« 女子短大生を集団強姦 容疑の群馬大生ら2人逮捕 1人は否認(14日) | トップページ | 取り調べ可視化、警察も苦心 透明コップ・室内禁煙…(14日) »

2009年12月14日 (月)

携帯アラーム音めぐり男性刺殺 同居の女に懲役9年判決 旭川地裁(14日)

北海道興部町で2月、同居中の男性を刺殺したとして殺人罪に問われた同町興部、無職、出口志津子被告(39)に、旭川地裁は14日、懲役9年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。

 判決理由で河村俊哉裁判長は「短絡的な犯行で結果は重大」と指摘。「殺意はなかった」との弁護側主張を「首を目掛けて刺しており、死んでも構わないという殺意はあった」と退けた。

 判決によると、出口被告は2月10日早朝、同居していた会社員、渡辺明宏さん=当時(38)=方で携帯電話のアラーム音をめぐり口論。「おまえといるとつまらない」などと言われたのが許せず、包丁で渡辺さんの左首を刺し、出血性ショックなどで死亡させた。Banner_logo_051_7 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/335521/

 

« 女子短大生を集団強姦 容疑の群馬大生ら2人逮捕 1人は否認(14日) | トップページ | 取り調べ可視化、警察も苦心 透明コップ・室内禁煙…(14日) »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯アラーム音めぐり男性刺殺 同居の女に懲役9年判決 旭川地裁(14日):

« 女子短大生を集団強姦 容疑の群馬大生ら2人逮捕 1人は否認(14日) | トップページ | 取り調べ可視化、警察も苦心 透明コップ・室内禁煙…(14日) »