« 帰還事業50年…日本人妻、途絶える便り(13日) | トップページ | ボート転覆:立ち入り禁止区域で釣り、定員超過も 北海道(13日) »

2009年12月13日 (日)

島根・女子大生遺棄、全学生から任意聴取(13日)

島根県立大1年の平岡都さん(19)(島根県浜田市)の遺体が遺棄された事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は、県立大の全学生約980人を対象にした任意の事情聴取を行っていることがわかった。

 交友関係などを幅広く把握するための異例の捜査で、両県警は犯人像を絞り込む手がかりにしたいとしている。平岡さんは今春、実家のある香川県坂出市から島根県立大に進学。浜田市内で暮らして約6か月で、交友関係が限られていたという。

 捜査関係者によると、平岡さんの周囲には目立ったトラブルはなかった。両県警は、親しい学生らから話を聞いていたが、範囲を広げて調べることが不可欠と判断。11月末から学生たちの聞き取り捜査に乗り出した。

 県立大によると、両県警の要請を受け、ゼミの教授らが学生たちに希望の日時を確認、学内の会議室を両県警に提供した。担当者は「事件解決のために、できる限り協力する。ただ、任意であり、応じるかは学生の判断だ」としている。

 学生たちは講義の合間を縫って、平岡さんと面識があったかなどについて捜査員に話し、アンケート用紙にも記入しているという。就職活動や卒業論文作成の時期と重なる学生からは「短時間とはいえ、精神的に疲れた」との声も出ているが、捜査幹部は「学生の負担にならないよう注意を払っている。帰省の始まる今月下旬までに聞き取りを終えたい」としている。 ◇ 島根県警は12日、平岡さんのものとみられる靴があった県立大の学生寮周辺での捜索を終了した。見つかった11月30日以降、延べ約500人を投入し、ほかの所持品や犯人につながる遺留品を捜していた。(2009年12月13日03時16分  読売新聞)Yomiuri_koudoku1_2 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091212-OYT1T01242.htm

 

« 帰還事業50年…日本人妻、途絶える便り(13日) | トップページ | ボート転覆:立ち入り禁止区域で釣り、定員超過も 北海道(13日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/47007529

この記事へのトラックバック一覧です: 島根・女子大生遺棄、全学生から任意聴取(13日):

« 帰還事業50年…日本人妻、途絶える便り(13日) | トップページ | ボート転覆:立ち入り禁止区域で釣り、定員超過も 北海道(13日) »