« 赤い炎と煙上げる物体、ゴルフ場に落下(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2009年12月26日 (土)

太宰 治の「斜陽」の舞台「雄山荘」が全焼 神奈川県では歴史的建造物の火事が相次ぐ(26日)

26日未明、文豪・太宰 治の代表作「斜陽」の舞台となった神奈川・小田原市の「雄山荘」が全焼した。
真っ赤に燃える炎に、吹き上がる火の粉。
26日未明、神奈川・小田原市で起きた火事の映像には、暗闇の中、炎に包まれる建物が映っていた。
文豪・太宰 治が1947年に1週間滞在し、代表作「斜陽」を執筆した場所として知られる雄山荘。
木造2階建て、およそ140平方メートルが全焼した。
太宰 治の代表作「斜陽」の舞台で、執筆活動も行われた雄山荘は、骨組みだけの姿になっていた。
近所の人は「寝ていた時にね、『パンパン』と(音がした)。飛び出して玄関を開けたら、目の前が真っ赤で。バーッと上へ火が上っているわけ」、「(太宰 治の)生誕ちょうど100年でさぁ。残念だなと思っている」などと話した。
昭和初期に建てられた雄山荘は、文学愛好家にはよく知られていたという。
小田原市文化財課長・塚田順正さんは「太宰文学にも非常にゆかりがあるということで、こういう結果になったのは、非常に残念なことだと思っている」と話した。
実は、神奈川県内ではこの2年半の間に歴史的建造物が焼失する火事が5件も相次いでいる。
いずれも放火の可能性が指摘されている。
2007年5月には、藤沢市の洋館「旧モーガン邸」が、放火とみられる火災で大部分を焼失した。
修復工事が進められていた2008年1月にも再び出火し、ほぼ全焼している。
また2008年3月には、国の重要文化財に指定されている横浜市戸塚区の「旧住友邸」でも火災が発生した。
さらにその1週間後、1884年に建築された吉田 茂元首相のかつての邸宅、大磯町の「旧吉田邸」が全焼した。
神奈川県で相次ぐ歴史的建造物の火事。
5件の火事は、すべて休日の未明から早朝にかけて火の手が上がっている。
26日朝に火事があった雄山荘は、20年ほど前から空き家になっていて、火の気はなかったという。
警察は放火の疑いもあるとみて、くわしい出火原因を調べている。
Logo1_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

 

« 赤い炎と煙上げる物体、ゴルフ場に落下(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太宰 治の「斜陽」の舞台「雄山荘」が全焼 神奈川県では歴史的建造物の火事が相次ぐ(26日):

« 赤い炎と煙上げる物体、ゴルフ場に落下(26日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »