« 父親刺した26歳男逮捕 殺人未遂の疑い 広島(21日) | トップページ | 「金落とした。貸して」同じウソ目撃され逮捕(21日) »

2009年12月21日 (月)

「カード偽造、中国で学習」日本人を初逮捕(21日)

クレジットカードを偽造し、商品を詐取したとして、大阪府警が日本人と中国人のグループ約20人を詐欺容疑などで逮捕したことがわかった。

 押収したカードは約3000枚で、被害は数億円とみられる。こうした事件では従来、外国人がカードを偽造し、日本人がこれを使って商品を購入するケースが大半だったが、今回初めて、日本人が偽造役として摘発された。中国で偽造技術を学んだとみられ、府警はカード犯罪の拡大に警戒を強めている。

 事件は昨年10月、関西空港で、中国からの国際郵便の中に偽造カードの材料となる原板「生カード」約400枚が見つかったことから発覚。府警が内偵を進めていた。今年9月には、同府高槻市の大工・若林拓哉(27)、住所不定、無職・正田宇耕(25)両被告を逮捕。その知人宅から、数百人分の磁気情報が保存されたパソコンや偽造カードのほか、刻印機など中国製の偽造機器を押収した。

 若林被告は調べに対し、「昨夏頃、中国人の指示で中国に行き、約1週間、偽造方法を学んだ」と供述。帰国後、正田被告とともに偽造を始めたという。

 磁気情報は、府内のエステ店でスキミングされたものなどで、グループはブランドバッグやパソコンなどを購入し、換金していた。商品を購入する役を中国人が常に監視していたといい、府警は中国人がリーダーを務めるグループとみている。(2009年12月21日03時04分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091220-OYT1T01011.htm?from=main2

Yomiuri_koudoku1_2

 

« 父親刺した26歳男逮捕 殺人未遂の疑い 広島(21日) | トップページ | 「金落とした。貸して」同じウソ目撃され逮捕(21日) »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47074011

この記事へのトラックバック一覧です: 「カード偽造、中国で学習」日本人を初逮捕(21日):

« 父親刺した26歳男逮捕 殺人未遂の疑い 広島(21日) | トップページ | 「金落とした。貸して」同じウソ目撃され逮捕(21日) »