« 中国に指紋手術の組織存在か(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年12月 8日 (火)

別の女性にもMDMA渡し、体に異変(8日)

元タレント、押尾学容疑者が逮捕された事件です。押尾容疑者が、今回の事件より前に、別の知人女性にMDMAを渡した結果、女性の体に異変が生じていたことが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は、押尾容疑者がMDMAの危険性を認識していたものとみて調べています。

 7日午後5時半ごろ、麻布警察署へと連行された押尾学容疑者(31)。今年7月31日、東京・六本木ヒルズの一室で、ともに逮捕された知人でネット販売業の泉田勇介容疑者(31)からMDMAの錠剤を譲り受けた上、2日後の8月2日、同じ部屋で死亡した田中香織さん(30)にその錠剤を譲り渡した疑いが持たれています。

 また、押尾容疑者の元マネージャー、遠藤亮平容疑者(28)は、MDMA譲渡などが発覚しないよう、田中さんの携帯電話を六本木ヒルズ前の植え込みに隠した証拠隠滅の疑いで逮捕されました。

 未明に別の警察署に移送されるまで、長時間の取り調べが続いたとみられますが、押尾容疑者と泉田容疑者は容疑を否認。遠藤容疑者は「田中さんとのスキャンダルを隠し、押尾さんをかばおうと思った」と供述しているということです。

 「MDMAは田中さんからもらった」「国内で飲んだのはあのときの1回だけ」。このような押尾容疑者の供述は「不自然」だとして捜査してきた警視庁がつかんだのが、「押尾容疑者にMDMAを渡されたことがある」という数人の男女の証言です。

 そして、警視庁への取材で、押尾容疑者からMDMAを渡され飲んだ女性が、過去にも体調に異変を生じさせていたことが新たにわかりました。相当量のMDMAを飲めば体調に異変が生じる。こうしたMDMAの危険性を、押尾容疑者は認識していた疑いがあると警視庁はみています。

 今年10月、JNNが保釈中の押尾容疑者に直撃した際、押尾容疑者は「救急車は別の知人に頼んだが、知人がちゃんと呼んでいなかった」「適切な救命措置をとった」と話していました。

 警視庁は、押尾容疑者がMDMAの危険性を認識しながら田中さんに渡し、保護しなかったとみて、保護責任者遺棄容疑を視野に調べを進めています。Logo2  http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4303323.html

 

« 中国に指紋手術の組織存在か(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/46970612

この記事へのトラックバック一覧です: 別の女性にもMDMA渡し、体に異変(8日):

« 中国に指紋手術の組織存在か(8日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »