« 放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」(31日) | トップページ | 虐待防止親権制限へ法務省研究会 子ども保護を優先(31日) »

2009年12月31日 (木)

血のついた袋片 レジ袋持ち手か 島根女子大生遺棄事件(31日)

島根県立大(同県浜田市)1年の女子学生(19)の遺体が広島県北広島町の臥竜(が・りゅう)山に遺棄された事件で、胴体の近くで発見された女子学生の血が付いた袋片は、レジ袋の持ち手部分とみられることが捜査関係者への取材でわかった。島根、広島両県警の合同捜査本部は、女子学生のアルバイト先がある浜田市内のショッピングセンターや同市周辺の小売店などのレジ袋を持ち帰って調べている。

 一方、胴体には、電話帳を配る際に使われたとみられる半透明の袋片が付着していたことがすでに判明。レジ袋とみられる袋はこれとは色が違うという。犯人が遺体を持ち運ぶなどした際、少なくとも2種類の袋を使っていた可能性が強まった。

 捜査関係者によると、血が付いた袋片は胴体から東へ数十メートル離れたところで11月8日に持ち手部分だけがみつかり、捜査本部が用途を調べていた。材質や形状などからレジ袋の可能性が高いと判断したという。 Logo2

.http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

 .

« 放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」(31日) | トップページ | 虐待防止親権制限へ法務省研究会 子ども保護を優先(31日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血のついた袋片 レジ袋持ち手か 島根女子大生遺棄事件(31日):

« 放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」(31日) | トップページ | 虐待防止親権制限へ法務省研究会 子ども保護を優先(31日) »