« コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜(12日) | トップページ | 女子学生に体罰の疑い 佐賀大が男性教員を調査(12日) »

2009年12月12日 (土)

偽造:日本の切手2億3000万円分 韓国で主犯格を聴取(12日)

 韓国の釜山地方検察庁は11日、日本の切手や収入印紙160万枚(2億3000万円分)を偽造した疑いで、韓国人の男(50)を事情聴取した。男は偽造団の主犯格とみられ、背景には日本の暴力団からの指示があったという。聯合ニュースは、この事件に関連して大阪府警が日本で暴力団組員ら5人を逮捕したと伝えた。

 同庁によると、男は07年6月ごろ、釜山市内などに製造所をつくり、200円の収入印紙100万枚、50円切手60万枚を製造した疑いが持たれている。うち2億1000万円分が日本に運ばれ、換金されたとみられている。偽造には、韓国の造幣公社の元職員が関与していた。

 釜山の警察当局が08年5月に偽造団を摘発、男は逃走していた。(共同)毎日新聞 2009年12月12日 10時37分(最終更新 12月12日 10時38分)Logo_mainichi1_2 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091212k0000e040013000c.html

 

« コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜(12日) | トップページ | 女子学生に体罰の疑い 佐賀大が男性教員を調査(12日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽造:日本の切手2億3000万円分 韓国で主犯格を聴取(12日):

« コンビニ強盗:6万円奪い逃走 手おの持ち脅す 横浜(12日) | トップページ | 女子学生に体罰の疑い 佐賀大が男性教員を調査(12日) »