« タイ女性を240万円で売る 人身売買容疑で女2人逮捕(6日) | トップページ | 子どもの火遊び 死亡が25年間で785人(6日) »

2009年12月 6日 (日)

市橋容疑者ふっくら、ドカ食い10時間睡眠(6日)

千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国籍の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が殺害された事件で、4日に殺人と強姦致死の疑いで再逮捕された市橋達也容疑者(30)の千葉刑務所(千葉市若葉区)内での生活の様子の一部が5日までに、同刑務所関係者への取材で分かった。

 関係者の話によると、市橋容疑者がいるのは独房で、自殺防止のためカメラが設置され、24時間態勢で監視されているという。独房の広さは約3畳。毎朝午前7時ごろ起床し、寝具などの整理などが済んだ後、朝食をとるという。午後は、弁護士との接見や千葉地検に出向いての取り調べが行われる。調べが長引かなければ、午後4時半ごろ夕食、午後9時に消灯。就寝まで自由時間を過ごすという生活のようだ。

 11月10日の逮捕以来続けていた“断食”を同24日に止め、ごはんやみそ汁などが添えられた通常の食事のほか、弁護士から差し入れられたアンパンやチョコレートなどを食べているという。約10時間の睡眠と規則正しい生活に十分な食事で、体型も逮捕時よりもかなりふっくらしたという。

 地検と県警は、市橋容疑者の長期間の“断食”による体調面を考慮し、11月24日に千葉県警行徳署から医師と看護師が常駐する千葉刑務所の拘置施設に移送した。Banner_logo_051_6 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/332563/

 

« タイ女性を240万円で売る 人身売買容疑で女2人逮捕(6日) | トップページ | 子どもの火遊び 死亡が25年間で785人(6日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市橋容疑者ふっくら、ドカ食い10時間睡眠(6日):

« タイ女性を240万円で売る 人身売買容疑で女2人逮捕(6日) | トップページ | 子どもの火遊び 死亡が25年間で785人(6日) »