車が焼ける不審火があり、しかも、現場周辺では先月から4件の不審火が相次いでいているという。よって体感治安は「レベル2(ブルー)」に戻すことにする。

 緊急連載「警察庁長官銃撃事件を検証する」①
Nisho  日本を震撼させた地下鉄サリン事件という我が国犯罪史上に残るテロ事件の恐怖感がさめやらぬ平成7年3月30日、治安機関のトップである警察庁長官が銃撃される事件が発生した。あれから15年-3月30日にはその事件も公訴時効を迎えます。警視庁はこれまで現役の警察官、オウム真理教団の幹部を逮捕して調べたが実行犯の特定には至りませんでした。時効を前に、犯行はオウムで間違いないのか、犯人は誰なのかを検証してみました。

 ★現職警察官浮上
平成8年1月、警察庁長官銃撃事件から9ヶ月が過ぎようとしていた。目黒公証人役場事務長拉致監禁致傷事件や地下鉄サリン事件などに関与したとして逮捕されたE正悟師が取調のなかで次のような供述をした。

 「刑事さん、私はひとつだけ嘘をついていました。それは長官事件をどうして知ったかです。実は3月30日の朝、川越のマンションにH建設大臣から二度、電話がありました。二度目の電話の後、テレビで事件の速報を見ました。ところが一度目と二度目の電話の間にC巡査長から事件の知らせがあったんです」
 捜査本部が電話の記録を調べた結果、E正悟師とH建設大臣は携帯電話を利用しており、頭から四桁の番号の確認だが、確かに二台の電話で話した事実が確認された。時間もはっきりしており、E正悟師とH建設大臣の会話は間違いがなかった。

 同年4月になって、オウム真理教の信者の中に現職警察官のC巡査長の名前があったことから、警視庁が半信半疑でC巡査長本人から直接事情を聴いた。
 C巡査長「長官事件当日は東大病院にいました。事件は病院の待合室にあるテレビで知りました」
 捜査員がその裏付けをとった結果、東大病院の待合室にはテレビがなかった。さらに追求した結果、5月4日になってC巡査長は泣きながら次のように語った。

 C巡査長「私が長官を撃ちました」
 調べ官はびっくりした。さらにC巡査長に詳しい行動を聞いた。
 C巡査長「29日未明に元出家信者Tが運転する車にE正悟師が乗って文教区内にある本富士署の寮に迎えに来ました。車に乗ってしばらく走ると拳銃と数発の弾丸を渡されました。場所は正確には分かりませんでしたが、河原で降ろされてE正悟師と2人で数発の試射を行いました。その後は拳銃と実弾を持って寮に帰りました。」
「事件当日はどうしたんだ」と問う調べ官にさらにC巡査長は驚きの供述を始めた。

 C巡査長「その日は早朝、E正悟師から電話があり、預けた物を全部持って来いという指示を受け、まもなく車で迎えに来ました。その車に乗せられて国松長官の住むマンションに向かいました。現場には、逃走用の自転車が用意されていました。四発を撃って長官の洋服がパッとはじけるのが見えたから、弾丸が当たったのと確信しました。『逃げろ』という無線の指示があり、建物に沿って逃げました。門の角のところまで来ると、H建設大臣と防衛庁長官Kが立っていて逃走用の自転車を渡され、その自転車でマンションの敷地内を走ると途中に立っている人に『あっちだ』と指示を受け、スポーツ棟の角を曲がったところに車が待っていました。私はその車に乗せられて東大病院に行きました。途中で銃から弾丸を抜き、別々にしました」
 C巡査長はさらに午後の部分の供述を続けた。
 C巡査長「午後になって銃を隠し持ったまま本富士署に立ち寄った後、地下鉄サリン事件の捜査本部のある築地署に出勤しました。銃は夜になって水道橋の上から神田川に捨てました」

 ここまでを検証すると奇妙な事実にぶち当たりました。それはC巡査長の試射の部分です。
 平成7年5月21日付けの日刊スポーツ新聞の記事です。「長官狙撃現場付近に弾痕五つ」という見出しです。
 内容は、東京都足立区の荒川河川敷で20日、五発の弾丸が撃ち込まれた看板が見つかったが、現場で発見された弾丸は38口径の回転式けん銃から発射された可能性が高いことが日刊スポーツの調べで分かった。(略)看板があった場所は国松長官銃撃事件の現場から約2キロ、目黒公証人役場事務長らち事件で逮捕されたオウム真理教幹部の松本容疑者が潜伏していた教団アジトから約400メートルしか離れていない。この不気味な一致に警視庁は関連性を含めて捜査している…
 ちなみにC巡査長が試射の供述をしたのは翌年の5月4日であり、供述内容と奇妙に一致している。当然、長官事件捜査本部は「関係ない」としているが、C巡査長がこのニュースを記憶していた上での供述ともみられる。 つづく

続きを読む "警視庁管内対韓治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

オートバイなど燃える 連続不審火(24日)

 24日未明、東京・足立区でオートバイや自転車が焼ける不審火がありました。現場周辺では先月からあわせて4件の不審火が相次いでいて、警視庁は関連を調べています。

 24日午前2時50分ごろ、足立区保木間にある、マンションの駐輪場から火が出ていると通行人から通報がありました。

 火はオートバイ1台と自転車7台を焼いておよそ30分後に消し止められましたが、現場に火の気がないことなどから警視庁は放火事件として捜査しています。

 また、現場周辺では先月2日から自転車などが燃える不審火があわせて4件相次いでいて、警視庁は連続不審火の可能性が高いとみて関連を調べています。Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4339072.html

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校爆破予告メールは「なんとなく」27校休校(24日)

埼玉県入間市役所のホームページに学校爆破を予告するメールを送り、市内の全小中学校を臨時休校にさせたとして、県警は24日、威力業務妨害の疑いで、同市立中学3年の男子生徒(15)を逮捕した。

 県警少年捜査課の調べでは、生徒は21日午後5時35分ごろ、自宅のパソコンから市のホームページにアクセスし「いるましの学校に爆弾を仕掛けた」とメールを送信。22日に同市内の市立小中学校全27校を臨時休校にさせ、業務を妨害した疑いが持たれている。爆発物は見つからなかった。

 同課によると、少年は「何となくやってしまった。大変なことをしてしまった」などと供述し、容疑を認めているという。Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100124/crm1001241210008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道自殺で年間3万五千本に遅れや運休 首都圏6割(24日)

 線路への飛び込み自殺で平成20年度に30分以上遅れたり運休した列車は全国で3万5300本と、詳細なデータのある14年度以降で最悪だったことが24日、国土交通省の調査で分かった。

 4年連続の増加で、国交省は自殺による運行障害を減らすため、自殺防止効果があるとされる青色照明やホーム柵の設置などを鉄道各社に呼び掛けている。

 全国の鉄道197社を対象に集計した。20年度の鉄道自殺は647件で、遅れや運休が出た列車は3万5300本と16年度の1万9700本から1・8倍に増加。このうち首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)が2万1100本と、全体の6割を占めた。

 運行障害の原因別では、自然災害による遅れや運休が4万8600本で最も多く、自殺は2位だった。Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100124/dst1001241613004-n1.htm

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「検察、公平公正な捜査を」小沢氏の一問一答(24日)

 小沢一郎・民主党幹事長の記者会見での一問一答は次の通り。

 ――幹事長続投の意思を示してきたが、あらためて進退についてうかがいます。

 国民のみなさまにおわびしなければいけないこともあるが、自分自身としては与えられた職責を全うしていきたいと考えています。

 ――一度断った聴取をなぜ今受けたのですか。

 捜査にはいつでも協力すると伝えてきました。問題点が整理されてから事情を説明した方がよいだろうということもあり、結果的に今日になりました。

 ――土地購入原資について、去年までは陸山会の4億円の定期預金を担保に、銀行からお金を借りて土地を購入したと説明していたが、その後、父の遺産を管理していた銀行口座から引き出し、自宅で保管していたもの、と説明を変えたのはなぜですか。

 説明を変えたつもりはありません。個人資産の中身まで公表する必要性はなかったと思っていますが、このような事態になったので、具体的にお話を申し上げた。

 ――国民に説明しきれたと考えますか。

 今日は地検の担当の方にすべてを申し上げたが、今後さらに国民のみなさんに必要に応じて説明すべきことは説明したいと思っています。

 ――水谷建設から事務所に金が流れているという情報があるが、それについて特捜部から話を聴かれましたか。

 それがメーンではないが、話はありました。私はそのような不正な金は、水谷建設はもちろん、ほかの会社からもいっさい受け取っていません。秘書らも不正な金は受け取っていないと確信していると申し上げた。

 ――事情聴取の中で、石川氏、大久保氏の供述内容は出ましたか。

 石川をはじめ、他の2人を含めて供述内容の話は一切ありません。

 ――この事件の報道について、一部で検察リーク、報道スクラムという批判もあるが、報道のあり方については。

 ぜひ、できるだけ公正に、冷静に報道していただきたいと願っています。

――検察の捜査のありかたについての見解を。

 検察は行政ではあるが、いわゆる司法的な立場を有している方々なので、ぜひ、公平公正な捜査をおこなっていただきたい。本日、直接会って私の知っているすべてを話しました。真剣に聞いていただけたことは間違いないと思います。

 ――これまでは単純な記載ミスと説明してきたが、今日は一切かかわっていないと説明している。

 単純なミスはあったと思うが、不正な金を受け取っていないと信じていると党大会でも申し上げた通りです。現時点でも石川議員も他の秘書、元秘書も自分の任務を果たそうと努力してきたと信じています。

 ――検察官から黙秘権は告げられましたか。調書にサインしましたか。

 私に対する告発があり、被告発人として説明をうかがうという話がありました。黙秘権もあるとうかがった。しかし、私は一切黙秘権を行使せず、すべて答えています。調書には2通、署名しました。

 ――今後、何らかの刑事責任に問われた場合に、幹事長職を続けながら裁判も戦うのですか。

 そのような疑問を解いてもらうために今日は事情の説明をしたわけで、こうだったらどうかということを今、考えておりません。

 ――民主党大会で検察のやり方は到底容認できず、断固戦う決意だと話しました。

 不正な金をもらってもいないし不正もしていない。その主張は貫かなくちゃならない。ただ、公平公正に捜査をしていただく以上、今後も協力はしていきたいと思っています。 Logo2_3

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「小沢氏聴取」語気強め献金全否定(24日)

任意聴取を終えると、疲れを取るかのように団子を一つほおばった-。23日午後からの聴取を終えた民主党の小沢一郎幹事長。約4時間半にわたる聴取後の記者会見では、ややかすれ気味の声で身の潔白を訴えた。「事実を包み隠さず述べた」「検察は公正な捜査を」。ゼネコンからの裏献金疑惑を突いた質問には語気を強めながら否定し、強気の姿勢を崩さなかった。

 午後2時すぎから、東京都千代田区ホテルニューオータニで行われた事情聴取。時の“最高権力者”に対峙(たいじ)したのは、事件の主任検事だった。「告発が出ています」。検事は冒頭、こう小沢氏に告げて、事件について一つ一つ説明を求めていったという。

 小沢氏が事情聴取を受けている間、別室で待機していた弁護士と秘書らが対応を協議し、当初は聴取後に書面を報道陣に配布する予定だったが、急きょ記者会見を行うことを決定した。

 午後6時半ごろ、4時間半にわたった聴取を終えた小沢氏が弁護士が待機する部屋に現れた。いくぶん疲れたのか、まず、ごま団子を一つ口にした。会見予定時間から15分遅れた午後8時15分。小沢氏が同ホテルの会見場となった「芙蓉の間」に現れると、400人を超える報道陣から一斉にフラッシュがたかれた。

 「よし!」。小沢氏は気合を入れるように声を上げながら席に着き、お手ふきで口をぬぐった。

 「実務的な点については関与したことはない」

 小沢氏は報道陣に配布した書面を読むことなく、自らの言葉で政治資金収支報告書の虚偽記載への関与を否定、「潔白」を訴えた。

 この後、記者からの質疑応答が始まった。淡々とした口調は変わらなかったが、水谷建設からの裏献金に関する疑惑についての質問が出ると、一気に語気は強くなった。

 「不正なカネは、水谷建設はもちろん、ほかの会社からも一切受け取っていない」。「担当の秘書たちも不正なカネは受け取っていないと(聴取で)申し上げた」。こうまくし立てると、気持ちを落ち着かせるように水を飲んだ。

 土地代金の原資について当初、「金融機関からの融資で購入した」と説明しながら、融資前に代金を支払っていたことが発覚し「個人資金」と訂正した“ウソ”を指摘されると、表情をくもらせ「説明を変えたつもりはない」と苦しい弁明。一方、聴取の際に黙秘権を告げられたことも明らかにした上で、「黙秘権は一切行使しておりません」と捜査に協力したことをアピールした。さらに「検察は準司法的な立場も有しているので、公平、公正な捜査をしていただきたい」と特捜部に注文を付けた。

 報道陣が殺到した会見場には警護の警察官らも配置され、ものものしい雰囲気だった。

 同席した弁護士が20分余りで会見を打ち切ると、小沢氏は「ありがとうございました」とあいさつし、足早に会見場を後にした。ホテルを出ると、すぐに自宅には戻らず行きつけの居酒屋に立ち寄った。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

バイク集団追跡のパトカー衝突 高校生2人重傷(24日)

24日午前1時20分頃、愛知県愛西市柚木町の市道交差点で、県警津島署地域課の男性巡査(25)のパトカーが、2人乗りのバイクと衝突、バイクを運転していた同県弥富市の通信高校の男子生徒(17)と、後部座席の愛西市の高校3年の男子生徒(18)が足の骨を折って重傷。パトカーの助手席の同署巡査長(30)が足や胸などに軽いけがをした。

 発表によると、23日夜、「暴走族がいる」との通報があり、パトカー4台が出動。午前0時50分頃、同県津島市申塚町のコンビニエンスストア駐車場で、約20台のバイク集団を発見。約7キロにわたって追跡中、現場付近を探していたパトカーがバイクと衝突したという。

 現場は信号のない見通しの悪い交差点。パトカーはサイレンを鳴らしておらず、バイクは無灯火で、運転していた生徒は無免許だった。バイク集団の仲間とみられるという。

 同署の戸田利夫副署長は、「現時点では適正な職務と判断している。詳しい事故原因は今後捜査したい」とコメントした。(2010年1月24日10時21分  読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬剤を誤投与 患者死亡 愛媛の県立病院(24日)

 愛媛県は24日、県立新居浜病院(同県新居浜市)に胸水貯留で入院していた80代の男性患者に誤って別の患者の薬剤を投与し、患者が死亡する医療事故があったと発表した。

 同病院によると、男性は今月21日に入院し、病院側は夕食後と翌22日の朝食後の2回、薬剤を投与。男性は22日午後2時ごろに胸の痛みを訴えて血圧が低下し、いったん回復したが、夜に容体が急変、23日に死亡した。Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

「小沢氏本人の供述、捜査進展で意義」元特捜検事堀田氏(24日)

 東京地検特捜部が23日、小沢一郎氏を事情聴取したことについて、元特捜検事でロッキード事件などを担当した堀田力弁護士は次のように語った。

◇小沢氏は、不動産に関する資金が政治資金収支報告書に記載されなかったことについて、「全く関与していない」と説明した。共謀を否定する重要な点だが、小沢氏と元秘書らの間のやり取りなので、検察も、直ちに真偽を判断するのは難しいだろう。

 小沢氏は黙秘権を告げられて、事情聴取を受けたというが、これは世間一般で受け止められがちな「共謀の容疑が濃いから」という意味ではないと思う。告発されていることもあるし、そうでなくても、少しでも共犯となり得る可能性があれば、検察は、聴取する相手の権利を手厚く守るため、黙秘権を告げて事情聴取している。その方が、手続き的に好ましい。黙秘権を告げずに聴取した供述内容は、後日、被疑者となった場合に証拠として使えない可能性もある。

 一方で、不動産購入の原資については、小沢氏の供述と他の客観的な証拠や供述が矛盾していないか判断することは、比較的容易だろう。小沢氏の話が真実なら、他の証拠と自然に符合するはずだ。しかし、食い違いが出れば、さらなる捜査が必要になる。その場合、小沢氏を再び聴取する可能性もないとはいえない。

 原資については小沢氏の説明は二転三転している。特捜部は、この点にも注目しながら、今回小沢氏から得た供述内容の真偽を徹底的に調べるだろう。小沢氏本人の供述を得たことは、捜査の進展で大きな意義があった。 Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元モーニング娘。後藤真希さんの母親 東京江戸川の自宅から転落死(24日)

元「モーニング娘。」の後藤真希さんの母親が23日夜、東京・江戸川区の自宅から転落し、死亡した。警視庁は、転落の原因を調べている。
23日午後11時前、元「モーニング娘。」で歌手の後藤真希さんの母親・時子さん(55)が、江戸川区の3階建ての自宅から転落した。
警視庁などによると、時子さんは家の3階部分から転落したとみられ、病院に搬送されたが、頭などを強く打って死亡した。
また、当時、時子さんは酒に酔っていたとの情報もあり、警視庁は、自殺を図った可能性もあるとみて調べている。Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ容疑で逮捕後、別の男出頭 「1人目」を釈放

 神奈川県警厚木署は24日、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した厚木市内の塗装会社員の男性(38)を6時間後に釈放したと発表した。

 厚木署によると、23日午前7時15分ごろ、厚木市愛甲の十字路交差点で、ワンボックス車と乗用車の出合い頭の事故があり、乗用車の市内の男性(29)が首をねんざする軽傷。ワンボックス車は止まらずに走り去ったという。約1時間後、会社員が現場に歩いて来て、検分中の署員に「私がやりました。免許取り消しになり、仕事に影響するのが怖かった」と話した。同署は同日夕、会社員を逮捕した。

 ところが、午後9時ごろ、会社員の部下(21)が同僚に伴われて同署に来て「私がやった」と話したという。どちらが関与したのか再捜査する必要が出てきたため、深夜に会社員を釈放した。 Logo2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本列島振り込め詐欺(24日)

振り込め詐欺:昨年の被害、54件に 前年比3分の1--県警 /富山

Logo_mainichi_s1  ◇広報活動や架空請求業者リスト公開が奏功--今後も警戒を

 昨年、県内で発生した振り込め詐欺被害の件数は54件で、前年(159件)のおよそ3分の1まで減ったことが、県警捜査2課のまとめで分かった。被害総額も約7246万円で、前年(約1億6464万円)の2分の1以下となった。県警は、被害防止の広報活動などで「県民に抵抗力がついた」とみているが、新たな手口も予想されるため今後も警戒を呼びかける。

 被害の内訳を手口別にみると、有料アダルトサイトの料金未払いなどで振り込みを迫る「架空請求詐欺」が37件、被害額は約5448万円で最も多かった。被害者は若年層に多く、30代10人▽20代9人▽40代6人--となっている。

 次いで多かったのはインターネットやファクスで融資案内を送り、保証金名目で現金をだまし取る「融資保証金詐欺」。件数は11件で被害総額は約1424万円。30~60代の会社経営者や多重債務者に被害が集中している。

 同課は、全体的に件数や被害額が減少した要因について、被害防止のための広報活動や、架空請求している疑いのある業者リストを昨年5月から公開したことが奏功したと分析している。

 しかし、今後は子ども手当の給付や新型インフルエンザに便乗した手口など、新たな振り込め詐欺が予想されるため、同課は「手を緩めずに対応していきたい」としている。【岩嶋悟】http://mainichi.jp/select/jiken/stophurikome/

振り込め詐欺:日中混成グループ暗躍 警官装いカード詐取 /山形

 振り込め詐欺全体の被害が減少する中で、中国人と日本人が役割分担する振り込め詐欺グループが、国内で暗躍している。警察官を装い、高齢者宅に電話後、直接訪問してキャッシュカードや通帳をだまし取る手口が大半で、昨年1年間に逮捕された中国人は33人に上る。警察当局は、グループが暴力団員らをパートナーに各地を移動しながら詐欺を繰り返しているとみて、中国の捜査当局と情報交換を強め、全容解明を進めている。

 昨年4月。岐阜市の無職女性(当時70歳)方に警察官を名乗る電話がかかった。「あなたの通帳から現金が引き出されている。金融庁職員に向かわせますから、キャッシュカードを預けてください」。間もなく現れた背広姿の男にカード5枚を渡すと、程なく岐阜駅前のATM(現金自動受払機)から301万円が引き出されたという。

 約1カ月後。別の事件でカード受け取り役の「受け子」を務め、山形県警に逮捕された背広姿の日本人の男(39)は岐阜事件への関与も供述。「1日数万円の報酬で携帯電話で指示されるまま、鉄道やタクシーで移動し、東北から近畿まで十数県で同じことをやった」と話した。

 背広姿の男からカードを受け取り、ATMから現金を引き出した「出し子」は中国籍の男(44)。別の中国人からやはり携帯で指示を受け、愛知や栃木、静岡でも出し子をしていた。

 グループには日本人の出し子もおり、指示役は、指定暴力団住吉会系組員(42)だったことも判明した。

 捜査幹部は「国内の中国人グループと暴力団組織が結託したり、中国本土や台湾から指示を受けているケースなど、連携の形はいろいろ考えられる。警察官をかたるのは、中国でも公権力が強く、信用があることに目をつけているのだろう」とみる。

 警察庁によると、警察官をかたる手口の詐欺で09年に逮捕されたのは85人。内訳は、日本人51人▽中国人33人▽台湾人1人。日本人は受け子、中国・台湾人はほとんどが出し子で、役割分担が徹底していた。市民からの通報・相談件数は、統計を取り始めた昨年3月に最多の879件を記録した。

 その後は沈静化しかけていたが、昨年11月から再び増加し、同11、12月にはいずれも400件を超え、再燃の兆しをみせているという。【千代崎聖史、浅妻博之、黒田阿紗子】

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小沢氏聴取 民主強気と不安 大混乱も(24日)

 東京地検特捜部による事情聴取を受けた小沢一郎民主党幹事長は23日夜、急遽(きゅうきょ)記者会見し、幹事長続投を宣言した。引き続き鳩山政権に影響力を行使することへの強い意欲の表れといえる。ただ、国会開会中に異例の聴取に踏み切った検察の捜査の行方が読めないなかで、政府・与党内には、事件の推移によっては小沢氏が辞任に追い込まれるのではとの不安感が広がっている。今後の展開次第では民主党は大混乱に陥りかねない。(民主党取材班)

幹事長留任

 「国民のみなさんにおわびを申し上げなければならないが、自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたい」

 小沢氏は聴取後の記者会見で、こう言い切った。

 党執行部は小沢氏を全面的に擁護する方針だ。執行部の一人は23日夜、「小沢さんがなぜ辞めなければいけないのか。理由を知りたいよ」と語った。

 小沢氏と連携して党内を仕切る輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長も長野県諏訪市内で、「私は幹事長を信じている」と述べ、この日の聴取で小沢氏の「潔白」が証明されることに強い期待感を示した。

 小沢氏に説明責任を果たすよう求めてきた前原誠司国土交通相も「本人は無実と言っているので、(幹事長を)続けることは是とする」と述べ、続投を容認する考えを明らかにした。

 小沢氏の元秘書である石川知裕容疑者(衆院議員)らが逮捕され、小沢氏の個人事務所の家宅捜索、小沢氏自身の聴取があっても、党内から表立って小沢氏の進退を問う声はほとんどない。

 小沢シンパの議員は「本気で小沢さんを引きずり降ろすエネルギーが党内にあるの?」と強気だ。「きょうで幕引きだ。逮捕も在宅起訴もない。しょせんは政治資金収支報告書の不記載だ」(小沢グループ幹部)との楽観論もある。

 ただ、党内には幹事長留任を「かえって鳩山政権と党に大打撃だ」(若手)と危惧(きぐ)する声は根強い。平成10年の結党時からの議員は「聴取をしのげば小沢氏は身を守ろうとして強権支配を強めるだろう」ともらす。

 今夏の参院選で改選となるある参院議員は、国会で平成22年度予算案と関連法案が成立するまでは表立って動かないとしたうえで、「参院選が近づいても小沢氏の疑惑が晴れなければ、騒ぎが起きる」と予言した。

幹事長辞任

 「(検察が)これで納得していただけるということではないとは思うが」

 小沢氏本人も会見でこの日の聴取だけで、検察側が説明を受け入れたわけでないとの見方を示した。民主党内には聴取で小沢氏が一連の疑惑を全面的に否定したことで、検察が小沢氏の在宅起訴、あるいは逮捕許諾請求まで踏み切るのではないかとの推測も出ている。

 小沢氏を擁護した輿石氏も「幹事長が何か本当に法的に罪を受けることになるとすれば、その時点で対応を考えていけばいい」と述べ、小沢氏が仮に刑事責任に問われれば進退問題が浮上すると言及せざるを得なかった。

 小沢氏が辞任した後の後継幹事長の話題も党内ではささやかれている。鳩山由紀夫首相が小沢氏の意に沿う議員を後継幹事長に指名する可能性もある。この場合、小沢氏が党を事実上支配し続けることになる。小沢氏が師と呼ぶ故田中角栄元首相は、ロッキード事件で逮捕された後も一議員でありながら実権を握り、「闇将軍」と呼ばれた。

 だが、野党や世論の批判が強まるのは確実だ。民主党のイメージは失墜し参院選で深刻な打撃を受けかねないため、小沢氏と距離を置く議員が反発し、激しい党内抗争が起きる事態もありうる。

■影響力を失う可能性

 党内には幹事長を辞任すれば、小沢氏が影響力を失うと見る議員もある。田中元首相同様、小沢氏が師と仰いだ故金丸信自民党元副総裁は東京佐川急便事件で副総裁辞任、議員辞職、逮捕に追い込まれた。

 横路孝弘衆院議長のグループに属する議員は「国民の目は厳しい。田中元首相の時代と今は違う。幹事長が持つ党のカネと選挙での公認権が奪われれば、小沢氏の力はうせる」と述べ、平成元年に自民党幹事長に就任して以来、小沢氏を軸に展開してきた日本政治の一時代が終焉(しゆうえん)すると予想する。

 小沢氏がいかなる道を歩むかは、民主党の今後にも大きな影響を与えそうだ。Head_logo1

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【小沢氏聴取】資金の流れ追及、「3つのウソ」 (24日)

Crm1001240036000p11 昨年3月の全面対決から約10カ月。民主党の小沢一郎幹事長と東京地検特捜部の攻防は23日、小沢氏の任意聴取という“直接対決”に発展した。「政治資金に関してはすべてオープンにしている」。ことあるごとにこう胸を張り続けた小沢氏。聴取では自身の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件について関与を否認したとみられる。しかし、捜査の過程でこうした小沢氏の言葉は覆されつつある。特捜部は国民を欺き続けた「政治家のウソ」という構図を描こうとしている。

■偽装  昨年3月4日午前。小沢氏は全身にカメラのフラッシュを浴びていた。前日に、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)が西松建設の違法献金事件で逮捕されていた。「政治資金についてはすべてオープンにしている。収支を全部公開しているのは私だけではないか」民主党本部で開かれた記者会見で、小沢氏は国民に向かってこう強調した。この言葉が「ウソ」だったことが後に判明する。陸山会の土地購入をめぐる事件の捜査をきっかけに、政治資金収支報告書に記載していない収支がいくつも出てきたのだ。
同事件の逮捕容疑だけを見ても、平成16年分は土地代金の原資4億円の収入と土地代金約3億5千万円の支出、19年分は小沢氏への返済金名目の4億円の支出…。
「ウソ」は土地代金の原資についてもあった。この土地購入が問題となった後の19年2月、小沢氏は会見で「土地購入の原資は銀行からの融資だった」と述べた。
 しかし実態は、融資は土地代金の原資4億円を隠すための偽装工作だったとされる。融資を受ける直前に土地代金を支払っていたからだ。小沢氏は偽装工作が発覚すると、今月16日の党大会で「私どもが積み立ててきた個人の資金」と「ウソ」を修正した。
 さらに、同じ19年の会見で、小沢氏は「確認書」なるものを報道陣に提示している。登記上の所有権は小沢氏個人の名義だが、事実上の所有者は陸山会-というものだった。
 確認書の作成日付は陸山会が収支報告書に土地購入を記載した17年1月7日。ところが、実際に作成した日付は会見の直前だった。土地購入が問題となり、慌てて帳尻あわせをしたとみられる。これも偽装工作といえるものだ。
 「収支報告書に記載していない収支」「土地代金を装った融資」「陸山会の所有権を主張した『確認書』」…。小沢氏が偽装と気付いていたかは不明だが、自らの言葉で事実上、3つの「ウソ」を付いていたといえる。

   ■裏金 聴取の焦点となった土地代金の原資。小沢氏は今月16日の党大会で「何ら不正なお金を使っておるわけではありません。個人資金でございます」と強弁した。
 しかし、特捜部の目は“ゼネコンからの裏献金”に向いている。党大会での言葉を4つ目の「ウソ」とみているのだ。
 小沢氏の地元、岩手県奥州市で進められている胆沢(いさわ)ダム工事をめぐり、水谷建設元幹部らが土地購入があった16年10月に民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)に裏金5千万円を渡したと供述しており、これらの供述が詳細を極めているからだという。
 また、水谷建設元幹部らは17年4月に大久保容疑者に5千万円を渡したとも供述している。同年3~5月には小沢氏から陸山会に4億円が入金され、同額が戻されるという不自然な資金移動があった。
 石川、大久保両容疑者は水谷建設を含めたゼネコンからの裏献金を否定しているとされる。しかし、特捜部は土地代金の原資に裏献金が含まれていたとみて、ゼネコン捜査を継続している。Msn_s1_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸の女性講師不明事件 行方不明直前 タクシーを連日利用(24日)

 京都府綾部市の山中で神戸市中央区の語学学校アルバイト講師、今滝愛さん(33)とみられる遺体が見つかった事件で、今滝さんが行方不明になる直前、ほぼ連日タクシーを利用していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。死体遺棄容疑で逮捕状が出ている無職の男(37)と携帯電話での通話が始まった時期と一致しており、兵庫県警葺合署捜査本部は、今滝さんが男らと交友関係を深める中で、トラブルに巻き込まれたとみている。

 また、遺体の状態が悪く、司法解剖で死因は特定されなかった。

 捜査関係者によると、今滝さんの携帯電話を調べたところ、行方不明になる約2カ月前の平成20年9月から、無職の男との通話が確認された。

 ちょうどこの頃から、今滝さんは連日のようにタクシーを利用。自宅から神戸・三宮駅新神戸駅など近距離だけでなく、深夜から未明にかけて、大阪市内から自宅までの長距離利用も多数あったという。

 遺体の遺棄を無職の男ら2人に指示し、殺害に関与したとみられる中国籍の男(41)は当時、大阪市内に居住していた。捜索願が出された前日の20年10月30日未明にも、今滝さんがタクシーを長距離利用していた。

 今滝さんは中国出身で、14年に来日して日本人男性と結婚し、19年に帰化している。Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100124/crm1001240135004-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月23日 | トップページ | 2010年1月25日 »